【MAN.CITY×Stoke】ヒューズ監督の古巣いじめ成功!マン・シティが無敵のエティハドでストークに完敗!

チェルシー以外は勝てるクラブがなさそうなエティハド・スタジアム。当地で戦ったプレミアリーグでは6戦6勝、得点15で失点ゼロ。対戦成績をみれば、マンチェスター・シティがストークに負ける理由が見当たりません。この一戦の興味は「ストークが何分まで踏ん張れるか」でしたが、試合が始まってみると、びっくりです。ストーク、いきなりベタ引き。マンチェスター・シティボールになると、センターサークルより10メートル手前に最前線のディウフとクラウチ。マーク・ヒューズ監督は、5年前率いていた古巣相手に、90分間自陣で耐えきれるとふんでいるのでしょうか。

11分、ダヴィド・シルヴァからサニャとつないだボールの折り返しをナスリがニアにシュートしますが、GKベコヴィッチがCKに逃れます。マンチェスター・シティの攻勢が一段落すると、15分からストークの前線が上がり始めます。なるほど、あくまでも「慎重に入ろう」だったようです。16分、フェルナンドの不用意なパスをインターセプトしたストークは、左サイドでチェルシーからレンタルで入ったモーゼスが粘るもクロスは入らず。19分にもディウフがコラロフを翻弄しますが、PKかと思われた微妙なシーンに、レフェリーの笛は鳴りません。

24分に細かいつなぎからヤヤ・トゥレが放ったミドルシュートを機に、再び自陣にこもったストークですが、29分には中央に入ったクロスを長身FWクラウチが長い足を伸ばしてピタリと止めると、DFのプレッシャーを受けながらのシュート。これはGKジョー・ハートが難なくキャッチするものの、今日のアウェイチームはメリハリが効いています。マンチェスター・シティがなかなかペースがつかめず攻めあぐむなか、36分にアクシデント。この夏、ポルトからプレミアリーグの扉を叩いたフェルナンドが股間を痛めてリタイア。代わって入ったのは、フェルナンジーニョ。ペジェグリーニ監督にとっては、想定より30分は早いナンドからジーニョへのスイッチです。追加タイムにアグエロのヒールを受けたコラロフが左をえぐり、ヤヤ・トゥレが左足で合わせた一発はGKベコヴィッチがファインセーブ。前半は、このまま0-0。ストーク、大健闘です。

後半開始直後はストークが押しますが、50分、ダヴィド・シルヴァとナスリがふたりで持ち込み、ナスリが左足でシュートを放つと、ここからマンチェスター・シティペース。56分には、右からのクロスをナスリがヤヤ・トゥレに落とし、ヤヤ・トゥレの強いシュートがゴール右隅を襲いますが、ベコヴィッチが弾いて先制を許しません。

マンチェスター・シティは、足元へのパスと狭いスペースを無理に狙うボールが多く、いつものサイドを走らせる攻撃がありません。すると58分、何と先制はストークです。ダヴィド・シルヴァのクロスをカットしたディウフがドリブル開始。コラロフを一気に振り切ると、最終ラインにいたフェルナンジーニョもぶっちぎり、右に持ち込むと最後はジョー・ハートの股間を抜きます。GKハート、シュートのタイミングで動きすぎて足元のボールに反応できなかった痛恨の失点。ストーク、プレミアリーグでマンチェスター・シティ相手にアウェイ初ゴール!ゲームはこれで、俄然おもしろくなってきました。

60分を過ぎると、両チームベンチが動きます。後半から入ったオデムウィンギが負傷したストークは、チャーリー・アダム。ホームチームはナスリをヘスス・ナバス、ヨヴェティッチをジェコです。入った直後から、ヘスス・ナバスのクロスをジェコが積極的にヘッドで狙うものの、ボールは枠の外。68分、71分とアグエロの2回のチャレンジも、やはりシュートに正確さを欠き、スコアを動かすことができません。残り15分、怒涛の攻撃、マン・シティ。ストークは疲労困憊。クラウチもディウフも引いたきりです。おそらく、ストークは追いつかれたら一気に崩壊するでしょう。

ラスト10分、ジェコにボールが入らず、攻撃が単調になるマンチェスター・シティ。クライマックスは87分。右からペナルティエリアに侵入したヤヤ・トゥレが蹴られて転倒。PKかと思われたプレイは、ヤヤ・トゥレのシミュレーション!DFピーテルスの足はボールに当たっておらず、ヤヤ・トゥレには触れていましたが、「かすっただけなのに大げさにリアクションした」と取られたのでしょうか。マンチェスター・シティは最後のチャンスをを失い、あとはストークに時間を遣われるのみ。プレミアリーグ序盤戦名物、極上のジャイアントキリングは、誰も予想してなかったであろう8月のエティハドで起こりました。

マンチェスター・シティの敗因を挙げるなら、サバレタの不在、コラロフの不調ではないでしょうか。移籍後初先発のサニャは、守りはよかったものの、攻撃の際の縦への速さとサバレタ得意の斜めへの斬り込みはなく、コラロフはいつもの彼とは別人。攻守ともに動きにキレがありませんでした。もっとサイドでフリーの選手を作って、正確なグラウンダーを入れられていれば、ストークにクリーンシートでの敗戦を強いられることはなかったと思われます。

それにしてもストークは、よく最後まで走り抜きました!あっぱれです。やはりプレミアリーグは何が起こるかわかりません。この後は、エヴァートンとチェルシーが対決。本拠地グディソン・パークで戦うマルティネス監督は、バーンリーやストークに続けとばかりに、優勝候補の足を引っ張ってくれるでしょうか。(マメ・ビラム・ディウフ 写真著作者/Northside)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

あのガチムチ集団が全員で本気で守備にまわったら
シティさえも苦しむんだなあwっていうか勝っちゃった!
すごい!!!
  • アーセナル
  • 2014/08/31(Sun)07:21:11
  • 編集

無題

試合もそうですがストーク攻撃陣のベンチメンバーが豪華なことが一番びっくりしました。
  • クラニチャルカムバック!
  • 2014/08/31(Sun)12:42:46
  • 編集

コメントありがとうございます。

アーセナルさん>
すごかったですね!

クラニチャルカムバック!さん>
同感!ボージャンとアルナウチヴィッチを使わずに試合を終えるなんて、ヒューズ監督、かっこいいです。
  • makoto
  • 2014/08/31(Sun)18:11:17
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ