【Burnley×MAN.UTD】3バックの混乱と薄い攻撃…マンチェスター・ユナイテッド、屈辱の4戦未勝利!

ルーニー、ファン・ペルシに、アシュリー・ヤング、バレンシア、マタ。真ん中のスペシャリストがフレッチャーしかいないとなると、まさかディ・マリアはセントラルMF!? ロホとダレイ・ブリントのプレミアリーグデビューは、9月頭となりそうですが、マンチェスター・ユナイテッドは、100億円以上かけて獲ったアルゼンチン代表MFの最初のゲームを、超攻撃的布陣で戦おうとしているようです。今季、プレミアリーグに昇格したばかりのバーンリーは、開幕戦でチェルシーから先制。2戦めのスウォンジーをアウェイで苦しめ、連敗スタートながらも簡単には負けない粘り強さを見せています。ファン・ハール監督の強気は、完勝とジャイアントキリング、どちらに転がるのでしょうか。

立ち上がりから、キャピタルワンカップの惨敗を引きずっているかのようなマンチェスター・ユナイテッド。2分、右からのFKをかつての同僚デヴィッド・ジョーンズに狙われ、カーブがかかった一発がクロスバーを直撃。3分には4日前の3部チーム相手のゲームで、致命的なバックパスミスを犯して先制点をプレゼントしたジョニー・エヴァンスが、またもバックパスをさらわれ、飛び出したGKデヘアの左足に助けられます。10分を過ぎても、攻撃の形がみえないマン・ユナイテッド。中盤に効果的なパスが出せず、後ろへ戻すパスばかりが目立ちます。3バックは危なっかしいのひとこと。中央を少人数で割られ、GKデヘアが鋭いダッシュでカバーする「4CB」でやっと守っている状態です。

ディ・マリアのショーが始まったのは14分。セントラルMFに入った背番号7は、自陣深い位置から縦1本でファン・ペルシをGKと1対1にさせ、GKヒートンがきわどくシュートをブロックする決定機を演出。19分には、絶妙なダイレクトパスを前線に通して自らは左サイドを上がり、中央に完璧なグラウンダーを通しますが、フリーだったマタがスリップして惜しくもゴールはなりません。20分過ぎからはバーンリーが逆襲に転じ、26分にはデヴィッド・ジョーンズの強烈なミドルがデヘアを慌てさせます。

33分にはCBブラケットがMFアーフィールドに左サイドで簡単に抜かれ、誰もマークにつけずにシュートを喰らうという大ピンチ。パスを奪われてばかりのブラケットは、まだプレミアリーグで戦えるレベルのCBではありません。攻撃はシュートにつながらず、最終ラインはミスを連発。1分け2敗と勝てなかった過去3戦と課題は変わりません。前半は0-0ですが、ゴールに近いのはホームのバーンリーでした。3バックが不安定なため、マタやディ・マリアがサイドの守備に引っ張られ、攻撃が薄いマンチェスター・ユナイテッド。ブラケットを下げてリース・ジェイムズを左に入れ、バレンシアをSBに下げて4バックにしたほうが、より攻撃に枚数を割けるでしょう。ハーフタイムは、あまりおいしいとはいえないビールが、ついつい進みます。

後半が5分を過ぎると、ようやくマンチェスター・ユナイテッドがシュートを放つようになります。52分、ルーニーがペナルティエリア手前でおさめたボールを左に流し、ディ・マリアが左足。58分には左サイドを抜け出したディ・マリアからルーニーへとつなぎ、クリアを拾ったファン・ペルシが左足で合わせますが、ゴールライン上にいたMFマーニーにブロックされます。60分にもフレッチャーのクロスをファン・ペルシがヘッドで合わせるも、シュートが枠に飛びません。ファン・ハール監督は、プレミアリーグデビューのディ・マリアとコンディション不良のファン・ペルシはそろそろ限界とみたのでしょう。ウェルベックは妥当ですが、放出候補といわれるアンデルソンまで入れざるをえないのが、今のこのチームです。

ディ・マリアが下がると、サイドからの正直なクロス以外に活路が見出せないマン・ユナイテッド。77分のCKはルーニーのヘッドがアウト。80分にはアシュリー・ヤングのクロスをウェルベックが落とし、マタが左足を振り抜きますが、シュートははるか枠の上。皮肉なことに、香川真司がドイツに旅立ち不在のゲームで、87分にマタが足を痛めてリタイアです。ケガ人続出で、残った選手もフィジカルかメンタルのどちらかが厳しい満身創痍のファン・ハール軍団。普段どおりにプレイしているのは、フィル・ジョーンズ、バレンシア、デヘアぐらいでしょう。「負けなくてよかった」一戦は、やがてタイムアップ。マンチェスター・ユナイテッドは、アウェイとはいえプレミアリーグに昇格したてのバーンリーからもゴールを奪えず、カップ戦も入れれば開幕4戦未勝利です。

収穫は、ディ・マリアへの期待感と、この後のゲームで敗れたマンチェスター・シティとの差を詰めたことぐらいでしょう。今日のコンディションなら、先発はファン・ペルシではなくウェルベックだったのではないでしょうか。後半、課題だらけの3バックをそのままにしたのも勝ち点3を奪えなかった要因だと思います。しばらくは我慢が必要なのかもしれませんが、そうはいっても、トッテナムに4-0で惨敗したQPRとオールド・トラフォードで戦う来週のゲームは勝てるでしょう。ここで敗れるようなら、プレミアリーグ4位ではなく、下から3つに入らないことを気にしなくてはならなくなります。いや、まさか、そんなことは。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

正直なところ、ロホもブリントも入ってみないとわからないといった感じでしょうか。これから新加入の選手と今までの選手のコンディションの仕上がり具合が上手く噛み合う時期までは我慢なのではないでしょうか。ここから上位チームと戦うまでにチームを整えられるかが勝負なので、頑張りましょう。
  • リバサポ
  • 2014/08/31(Sun)02:22:29
  • 編集

無題

もう普通に弱いユナイテッド
  • 明日エコト
  • 2014/08/31(Sun)05:45:46
  • 編集

無題

ご苦労様です。問題は幾つかありますが、私は誰も触れない問題‥キャプテンです。
ルーニーのキャプテンはどうなんでしょう。クラブきっての問題児で、お金やポジを掴むために移籍を駆け引きに使う。
スキルは充分ありますが自分を殺し(犠牲)して、クラブを盛り立てる性格では無い‥自分が一番の性格ではチームはまとまりません。
  • ななし
  • 2014/08/31(Sun)07:46:50
  • 編集

無題

いつもブログを拝見させて頂いています。
今シーズンマンUのリーグ戦3試合をみましたが、ディ・マリアが加入して今後期待がもてるチームになったと思います。しかし、3バックをあと何ヶ月もこだわれば今シーズントップ4に入れるか心配です。まだ3試合なので3バックが失敗だと言うのは早いですが、怪我人とコンディションなどのチーム状況をみて4バックに変更してもらいたい気持ちはあります。
  • T-ROD
  • 2014/08/31(Sun)07:53:18
  • 編集

無題

MAU深刻ですね
移籍市場も後二日、理想の選手補強はもう忘れて、すっかり自信を失っている選手達を
引っ張ってくれるキャプテンシーのある実力派ベテラン選手を獲るべきだと思います。
  • ゆうま
  • 2014/08/31(Sun)08:13:24
  • 編集

無題

もうユナイテッドの選手たちは完全に自信を失ってますね。今日は失点こそなかったもののバタバタしすぎ。ファンガールは選手盛り立てたりとかするタイプではないのでそこらへんどーやって改善していくんでしょうね。
ユーティリティプレイヤーのロホ、ブリントの獲得もいいですがディフェンスリーダーの獲得はまじでないんでしょうかね。今夏の最重要項目かと思っていましたが、、、。
  • 本城
  • 2014/08/31(Sun)10:02:05
  • 編集

無題

収穫はディマリアは良い選手だということと勝ち点1を拾ったことだけですね。
ディマリアが他の選手と違っていたのはスペースに入り込むのが上手い所でしょうか。まあ香川も良くやっていたことだったんですが。ディマリアが香川のような扱いになってしまわないことを祈るのみ。
それに比べるとWBとトップ下の出来がかなり酷い。何故彼らはボジションに張り付いているんですかね。ヤング、バレンシアがワイドに開くのはセオリーとしてもディフェンス陣からボールを送れないときは下がってくるなり中に入るなりしてボールを受けないとディフェンスが安定しないでしょう。これはマタ、ヤヌザイも同じこと。チェルシー相手だったら前半で3点くらい取られていそうでした。
  • Uボマー
  • 2014/08/31(Sun)11:53:54
  • 編集

コメントありがとうございます。

みなさん>
近いうちに書きたいと思ってますが、うがった見方というご批判承知でいえば、ファン・ハール監督の問題は「中心選手に媚びた采配」だと思っています。
→ストライカーでいたくて、何かあるとチームを出ようとするルーニーには「トップとキャプテン」
→守備が苦手でできれば避けたいマタには「トップ下」
→ファン・ペルシは調子が悪くても常にファーストチョイス

3-4-1-2が、プレミアリーグにおいて、あるいはマン・シティやチェルシーに対して、どんな優位性があるのかが明確ではないんですよね。ファン・ハールに狙いや理想があるわけではなく、「現在いる選手にできるだけたくさんいい顔できるのが3-4-1-2」に見えて仕方がありません。

4-3-3だと、ルーニーがサイドになり、数多く抱えるサイドの選手が使いづらい
4-2-3-1だと最前線でルーニーが使えず、マタかルーニーのどちらかをサイドにしないといけない
3-4-1-2なら、ルーニーとファン・ペルシをトップに置けて、マタをトップ下にできて、サイドMFを2人入れられる

というように。そもそも、ルーク・ショーを獲った時は、SBがいないから獲ったはずで、「左サイドMFでも使える」は後付けでしょう。わざわざスイッチングコストを莫大にかけてチームを混乱させてでも3バックにこだわる理由がみえてきませんね。あ、3バックというより、「3-4-1-2というサイドの選手がひとりのシステム」です。サバレタとナバス、ナスリとコラロフと、サイドに2人いるチームに数的優位を許すデメリットを、どういうプラスでカバーするのかがわかりませんね…。

リバサポさんがいう「入ってみないとわからない」はそうなのですが、ブラケットやフレッチャーが悪すぎるので、入ればすぐにプラスでしょう。わからないのは「トップクラスのチームになるための貢献ができるかどうか」という、もう一段レベルの高いお話でしょうね。
  • makoto
  • 2014/08/31(Sun)20:31:56
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ