【West Ham×Liverpool】開始直後に痛恨の2失点!連携不足でゴールが遠いリヴァプール、早くも3敗!

追加点を挙げたサコ、果敢にミドルを放ったクレスウェル、攻守のつなぎ役を果たしたソング、前線をかき回したエネル・バレンシア、途中出場で守備を固めたジェンキンソン、ダメ押しゴールのアマルフィタノ。今季のプレミアリーグで上位を手こずらせそうなウエストハムは、補強が大成功だったようです。主将のノーラン、FWアンディ・キャロルを欠き、カールトン・コールやサラテはベンチスタートだったにも関わらず、6人の新加入選手がそれぞれの強みを発揮し、ハマーズがレッズを圧倒しました。ロジャース監督にとって最大に悔やまれるのは、チームがうまく試合に入れなかった最初の10分で、立て続けに2点も失ってしまったこと。今季移籍してきた選手が多く、コンビネーションに不安を抱えるリヴァプールにとっては、スタリッジとコウチーニョ抜きのアウェイゲームで2点を追いかけるのは、難易度の高いミッションでした。

レッズのつまずきは、前半2分。右サイドからのダウニングのFKを、逆サイドにいたトムキンスがヘッドで中に折り返すと、瞬間的に2人の選手の面倒をみることを強いられたデヤン・ロブレンがリードのヘディングシュートに対応できず、いきなり先制点を奪われます。すぐさま1点を取り返すべく攻勢に転じようとするリヴァプールでしたが、うまくパスをつなげられずにウエストハムのショートカウンターの餌食になります。7分、ハーフライン付近でバロテッリのドリブルをさらって、一発で右に展開したウエストハムは、アルベルト・モレノのチェックをかいくぐったサコが技ありのループシュート。頭上を越されたGKミニョレはなすすべなく、リヴァプールは10分もしないうちに2点のビハインドを背負わされてしまいました。

12分にはクレスウェルの左からのシュートをミニョレが指先で弾いてCKに逃れるというピンチもあり、15分にはダウニングのミドル。リヴァプールがようやく自分たちのペースをつかんだのは、20分を過ぎてからでした。ロジャース監督は、足を痛めたマンキージョを諦め、CBサコを投入して3バックに変更。アルベルト・モレノが一段前に張る形となり、右のスターリングとともにサイドの切り崩しを図ります。

早めに追いつきたい彼らが1点を返したのは26分。右からのクロスがゴール正面に入ると、バロテッリが足を高く上げる超絶トラップから、誰にも真似できないようなスピードで強烈なシュート!これはDFにブロックされるものの、こぼれ球に走り込んだスターリングが右足で思い切りゴール左隅にぶち込んで、2-1と試合をわからなくします。リヴァプールの強力な攻撃陣と、今季プレミアリーグで4試合7失点というウエストハムの不安定な守備を天秤にかければ、ここからの逆転の可能性は充分です。しかし、残り60分以上の時間を、リヴァプールは無為に過ごすこととなってしまったのです。

前半は2-1からスコアが動かず。ロジャース監督は後半の頭から勝負をかけますが、ルーカスの代わりに投入したのはアダム・ララナ。背番号20を見たとき、一抹の不安がよぎりました。前節のアストン・ヴィラ戦がリヴァプールでのプレミアリーグデビューとなったサイドアタッカーは、周囲との連携が取れないまま、60分でピッチを後にしています。ここは、パスの精度が高くてシンプルなプレイができるマルコヴィッチのほうが、より機能したのではないでしょうか。リードしている試合ならいざ知らず、重要な局面で崩しをまかせるには、ララナはまだ厳しいのではないかと思いました。彼が決定機に関与したのは、60分にアルベルト・モレノとのパス交換から中央を突破し、ボリーニの右足シュートにつなげたプレイのみ。リヴァプールのチャンスメイクは、スターリングの縦への突破、左にポジションを取るバロテッリの強引なドリブルからのシュート、あるいはアルベルト・モレノのクロスといった、個人力に依存した手段に限定されてしまいます。

ロジャース監督が、存在感がなかったボリーニに代えて、最後の切り札、リッキー・リー・ランバートを投入したのは75分。バロテッリとランバートを並べることによって、楔を打ち込むポイントを増やそうとしたのだと思われますが、これもまた空振りでした。ラスト15分は、後ろでビルドアップするのにも時間がかかり、2トップにまったくボールが渡らないまま、少ない残り時間を浪費します。敗色濃厚となった88分、レッズはついにダメ押しの3点めを献上。CBサコのクリアミスを拾って素早くアマルフィタノにスルーパスを通したのは、元レッズのMFダウニングでした。アマルフィタノは、シュクルテルの足より一瞬早く、狙いすましたシュートをゴール右隅に流し込み、ウエストハムサポーターの歓声に応えます。リヴァプール、まさかの連敗。ロジャース監督は、プレミアリーグ開幕5戦で3敗を喫するという予想外のピンチを迎えました。

この試合は、リヴァプールの自滅でしたね。特に後半は、2トップとララナ、スターリング、アルベルト・モレノらが前に張りつきすぎて、シュートレンジを自ら渋滞させてしまい、スペースを使うのがうまいヘンダーソンがまったく活きない攻撃となってしまいました。この日のウエストハムは攻撃意欲が高く、リードを守るためにベタ引きするという戦術でもなかっただけに、走り込んでもらうより足元に欲しがるバロテッリとランバートが、前線に埋没してしまったのが余計にもったいなく感じました。2トップではなく、バロテッリ1枚を中央に据えて、マルコヴィッチやヘンダーソンが衛星のように動き回ってスペースを創るような攻撃ができれば、リヴァプールは少なくとも勝ち点1は持って帰れたのではないかと思います。

レッズの次節は、マージ―サイドダービー。ここ2試合で調子を上げてきたエヴァートンは、昨季にもましてやっかいな相手です。いま一度、守備の綻びを修正して、コウチーニョとスターリングがバロテッリをうまく使うような攻撃をすれば、アンフィールドで負けるという最悪の結果は回避できるのではないかと思います。チャンピオンズリーグが開幕し、昨季はさほど必要がなかった選手のやりくりを強いられ始めた今こそ、未体験ゾーンに突入したロジャース監督の手腕が問われます


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

完敗です

先のアーセナルの試合と類似点を感じつつ個人的な感想を。アーセナルとリバプールはどちらもアンカーの選手が強いプレスをかけられていました。ただ、アルテタは相手の中盤を下げようとDFライン、SB、ボランチの位置とポジションを変えながらボールの落ち着きを図っているました。しかし、ジェラードはずっと中央の底にいるだけ…あとは、アーセナルの面々はチームとしてプレスを回避しようとするのに対して、リバプールはスターリングとバロテッリの個人能力で1、2枚プレスをはがせましたが、後は周りの動きが少なく結局相手の守備の網にかかってしまうというありさま。
あとはこの試合においてはロジャースは責任を感じなければならないですね。用意していた戦術の失敗。自分の作ってきたシステムにこだわるあまりルーカス、ボリーニの特徴を考えずに、システムに落とし込んでしまっている功罪。スターティングの面々でまだまだやれることはあるとおもうんですけとね。
長文失礼しました。
  • リバサポ
  • 2014/09/21(Sun)11:48:55
  • 編集

無題

大変残念なゲームでしたね。CLやEL後ははどのチームもリーグ戦に苦労しますが、それを差し引いてもハマーズ戦はいただけないです。
DF陣はサコの足元が不安ですね、、、。利き足が左ですが右でボールを受けると持ち替えようとすると相手に詰められて不用意なパスミスが目立つ感じがしました。
コロでも良かったのでは?と思いました。
攻撃陣も軒並み低調ですね。ララーナは可能性を感じませんでしたし、ボリーニもゴールを決めたい気持ちはわかりますが空回りでしたね。
何もかもが駄目なゲームかと思います。
うーんスパーズの再来と言われないためにも、次節は絶対に勝たなくてはいけません。現実目線で今シーズンは4位以内でゴールと言うのも私は悪くないと思います。

無題

西公ありがとう
それにしてもリバポは中盤にいる聖域の地蔵をどうにかすべきでは
1人だけ動かないおじいちゃんだよ(笑)
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2014/09/21(Sun)16:11:54
  • 編集

コメントありがとうございます。

リバサポさん>
ロジャース監督は、いじりすぎたかもしれませんね。なめていたとはいいませんが、与しやすいウエストハム相手だから、新しいことやるならここで、と考えたのかもしれません。

Mackiさん>
上位が足踏みしたので、チェルシーを除けば大した差はありません。立て直しさえできれば、2位はいけますね。

プレミアリーグ大好き!さん>
昨日は、あまり動きがよくなかったですね。
  • makoto
  • 2014/09/22(Mon)05:38:38
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ