【Swansea×Chelsea】たった1発の枠内シュート…チェルシー大苦戦、しかし貴重な勝ち点3!

マンチェスター・シティの敗戦は、チェフやテリーの耳に届いているのでしょうか。チェルシーのプレミアリーグは、あと5試合。今日のスウォンジーと次節のサンダーランドにきっちり勝ちきって、リヴァプールとのシックスポインターを制すれば、遠くなりかけていたプレミアリーグ制覇のチャンスが再び手元に戻ってきます。ハル・シティ戦に敗れ、降格候補に名を連ねてしまったスウォンジーは、死に物狂いで抵抗してくるでしょう。ここから先、簡単に勝てる試合はありません。

パリ・サンジェルマンとのチャンピオンズリーグに競り勝ったばかりのチェルシーは、病み上がりだったエトーがベンチ、負傷のアザールはメンバーに入っていません。トップはデンバ・バ、サイドにはシュールレとモハメド・サラー。初めてのフォーメーションがどれだけ機能するかに注目です。スウォンジーはミチュが不在ですが、浮き球のクロスに滅法強い「飛び道具」ボニーが健在です。

開始直後に中央からミドルを打たれ、チェフが体を伸ばして止めるという危ないシーンがあったチェルシーですが、5分、右サイドでフリーになったイヴェノヴィッチの折り返しを、中央で待つサラーが左足インサイドでシュート!この決定的なシーンは、サラーが狙い過ぎてわずかにポストの外。8分にサラーが放ったペナルティエリア右からのシュートも、力んで右に外します。ピンチをしのぎ、自分たちのパスサッカーを思い出すべくペースを落とすスウォンジー。10分を過ぎるとボールを支配し始め、12分には後ろからのクロスをボニーがヘディングシュート。これはチェフがきわどく弾いてCKに逃れ、スウォンジーはリードを奪えません。

せっかくいい形で主導権をつかみかけたスウォンジーに、16分、トラブル発生。2分前にイエローカードを受けていたSBチコが、無理な態勢からシュールレに足を出してしまい、いきなり退場です。判定に不満なスワンズサポーターは騒然。ザ・リバティ・スタジアムには、チェルシーがボールを持つたびにブーイングが響きわたります。ひとり多くなったチェルシーは、レッドカードの直後こそボールを支配してスウォンジーのゴール前に迫ったものの、その後は沈黙。中盤で漫然とパスを回すだけで相手のラインを崩す動きがなく、ゲームは膠着状態です。ウィリアンのミドル、ラミレスの中央突破、CKからのイヴェノヴィッチのヘッドはいずれもゴールを脅かすに至らず、チェルシーはこれといったチャンスを創れません。終了直前のサラーのシュートもゴールの上。結局、前半はシュートを枠内に打てないままハーフタイム。モウリーニョ監督は、どこでエトーやF.トーレスを投入するかを考えているに違いありません。

後半開始から、来ました!モウリーニョ監督。シュールレをエトー、ラミレスをオスカルと、いきなり2枚替えです。54分、アスピリクエタのクロスから、ゴール前の混戦のルーズボールをオスカルが狙いますが、間一髪でDFがクリア。直後のイヴァノヴィッチの危険なクロスもわずかにデンバ・バに合わず。57分にサラーのクロスから一瞬フリーになったエトーは、右足のシュートを巻いてしまい、ホームのサポーターは思わず安堵のため息。チェルシーの枠内シュート欠乏症が続きます。

59分、逆襲に出たスウォンジーのMFルートリッジがドリブルで独走。右に流れてクロスに打ったシュートはチェフが手に当て、CKからのボニーのシュートもうまく頭に当たりません。両者ともゴールまでの道筋が見えませんが、こういう試合は入るときはあっけないものです。67分、ついにチェルシーが先制します。

マティッチの縦パスにひとり前線にいたデンバ・バが反応。ワントラップからの左足シュートはGKフォルムの守備範囲に飛びますが、ここまで強いシュートをセーブする機会がなかったフォルムは、これを弾けません。0-1、プレミアリーグ優勝候補がリードです。降格ピンチのスウォンジーは、こうなると前に出ていくしかありません。

しかし、ラスト20分は、1点を先行して楽になったチェルシーのペースでした。マティッチやオスカルが裏を狙うと、サラー、エトーが飛び出して次々にシュート。フィニッシュに正確さを欠き、追加点は入りませんが、確実に時間は減り続けています。スウォンジーのラストチャンスは88分の右からのクロス。カーブを描いてゴール右隅に向かったボールがチェフに難しい対応を迫りますが、守護神は目の前のFWの動きに惑わされず、右手で上に弾いてCK。91分、カウンターからチェルシーFWが2対1の局面を創り、サラーがフリーのエトーにラストパスを通しますが、これもエトーの足に合わず。ゲームはこのままタイムアップを迎え、チェルシーは何とか勝ち点3を手に入れました。

11人VS10人の試合でしたが、シュートを枠に打てないチェルシーの独り相撲で1点を争うゲームになりました。勝ち点3とゼロを分けたのは、GKの差でしたね。危険なボールを1本も前にこぼさなかったチェフと、たった一発の枠内シュートを弾けなかったフォルム。チェルシーはプレミアリーグの優勝争いに残り、スウォンジーは降格バトルに完全に飲み込まれることになりました。彼らが昨季のキャピタルワンカップでチームを優勝に導いたラウドルップ監督をクビにしたのは、早まったかもしれませんね。いや、もう過去のことをどうこういっている場合じゃありません。状況は違えど、両者ともめざすは「残り試合を全勝」です。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

更新お疲れさまです

良かったのは勝ち点3だけ、アウェイで格下に苦戦っていうテンプレ通りの展開でしたね
ホームではもっといい内容の試合ができるのにアウェイだと何でこうも落ちるんでしょうか?

リヴァプールvsシティ戦を見たあとだったので再認識させられましたがもっと連動した攻撃が出来ないと厳しいですね

とりあえず残り4試合全勝すれば優勝の可能性もあるので頑張ってもらいたいです
アトレティコとリヴァプールとの三連戦が勝負所ですね
  • チェルシー
  • 2014/04/14(Mon)08:44:38
  • 編集

コメントありがとうございます。

チェルシーさん>
アザールがいないと前線で時間を作れず、速いパスまわしで相手を崩す攻撃ができませんね。アトレティコ・マドリードとリヴァプール…「二兎を追うもの」になるのか、ダブルで果実を得られるのか。現状は両方とも厳しそうですが、モウリーニョマジックの炸裂を見てみたいです。
  • makoto
  • 2014/04/14(Mon)12:01:07
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ