【Saints×Tottenham】8試合連続失点、6試合勝利なしの泥沼セインツ。吉田麻也の奮起に期待!

つい1ヵ月ほど前まで、チャンピオンズリーグ出場権が獲得できるプレミアリーグ4位を争っていた両チームですが、現在は7~8位争い。双方とも、開幕からがんばっていたDFラインの破綻が失速につながったところも一緒です。ヴィラス・ボアス監督が解任になったトッテナムのほうが、不振に陥っているイメージが強いですが、実はサウサンプトンはここ5試合、勝利がありません。アーセナル、チェルシー、マンチェスター・シティ、ニューカッスルと相手が厳しかったのは確かですが、昨季プレミアリーグでのジャイアントキリング連発が脳裏に焼き付いているので、ついつい物足りなく感じてしまいます。

さて、この日のトッテナムは、アデバヨルとソルダードの2トップ。センターMFには、デンベレとエリクセンが入ります。サウサンプトンはトップにリッキー・リー・ランバート。CBはデヤン・ロブレンとホーイフェルトのコンビです。ロブレンと相性がいいフォンテが控えにまわったにもかかわらず、吉田麻也が出られないというのは悔しいですね。秋口にはプレミアリーグ最少失点を誇った守備も今は昔。この試合の前まで、7試合連続失点という状態で、ポチェッティーノ監督の試行錯誤が続きます。チームの順位下降と裏腹に、吉田麻也にとってはチャンスなのですが、試合でアピールできず、悶々とする日々を打開できません。

このゲームを再浮上のきっかけにしたい両チームでしたが、先制したのはセインツ。13分、ララナが左から中央に持ち込み、ゴール左隅にミドルシュート。決して強いボールではありませんでしたが、シュートはタイミングとコースがよければ入ります。ホームのサウサンプトンが労せず先に点を奪ったことで、トッテナムがどう逆襲するのかに興味が集まります。

トッテナムの2トップは、「コロンブスの卵」かもしれません。元々FWの頭数が少なく、ワントップ仕様にチームを作っているアーセナルやマンチェスター・シティと違って、トッテナムはデフォー、アデバヨル、ソルダード、ラメラとトップに入れる選手が4人います。ヴィラス・ボアス政権下では、どうも評価が低かったアデバヨルがうまく機能して、ターゲットが複数になれば、マークが分散して却ってソルダードが生きるかもしれません。25分の同点ゴールは、トップ2人で攻めきってしまったカウンターでした。アデバヨルから左サイドを走るソルダードにパスが入り、ソルダードが右足でプラスのクロスを送ると、中央に走り込んだアデバヨルが右足でアクロバティックなボレー!セインツは、マーカーが2人いながら、クロスもカットできず、アデバヨルのシュートに対してブロックもできませんでした。まだ、同点ではありながらも、セインツの守備には暗雲が垂れ込めています。

後半に入り、ゲームはめまぐるしく動きます。54分には、左サイドを破ったトッテナムが、グラウンダーのクロスでホーイフェルトのオウンゴールを誘って勝ち越し。59分、今度はセインツが右サイドを崩し、GKロリスの飛び出しを誘って最後はリッキー・リー・ランバートが無人のゴールに流し込んで同点。59分、決勝点となった3点めを奪ったのはトッテナム。スローインから強引に中に持ち込んだアデバヨルが、カットされてこぼれたボールを左足でゴール左に蹴り込み、2-3。セインツは、ガストン・ラミレス、ギャラガーをつぎ込んで反撃に出ますが、効果的な攻めができずにゲームは膠着。ソルダードにチャンスがあったトッテナムも、決めきれずに2-3のままでタイムアップ。キャピタルワンカップでウエストハムに逆転負けしたショックを振り払ったトッテナムが、暫定順位で上にいかれていたマンチェスター・ユナイテッドをかわし、7位にポジションを上げました。

あらためて見ると、トッテナムはやりたいサッカーとそこにいるメンツにズレが生じていたように思います。前の選手が比較的厚く、サイドにレノン、シグルズソン、タウンゼント、シャドリがいるので、マンチェスター・ユナイテッドのように徹底的にサイドを崩し、2トップに合わせるというサッカーにスイッチしたほうがよさそうです。ワントップの場合は、セカンドストライカーもしくはゲームメーカーとなる、トップ下の選手が重要になりますが、ルーニー、香川真司、オスカル、マタ、ロシツキ、エジル、ダヴィド・シルヴァ、ヤヤ・トゥレなど、錚々たる顔ぶれが複数揃う他クラブと比べると、発展途上のホルトビー、ラメラ、エリクセンではいかにも脆弱です。基本は2トップとして、劣勢に立ってどうしても点がほしいときに後ろを削ってホルトビー投入、というオプションを効かせるようにしたほうが、合理的でしょう。

セインツは厳しいですね。センターMFのヴィクター・ワンヤマがリタイアした穴が埋まっておらず、明らかに攻守のバランスを欠いています。年末年始は、アウェイのカーディフ、エヴァートン、ホームに戻ってもチェルシーとさらに難敵が続くので、このままずるずると12~13位まで落ちてしまう可能性もあります。一度落ちると、ウインターブレイクのないプレミアリーグは容赦ありません。現状、これといった打開策もありませんが、デヤン・ロブレンとフォンテは固定して、毎試合コロコロ変わる不安定な状態だけは回避したほうがいいと思います。あ、日本人としてはもちろん「ロブレンと吉田麻也で固定」のほうがいいのですが…麻也さん、いけますか?

最近、サッカー関連の掲示板などを見ると「吉田麻也は当たりが激しいプレミアリーグには不向き」などという声も増えているようですが、私はそうは思いません。ダヴィド・ルイスやコシールニー、ママドゥ・サコなど、ハードマークよりもボールカットのタイミングや読みのよさ、攻撃への関与度の高さで勝負しているDFはプレミアリーグにも多く、通り一遍に「プレミアリーグ=イングランド=ハードマーク」と決めつけるものでもありません。まずは「昨季のプレミアリーグで見せたプレイレベルに戻ってください」ということかと思います。ピンチは、変化のチャンスです。今こそ、吉田麻也のスタメンカムバックに期待します。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ