【Sunderland×MAN.UTD】ルーニーもファン・ペルシも沈黙…満身創痍のファン・ハール軍団、必然のドロー!

プレミアリーグ開幕戦では、オールド・トラフォードでスウォンジーに敗れるという失態を披露したマンチェスター・ユナイテッド。プレシーズンマッチで順調に勝利を重ね、自信を深めていたファン・ハール監督には、ブレンダン・ロジャース監督が開幕前に語っていた「ファン・ハール監督はどのリーグとも違うと感じるだろう。他国のリーグでは、優勝候補は1~2チームであることが多いが、プレミアリーグは上位も下位も、常に負ける可能性があるんだ。たぶん、彼は驚くことになるだろうね」というメッセージは届いていたのでしょうか。今季2戦めは、昨季キャピタルワンカップ準決勝で敗れ、5月のプレミアリーグでも完封負けを喰らったサンダーランド。ケガ人8人、先日獲得したCBロホも労働許可証が間に合わず、マンチェスター・ユナイテッドは早くも緊急事態です。

唯一のポジティブなニュースはファン・ペルシの復帰でしたが、試合開始からいきなりパスミスでピンチを招いたマンチェスター・ユナイテッドは、前線にボールをつなげません。3分にカッターモールのミドルでゴールを脅かされると、スモーリングの自信なさげなビルドアップはサンダーランドのプレスの標的となり、フレッチャーとトム・クレヴァリーもパスミスを連発。ルーニーもファン・ペルシも、最初の7分はボールに触ることすらできません。12分、サンダーランドは右サイドのFKから、ゴール前に固まったDF陣を避けてペナルティエリアの外にグラウンダーを通し、MFバックリーがダイレクトのミドル。ホームチームの攻撃は、縦への速攻一辺倒。それでも、先にゴールを奪う予感が漂うのは彼らのほうです。

しかし17分、マンチェスター・ユナイテッドは、初めてのチャンスで先制ゴールを奪います。フィールドプレイヤーでは唯一いつもどおりのプレイをみせていたバレンシアが、右サイドからドリブルで縦に仕掛け、相手の股間を通してシュートのような高速クロスをGKとCBの間に通します。これに反応したのは、ファーサイドでラーションのマークを外したマタ。触ればOKのボールを左足で押し込むと、アウェイサポーターは歓喜の声を爆発させます。

これで最終ラインは落ち着きを取り戻したマンチェスター・ユナイテッドでしたが、攻撃が機能しないのは相変わらず。29分には、CKからロドウェルにドンピシャのヘッドを決められ、同点に追いつかれてしまいます。30分を過ぎても、ルーニーにもファン・ペルシにもシュートはありません。41分、サンダーランドは右からのクロスをヘッドで折り返したボールを、フレッチャーがオーバーヘッド。ポゼッションはマンチェスター・ユナイテッドですが、積極的にシュートを狙っているのはサンダーランドです。42分、満身創痍のアウェイチームをさらなる試練が襲います。9人目の負傷離脱者となったのは、CBクリス・スモーリング。代わりに入ったのはマイケル・キーンで、ブラケットともども、3人のうち2人までがプレミアリーグ出場経験が3試合に満たない新人という急造3バックとなってしまいました。

前半を1-1で折り返し、後半に入っても流れは変わりません。先にチャンスをつかんだのはサンダーランド。50分、キーンの不用意な守備をついて、ウィッカムが一瞬フリーになって右隅を狙いますが、かろうじてブラケットがクリア。足元へボールをつなぐだけで、運動量もスピードも連動性もないマンチェスター・ユナイテッドは、後半も15分を経てからようやくチャンスをつかみます。

60分、フレッチャーからのパスをペナルティエリア右で受けたファン・ペルシが、裏に抜けようとしたマタに落とすものの、GKマンノーネがいち早くキャッチ。61分には、ファン・ペルシが初めて前を向いてドリブルで持ち込み、ペナルティエリアに侵入しますが、これはDF2人がブロック。クリアを拾ったアシュリー・ヤングが縦に抜ければ攻撃は続いたはずですが、またしてもヤングは癖になっている残念なシミュレーションをしてしまい、イエローカードでチャンスはついえます。

64分、何もできなかったファン・ペルシと、不安定なプレイに終始したフレッチャーに代わって入ったのは、ヤヌザイとウェルベック。エレーラがおらず、勝ち越し点がほしい場面でセントラルを代えるとなっても香川真司の名前は呼ばれません。プレシーズンのプレイで、守備が不安だと判断されたのでしょう。今後、香川の出番は、マタとエレーラが負傷か疲労のときと、負けている局面でリスクをとってでも攻撃の枚数を足したいときに限られそうです。

73分、サンダーランドのFKは、ラーションのシュートが惜しくも左。78分、カウンターからウェルベックが左に出したスルーパスは、素晴らしい飛び出しを見せたGKマンノーネがアシュリー・ヤングより先に触ってクリアします。結局、マンチェスター・ユナイテッドは、ファン・ペルシもルーニーもウェルベックもシュートをまともに打てないまま、タイムアップの笛を聞くこととなりました。2戦未勝利。不安定なビルドアップと連携不足に起因する、攻撃の不振は重症です。「いいとこ探し」をするならば、急造3バックにもかかわらず、セットプレイ以外でゴールを奪われなかったことでしょうか。

今のマンチェスター・ユナイテッドには、確実に勝ち点3を稼げる相手は存在せず、このままではプレミアリーグのトップ10も危ないと思われます。とはいえ、セントラルMF補強、エレーラのフィット、キャリックをはじめ負傷者の復帰、ファン・ペルシのコンディション向上、ロホやディ・マリアの合流と、今後の巻き返しを期待できるプラス要素が多いのも確か。昨季のプレミアリーグでは、アーセナルが開幕戦でアストン・ヴィラに敗れ、マンチェスター・シティは2節のカーディフ戦でジャイアントキリングを許し、最後までプレミアリーグ4位をアーセナルと争ったエヴァートンは3分けスタート。たった2試合で、ダメだと騒ぐのは早すぎます。厳しい状況なのは事実ですが、ファン・ハールサッカーを信じて、前を向くしかありません。次戦、バーンリーには勝てますよね…。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

僕は今年はユナイテッドを応援すると決めたので頑張ってほしいです!
  • あああ
  • 2014/08/25(Mon)05:02:31
  • 編集

無題

1番の見せ場はヤングのダイブ‼︎
あのプレイだけはワールドクラスだった
  • 明日エコト
  • 2014/08/25(Mon)05:42:59
  • 編集

無題

ケガ人が多いのは同情しますが、ディマリア来たところで今の現状ではさほど大きく変わるとは思えないですね
時間が必要なのはわかってます、ただ今の現状では先が全く見えないし見えてこない
ユナイテッドが憎たらしいくらい勝っていたのが懐かしいです
  • ぷれみあふぁん
  • 2014/08/25(Mon)06:10:05
  • 編集

コメントありがとうございます。

あああさん 明日エコトさん ぷれみあふぁんさん>
ディ・マリアひとりで全体が変わるということはありませんが、エレーラやルーク・ショーなど、中盤のメンバーとプレイが変われば、攻撃が機能しない状況は改善すると思われます。何割かは、メンタルの問題もあるでしょうね。勝利を積み重ねることが最大の処方箋ですので、まずは来週、初勝利を、ですね。
  • makoto
  • 2014/08/25(Mon)07:24:35
  • 編集

はじめましてリヴァプールファンです

改善点が沢山ありますね
PA内に人数をかける攻撃には好感が持てますが、遅攻ではかえって逆効果になっていたように思います
クロスをあげるにしろ、PA内は大渋滞でポジショニングの駆け引きするスペースがなく、ミドルを打つにも正面は味方含め壁だらけでした
特に今節はゲームメイクを放棄して前線にかけ上がるクレバリーがそれに拍車をかけ、不安定なCB陣にヘルプに来ないFW陣、孤立無援のフレッチャー
代表でカイトを重宝したように、もう少しフリーランを厭わないハードワーカーに目を向けるべきではないでしょうか
ただまだ2節、焦らずに一つずつ改善していくのが復活への近道だと思います
  • ジプシ
  • 2014/08/25(Mon)07:58:15
  • 編集

無題

CBが人材不足になってきたので、3Bやめて、4Bにほどしたほうが良いのでは?
方向性ぐちゃぐちゃですが
  • リバサポ
  • 2014/08/25(Mon)09:53:00
  • 編集

無題

ユナイテッドのディフェンスは、ボランチとDFラインとの間隔が
空きすぎているように思います。というよりスカスカですね。
私は、ディフェンスで一番大事なのは中盤の守備だと考えているので、
ユナイテッドのディフェンスはうーんって感じです(笑)
  • ららら
  • 2014/08/25(Mon)11:17:31
  • 編集

無題

そーいえば、
Adam Johnson がいなかった (´・_・`)
  • Joe
  • 2014/08/25(Mon)12:12:21
  • 編集

これはいつものパターンな気が

格下チームに散々ポイントを落としてきたManUはタイトル争いが難しくても新選手の合流、怪我人復帰で調子を上げ、Chelseaにホームで負けるも、アウェイでManCドローで、Arsenalに買って、足を引っ張るというパターンが想像してしまいます。
  • 蒙古gooner
  • 2014/08/25(Mon)12:16:51
  • 編集

無題

うーん、体制が整うまでは4バックに戻したほうが攻守で安定するんじゃないでしょうか。
ここ2試合は不慣れな陣形に皆バタバタしてました。
あとは本当に怪我人の復帰次第で、特にキャリックの不在は大きいですよね。クレヴァリーじゃ中盤で組み立ては無理というのはモイーズ体制下でわかりきっていたことのはず。あれなら香川のほうが良かったんじゃ…。
  • Uボマー
  • 2014/08/25(Mon)12:33:58
  • 編集

コメントありがとうございました。

ジプシさん>
パスが足元ばかりでしたね。マタは、工夫しようとしてましたが。

リバサポさん Uボマーさん>
3と4は、どちらがいいとはまだいえませんが、3バックやるなら、ロホに加えて真ん中を担えるヨミのいい選手がもうひとりほしいです。クレヴァリーよりは、香川真司でしたね。3バックについていえば、激しく上下動できるタイプのサイドの選手が、ルーク・ショーとバレンシアしかいないのも気になっています。アシュリー・ヤングとヤヌザイは、3バックのサイドとしては厳しいのではないか、と。

Joeさん>
ですね。助かりました。

蒙古goonerさん>
それは、モウリーニョ氏が喜ぶということですね?
  • makoto
  • 2014/08/25(Mon)15:08:01
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ