【MAN.CITY×Norwich】怒涛の7ゴールに見る「マンチェスター・シティのトリセツ」ご紹介!

ノーウィッチファンの方には申し訳ないのですが、この試合は「驚きを通り越し、感動…をも突き抜け、思わず笑ってしまった」ゲームでした。7-0という、なかなか見ない結果自体もさることながら、ゴールシーンの多彩さがとにかくおもしろい!このゲームのハイライト映像に、この日なかったPKをつけたら、「これがマンチェスター・シティのゴールの獲り方見本です。どうです、魅力的でしょう?あなたもファンになりませんか?」とでもいうような、サポーター勧誘のパンフレットが完成します。プレミアリーグ第10節、マンチェスター・シティは完膚なきまでにノーウィッチを叩き、あらためてこのチームの怖さを世に知らしめました。この稿では、その7点をプレイバックしながら、これから当たる各チームのみなさんへの注意事項を添えたいと思います。


1点め:「サイドで数的優位にさせるのはやめましょう」
結果的にはオウンゴールでしたが、左サイドでどフリーになったクリシーがダヴィド・シルヴァからボールを受けた時点で、もう相当やばかったですね。クリシー、コラロフ、サバレタ、ナスリ、ヘスス・ナバス、ミルナー。マンチェスター・シティのクロスの正確さはプレミアリーグ屈指です。このゴールは、まだタッチライン沿いからのボールなので「危険度B」ですが、これがペナルティエリア脇に入り込んだ選手のグラウンダーとなると、危険度はA。プレミアリーグのクラブのなかでも、マンチェスター・シティがいちばんといっていいほど、このエリアを使います。SBがオーバーラップしてくるのを見たら、「中を抑えておけば大丈夫」などという横着な気持ちは捨てて、しっかり追いかけるようにしましょう。


2点め:「アグエロの裏への抜け出しに要注意(初級編)」
先週のプレミアリーグで、チェルシーは直接同点ゴールを決められましたが、アグエロはいつもDFラインの裏を見ています。このゴールの最大のポイントは、アグエロに縦に突破させてしまったことですが、もうひとつ留意点があるとすれば、「マンチェスター・シティはリアリスト揃いなので、強引に打っても無理そうならあっさりパス。パスを出すときは、ニアにいるゴールに近い選手」という鉄則です。スアレスやスタリッジ、ファン・ペルシなら強引に打ってきそうなところで、この日のアグエロは「ハットトリックなど興味ありません」とばかりに2本、さらっとパスを選択。そのパスも、エジルやルーニー、マタならおしゃれしちゃいそうなシーンでも、「まっすぐ、足元」です。この2点めは、ニアに走り込んだダヴィド・シルヴァに軽く落とし、スペイン代表のテクニシャンは教科書通りの左足シュートをクロスに決めました。


3点め:「セットプレイのご提供は少なめに」
ナスリのCKから、ナスタシッチがヘッドで競り勝ち、あっさり3点めです。このゴールはよく見ると、DFに当たってコースが変わったようで、GKグザンはやや不運でした。いずれにしても、ダヴィド・シルヴァ、ヤヤ・トゥレ、ナスリ、ヘスス・ナバスと、正確なプレースキッカーをこれでもかと揃えたマン・シティに、むやみにセットプレイのチャンスを渡すのは自殺行為です。


4点め:「もう1回いいます。アグエロの裏への抜け出しに要注意(中級編)」
これこれ、これです!ヤヤ・トゥレの浮き球スルーパスを、裏に抜けてゴールエリア右脇で受けたアグエロは、「ゴールまで数メートル、前にいるのはGKのみ」という状況からでも何の躊躇もなく中のネグレドの足元に強いグラウンダー。「私、失敗しないから」とでもいいたげな、心憎いばかりのリアリズムです。


5点め:「ヤヤ・トゥレにFKを決められても落ち込まないこと」
ペナルティエリア外、やや左。ゴールまで20メートル前後。このエリアでレフェリーにファールの笛を吹かれたDFを観ると、思わず深く頭を垂れて、両手を合わせ「残念ですが…」とつぶやいてしまいます。このうえは、FKからのゴールを防ぐことを考えるより「どうやって次の1点を獲るか」に頭を切り替えましょう。そのくらい、ヤヤ・トゥレの直接FKの精度は高いです。壁をずらすなり、ゴールにDFを入れるなりの極端な「ヤヤ・トゥレシフト」を取る、というのは興味深い作戦ではありますが、何のことはない、そうなったら涼しい顔をしてダヴィド・シルヴァが左足で決めてくるので、徒労感が深まるだけです。「マンチェスター・シティのピッチはペナルティエリアが他のクラブの1.5倍広い」と腹をくくって、ファールをやめるか、彼らよりも多く点を獲るかをいさぎよく決めたほうが賢明というものです。


6点め:「間違ってもクリアをアグエロの前に出さないように」
合理的で、常にゴールの確度が高い方法を選ぶアグエロですが、彼のシュートは人一倍正確で、とりわけボレーは絶品です。この6点めのシーンは、ダヴィド・シルヴァに左からほぼフリーでクロスを入れられた時点で危険度Aですが、中途半端なクリアがアグエロの足元にいったことで、完全に「終了」です。もっとも、この日のノーウィッチにしてみれば、ここまでやられればもはや戦意喪失で「反省しても仕方ない」という気分なのかもしれませんが。


7点め:「ジェコの後ろ向きトラップはシュートの合図」
ジェコが中央でDFを背負ってトラップしたときは、間違いなく振り向きざまにシュートを打つことを考えており、問題は「どちらから振り向くか」だけです。ノーウィッチのDFは間合いを詰めようとしましたが、ここは足を出してシュートをブロックすることだけを考えたほうがよかったと思われます。


どうでしょう、みなさん。マンチェスター・シティサポーター以外の方々は、胸に手を当てて、自分の愛するクラブが過去にどういうシュートでやられたかを振り返れば、いくつか思い当たるシーンがあるのではないでしょうか。以上、プレミアリーグにおける最大のライバルに対して最高のリスペクトを込めた「マンチェスター・シティ サポーター募集のご案内 2013年秋版」でございました。ふう。7点分書くのはそれなりに大変です。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

面白い

鬱々とした気持ちが少し晴れました。どうもありがとう。
……ってよく考えたらまだシティ戦消化していない、はぁ……。
  • 浮気性なリバサポ
  • 2013/11/03(Sun)21:30:04
  • 編集

コメントありがとうございます。

浮気性なリバサポさん>
ありがとうございます!今年のリヴァプール、いいじゃないですか。前と後ろは本当によくなったので、マンチェスター・シティ戦も戦い方を間違えなければ、充分いけると思いますよ!
  • makoto
  • 2013/11/03(Sun)22:00:29
  • 編集

I want to send you a

I want to send you an award for most helpful internet writer.

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ