【Burnley×Chelsea】前半は新しいチェルシー、後半は退屈なチェルシーで昇格クラブを一蹴!

プレミアリーグ開幕節の大トリを飾るのは、チェルシー。相手は今季プレミアリーグ昇格組のバーンリーです。一見、楽勝にみえるカードですが、期待に胸膨らむ地元サポーターが大挙して押し寄せるアウェイゲームは要注意。波乱というものはこういうゲームでこそ起こるものです。14分、チェルシー最終ラインが致命的なミス。CKのクリアからラインを上げ損ねてオフサイドラインをかいくぐられ、左からの優しいクロスを受けたアーフィールドが強烈なミドルを決めると、スタジアムのテンションはMAXまで高まります。しかし、何かが起こりそうという期待感は、たった3分しか持ちませんでした。

17分、セスクの絶妙ヒールを受けて右からイヴァノヴィッチが通したグラウンダーが流れ、左ポストに当たったボールは、バーンリーにとって最悪のコースに跳ね返ります。足元にきたボールを、ただ蹴り込めばよかったジエゴ・コスタ。背番号19が左足を振り抜き、プレミアリーグデビュー戦で幸先のいいゴールを決めると、ここからはチェルシーの時間です。

セスク、クルトワ、ジエゴ・コスタという新メンバーがスタメンに名を連ねる一方で、最終ラインにはアスピリクエタ、ケーヒル、テリー、イヴァノヴィッチという昨季のレギュラーを並べるあたりが、リアリストでリスク計算に長けたモウリーニョ監督らしいところ。プレシーズンマッチで守備が不安定だったフェリペ・ルイスを緒戦から使うのは冒険だったのでしょう。しかし、この日モウリーニョ監督のチームが見せたサッカーは、間違いなくニューモデルでした。昨季のプレミアリーグで、あれだけ上位対決に強かったにも関わらず、中堅・下位クラブに接戦に持ち込まれると勝ち点3を逃すことが多かったチェルシー。私は、今季の「取りこぼしチェルシー解消」のキーマンは、セスクとシュールレだとみています。9分の攻撃と、21分の逆転ゴールに、その片鱗が窺えました。

9分、中央から斜めに走り込み、ペナルティエリア左にシュールレが入ったのをみたセスクは、きれいなロングパスを一発で通し、バーンリーの守備陣を一瞬、混乱させます。昨季は、トップのエトーと左サイドのアザールのポジションがほぼ固定されており、相手に引かれると、ペナルティエリア手前で横パスを出しながら攻めあぐむシーンが目立ちましたが、今季はより裏のスペースに貪欲なジエゴ・コスタがいます。彼のまわりを、アザールに加えてシュールレが動き回れば、横だけでなく縦へのボールという選択肢が増えるはず。21分の一発は、まさに「縦の崩し」。右SBイヴァノヴィッチから中に入ったボールを受けたセスクは、右から裏に抜けたシュールレにダイレクトのスルーパス。ベストのタイミングでもらったシュールレは、GKの鼻先で軽くタッチするだけでした。

34分に、セスクの左CKをイヴァノヴィッチが叩き込み、1-3となってハーフタイムを迎えると、セーフティーリードであることを確信したモウリーニョ監督とチェルシーのメンバーは、いつもの戦術をチョイスします。そう、監督自身の言葉でいえば、「試合を殺す」。アーセナルのサポーターのチャントでいえば、「退屈な、退屈なチェルシー」。後半、唯一のトピックスは、「83分に、ドログバがプレミアリーグ復帰を飾りました」。腹の底から退屈だった、しかし勝利を得るためには確実な戦術だった45分を文章で表現すると、こうなります。

マイボールのときは、後ろでパスをまわして相手を呼び込み、敵陣にスペースを空けさせる。自分たちが攻め込んで、相手が下がると後ろに戻して、もう一度スペースを空けさせるところからやり直す。相手ボールのときには、裏のスペースをケアしたうえで、ペナルティエリア外、いわゆるバイタルエリアをつぶし、ミドルシュートを打たせない。

ジエゴ・コスタは多くの時間を散歩に費やし、セスクはインサイドキックしか使いません。時折スピードを上げるのは、ドリブルに入ったアザールと、裏にスペースを見つけたシュールレぐらい。モウリーニョ監督が投入したのは、ウィリアン、ミケル、ドログバという勝ち試合メニュー。ただひたすら、パスをまわされてまわされて時間を遣われたバーンリーは、何もできずに黙ってタイムアップの笛を聞くしかありませんでした。うーん、チェルシーらしい。

先制点を奪われたのは想定外でしたが、その後の巻き返しはお見事。優勝候補チェルシーは、プレミアリーグ上位クラブのなかでは、いちばん危なげなく開幕戦をクリアしました。ジエゴ・コスタは間違いなくゴールを量産するでしょう。セスクとシュールレは、接戦でジエゴ・コスタが抑えられ、それでも何としてもゴールがほしいとき、違いを創り続けてくれるはずです。あとは、オスカルがもっとフィニッシュに絡んでくれば、いうことなしですね。

余談ですが、今日の試合を観て、あらためて思いました。ヴェンゲル監督は「エジルとかぶる」といってセスク復帰を断ったと報じられていますが、その発言の真偽はともかく、セントラルMFに入ったセスクと重なるのは、むしろラムジーですね。であればなおさら、ヴェンゲル監督には必要ないでしょう。昨季プレミアリーグでゴールラッシュを披露し、完全に開花したアーセナルの23歳は、20年後にはエミレーツに銅像が飾られているほどの存在になるはずですから。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

更新お疲れさまです
昇格組だったとはいえ良い内容できっちり勝てたのは大きいですね
守備が少しバタバタしてたのが気になりますが攻撃面で昨季見られなかった物がみれたのはプラスですし今季も楽しみです
コスタとセスクが来たことでアザールの負担が減るのも大きいですよね
  • Blues
  • 2014/08/19(Tue)07:29:19
  • 編集

無題

上位クラブの中では1番余裕を持って開幕戦を勝ちきりましたね。ディフェンスで微調整するべき箇所がいくつかあったように見えましたがモウリーニョならすぐに修正してくるでしょう。
  • 本城
  • 2014/08/19(Tue)09:08:58
  • 編集

無題

セスクがチェルシーで躍動しているのを見ると、ガナサポとしては辛いです(x_x)
が、おっしゃる通りラムジーはかつてのセスクのような絶対的な存在へとなりつつあるので、本当に期待してます!でも、それだけに怪我が不安です…笑
  • べんげる
  • 2014/08/19(Tue)09:27:08
  • 編集

無題

(アーセナル戦以外は応援してるぜセスク・・・)
  • アーセナル
  • 2014/08/19(Tue)09:38:55
  • 編集

補強は大成功で

お久しぶりです。
やはり今季のチェルシーは強いと実感できました。
特に後半の戦い方は最高ですね笑

少し不安の残る左サイドの守備と見通しの立たないHG枠問題が不安材料ですが、楽しいシーズンになりそうです(^O^)
  • ブリッジラバー
  • 2014/08/19(Tue)12:45:41
  • 編集

無題

セスク最高!
本当にチェルシーを新たな次元に導いてくれてる気がしてなりません!
あとは後半もう少し攻めの姿勢を観たかった!笑
  • チェルたに
  • 2014/08/19(Tue)14:22:32
  • 編集

無題

チェルシーには優勝してほしくない
  • kop
  • 2014/08/19(Tue)15:57:25
  • 編集

コメントありがとうございます。

チェルシーサポーターのみなさま>
いやー、すごかったですね、セスクとシュールレ。昨季は、いくつかの試合でアザール頼みでしたが、今季は攻撃パターンが増えそうです。後半の件は、ブリッジラバーさんとチェルたにさんに同意です。笑っちゃうぐらいの「モウリーニョサッカー」でした。あれをやるなら、得失点差で負けるなどということは、くれぐれもないようにしてほしいものです。残念すぎますので。

べんげるさん アーセナルさん>
今のチームでの役割は若干違いますが、ラムジーはセスクに負けず劣らず、チームを引っ張っていくと思います。笑ってセスクを応援できるぐらい、ラムジーがやってくれるといいですね。

kopさん>
私もそう思ってますが、もう少し自分のところが強くなってからいおうかな、とガマンしてます(笑)
  • makoto
  • 2014/08/19(Tue)17:22:07
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ