【Chelsea×WBA】エトーがまたもや窃盗に成功するもホームで敗戦寸前!? どうした、チェルシー!

プレミアリーグ開幕から、ホームで サウサンプトン、スウォンジーに続けて負けるという最悪のスタートを切りながら、その後オールド・トラフォードでマンチェスター・ユナイテッドを倒し、アーセナルを1-1のドローに引きずり込んで連勝をストップさせるなど、昨季のサウサンプトンのようにプレミアリーグ上位の天敵となりつつあるWBA。しかし、この日の相手はスタンフォード・ブリッジではとにかく負けないチェルシーです。結局、昨夜は自宅で「勝負としておもしろくなりそうなほうを観る」と宣言しながら、いくら大物食いが相手でもモウリーニョ軍団が勝ち点を落とすことはないだろう、とライヴではリヴァプールVSフラムのほうを観てしまうというセンスのなさを露呈した次第です(純粋にリヴァプールを観たかった、というのもあるのですが)。この場を借りて、WBAサポーターのみなさんには不明を恥じつつ、お詫び申し上げたいと思います。

それにしても、WBAは残念でしたね。最後の最後までチェルシーを追いつめ、勝ち点3目前だったのに…。ラミレスが倒されてPKとなり、2-2のドローで決着しましたが、この判定はサッカー関連掲示板で論争必至の微妙なものでした。間違いないのは、ラミレスはスティーブン・リードのショルダーチャージを受けただけで、足は引っかかっていないこと。そして、彼は強い当たりで倒れただけであり、意図的なダイビングではないということです。10人のレフェリーが同じ場面に遭遇したら、少なく見積もっても8人までは笛を吹かないのではないかと思いますが、しかしこの試合ではチェルシーが幸運を享受し、アザールがGKの動きをみて同点ゴールを決めました。意見はさまざまあれど、サッカーではレフェリーは絶対である、としかいいようがありません。

このゲーム、明らかにチェルシーは疲れていました。豊富な選手層を誇りながら、ミッドウィークのチャンピオンズリーグから変わったのは、フランスでパスポートを失くし、月曜日の練習を欠席してモウリーニョに叱られ、シャルケ戦をパスさせられたアザールと、連戦を避けて起用されているランパードだけ。水曜日の疲れは残っていないと判断し、調子のいい選手を優先させたのでしょうが、モウリーニョ監督に判断ミスがあったのかもしれません。前半はまったりした展開で、オスカルの直接FK以外にこれといった見どころもなく、勝負は後半に持ち越されると思われた46分、またもやエトーがやってくれました。

イヴァノヴィッチからのサイドチェンジを左サイドで受けた元気なアザールが、ペナルティエリア角まで持ち込み、右隅に強いシュート。GKマイヒルが左手で弾き、ボールはこぼれ、SBリッジウェルはこれを確実にクリアしようと前に流しますが、その1秒が大ケガの元でした。最近、2度に渡ってGKが持っているボールをかっさらって得点につなげた「ゴールキック窃盗常習犯」エトーが、今度はDFのリッジウェルを大後悔に追い込みます。彼がクリアしようと足を上げた瞬間、背後にしのびよっていたエトーが左足を出し、ボールはゴールへ一直線。チェルシーが悪いながらも1点リードし、いい形でハーフタイムを迎えます。

しかし後半、目覚めて次の1点を奪ったのはWBAのほうでした。カウンターからの右クロスを完璧にヘッドで合わせてチェフを慌てさせたシェーン・ロングが、61分、2度めのチャンスを活かします。CKから長身DFマコーリーの強烈なヘッドがチェフを襲い、上に弾くしかなかったボールの落下点に最初に入ったのはロング。2発めのヘディングシュートはチェフも触れず、1-1の同点です。

これで勢いがついたWBAの次の一手は、チェルシーのお株を奪う見事なカウンターでした。奪った球を素早くつなぎ、4対4のチャンスを作ると、左に走り込んだのは前半エトーにやられたリッジウェル。彼は、カウンターに対して一発でスライディングしてはいけないという禁を犯したケーヒルを軽くかわすと、中央のセセニョンに正確なラストパスを送ります。セセニョンのフェイントにテリーは足を出せず、チェフまで態勢を崩し、最後は枠に強く蹴り込むだけの逆転ゴール!これは想定外。モウリーニョ監督の顔色が変わります。同点になったところでランパードをデンバ・バに代え、点を獲りにいく姿勢は明確でしたが、逆転された5分後にはアスピリクエタをミケルに代えて総攻撃態勢をとり、オスカルをマタにスイッチします。攻めるチェルシー、守るWBA。プレミアリーグ同士で、さほど順位差のないチームの対決ですが、スタンフォード・ブリッジでの勝利はジャイアントキリングと表現してもさしつかえないでしょう。90分を過ぎてもスコアは動かず、追加タイムも4分を消化し…。

2戦前にスアレスにハットトリックを許してリヴァプールにあっさり負けていたので、軽視していたWBAでしたが、昨季のプレミアリーグ前半戦でチャンピオンズリーグ出場圏内を走っていたチームを侮ってはいけませんね。年内に当たるプレミアリーグ上位勢は、マンチェスター・シティとトッテナムのみですが、こうなるとむしろ両方無傷というのが考えにくいですね。負けるのはどっちでしょう。もしかしたら両者とも…いやいや、さすがに。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

WBAは4バックと2ボランチが安定してますからねー
アーセナルも負けそうでヒヤヒヤでしたよほんと。

そしてあれPKとっちゃうんですかって感じですよね。
WBAの選手がかわいそうです……

あとチェフどうしたんでしょうかねーあのシュート止められないとは。
  • ウィルシェア
  • 2013/11/10(Sun)13:05:04
  • 編集

無題

開始からちょっと動きが重かったですね。
あとランパードのミスが最近目立ちます(^^;

ラミレスのPKも微妙でしたが、WBAの2点目のカウンターでも第4審が認めるファールがあったのでまあおあいこということで。

あれだけ引かれて高さがあると難しいは難しいですけど崩さないと優勝は厳しいですね(^^;

やはり冬の補強ポイントはゲームを組み立てれるボランチですかね。

それにしてももったいない…
  • チェルシー
  • 2013/11/10(Sun)13:32:59
  • 編集

無題

さっきこの試合見ましたが、チェルシーは、2列目10番タイプが多くて、中央で大渋滞が起きてますね。
DFとしては、絞って守れますからあまり怖さはないように見えました。
  • リバサポ
  • 2013/11/10(Sun)19:08:15
  • 編集

ウィルシュアさん>
おっしゃるとおり、私もWBAの選手がかわいそうと思いました。ただ一方で、レフェリーのジャッジについては飲み込むよりほかにないですね。私はプレミアリーグになる前からイングランドのサッカーを観ており、20年前などはもっと露骨で強烈なホームタウン・ディシジョンが普通だったので、最近、ネット掲示板で散見されるネガティブな会話には少々違和感があります。「フツーはとらないけど、しょうがないね…」という感じですね。チェフは、タイミングを崩されたのか、スリップしたのかいずれかでしょうね。ああなるともう、止められません。

  • makoto
  • 2013/11/10(Sun)20:36:59
  • 編集

コメントありがとうございます。

チェルシーさん>
重かったですね。ベンチにマタやダヴィド・ルイスもいたので、もう一段スタメンを入れ替えたほうがよかったかもしれません。

リバサポさん>
もう少しサイドを使って横に揺さぶるなり、遠めからシュートを打つなりしないと引いた相手を崩すのは難しいかもしれません。サイドの選手も、ドルブルで中に斬り込むのが好きなタイプが多いので、テンションが上がり過ぎると、ときどき単調になりますね。
  • makoto
  • 2013/11/10(Sun)20:46:54
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ