【Chelsea×Everton】チェルシー、幸運。絶好調GKが犯したたった一度のファンブル!

プレミアリーグ首位のチェルシーと、6位にふんばるエヴァートンがぶつかる注目の一戦。先週のクリスタル・パレス戦が中止になったエヴァートンは、他クラブより1試合少ないながらも、4位リヴァプールと実質勝ち点5差につけています。とはいえ2014年になって、ルカクの負傷で決定力に翳りがみえ始めてからは、プレミアリーグ6試合で2勝2分け2敗と停滞気味。年明け無敗ながらも、ウエストハムとWBAにはゴール前を固められてドローに持ち込まれたチェルシーから、彼ら同様に勝ち点を持ち帰ることができるでしょうか。試合直前に先発予定だったラシナ・トラオレがウォーミングアップで負傷してリタイア。本職のFWを欠き、トップにネイスミスという不安なスタートです。

本拠地スタンフォード・ブリッジでは無敵のチェルシーに対して、前半はエヴァートンが大健闘!3分にカウンターからアザールとウィリアンのコンビネーションで左を突破され、ウィリアンに2人抜きドリブルで中央に抜けられてミドルをもらった後は、エヴァートンが出足のよさでチェルシーを圧倒します。12分、くさびに入ったネイスミスからの落としをレオン・オズマンが強烈なミドルを放ちますが、これはGKチェフが左手でコーナーに逃れます。16分の左からの崩しも決定的。ミララスがネイスミスを縦に走らせ、ネイスミスにつられたチェルシーDFがミララスを空けると、ニアで受けた折り返しをフリーでシュート!ケーヒルが体に当ててコーナーに逃れましたが、アウェイチームが先制していてもおかしくないシーンでした。

チェルシーはいつになく自陣でのボールロストが多く、オスカルはジャギエルカやマッカーシーに簡単にボールを奪われます。エヴァートンは、CBとセンターMFの読みがよく、高い位置でのインターセプトからサイドに素早く展開して優位にゲームを進めます。20分以上チャンスがなかったチェルシーは、28分に中央突破を図り、左にこぼれたボールを拾ったアザールがクロスを上げますが、これはディスタンがエビゾリの姿勢でかかとにボールを当てる「スコーピオンキック(実況倉敷氏・談)」でクリア。36分にも右にいたアザールのパスを受けたエトーが見事なコントロールでフリーとなり、強いシュートを放つもGKハワードがブロック。プレミアリーグ首位らしからぬチェルシーの前半は、ここで打ち止めです。

終了間際には、エヴァートン攻撃陣ペナルティエリアのすぐ外でフリーになるシーンを2回も創られ、スタンフォード・ブリッジに悲鳴にも似た歓声がこだましました。マッカーシーがトラップに手間取り、ミララスは力んで右足シュートを巻いてしまい、チェルシーはまたもや命拾い。0-0で前半は終了。後半、どちらが先に獲るかが勝負の分かれ目となりそうです。

後半頭から、旗色が悪いモウリーニョ監督が動きます。ミスが多かったオスカルを諦め、ラミレス投入。守りの憂いがなくなったホームチームは、開始すぐに攻勢をかけます。49分に左サイドで裏に抜けたランパードが左足シュート。GKハワードが足で弾いたリバウンドを再度狙いますが、2発めはDFがブロックしました。10分に渡るプレッシャーを無失点で切り抜けたエヴァートンは、57分に逆襲。レオン・オズマンのミドルがミララスに当たってゴール右隅を襲いますが、4度めの決定機は守護神チェフが横っ飛びでCKに逃れます。59分にはチェルシーがチャンスを創り、右から中に切れ込んだアザールが決定的な左足シュート。かろうじてハワードがセーブしたこぼれ球を、イヴァノヴィッチが至近距離から強烈なボレー!しかしこれも、ハワードが胸で弾いてノーゴールです。エヴァートンの絶好調GKは、このままチェルシーを完封する勢いだったのですが…。

この後、チェルシーはF.トーレスとシュールレをつぎ込みますが、トーレスはシュートが不正確で、シュールレはうまくボールをもらえず。エヴァートンも若手のロス・バークリーとデュルフォーを入れるものの、ロス・バークリーはミスを連発し、デュルフォーは無理なドリブルをことごとくカットされます。3枚めのカード、マクギーティも攻撃にアクセントをもたらすことができず、双方勝負のカードは空振り。0-0のままスコアは動かず、チェルシーのプレミアリーグ首位キープは風前の灯です。このまま終わるかと思われた92分、チェルシーは左サイドでFKをゲット。キッカーはもちろん、フランク・ランパードです。

ゴールというものは、決まるときにはあっけなく決まるもの。ランパードのキックは、DFとGKの間を襲う危険な弾道でしたが、飛び込んだテリーの左足はわずかに届きません。しかし、この動きに惑わされたのか、ハワードがファンブルしたボールはまっすぐゴールへ!エヴァートン、痛恨のオウンゴール。すぐそこに見えていた勝ち点1は、倒れながら右に顔を上げたハワードの視線の先に消えていきました。

今日のチェルシーは、幸運でしたね。さすがのモウリーニョ監督も、エヴァートンのほうが決定機が多かったこの日の内容では、強気なことはいえないでしょう。アーセナルもマンチェスター・シティも勝ちましたが、勝ち点3を拾えたためにプレミアリーグ暫定首位の座を死守しました。マティッチは相変わらず安定感があり、アザールの仕掛けとウィリアンの運動量はまずまずでしたが、スランプ気味なオスカルが気がかりです。(ティム・ハワード 写真著作者/Jarrett Campbell)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

更新お疲れさまです

勝ち点3とれたのは嬉しいですが難しい試合でしたね(^^;
エバートンも良いプレーをみせていて強かったっていうのもありますが

守備には一定の強度があるのでやっぱり問題は攻撃の方ですね
オスカルはどこか痛めてたらしいですがそれにしてもここのところ低調でボールを失う場面が多いのが心配です

エトーは最近マシですがトーレスは相変わらずなので夏にルカク戻すだけかもしくは誰か獲ってくる事になりそうですね
  • チェルシー
  • 2014/02/23(Sun)11:18:15
  • 編集

コメントありがとうございます。

チェルシーさん>
昨日のゲームは、素直に「エヴァートン、やるなぁ」です。昨季はダブルとはいえ、もともと、チェルシーは苦手な相手ですし、勝ち点3獲れて結果オーライですね。一部不調な選手はいましたが、監督も選手もベストを尽くしたと思います。
  • makoto
  • 2014/02/23(Sun)14:28:47
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ