【Fulham×MAN.UTD】前半は優勝候補、後半は凡庸なクラブ。終わらないモイーズ監督の試行錯誤

サウサンプトンには試合終了直前にまさかの同点ゴールを喰らい、ストークには後半途中までリードされるなど、プレミアリーグでは本拠地オールド・トラフォードでも綱渡りのゲームが続くマンチェスター・ユナイテッド。昨季見せた、圧倒的な強さは見るべくもありませんが、キャピタルワンカップやチャンピオンズリーグを含む直近5試合は4勝1分けと、勝負強さが戻りつつあります。首位アーセナルに勝ち点8差と離されているなかで、アウェイとはいえ、今季はパッとしないフラムには負けられません。

ミッドウィークのカップ戦を休んだ香川真司はもちろんスタメン…と思いきや、この日のサイドはヤヌザイとバレンシア。先週のプレミアリーグ、ストーク戦のパフォーマンスが物足りなかったのか、3日後に控えるレアル・ソシエダ戦での起用を考えているのか。モイーズ監督の意図はわかりませんが、少なくともここ最近のヤヌザイのプレイにより高い評価を与えていることは間違いないでしょう。

さて、クレイブン・コテージのゲームは、マンチェスター・ユナイテッドの強さというより、フラムDF陣の脆弱さが際立つ一方的な展開で前半を0-3で折り返すことになりました。3点とも、ルーニーとファン・ペルシのDFの裏に抜け出す動きから決まったゴール。フラムDFのセンデロスとアモレビエタは何度となく中央を割られ、裏に入る相手を見過ごし、まったく対応できないまま失意の45分を終えることになりました。

開始9分の先制点は、ワールドクラスの2トップのコンビネーション。ファン・ペルシのスルーパスからペナルティエリア左にルーニーが抜け出し、GKステケレンブルクを引きつけて、逆サイドからフリーで走り込んだバレンシアに優しいパス。好調の右サイドMFは、ゴールに蹴りさえすればOKのイージーなシュートをど真ん中に叩き込みます。20分には、スコット・パーカーがセンターライン付近でバランスを崩したのをみたヤヌザイが強引にボールを奪取してドリブル。これも左から裏に抜けたファン・ペルシがフリーになり、ヤヌザイからのラストパスが通ると、ゴール左上隅にズドン!3点めは22分、今度は右サイドからファン・ペルシがまたもや一人旅となり、ゴールラインまでドリブルで運ぶと、ラストパスは何とDFアモレビエタの股抜き!これがゴール中央のルーニーに簡単に通り、ゲームは前半の途中で決着しました。

フラム唯一のチャンスは、0-1とされた直後のパーカーのスルーパス。右からの絶好のパスが中央のベルバトフに見事に通り、後は飛び出してきたGKデ・ヘアをかわすだけでしたが、シュートはゴール右に外れ、同点ならず。これ以外は終始マンチェスター・ユナイテッドペースのまま、後半を迎えます。

ハーフタイム終了後、ピッチに目を移すと、香川真司、スモーリング、フェライニが立っています。モイーズ監督、このタイミングで何と3人チェンジ!うーん、これはさすがに乱暴です。意図説明するとはいえ、45分で代えられたクレヴァリー、エヴァンス、ラファエウのモチベーションも微妙で、ケガ人や疲労、機能しない選手への対応など、ゲームの状況に合わせて手を打てなくなります。(11/3注釈:モイーズ監督は「3人とも負傷交代である」と説明してました。ケガの程度は現状ではわかりませんが、3人とも完全NGだったとすればやむなしです。このときは、ラファエウ以外は出られない状況ではないのでは?と見ていました)

案の定、後半のマンチェスター・ユナイテッドは、これがプレミアリーグで優勝を争うチームかと目を疑うような、おそろしく凡庸なチームです。フラムの反撃をカカニクリッチの幸運なシュート1本に抑えたからいいようなものの、完全にペースを持っていかれ、自チームの攻撃はまったく機能せず、厳しい45分を過ごすハメに陥りました。

香川真司は、マンチェスター・ユナイテッド入団以来最低の出来。前線に飛び出すよりも、ボールに絡む回数を増やす動きを優先させるため、パスを出すとすぐもらえる位置に下がってしまい、常にゴールが遠い状態。結局1本のシュートも打てませんでした。モイーズ監督に求められているのは、中盤のつなぎ役などではないはず。バランサーとして勝負するとなれば、クレヴァリーやパク・チソンに勝てるわけがありません。香川自身が消極的なのに加え、センターMFのフェライニやフィル・ジョーンズからいいボールが前線にまったく出ないため、中央でチャンスらしいチャンスを創ることができません。チーム全体のバランスが崩れた後半は、フラムから波状攻撃をもらった以外は何も起こらず、タイムアップの笛を聞くことになりました。1-3とスコアは快勝にみえますが、新監督の疑問の残る采配で、選手には疲れとストレスがたまったのではないでしょうか。

プレミアリーグ開幕から10試合を消化したにも関わらず、未だ戦い方が定まらないチームを観ていると、さすがにそろそろ「勝利が最良のクスリ」「勝ったからOK」などと言っていられなくなります。来週のアーセナル戦は大丈夫でしょうか。カソルラ、ロシツキ、ラムジーが胸のすくようなプレイを披露し、フラミニも復帰する首位チームは相当強そうです。グーナーの相方との、年に最低2回は必ず訪れる緊張感の高い1日は、今回は私が沈黙して終わる日になってしまう可能性が高そうですね…。いやいや、切り替えましょう。負けたわけではないのですから。まずは火曜日、チャンピオンズリーグのレアル・ソシエダ戦に集中です。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

3名の交代は全て故障ですよ?

しかも3名ともそれぞれ、交代しそうなそぶりがありありとありましたよね?
(エバンスは時間をとりませんでしたが、残り2名はピッチから退場しかけましたし)

粕谷もそうですが、試合をしっかりと観ていたとは思えませんね…。
  • BR
  • 2013/11/03(Sun)12:30:36
  • 編集

コメントありがとうございます。

BRさん>
エヴラを含めて、痛んでいる選手が続出していたという認識はありましたが、観ている限り、ラファエウ以外は完全NGというふうには捉えていませんでした。ケガの状況などの続報を確認しないと、事実関係はわかりませんが、選手によって「大事をとった」という意味合いで代えたところがあったのだとすれば、やはりハーフタイムでの3枚替えはリスクだと思います。後半、エヴラとフィル・ジョーンズは心配な状況でしたし。
  • makoto
  • 2013/11/03(Sun)18:11:36
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ