【West Ham×Arsenal】アーセナル、停滞を断ち切る今季初の逆転勝利で「2013年王者」にリーチ!

この試合は、何としても勝ち点3を獲らなければならない、長いプレミアリーグのなかでも重要度の高い一戦です。開幕戦でアストン・ヴィラによもやのホーム敗戦を喫した後は、接戦をしっかり勝ちきってプレミアリーグ首位を走ってきたアーセナルですが、ここ4試合は勝利なし。鉄壁だった守備陣がマンチェスター・シティに6失点を許し、エヴァートンとチェルシーからはなかなか点が奪えず、ホームでドロー。ここで踏ん張らないと、あっさり定位置だった4位に収まってしまいそうです。相手がダッチロール気味のウエストハムだったとしても、手を抜く余地はありません。

今季、逆転勝ちが一度もない「先行逃げ切り型」のガナーズにとっては、必勝のゲームにおいて何よりも重要なのは先制点です。Jスポーツの実況と解説は「アーセナルは疲れている」「選手を入れ替えたほうがよかった」といっておりましたが、私は、チーム全体として、前半の出来が著しく悪かったとは思いません。26分にウォルコットが裏に抜け出しボレーを放ったシーンや、エジルやサニャ、ウォルコットが再三見せた右からの突破は、得点の予感が充分に感じられるものでした。ただし、この日の彼らに足りなかったのは、今までゴールを決めてくれていたジルーとラムジーのコンディションです。ジルーはいつもよりポストプレイでの貢献度が低く、ゴール前への入りが明らかに遅れがちで、いつもどおりに中にグラウンダーを通すエジルやギブスとタイミングが合いません。ラムジーも動きが悪く、前節のチェルシー戦に続いてミスパスが目立ちます。

しかし、この重要なゲームに臨むアーセナルにターンオーバーは出来たのか?といえば、答えは「NO」でしょう。私は、ヴェンゲル監督の起用と采配を支持します。そもそも、現在のアーセナルは、「主力にケガ人と病み上がりが多い、深刻な状況を抱えたチーム」であることを認識しなければなりません。ウィルシャーが出場停止、コシールニーをケガで欠き、チェンバレン、ディアビ、宮市は未だベンチに入れず。ウォルコットはようやく調子が上がってきたところで、ポドルスキは戻ってきたばかりです。秋に大量の離脱者を出した彼らの傷跡は、未だに癒えていないのです。

もし、今日のメンバーから入れ替えができるとすれば、ギブスとモンレアル、ラムジーとフラミニ、ジルーとベントナーですが、絶対に勝利が必要な状況で、とにかく先制したいゲームで、その選択はなかったでしょう。マンチェスター・シティ戦でギブスに代わって入ったモンレアルが狙われ、大量失点の口火となってしまった直後です。スキを排除して勝利を狙うならギブスですし、早くゴールがほしいならジルーとラムジーを出すでしょう。「結局、勝った」「やってみたら疲れている選手がいるように見えた」という結果から逆引きすれば何とでもいえますが、現状、コンディションのいい選手が多くないガナーズは、ターンオーバーできる余地が少ないチームなのだと思います。

さて、ゲームの話に戻ります。0-0で折り返したアーセナルは、前半は点を獲られる気配は全くありませんでしたが、後半に入った直後の46分、ウエストハムにまさかの先制を許します。直前のアルテタのクリアが中途半端で、ノーランにフリーでシュートを打たれたのが失点の直接のきっかけですが、正面のシュートをGKシュチェスニーがファンブルするとは誰も思わなかったでしょう。足元にこぼれてきた幸運なボールを軽く蹴り込んだのは、カールトン・コールでした。1-0として勢いに乗ったウエストハムは、その後20分にわたってゲームを掌握し、何度も決定機を作ります。ここで追加点が入れば、アーセナルは間違いなく5位に転落していたでしょう。

この窮地からチームを救ったのは、テオ・ウォルコットでした。68分の同点ゴールは、GKアドリアンが足元にきたシュートをつかみ損なうという幸運なものでしたが、71分の逆転弾は、ラムジーの負傷で途中出場したポドルスキのクロスが相手に当たってコースが変わったところを、素早く対応して強くヘッドで叩いた見事な一発です。さらに79分にとどめを刺したのは、ポドルスキ。ジルーのポストプレイの落としを左足でジャストミートした彼らしい弾丸シュートが右のサイドネットに突き刺さり、終わってみれば復活途上組の活躍で、アーセナルはプレミアリーグ首位復帰です。

そういえば、太ももを押さえて負傷退場したラムジーは大丈夫ですかね。これもまた、「休ませないからだ」という話になりそうですが、毎年、エヴラとキャリック、ルーニーが2~3試合しか休まず出ているのを観続けているマンチェスター・ユナイテッドサポーターとしては、あまりにもコンディションに敏感なコメントは奇異に感じます(一方で、プレミアリーグのタイトな日程は改善すべしとも思いますが、それとこれとは別問題です)。ちなみにカソルラは2012-13シーズン、37試合に出場していますが、彼に対して休ませろという声はあまりなかったと記憶しています。昨季は開幕から不調でプレミアリーグ4位を失いかけており、チームにもサポーターにも余裕がなかったというのが最大の理由でしょう。このあたりについては、「ラムジーは、チームになくてはならない”出ずっぱりの選手”になりつつある」「今季はチームが首位で、サポーターのテンションが上がっており、ターンオーバーにも関心が集まっている」という理解をしていますが、いかがでしょうか。

これで年内はあと1試合を残すのみですね。アーセナルの次戦は、アウェイでニューカッスルです。マンチェスター・ユナイテッドを敵地オールド・トラフォードで破り、昨夜、2人退場者を出したストークに5発快勝した好調チームとは、このタイトな日程のなかで当たりたくなかったでしょう。しかし、ここさえ勝てば、エミレーツでのカーディフ戦を経て、その後は日程に少し余裕ができます。アーセナルの久しぶりのプレミアリーグ制覇にとって、今が最初の試練。2013年のラストゲームをきっちり勝って、「過去4シーズン、年末に首位だったチームがプレミアリーグを勝っている」というデータに乗っかりたいものです。

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ