ハル・シティ無念の降格、5位ゲットの棚ぼたトッテナム…プレミアリーグ最終節・天国と地獄

当事者のみならず、グーナーのみなさんは、積年のライバルの動向が気になっていたかもしれません。プレミアリーグ最終節のヨーロッパリーグ出場権争いは、リヴァプール、トッテナム、セインツが勝ち点1差ずつで並ぶダンゴレース。私は、マンチェスター・シティとアウェイで戦うセインツよりも、エヴァートンの本拠地グディソンパークに乗り込むトッテナムのほうがきついのではないかと予想しておりました。

シュナイデルランの不在は激痛ながら、吉田麻也とフォンテを後ろで組ませ、アルデルヴァイレルトが中盤にフタをすれば守備は計算できるセインツに対して、トッテナムの最終ラインはまったくの予測不能。TOP10に入ったクラブのなかで、53失点は堂々のワーストです。最後の最後でTOP10に滑り込める可能性のあったエヴァートンは、簡単に勝ち点3を許してはくれないでしょう。試合が終わる日本時間26日1時に歓声を挙げているのは、得失点差でヨーロッパリーグ出場権をゲットしたセインツサポーターと、FAカップ決勝でアーセナルの勝利を祈るトッテナムサポーターの姿を想像して優越感に浸るグーナーだとばかり思っていたのです。

しかし、例によってプレミアリーグは何が起こるかわかりません。ストーク戦のリヴァプールの大敗、トッテナムのクリーンシートでの完勝、セインツの沈黙をすべて当てた方はほとんどいないのではないでしょうか。ポチェッティーノ監督は、最後の2連勝で、2週間前には届かないと思われていたレッズを引っくり返して、5位をゲットしてしまいました。エヴァートン戦は、0-1でトッテナムが勝つような内容ではありませんでした。クリアするのかつなぐのかはっきりしない最終ラインはしばしばもたつき、安心して観ていられるのはロリスのみ。まだ19歳で無名のガロウェイに中盤で次々に抜かれ、ロリスとの1対1に持ち込まれたプレイにフリーズしてしまったスパーズサポーターも多かったのではないかと思います。

 何とか守備陣が耐えきっただけでなく、トッテナムのゴールもまた、針の糸を通すようなピンポイントの一撃でした。24分、右サイドに出たパスをエリック・ダイアーがゆっくりトラップし、「さて、これからハリー・ケインに合わせますから」と宣言したような見え見えのロングクロスを蹴り込んだ瞬間は、ゴールが決まるとは思いませんでした。ところが、びっくり。このボールも、ヘッドで逸らして左サイドネットに送り込んだハリー・ケインもとにかく素晴らしかったのです。決まるときは、こんなもの。ブリタニアからは、ストークがリヴァプールをボコボコにしているという速報が聞こえてきます。トッテナムは、うやむやのうちに逃げ切ってしまいました。1日経ってもモヤモヤ感は拭えませんが、ポチェッティーノ監督、選手とサポーターのみなさん、お、お、おめでとうございます!

サポーターの方とは意見が分かれるかもしれませんが、私は今季のポチェッティーノ監督は素晴らしかったと思います。シーズン開始直前は、カプエ、ソルダード、パウリーニョ、デンベレなど、前季に主力として期待された選手の大半が不良債権状態。1年前の大量補強の失敗に懲りたのか、レヴィ会長は財布の紐をダンゴ結びにして、若手の青田買いと怪しげな安い選手(失礼)の獲得しか行いません。計算できそうなのはエリクセン、ロリス、レノン、アデバヨルぐらいでしたが、頼みのエース・アデバヨルは結局チームに貢献できず。当時は、ダニー・ローズという言葉をネット翻訳にかければ、「不安定」と出てきていたでしょう。シャーウッド体制でピッチにいた選手だけで勝とうとしていれば、トッテナムはTOP10フィニッシュすら難しかったと思われます。

しかし、ポチェッティーノ監督は、若手を使いながら育てることで、最高に近い結果を手に入れました。プレミアリーグ得点王をあのアグエロと争ったハリー・ケインもさることながら、中盤を支えたライアン・メイソンとベンタレブ、開幕からの2ゴールでチームを連勝スタートさせたエリック・ダイアーの存在も大きかったと思います。秋に、ヨーロッパリーグとプレミアリーグで11人総とっかえ作戦を見たときは、ギャグマンガか!とツッコミを入れたくなりましたが、若い指揮官の大胆かつブレない采配は、最後に実を結びました。最終戦のゴールがエリック・ダイアーとハリー・ケインのラインだったのも、今季のトッテナムらしい終わり方ですね。若手とともに成長し、攻撃力が光ったダニー・ローズ、前半戦の接戦で貴重なゴールを次々と挙げたエリクセン、攻めのアクセントとして機能したシャドリがクラブに残るようなら、来季のトッテナムもまた期待できるのではないかと思います。

ニューカッスルがウェストハムに勝った時点で彼らに可能性はなくなっていたのですが、相変わらずフラフラしていたマンチェスター・ユナイテッドからゴールが奪えず、降格が決まってしまったハル・シティは無念です。マンチェスター・シティ戦以外に4失点以上がなかった守備はまずまずだったのですが、早期にスノッドグラスという大黒柱を失った攻撃陣の不振が、3月以降わずか2勝、ラスト5戦でたったの2ゴールという停滞につながってしまいました。プレミアリーグ8ゴールとはいえイェラヴィッチが期待を下回り、アベル・エルナンデス、ガストン・ラミレス、ベナルファといった大型補強組が軒並み空回りでは、この結果も致し方なしです。サンダーランドのアドフォカート監督、WBAのピューリス監督、クリスタル・パレスのパーデュー監督、アストン・ヴィラのシャーウッド監督と、ライバルクラブが監督のテコ入れで残留を果たすなか、ハル・シティの継続路線は裏目に出たといわざるをえません。

明日より、2014-15シーズンの「偏愛的プレミアリーグベストイレブン」「監督ランキング」などなど、本ブログのチョイスによるシーズン総括企画をお届けしたいと思います。早寝早起き早ブログを励行いたしますので、明日からもぜひ、お立ち寄りください。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

【Arsenal×WBA】楽しい楽しいアーセナル!ウォルコットの3発で、FAカップ連覇が見えた!

第三者が興味本位にする噂話やしたり顔の批評を「下馬評」といい、つまりは競馬の予想紙などは、毎週それを繰り返しているわけです。私は競馬好きで、そちらの世界ではいわゆる穴党ですので、昨日のオークスのような一番人気馬が絡むレースは出番なしなのですが、そんな人間でも5月30日に開催されるFAカップの決勝は「アーセナルで間違いなし」と大本命にベットします。アストン・ヴィラがいくらプレミアリーグ残留を決めていたとはいえ、本拠地ヴィラ・パークでの最終戦、しかも相手がブービーのバーンリーなら、今季も1年応援してくれたサポーターへの感謝の気持ちを結果で表そうと本気で勝ちにいくでしょう。ところが、ヴィラはまさかの0-1完封負け。先週、セインツに6失点で惨敗したチームは、どこか歯車がかみ合っていないようです。

一方、WBAをエミレーツに招いたアーセナルは、素晴らしいゴールラッシュで完勝。プレミアリーグ3位着地に華をそえました。「目標のないWBAに集中力がなかったのではないか」と意地の悪いことをいう向きもあるかもしれませんが、先週も目標はなかったピューリス監督のチームは、チェルシー相手に最高のサッカーを披露して、優勝クラブに今季唯一3点差で勝ったチームになっています。昨日のゲームは素直にアーセナルのクオリティをリスペクトしていいのではないでしょうか。今季のプレミアリーグでいちばんいい試合だったとまではいわないものの、「いちばん楽しいサッカーだった」とはいってもいいのではないかと思います。

結論からいいましょう。アーセナルの勝利は、20分を待たずに決まりました。4分、コクラン、エジル、ウィルシャー、カソルラとテンポよくまわったボールは、ペナルティエリアの右に入ったウォルコットに最高のタイミングでつながり、右足を思い切り振り抜いた強烈なシュートが左のサイドネットに刺さります。14分の2点めは、今度は泥くさいウォルコット。ウィルシャーが右からフェイントをかけて中に出したボールにエジルが絡み、DFに当たったこぼれ球を詰めたウォルコットが2人のDFの間をトーキックでプッシュしました。3点めがまた、圧巻でした。17分の右CKはファーにいたアレクシス・サンチェスへ。シュートのこぼれ球を拾ったガブリエウがすぐ後ろにいたウィルシャーに浮かすと、問答無用の美しいハーフボレーがゴール右隅に一直線。シーズンに1回あるかないかのファンタスティックな弾道に、入った瞬間、両手を開いてドヤ顔をしたウィルシャーの気持ちはわかります。

長くケガで苦しみ、今季プレミアリーグで先発出場が3回しかなかったウォルコットがハットトリックを達成したのは37分。エジルからのパスを受けたウィルシャーが、アレクシス・サンチェスとのワンツーで左をするする上がり、外にいたカソルラに預けると、カソルラが転がしたグラウンダーは右ポストに向かい、走り込んだウォルコットはインサイドで押し込むだけでした。前半で4-0。57分にマコーリーに1点を返されたシーンは、有体にいえばハイボールが不安なオスピナがパンチを空振りしました、ということになりますが、「4-0だし、オスピナ今までがんばってたし、いんじゃね?」と笑ってすませてもいいのではないでしょうか。このところ、ホームで3試合連続ゴールなしだったアーセナルは、いいイメージを持ってFAカップの決勝の地、ウェンブリーに赴くことができそうです。

それにしても、凄いですね、エジルとカソルラのプレイの柔らかさ、ゾーンに入ったときのウィルシャーの完璧なタッチの数々、アレクシス・サンチェスのサッカーセンス。絶対的エースのジルーや、中盤でレギュラーメンバーだったラムジーなしで質の高いコンビネーションを見せた前半のアーセナルには、前線の選手のスランプで苦しんだリヴァプールやトッテナムも脱帽でしょう。いや、凄い。凄いです、エジルとカソルラの…失礼しました。先ほどいいましたね。ヴェンゲル監督は、悩ましいでしょう。ウィルシャーとウォルコットが完璧に復活しただけでなく、後半にはチェンバレンの慣らし運転まで済ませてしまいました。アストン・ヴィラ戦、スタメンはどうなるのでしょう。私のイチ推しは、以下のラインナップです。

GK:オスピナ
DF:ベジェリン、ガブリエウ・パウリスタ、コシールニー、ギブス
MF:コクラン、カソルラ、ウィルシャー、エジル、アレクシス・サンチェス
FW:ジルー

アーセナル、鉄板でしょう。いや、予想ではなく、お願いです。勝ってください。ベストメンバーさえ揃えば、チェルシーに負けず劣らず強いチームなのだと証明するために。マンチェスターに持っていかれがちだったタイトルを、すべてロンドンが独占したメモリアルなシーズンとして後世に語られるために。そして、今季プレミアリーグであれだけの奮闘を見せてくれたクーマン監督のサウサンプトンを、欧州に連れて行ってあげるために。セインツ云々は、ヴェンゲル監督やアーセナルの選手には関係ありませんが、2014-15シーズンを飾るフィナーレにふさわしいのは、アーセナルの連覇とセインツのヨーロッパ行き決定だと思います。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

【MAN.CITY×Saints】自らのゴールで勝利をつかんだフランク・ランパード、最後の勇姿!

最終節の全10試合一斉開催は、優勝・残留争いや欧州へのチケット争奪戦を考えればフェアでスリリング、確かにおもしろいのですが、私のような雑食系のプレミアリーグファンにとっては非常に悩ましいタイトな夜でもあります。結局、観戦したのは、ストークVSリヴァプール、マンチェスター・シティVSサウサンプトン、アーセナルVSウェスト・ブロムウィッジ・アルビオン。マンチェスター・ユナイテッドと戦う降格候補のハル・シティも気になっていたのですが、涙をのんで後回しにしました。試合を観てあらためて思ったのは、今季のプレミアリーグで優勝を争うポテンシャルがあったのは、チェルシー、アーセナル、マンチェスター・シティだけだったということ。バルセロナやバイエルン・ミュンヘンより少ない3敗のチェルシーが頭ひとつ抜けていたのは確かですが、ヴェンゲル監督とペジェグリーニ監督のチームがコンディションが悪い時期に「負けない戦い方」ができれば、モウリーニョ監督をもっと苦しめることができたでしょう。

そしてもうひとつ感じたのは、セインツの選手たちとクーマン監督の素晴らしさです。もし、私がふさわしいと思うクラブに、ヨーロッパリーグ出場を祝う首飾りを自由にかけていいといわれれば、最後までストライカーがいなかったリヴァプールや、守備の粗さを解消できずにシーズンを終えたトッテナムではなく、クーマン監督の元に真っ先に走ったでしょう。33失点は、チェルシーに次ぐ少なさ。得失点差21は、最終的に5位となったトッテナムを16も上回る数字で、7位で終わったチームのものではありません。エティハドでのゲームが厳しいのは重々承知で、マンチェスター・シティに勝って堂々とヨーロッパリーグ出場を決めてほしいと応援していたのですが…。昨季プレミアリーグ王者は、やっぱり強かった。クーマン監督の野望を先送りにしたのは、プレミアリーグ得点王と、ジェラードとともに今季限りでリーグを去るレジェンドでした。

大事な最終戦、クーマン監督はいくつか重要なパーツを欠いていましたが、全体的にはよくやっていたと思います。39歳のGKケルヴィン・デービスはフレイザー・フォースターの不在を感じさせず、前半戦でチームを牽引していたタディッチの穴は、シェーン・ロングが埋めていました。しかし、シュナイデルランだけは、どうしても代えがききませんでした。ワニャマの横にチームの心臓が構えていれば、ダヴィド・シルヴァやランパードにもっと窮屈な思いをさせていたでしょう。

勝ってほしかっただけに、どうしても「れば・たら」をしてしまいますが、20分にジョー・ハートと1対1となったシェーン・ロングが最初の決定機をものにしていれば、逆の結果でゲームを終えることもできたかもしれません。しかし、シュートはジョー・ハートが落ち着いてキャッチ。ダービーに敗れて一時は4位にまで落ちたマンチェスター・シティが、最後の6連勝で2位を再度奪い返せたのは、最終ラインに落ち着きをもたらしたイングランド代表GKのお手柄だと思います。この先制機は、スズメバチの巣をつついてしまったかのようでした。それまで淡々と試合を進めていたホームチームのエースが、ここから怒涛のシュートラッシュを披露します。

前半だけで、GKケルヴィン・デービスの前に4回もフリーで現れたセルヒオ・アグエロ。ところが、彼には珍しく、狙いのあるシュートはことごとくタッチがずれ、ケルヴィン・デービスを屈服させることができません。しかし、それでも先制したのはマン・シティでした。31分、中央のダヴィド・シルヴァが右に展開すると、走り込んだミルナーが中を冷静にみてグラウンダーのラストパス。狙った先にいたのは、プレミアリーグのレジェンド、フランク・ランパードです。左足のボレーは完璧。エティハドのスタンドで見守っていた父、フランク・ランパード・シニアと家族が満面の笑みで拍手を送ります。

1点を追うセインツは、サイド攻撃に活路を見出そうとするものの、マネのドリブルとシェーン・ロングのアーリークロスのリフレインは単調で、マンガラとデミチェリスは読みやすかったでしょう。バートランドやナサニエル・クラインとの連携でえぐるシーンが創れれば、マン・シティの最終ラインを慌てさせることができたはずですが、大黒柱グラツィアーノ・ペッレがスタジアムを湧かせるシーンはついぞ訪れませんでした。59分にゴールを奪うべく投入されたウォード=プラウズも、効果的な攻撃を演出できず。ペジェグリーニ監督は、66分にヤヤ・トゥレをウィルフリード・ボニーに代え、追加点でゲームを終わらせようとします。77分、ついに怖れていた瞬間がやってきてしまいました。電光掲示板は、ヘスス・ナバスと代わる選手は背番号18だと示しています。フランク・ランパードのプレミアリーグが終わりました。ファンのなかには、「最後まで出してあげてほしかった」と思った方もいるかもしれません。しかし87分、エティハドに集まったサポーターたちがペジェグリーニ監督が正しかったことを認める瞬間がやってきます。

左CKのキッカーはコラロフ。逆サイドに流れてきたボールを果敢に狙ったのは、ランパードの後を受けたヘスス・ナバスでした。シュートはDFに当たって左ポスト際にいたマンガラに通り、ヘッドで折り返したボールはゴール前1メートルのアグエロに届きます。無人のゴールに押し込むだけの仕事を終えたアグエロは、満面の笑顔。今季26ゴールでプレミアリーグ得点王に輝きました。セインツの奮闘はここまで。7位となったクーマン監督は、30日のFAカップ決勝でアーセナルがアストン・ヴィラに勝つことを祈るのみです。

ジェラードの花道のためにチームを壊し、2連敗で5位を逃したロジャース監督と、ランパードを活かしてチームを創り、6連勝、プレミアリーグ2位、レジェンドの華やかなラストシーンをすべて実現したペジェグリーニ監督。5-0と勝負が決した後のジェラードの空砲に優しく温かいだけの拍手が送られたブリタニアと、勝利への道筋を創ったランパードの先制ゴールに本物の歓喜が湧き起こったエティハドは、少々残酷なコントラストでした。サッカーは勝った者が美しいのだと、あらためて感じた最終日の夜でした。

2014-15シーズンが終わりました。昨日が、プレミアリーグを盛り上げてくれたレジェンドたちを観ることのできる最後の日でした。177ゴールのフランク・ランパードと186ゴールのジェラードに、心からの感謝の気持ちを表したいと思います。ありがとうございました。来季は新天地で、アメリカのファンを感動させる美しいプレイを披露してください。本当に、おつかれさまでした。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

【Stoke×Liverpool】戦う姿勢なきリヴァプール、6失点惨敗でジェラードの最後を飾れず!

ジェラードは、予想通りスタメンです。プレミアリーグ2014-15シーズン最終節、ストークVSリヴァプール。スターリングもバロテッリも、リッキー・リー・ランバートもいない最前線にはコウチーニョ。ルーカス、ジョー・アレン、ララナ、ヘンダーソンとともに、最後のプレミアリーグの舞台となるキャプテンが名を連ねています。リヴァプールは勝って5位となり、来季ヨーロッパリーグの本大会へのストレートインを手に入れたいところですが、ここは難関ブリタニア。昨季に続き、TOP10フィニッシュをが確定している元気なストークは、試合開始から再三、カウンターを仕掛けてきます。チャーリー・アダムのきわどい左足ミドルが両チーム最初のシュート。エンゾンジやウォルタースが次々と前線に飛び出してくるホームチームに対して、急造フォーメーションのリヴァプールはチャンスを創れません。

レッズ最初の決定機は19分。中央にいたコウチーニョのパスを右に開いて受けたララナが、切り返して左足のシュートをクロスに放ちます。しかしその3分後、あっさり先制点をゲットしたのはストークでした。左から持ち込んだアルナウトヴィッチのグラウンダーをチャーリー・アダムが左足ボレー。GKミニョレが弾いたボールはディウフの前にこぼれてしまい、背番号18はインサイドで押し込むだけでした。さらに25分、ストークに追加点です。アルナウトヴィッチがまたも左からドリブルで仕掛け、中央のディウフに落とすと、強烈なミドルをミニョレは触れません。グディソン・パークでは、トッテナムのハリー・ケインがエヴァートン相手に先制点を決めたようです。レッズ、大ピンチ。早々に1点を返して接戦に持ち込みたいところでしたが、30分、ここまでまったくいいところがなかったエムレ・ジャンが痛いミスを犯してしまいます。

右サイドに出たチャーリー・アダムからのクロスに競り勝ったエムレ・ジャンは、バックパスのつもりだったのかミニョレに向かって頭を振ります。ところが、このボールに触ったのは、味方のGKではなくウォルタース。ワントラップからの左足は、一度はベルギー代表GKが止めたものの、浮いたボールを頭でプッシュされて何と3-0です。レッズの攻撃にスタンドが湧いたのは、ペナルティエリアの中でララナが倒され、PKをアピールしたシーンぐらい。42分、とどめを刺したのは、絶好調のチャーリー・アダムでした。

敵陣でサコ、ルーカスのトラップにプレスをかけてボール奪取に成功したストーク。右からドリブルでペナルティエリア手前に入ったチャーリー・アダムの完璧なミドルが右隅に吸い込まれます。前半のゴールショーはさすがにこれで終わりかと思いきや、45分に5点めを決めたのは、誰もマークにいかなかったエンゾンジです。左からのドリブル、ゴール右上へのコントロールショットとも文句なし。リヴァプールは、5点の差があった得失点差をトッテナムにひっくり返されてしまいました。この45分で彼らにいいことがあったとすれば、ジェラードの盟友ランパードが、プレミアリーグ5位を争うセインツから先制ゴールを奪ってくれたことだけでしょう。

放置しておけば何点獲られるかわからない守備の綻びを繕うべく、ロジャース監督はハーフタイムに遅すぎる2枚代え。エムレ・ジャンをコロ・トゥレは当然、アルベルト・モレノをジョーダン・アイブは詰められるだけ差を詰めたいという意志表示でしょう。後半、レッズの守備は落ち着きましたが、中のマークがずれるのは相変わらず。62分にエンゾンジが右サイドでシュクルテルをかわしたシーンは、ファーサイドにフリーの選手がおり、6点めを獲られてもおかしくありませんでした。63分、レッズのアタッカーでひとり元気だったララナがGKと1対1になるものの、ベコヴィッチが壁を作って左足シュートをセーブ。66分には、リヴァプールはパスミスから3対1のシーンを創られ、アルナウトヴィッチがシュートをふかさなければ6-0というピンチを招きます。

69分、3枚めのリッキー・リー・ランバートが入ると、その1分後に背番号9がストライカーらしい仕事をしました。前線で競り合ってヘッドをラインの裏に流すと、これを持ち込んでベコヴィッチと1対1になったのはジェラードです!右足インサイドは左のサイドネットに一直線。プレミアリーグ186点めは、最後のゴールとなるでしょう。両チームのサポーターからの温かい拍手は、このゴールが大勢に影響がないことを示しています。86分、左からのディウフのクロスに、サコとシュクルテルが交代で入ったクラウチをフリーにしてしまい、見事なヘッドが刺さって6-1。レッズサポーターは、セインツにダメ押しの2点めを浴びせたアグエロに感謝しなければなりません。昨季プレミアリーグで準優勝だったロジャース監督のチームは、トッテナムに逆転され、6位でシーズンを終えました。

ここ2週間のリヴァプールは、ジェラードを気持ちよく送り出すことに忙しく、戦う集団ではなかったように思います。この日のゲームも、勝ちにいくなら戦列を離れていたサコよりデヤン・ロブレン、スターリングを出さないならいちばん前にリッキー・リー・ランバートが必要だったでしょう。アンフィールドでの最終戦、今日のラストマッチとも、ジェラードにとって散々な試合になってしまいました。プレミアリーグファンとしては、キャプテンのラストゴールを観られたことを喜ぶべきなのでしょうか。チェルシーに引き分けた後、灯が消えるように連敗を喫してトッテナムの逆転を許したリヴァプールに、釈然としないものを感じるのであります。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ