【Chelsea×Swansea】リヴァプールに勝てる!?苦戦続きのチェルシー、ラミレス不在でピンチ!

師走という言葉は「師すらも走るほど忙しい」という意味だといわれたりしますが、モウリーニョ監督にとって、今年の師走は右往左往、走り回ってばかりのようなめまぐるしい1ヵ月だったのではないでしょうか。セインツに3-1と快勝して以来、12月は5勝1分け1敗ですが、この間チェルシーはドローと1点差ゲームばかり。サンダーランドには3点獲られて真っ青になりながらの辛勝、ストークに敗れ、クリスタル・パレスには後半追い込まれる始末。納得いくゲームは、プレミアリーグ首位を争った前節のアーセナル戦だけではないでしょうか。昨日のスウォンジー戦も、左からドリブルで斬り込んでGKの脇に強いシュートを突き刺した、29分のアザールの一発のみで何とか勝利。試合後のモウリーニョ監督のコメントも、反省一色です。

「今までの試合と同じだ。多くのチャンスがあったが、スウォンジーのGKがうまくやられた。われわれは、またもゲームを殺せなかった。そうなると、常にプレッシャーを感じることになる。2点目を奪えば、まったく違うゲームとなり、われわれは楽しめたはずだ」

確かに、あれだけチャンスがあって、なぜ1-0なんだという試合でした。19分、左サイドでスライディングでボール奪取したオスカルのクロスをテリーがボレー。21分には右からのクロスをファーサイドで折り返したテリーのヘッドがゴール前50センチへ。31分にはオスカルがバックパスミスを突き、41分の裏にフリーで抜けたエトーは、左が空いているのにわざわざGKの正面にシュート。45分にもエトーは、マタの完璧な右足クロスをフリーで打ちながらGKにぶつけ、3-0で終わるはずだった前半は納得感ゼロの1-0。後半に入っても、49分のエトーが余裕をもって打ったはずのミドルが枠外に外れます。

これだけチャンスがあっても点が獲れず、ランパード、シュールレを投入しても1-0から動かず。72分にはランパードらしい強烈なグラウンダーのシュートが左のサイドネットに一直線に飛びますが、これもGKトレメルがビッグセーブ。ラスト10分過ぎにはウィリアンまで入れて攻めるものの、ここまで一方的なゲームで1点しか差がないとなれば、最後はスウォンジーも色気を出し、勝ち点1を取りにきます。結果、圧勝のはずが、ヒヤヒヤの逃げ切り。モウリーニョ監督でなくとも、愚痴のひとつも言いたくなるゲームです。ゲームの結果を特定の人物のみの責任に帰結させるのはどうかと思いつつも、エトーがあれだけ外すと、さすがに最高のラストパスを連発したマタがかわいそうになってきます。

さて、そんなチェルシーですが、明日のプレミアリーグの仕事納めはリヴァプール戦です。マンチェスター・シティのあの爆発的な攻撃力と華麗な試合運びをもってしても、どちらが勝ってもおかしくない2-1フィニッシュにしかできなかったやっかいな相手です。しかもよりによって、今まで絶対に欠くことができなかったラミレスが出場停止。果たして、チェルシーはリヴァプールに勝てるのでしょうか。この試合を語るモウリーニョ監督の弱気ぶりが、ハンパじゃありません。

「われわれはラミレスを失った。これは明らかに問題だ。しかし、今はそれを泣いている場合ではなく、忘れなければならない。ラミレスはしっかり休んで、1月1日にいいコンディションで復帰する」はまだいいとしても、「おそらくルイス・スアレスは試合前に軽いケガを負っているだろう。深刻なケガは願っていない。軽いケガでいいんだ。ここ4日間だけでもね」と、相手のエースの不在を祈るという情けなさです。これ、どこまでジョークなんですかね。

チェルシーが勝つとすれば、こんなストーリーはどうでしょう。「イヴァノヴィッチとテリーがCKから2発。失点はスアレスのFKのみに抑え、最後は攻め込まれながらもゴール前に張りつき、2-1で勝利」…そりゃあ、モウリーニョ監督と選手たちがめざす、攻撃的で美しいパスサッカーで勝てれば最高ですが、何しろ時間がないので、お楽しみは2014年のお年玉にとっておいて、ここはなりふりかまわず勝ち点3でしょう。いくらピンチといえども相手のケガを願うジョークは悪趣味だと思いますが、悪趣味ついでにいうと、スアレスよりもヤヤ・トゥレとエジルにカゼでもひいてもらったほうが、プレミアリーグ奪還には近づけると思われます。アーセナルは、ニューカッスルとのアウェイなので何かが起こりそうですが、マン・シティはクリスタル・パレスなんですよね…。やはり、CKで勝負でしょう。うん、CKです。





おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

更新お疲れさまです

セインツ戦以降辺りから試合の感想がほとんど変わらないですね…w

いつになったらうちのFWはしっかり仕事してくれるのでしょうか(^^;

でもマタ、アザール、オスカルが絡むとやっぱり面白い攻撃が見れますね(^^)

内容は微妙でもなんだかんだ勝ち点はとれてるのがモウリーニョのチームだなって印象ですが、来年はCLも強敵ばかりですしそろそろギアを上げてもらいたいです

そういえばもう市場も開きますしそっちも楽しみですね(^^)
  • チェルシー
  • 2013/12/28(Sat)13:52:08
  • 編集

コメントありがとうございます。

チェルシーさん>
確かに、「FWの決定力…」「勝ったものの物足りない」という感想が多くなっていますね。攻撃については、マタの出場機会が増えれば、攻め方にバリエーションが出てくるので解決しそうなのですが…。FWは、「トーレス、デンバ・バ+1(補強)、ときどきアザール&シュールレを上げる」でいいのではないかと思います。よくなる見込みもないので、この分だとエトーは厳しいかもしれません。
  • makoto
  • 2013/12/28(Sat)15:35:41
  • 編集

無題

偏愛さんのプレミア前半戦を振り返る記事だったり前半戦ベストイレブンを決めた記事が見たいです!
  • プレミア大好き!
  • 2013/12/28(Sat)17:40:14
  • 編集

コメントありがとうございます。

プレミア大好き!さん>
ありがとうございます。年末年始、がんばってみます。
  • makoto
  • 2013/12/29(Sun)15:06:28
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ