【Saints×MAN.CITY】セインツに押されて冷や汗のドロー!マン・シティの「アウェイ病」、未だ癒えず。

プレミアリーグにおいては、ホームのエティハド・スタジアムでは7戦全勝と負け知らず。しかしアウェイでは2勝1分け4敗ととたんに腰砕け。典型的な内弁慶クラブと化しているマンチェスター・シティ。この日の対戦相手は、ホームでは前節、初めて黒星を喫しただけと、なかなか負けないサウサンプトンです。このレコードだけを見れば、セインツが勝ちそうですが、しかしマンチェスター・シティはプレミアリーグ3連勝中で、セインツは逆に3連敗中。イギリス南部の港町に乗り込んできた優勝候補が、アウェイでどんな試合を見せるのかに興味が集まります。

前半10分に左からのグラウンダーをアグエロがあっさりゴールしたときは、スランプ状態に陥ったセインツがボロボロにされるのではないかとすら思いました。DFラインにコンパニが復帰し、ネグレド、アグエロ、ナスリは最近、好調です。デヤン・ロブレンとフォンテのCBコンビに綻びが見え始め、不用意な失点が増えているセインツに、80分もの長い時間、マンチェスター・シティを完封できるイメージはまるでありませんでした。

しかし、20分を過ぎてからは、終始セインツがペースを握ります。マンチェスター・シティはパスミスが目立ち、この日驚異的な突破力を見せていたジェイ・ロドリゲスとオズヴァルドの仕掛けに翻弄されます。攻撃の流れを止めてしまっていたのはサミル・ナスリ。いい時の彼が嘘のように、この日は機能していませんでした。頼みのヤヤ・トゥレも精彩を欠き、フェルナンジーニョともどもセインツの縦へのボールを抑えきれず、最終ラインに危険な勝負をさせてしまうシーンが徐々に増えてきます。36分に左SBルーク・ショーからの惜しいクロスが入った後、42分、ついにセインツが同点に追いつきます。カウンターからのパスをペナルティエリア左で受けたオズヴァルドが、DF2人を細かいフェイントでかわすと、右足でカーブをかけてゴール右隅に絶妙なコントロールショット!GKパンディリモンはこれを触ることができず、1-1となったゲームは後半勝負となりました。

後半に入っても、セインツが仕掛けてマンチェスター・シティが受けるという図式は変わらず。アウェイチームの攻撃は単発かつ単調で、コラロフやサバレタがサイドからたびたびクロスを入れるものの、なかなかシュートが打てません。セインツ最大のチャンスは52分のジェイ・ロドリゲス。左サイドからドリブルであっという間に3人抜き去った背番号9は、あとはGKだけというところまで持ち込むものの、スピードがつきすぎて飛び出したGKの懐に入ってしまい、こぼれ球のフォローに入ったオズヴァルドのシュートは大きく枠の上に外れます。このコンビは58分にも、ジェイ・ロドリゲスの突破からオズヴァルドのシュートというチャンスを創り、負傷明けで調子が上がらないコンパニを執拗に攻め立てます。危ないのはわかっていても、対応できないマンチェスター・シティ。セインツの勝ち越しは時間の問題にみえます。

62分、いてもたってもいられないペジェグリーニ監督は、緊急対応、止血処理ともいうべき2枚の選手交代を敢行しました。ミルナーをヘスス・ナバスはわかりますが、何とネグレドを諦めハビ・ガルシアです。これは、とにかく中盤の底を埋めたかったのでしょう。この後、動きが落ちたヤヤ・トゥレをジェコに代え、点を獲りにいく姿勢は見せているので、よけいにハビ・ガルシア投入の切羽詰まった感が際立ちます。もうひとり、よくなかったナスリを結局最後まで残さざるをえなかったくらい、マンチェスター・シティには余裕がありませんでした。

交代で入ったヘスス・ナバス、ジェコは最後まで何もできず。逆にセインツはオズヴァルドの裏への抜け出し、デヤン・ロブレンのあわやのシュート、ジェイ・ロドリゲスのミドルなど再三勝ち越しのチャンスを得ながら、フィニッシュがとにかく不正確で勝ち点3を逃しました。試合開始直後には想像もできなかった1-1のドロー。ロブレンとフォンテ、チャンバーズ、ルーク・ショーと並んだ最終ラインが落ち着いて守れていたセインツに比べ、マンチェスター・シティの守備は目に見えて不安定でしたね。普段なら最終ラインからも決定的なパスを出したりするコンパニに攻撃を考える余裕はなく、自陣ペナルティ・エリアでボールを奪われそうになるなどアップアップで、本調子まではまだまだ時間がかかりそうです。

またもやアウェイで勝ち点を落としたマンチェスター・シティ。得失点差は26で圧倒的にプレミアリーグNo.1なのに、彼らがアーセナルに離された3位にいる理由がわかりません。とはいえ年内は、フラム戦しかアウェイがなく、リヴァプールやアーセナルとは本拠地で戦えるので、ここで勝ち点差を詰めてくるかもしれませんね。一方セインツは勝てたゲームでしたが、3連敗で悪いムードが漂い始めていたところだったので、悪くないドローだったとも思います。フォンテがあれだけいい動きを見せれば、しばらく吉田麻也のプレミアリーグ登場はないですね。かえすがえすも、前節の不甲斐ないプレイが悔やまれます。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ