【Stoke×MAN.UTD】結局は個人技まかせ…いつまで続く!?マンチェスター・ユナイテッドの勝算なき航海

アーセナルやリヴァプールほどのトラウマはありません。プレミアリーグになってから、マンチェスター・ユナイテッドはストークに負けたことがなかったのです。それでもブリタニア・スタジアムには苦戦の記憶があり、「簡単には勝てないぞ」と警戒してはいたのですが、まさか負けるとは思いませんでした。今シーズン、さまざまな連続記録をことごとく打ち止めにされているマンチェスター・ユナイテッドは、ストークに2-1で敗れ、彼らに対するプレミアリーグでの無敗記録をもストップされました。

この試合は、ファン・ペルシ、ルーニー、マタがスタメンから共存する初めての機会。滑り出しはパスもつながり、悪くありません。しかし前半10分、ジョニー・エヴァンスが足を引きずり始め、あっけなく退場。ラファエウが交代で入り、SBのスモーリングを中にまわしてフィル・ジョーンズとコンビを組ませます。いきなり手持ちのカードが1枚減りましたが、リードを奪いさえすればさほどマイナスはありません。サッカーは、相手より多く点を獲ればいいのです。

右のウォルターズに展開してクラウチに合わせるか、アダムやアルナウトヴィッチのミドルか。攻撃が単調なストークに対し、マンチェスター・ユナイテッドも攻めあぐみます。最初のチャンスは14分。エヴラのクロスにルーニーが合わせるも、わずかに左に外れます。

今のマンチェスター・ユナイテッドは、ファン・ペルシやルーニーが戻ったからといって、格段に攻撃力が上がるわけではありません。問題は、攻撃時の約束事がなく、チームとしての崩しのスタイルを持っていないこと。そのため、サイドを個人技で打開しないとチャンスにならず、突発的にそれが実現しても中の対応が遅れるため、中央の枚数が薄いままクロスを入れることになり、しっかり守れるチームには簡単にブロックされてしまいます。アーセナルやマンチェスター・シティと比べても、ワンツーやポストプレイなどのシンプルなコンビネーションも少なく、ひとりひとりがボールを持つ時間が長い「守られやすいチーム」なのです。

18分にマタ、ルーニー、ファン・ペルシとつないでシュート。28分にはA.ヤングのCKをフィル・ジョーンズが落としてファン・ペルシがフィニッシュに持ち込むも、いずれもCKに逃れられます。そうこうしているうちに、またもや相手に先制されてしまいました。37分、中央からのFKでチャーリー・アダムが強いシュートを放つと、キャリックの太腿に当たったボールがGKデ・ヘアのリアクションと逆方向に飛び、勢いを失ったボールに誰も触れず、ゴールに吸い込まれていくのを見守るだけ。前半終了間際には、ヘディングの競り合いの着地でフィル・ジョーンズが後頭部を強打してリタイア。劣勢で早くも2枚めのカードを切らざるをえず、ここでウェルベックを投入するという非常事態宣言です。前半は1-0。残りの45分で2点を奪える雰囲気はありません。

ところが後半、開始2分で相手のミスを突いて、マンチェスター・ユナイテッドが同点に追いつきます。何でもないロングパスはストークDF陣にカットされますが、クリアボールが目の前にいたマタの正面へ。マタがこれをワンタッチで最前線のファン・ペルシに通し、ファン・ペルシはGKの位置をみて左足でゴール左隅にコントロールシュート。ラッキーな同点ゴールで、ようやく勝利への希望が見えてきました。

しかし、この希望は、たった5分で打ち砕かれることになります。ストークは、自陣右からロングボールを左サイドにいたウォルタースに通し、ヘディングでの落としを受けたアルナウトヴィッチは、シュートを打とうとしてこれを空振り。ボールは後ろに流れますが、この空振りがフェイントとなり、一瞬動きが止まったマンチェスター・ユナイテッドの隙を突いて、フォローしたアダムが今度は完璧な左足ミドル!右サイドネットの上部に突き刺さる素晴らしいシュートに、デ・ヘアの手は届きません。57分、2-1。これをひっくり返す策は、マンチェスター・ユナイテッドにはありませんでした。

79分のチチャリート投入は、今季のプレミアリーグで再三見せられた、狙いなき前がかり。頭数を確保しても、そこにつなげるプロセスが曖昧なままでは効果がありません。いちばんゴールに迫った瞬間は、90分のルーニーのFK。ゴール左隅を襲ったシュートにGKベコヴィッチは何とか触ってポストにぶつけるのがやっとで、こぼれたボールを落ち着いて枠に入れさえすれば同点でした。ところがこのチャンスは、余裕のないクレヴァリーがシュートを打ち上げ、万事休す。7分という長い追加タイムも、得点の匂いがする状況を創れず、タイムアップ。今季プレミアリーグ8敗めを喫した昨季王者は、ハル・シティにドローで終わった6位トッテナムに勝ち点を離される結果に終わりました。

ファン・ペルシとルーニーが縦関係で中央に入る今のサッカーには、いわゆるトップ下タイプは不要。マタが入っても香川真司が入っても、あまり変わらないですね。マタは香川よりもペナルティエリア付近でボールをもらいにいくタイミングがいいので、攻撃時の手数が多く、プレースキッカーとしても有効です。とはいえ結局パスワークを志向しないサッカーのなかでは、彼のパスセンスは活かしきれず、危険な存在にはなれませんでした。これならむしろ、ひたすら縦に突破を図れるバレンシアやヤヌザイのほうが機能するでしょう。もちろん、「それがいい」「そのほうがいい」といっているわけではありませんが。

シュート数は14対19でアウェイチームのほうが多いのに、枠内シュートの本数は7対4と逆転。ボールポゼッションはマンチェスター・ユナイテッドが62%。この数字を見れば、いかにボールをただ持たされ、遠めからの確度の低いシュートを打たされ続けたかがわかります。ファン・ペルシとルーニーが、ワールドクラスの一発を決めれば勝ち、不発なら負け。毎試合いきあたりばったり、出たとこ勝負の、勝算なき航海が続きます。(ウエイン・ルーニー:写真著作者/Tsutomu Takasu トム・クレヴァリー:写真著作者/Ed Schipul)


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

モイーズ監督は運が無かったといっていますが、この試合に限っては半分同意できますねぇ。前半でCB2人欠けた上、幸運なディフレクションで先制献上ですから。シーズンに一度二度しかないレベルの不運ですよこんなの。かなりな強風もイレギュラー性に一役買ってましたしね。
それでも、主に攻撃面では管理人さんの言う通りで、点を獲るべくして獲る攻撃ができてませんでしたね。得点も、ストークのアキレス腱CBウィルソンのクリアミスを突いた幸運混じりのものでした。この敗戦が何を意味するのかは今日のリバポの結果待ちでしょう。

それにしてもヒューズはなぜあの出来のオデムウィンギーを90分使ったのか・・それが非常に謎でした。
  • トーレス下さい。あ、赤い方ね
  • 2014/02/02(Sun)09:47:09
  • 編集

無題

更新お疲れさまです

モイーズ解任のほーは現地ではどのような感じなんでしょうかね。自分としてはユナイテッドサポーターが思ったよりおとなしいのが意外です。ナボリとかだったら大変なことになってるでしょうね笑

香川、マタ、ルーニーという二列目はけっこーおもしろいと思うのですがモイーズさんはまったく頭になさそうですね(^^;

まーうちのほーはmakotoさんのいった通りベンゲルさんの急展開獲得が成功しまして、しかも毎回なかなかいい補強になってるんですよね。すんなりと勝たせていただきます笑

ちなみに前項の移籍選手まとめほんとにお疲れさまでした。
フラム、カーディフとかは地獄だろーなーと思って見てました笑
バナー5回押しましたよ!笑
  • ウィルシェア
  • 2014/02/02(Sun)09:54:29
  • 編集

コメントありがとうございます。

トーレス下さい。あ、赤い方ね さん>
CB2人負傷は、なかなか起こらないアクシデントで、運がなかったのは事実だと思います。問題は、相手のクリアミス絡みの1点しか獲れなかったこと、ですね。

ストークの先制点も、壁はあれでよかったのか、という疑問はあります。理由はどうあれ、相手に2点獲られたら勝利は厳しくなるわけで、「不運があっても失点は1点まで」にしないと、というのもありますね。

オデムウィンギーは、疲れた順番に代えたら残っちゃった、ということじゃないでしょうか(笑)。走って守る、にシフトしようとすると、アルナウトヴィッチのほうを先に代えたくなるのはわかります。

  • makoto
  • 2014/02/02(Sun)11:12:44
  • 編集

コメントありがとうございます。

ウィルシェアさん>
バナーありがとうございます!おっしゃるとおり、地獄でした、カーディフ(笑)。

アーセナルは、今日は「得失点差を何点稼ぐか」ですね。シェルストレーム、初日の練習で腰をやっちゃったと聞きましたが、大丈夫ですかね。今のアーセナルなら、来週からの強敵3連戦も簡単に負けないと思いますが、シェルストレームの件だけ心配です。
  • makoto
  • 2014/02/02(Sun)11:16:52
  • 編集

無題

うちのチームから見ると、ブリタニアの地で、なぜ放り込むのか?アダムのフリーキックに対してあの壁はどうなんだ?とかいろいろ疑問に思うところがある試合でした。相性がいいとはいえ、すこしなめているのではと感じました。すいません、なにぶんレッズはあのチームが苦手なので
  • リバサポ
  • 2014/02/02(Sun)11:58:26
  • 編集

無題

もう優勝無理だし、CLが圏も厳しいし、
モウダメ元でいっそ結果出るまで毎試合がらっと選手変えて
やればいいと思う
  • うしろ
  • 2014/02/02(Sun)12:17:43
  • 編集

コメントありがとうございます。

リバサポさん> うしろさん>
おっしゃるとおり、FKの壁の作り方、マタの不要なファールアピール、シュートの不正確さと、集中力不足が垣間見えるプレイがおおかったですね。思い切った選手交代や若手起用は賛成ですが、勝ち点5差しかないEL出場権ぐらいは獲ってほしいですね…。来季の選手獲得においても、経済的にも、あるとないとでは違うと思います。
  • makoto
  • 2014/02/02(Sun)12:48:47
  • 編集

天も味方しなかった

ホント、運が無かったって感じでした。天候もユナイテッドには不利に働きましたし。
あれだけ風が強い状況が続くのなら、ストークは高さを活かして後半縦ポンサッカーをしてくるだろうと予想できました。だから前半少しでも点数を入れておきたかったんですけれどねぇ。前半結構押し気味に見えただけに残念です。
チチャリートを入れた判断は個人的には妥当だったかなと思います。風下で高いロングボールを入れにくい以上、裏へ抜けるスルーパスを決めてほしいという意図だったんでしょう。そのためのマタ残しだったと思うんですけれどね。まあ結果が残せなければどうしてもモイーズに風当りが強くなってしまいますね。
  • Uボマー
  • 2014/02/02(Sun)14:38:49
  • 編集

モイーズ監督のコメント

英BBCに対して「勝つために何をしたらいいのか分からない】とコメントしたなんて話もでています。モイーズ監督に策なしに見えます
  • だしまる
  • 2014/02/02(Sun)15:07:18
  • 編集

無題

更新お疲れ様です

モイーズには運も味方しないのかなぁw
CBが前半の内に2枚負傷するとは…
とはいえ、攻撃色の濃いサブの人選に疑問は残ります(選ぼうにもCB居ない?)し、もっと言えば、今冬手薄なCBの補強に動かなかったのも解せません。マタは良い選手ですが、CMF含む守備組織の整備より獲得の優先順位が高かったと思えないのですが。

  • 釜元杉山
  • 2014/02/02(Sun)17:46:56
  • 編集

コメントありがとうございます。

Uボマーさん だしまるさん 釜元杉山さん>
つい3週間前、ブリタニアでリヴァプールは交代カードを1枚しか使わず、5点獲って勝ってますからねぇ。結局、「ファン・ペルシやルーニーが決めてくれる、以外に点の獲り方がない」ことが問題のように思います。

チチャリートを入れたこと自体については、ダメだとは思いません。Uボマーさんがおっしゃるようなサッカーをすれば、同点・逆転もあったかもしれません。しかし、選手を代えてもその選手を活かす、狙いのあるサッカーが結局できないので「前を厚くしただけで、策なしじゃないか」となってしまいます。
  • makoto
  • 2014/02/02(Sun)18:59:45
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ