【Chelsea×Arsenal】チャンスは2回、ゴールは2発。退屈な試合に持ち込んだチェルシー完勝!

 2分にさっそく、アレクシス・サンチェスが挨拶代わりのミドルシュート。いつものプレミアリーグ上位対決に比べて、アーセナルの試合の入りは上々です。ウェルベック、エジル、アレクシス・サンチェス、カソルラ、ウィルシャーが並ぶ最前線と2列めは現状のベストメンバー。対するチェルシーもジエゴ・コスタにアザール、オスカル、マティッチ、セスクと、いつもの顔ぶれが揃っています。20分過ぎまでは、両者ともシュートを打てず、中盤のせめぎ合いが続きます。イヴァノヴィッチのサイドはアレクシス・サンチェスが押し、チャンバースのサイドをアザールやアスピリクエタが制圧。最初の事件は24分に起こります。アレクシス・サンチェスがGKクルトワと交錯すると、頭部にダメージを負ったベルギー代表GKはリタイア。交代で入ったのはチェフで、チェルシーに大きな戦力ダウンはありませんが、モウリーニョ監督は前半でカードを使いたくなかったでしょう。

両者、簡単にゴールが決まるとは思えない試合展開でしたが、27分、アザールの素晴らしい突破がスコアを動かします。中央でボールを受けた10番は、一瞬のうちにカソルラ、チャンバースを振り切り、ペナルティエリアの中で対応したコシールニーはたまらずファール!アザールのPKは、先に動いたシュチェスニーをあざ笑うようにゴール右隅に転がり、ホームのチェルシーが先制です。

反撃に出たいアーセナルでしたが、エジルとウェルベックへのチェックが厳しく、アレクシス・サンチェスやカソルラからのボールがなかなか前線につながりません。カウンターで追加点を奪いたいチェルシーのほうも、コシールニーにジエゴ・コスタが完封され、シュートレンジにいいパスが通りません。アーセナルは、前半終了間際に中央突破。エジルにシュートチャンスがありましたが、いい形に持ち直そうとしてボールを奪われ、同点ゴールはなりません。前半は1-0。シュートはチェルシー2本、アーセナル1本の神経戦。両者互角のゲームで、次の1点を奪うのはどちらでしょうか。

後半のアーセナルも、決して悪くはありませんでした。自信なさげなプレイに終始したエジルに代わって中盤を仕切ったのは、ジャック・ウィルシャー。49分、左からのアレクシス・サンチェスのグラウンダーをニアでスルーして、中のカソルラにシュートさせたプレイは見事。これを皮切りに、アーセナルが中盤を制圧し、チェルシーの逆襲はハーフラインを超えないうちに、ことごとくつぶされる時間が続きます。アーセナルは特にサイドでのつぶしが早く、残り15分までのカウンター対策は万全。ウィルシャーのドリブルを効果的に使ったゲームメイクも、ゴールの可能性が感じられるものだったと思います。彼らに足りなかったのは、シンプルさと精度。62分のウィルシャー、72分のチャンバースと、ミドルシュートは枠の上に外れるか、チェルシーDF陣がブロック。最終ライン手前で手数をかけすぎ、フィニッシュの前にチェルシーの守備網にボールを奪われてしまいます。

アーセナルの時間が続いた78分、一発の縦パスでチェルシーが勝利を決定的なものにします。中央で奪ったボールを右で受け、前線のジエゴ・コスタをロングパスで走らせたのは、セスク・ファブレガス。メルテザッカーをスピードで置き去りにしたジエゴ・コスタは一瞬でGKシュチェスニーと1対1になり、軽く浮かせたシュートが無人のゴールを陥れます。エジルを残したヴェンゲル采配はどうだったのでしょうか。交代で入ったチェンバレン、ロシツキ、ポドルスキに打開策はなく、チェルシーが2-0完勝。ホームチームの決定機はたったの2回、アーセナルの枠内シュートはゼロ。よくいえば玄人好み、悪くいえば両者攻めあぐんだゲームは、ヴェンゲル監督のチームに負けたことがないモウリーニョ監督の完勝に終わりました。

テリー、ケーヒル、マティッチにあれだけ引いて守られると、なかなか崩せませんね。ポストプレイでシンプルにさばけて、ヘディングの強さもアテにできるジルーがガナーズにいれば、劣勢になっても打ち手の幅を広げられたでしょう。アレクシス・サンチェス、ウィルシャー、カソルラ、ウェルベックは、いずれもドリブルで持ち込んでショートパスで狭いエリアを崩そうとするので、チェルシーは読みやすかったかもしれません。

2位マンチェスター・シティに勝ち点5差と、いよいよチェルシーが独走気配です。誰かがそろそろ止めないと…ありゃ、10月26日はマンチェスター・ユナイテッドじゃないですか!目立たないように、こっそりプレミアリーグ4位に滑り込んでいたのですが、ここでチェルシーに大負けしようものなら、またまたあれやこれやと突っ込まれそうです。まったく勝てる気はしませんが、ディ・マリア、ファン・ペルシといった大砲がぶっ放すラッキーパンチがうまく入れば、アーセナルやリヴァプールのようなショットガンよりも可能性はあるかもしれません。10月でプレミアリーグの灯を消さないよう、ファン・ハール監督に意地をみせてもらいたいものです。いや、しかし、こんな大事なゲームにルーニーがいないとは…。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

完敗な感じ

フラストレーションのたまる試合でした。モウリーニョの望む試合展開になってしまいました。
ウェルベックとエジルへのプレッシャーが本当に強く、ファールもとりすぎない方針だったので二人とも存在感を失っていました。その分ほかの選手が空くはずなので、攻略できなかったのは力負けですね。
ユナイテッドは打ち合いの展開に持っていけると良いですが、モウリーニョはそうしないでしょうね。何かアクシデントでもない限り。
  • アーセナルファン
  • 2014/10/06(Mon)07:38:33
  • 編集

コメントありがとうございます。

アーセナルファンさん>
まさに「チェルシーのゲーム」でしたね。ウィルシャーはよかったのですが、とにかくシュートが枠にいきませんでした。
  • makoto
  • 2014/10/06(Mon)08:02:34
  • 編集

わかっていたものの・・・。

更新ご苦労様です。

昨日は、ぶっちゃけ完敗。組織力でも、個の力でもチェルシーの劣った、という感じでした。
試合の入り方は、むやみやたら攻めに行かず悪くはなかった、と思いますが、ああいう我慢比べに
なると、チェルシーの方が、1枚も2枚も上手でしたね。

しかし、アーセナルは、スタメンメンバー、ベンチにいる選手のバランスが悪い・・・。
既にわかりきったことではありますが、チェルシーのバランスの良さを目の当たりにして、
今更ながら、昨日の試合で痛感させられました。
2列目が多過ぎる、それゆえの、4-1-4-1だったんでしょうが、残念ながら今のところ
機能していませんし、今のメンバーをフルに活かしきるのは難しそうです。
エジルをどうしても生かしたいのなら、エジル中央で、サイドに突破力のある選手を並べて
ショートカウンター気味に戦うほうが、能力を十分に生かせるのでは、と思うんですが・・・。
勝ち点を着々と落とし続けているうちに、順位も下がってきており、もはやシステムを構築している
場合じゃないので、チームのポテンシャルを一番発揮できる選択を監督にはお願いしたいです。
  • サッカー小僧!
  • 2014/10/06(Mon)09:43:10
  • 編集

無題

退屈? 両チームとも、強い気持ちの入った好ゲームでしたよ。
  • Joe
  • 2014/10/06(Mon)09:44:52
  • 編集

コンデションや対戦相手で選手を選ばないと・・・

2-0でも6-0以上の完敗です。
ベンゲルさんは頑固ですね~。あの状況なら、後半開始から気の利いた守備でカウンターを潰せるロシツキでしょう。きっとエジルが怪我をしないは限り使い続けるのでしょう。
  • londres nord
  • 2014/10/06(Mon)10:09:23
  • 編集

コメントありがとうございます。

サッカー小僧!さん>
そうですね。自陣に網を張って一気に攻めるドルトムントのような戦い方のほうが、エジルは活きるでしょうね。

Joeさん>
「両者、力の入ったゲーム」というのはそうだと思います。退屈と表現したのは、チェルシーが、攻め合うよりもアーセナルのよさつぶしに徹したこと、入るかどうかのシュートシーンが少なかったことを、こう表現しています。アーセナルが先制していれば、もっと好ゲームになったかもしれない、と思いました。

londres nordさん>
ロシツキを長い時間使えば、また違った展開にできたかもしれません。私も、完全に封じられているエジルにこだわりすぎたのではないか、と思いました。
  • makoto
  • 2014/10/06(Mon)10:57:39
  • 編集

無題

はじめまして。いつも読ませていただいてます。
中盤の攻防からアザールの個人技で先制。その後ラインを低くしてアーセナルの攻撃をいなしつつカウンターでの追加点をうかがう。正直、アーセナルには勝機が見えないチェルシーらしい試合でしたね。
個人的には退屈ではなかったです!
  • ムック
  • 2014/10/06(Mon)15:00:33
  • 編集

無題

いつものチェルシーいつものアーセナルでした
想像通りの結果ですね
チェルシーはホームでもあんなに守備的でいいのかと個人的には思います
まあこれがチェルシーですよね
アーセナルは引き分けで合格点なはず
チェルシーのようにもっと現実的であってもいいはず


  • ぷれみあふぁん
  • 2014/10/06(Mon)17:43:02
  • 編集

無題

更新ご苦労様です。

私には完敗に見えました。純粋なチーム力にどうしようもないほどの差はなくても結果的に
アーセナルはチェルシーに完敗を喫したと考えなくてはいけないでしょう。厳しく言うなら
6-0が2-0になっただけで試合の内容に大きな差はなかったと感じています。

ベンゲルは頑固なんでしょうか?特定の選手の起用に強く固執する一方でなぜかロシツキや
ポドルスキを冷遇する・・・キャンベルに至っては残留させたことに疑問すら感じてしまう
状況です。この状況を頑固という言葉で表現するのは私は違和感を感じます。

これでチェルシーとの勝ち点差は9ポイントになってしまいました。現時点でアーセナルが
プレミアを制する絵は少なくても私には描けません。悲しい限りです・・・





  • tomo
  • 2014/10/07(Tue)15:22:18
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ