来た!エジルの必殺ラストパス2発。アーセナル、連続完封でプレミアリーグ独走気配!?

昨季プレミアリーグのアーセナルなら、ドローで終わってもおかしくないゲームでした。ボールを支配しながらも決め手がなくスコアレスでタイムアップを迎えたり、無理攻めを仕掛けてDFが裏を取られ、先制を許したりするシーンを何度観たことでしょうか。しかし、今季は違います。運動量があって後半に強く、マンチェスター勢から勝ち点をもぎ取ったカーディフに、慌てることなく0-3、クリーンシートの快勝です。最大のトピックスは、メスト・エジルが繰り出した必殺のラストパス。一発でゲームの景色を変えてしまう飛び道具を2本も喰らえば、マンチェスター・シティから3点を奪って勝利したブルーバーズのサポーターも、ため息をつくしかありません。

この日のアーセナルは、ロシツキとフラミニ、戦列復帰したウォルコットがベンチスタート。中盤の前にはエジル、カソルラ、ウィルシャーが並び、8歳からカーディフでプレイしていたラムジーとアルテタが中央を固めます。ゲームが始まったばかりの1分、中央での華麗なパス交換からジルーの落としを受けたウィルシャーが、いきなりポストに当たるミドルシュート。このままアーセナルがペースを握るかと思われましたが、カーディフはアルテタやラムジー、DFラインへの早いプレスで前線に有効なパスを出させず、しばらくアーセナルは攻めあぐみます。カーディフで要注意なのは、身体能力の高いフレイザー・キャンベルと、ミドルシュートがあるウィッティンガム、キム・ボギョンです。9分に右SBカテリンのクロスをヘッドで合わせたフレイザー・キャンベルのシュートは、あわや同点ゴールという危険なシュートでした。

そして14分、このゲームのハイライトのひとつとなった、「ジルーの勝手にオフサイド事件」が起こります。センターサークル付近でボールを受けたウィルシャーが、中央やや左にポジションをとっていたエジルにパス。エジルはこのパスコースの延長線上にジルーがいることをわかっており、軽くタッチして裏に流し、ジルーをGKと1対1にしますが、カーディフDF陣はオフサイドをアピール。エジルが触ったタイミングでは完全にオフサイドポジションだったジルーもプレイを中断しました。…が、笛の音が聞こえません。どうやら「エジルは触っていないのでオフサイドではない」というジャッジです。ジルーは慌てて右に切り返してシュートを打ちますが、戻ったDFにブロックされて、絶好のチャンスを逃してしまいました。VTRを観ると、エジルが右足でタッチしていましたが、FWがセルフジャッジでプレイをやめてはいけません。スアレスやルーニー、エトーなら確実に決めていたシーンでした。

この嫌な空気を変えたのが、エジルの完璧な左足クロスです。28分、左サイドでパスを受けたエジルは、ゴール前にラムジーが走り込むのを見てドンピシャで頭に合わせ、あっさりアウェイチームが先制ゴール!古巣相手に歓喜のパフォーマンスを封印したラムジーはそっけなく自陣に戻りましたが、あまりにも美しいヘディングシュートに内心はガッツポーズだったことでしょう。アーセナルは、前半のボールポゼッション61%と攻め込みながら、枠内シュートは1本だけとフィニッシュにつなげられませんでしたが、それでも前半をリードで終え、余裕をもってプレイできたのは、背番号11と絶好調センターMFの一発があればこそです。

後半も、前半と同じ展開でゲームが動きます。アーセナルは46分、ペナルティエリアに右から侵入したラムジーがDF2人を置き去りにして縦に突破すると、グラウンダーのラストパスを受けたジルーが至近距離からシュート。これはゴールに入っていたDFがかろうじてストップ。追加点を奪われるピンチを切り抜けたカーディフは、前半同様に反撃に転じます。

エジル、ラムジーに続くこの試合3人めのヒーローは、GKシュチェスニーでしょう。50分、左からのクロスをキム・ボギョンがヘッドで流し、高い打点でフレイザー・キャンベルが地面に叩きつけた絶望的なシュートを弾いたプレイは、この試合の流れを左右するビッグセーブでした。シュチェスニーは、77分にもフレイザー・キャンベルに代わって入ったオデムウィンギーの抜け出しを未然に防ぐ鋭いダッシュを見せており、0-1のままゲームは進みます。アーセナルの好調要因のひとつは、落ち着いたディフェンスです。自らの努力でパスワークとポジショニングを改善し、チームへのフィット感を高めたメルテザッカーと、ポカがなくなったサニャの好調が、プレミアリーグとチャンピオンズリーグを併せたここ7試合でわずか1失点という驚異的な守備力を支えています。DFが冷静に守れるのは、フラミニ、ラムジーやボールカットに長けたアルテタの守備への貢献があるからでもあります。この日もフレイザー・キャンベルだけでなく、ミドルを再三放ったウィッテンガムのシュートもコースを限定させ、カーディフの決定機を2回に抑えてゴールを許しませんでした。

さて、その後フラミニ、モンレアルを投入して守りを強化し、残り5分まで最少得点差をキープしてきたガナーズには、最後の最後でクライマックスシーンが用意されていました。85分、エジルが右からこの日2本めのキラーパスを、今度はやさしいグラウンダーでフィードします。飛び込んだのは、守備を固めていたはずのマシュー・フラミニ。これで勝利を確定的にすると、92分のゴールはカウンター。ラムジーが中盤でボールカットし、お役御免のエジルに代わって入った右サイドMFウォルコットを走らせると、ウォルコットは縦に突破し、ゴール前で再度ラムジーに折り返します。カーディフから来たセンターMFは、ワントラップでゴール右上にこの日2回めの「笑顔なきゴール」を叩き込み、0-3。終わってみれば、ホームチームのサポーターを完全に沈黙させる圧勝でした。

アーセナルは、これでプレミアリーグ10勝一番乗りです。いや、強い。先制点を守り続けて最後に引き離すあたりは、昨季のマンチェスター・ユナイテッドを見ているようですね。それにしても、先日のマルセイユ戦の2点めといい今日といい、エジルのラストパスの柔らかいこと。昨年までなかった「打開策が見えない時に、変化を生み出す一発」があるのが、プレミアリーグ首位という結果につながっています。この分だと、3週間くらいは負けそうにないですね。止めるとすれば、12月23日のロンドンダービー、チェルシーでしょうか。え?14日のマンチェスター・シティ?…でもその試合、CBナスタシッチがいないんですよね?


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

エジルは衝撃的ですね……

正直きのうの試合なんかアシスト2つ以外はパッとしなかったのに試合を決めてしまいますもんね。
ウィルシャーを変えたときはなんで?と思ったけれどさすがベンゲルさん、采配ズバリでした。

それに最近の試合で見てて嬉しいのは省エネなのに余裕の試合運びができるところですね。このままいってもらいたい!できればチェルシー失速してくれー!モウさんほんと怖いよ~
  • ウィルシェア
  • 2013/12/01(Sun)09:33:12
  • 編集

無題

いやー、ほんとになかなかポイント落としませんね。

ガナーズが優勝するなら今季が最大のチャンスじゃないですかね?

いくらモウリーニョやペジェグリーニといっても一年目じゃチームの成熟度は高くないですし、ユナイテッド、シティ、チェルシー、それから選手が大幅に入れ替わったスパーズは来季が怖いですね。

それにしてもやはりエジル加入はでかいです(^^;
  • チェルシー
  • 2013/12/01(Sun)09:44:54
  • 編集

コメントありがとうございます。

チェルシーさん>
そうですね。マンチェスター勢やチェルシーが、まとめてモタモタしてくれるシーズンはなかなかないので、大チャンスであることは間違いありません。一方、ガナーズもまだ大物補強の余地もありそうですし、1度優勝すれば選手も集めやすくなるので、さらに強くなって連覇をめざせる体制が作れそうですけどね。財政面でいえば、リヴァプールやチェルシー、マン・シティよりも1.3~1.5倍スタジアムが大きいのは彼らの武器です。
  • makoto
  • 2013/12/01(Sun)10:15:56
  • 編集

コメントありがとうございます。

ウィルシェアさん>
エジルは凄いです。ホントに。マルセイユ戦の左足アウトを使ったグラウンダーも、昨夜のフラミニへのラストパスにも思いましたが、そのタイミング・その蹴り方でよくそんなボールが出せるな、とときどき思います。

直近は、7試合で1失点のディフェンスが素晴らしいです。DF4人が全員、昨季までのウィークポイントを改善してパワーアップしてますね。ヴェルマーレンが出られないのもやむなしです。
  • makoto
  • 2013/12/01(Sun)10:21:06
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ