【Liverpool×Hull City】ラスト30分の猛攻もゴールは遠く…リヴァプール、遅かった覚醒!

チャンピオンズリーグではバーゼル、レアル・マドリードから1点も奪えずに連敗。プレミアリーグではこのところ連勝しているものの、WBAとQPRにドローに持ち込まれる寸前まで粘られており、2点差以上の勝利はトッテナム戦のみ。スタリッジがいないとはいえ、リヴァプールがここまで苦戦するとは思いませんでした。ララナの調子は上がってきましたが、バロテッリ、マルコヴィッチ、エムレ・カンがまだチームにフィットしておらず、クリーンシートが1試合しかないDFラインも安定しているとはいえません。対するハル・シティは、前節のアーセナルとのアウェイ戦をドローで切り抜けています。アンフィールドで戦えるといっても、今のリヴァプールにとっては楽に勝てる相手ではないでしょう。

試合が始まってすぐは、ハル・シティが元気でしたが、5分を過ぎるとリヴァプールが押し返します。レッズ最初のチャンスは8分のCK。デヤン・ロブレンの強烈なヘッドは、ポスト際に立っていたDFがクリア。こぼれ球を拾ったジェラードの高速のグラウンダーがDFに当たると、デヤン・ロブレンが強烈なミドル。12分には、スターリングが斜めに走ったバロテッリにパスを通し、バロテッリが右から放ったシュートは、かろうじてGKヤクポヴィッチがセーブします。

リヴァプールは、時折アイデアのあるパスワークを見せていたものの、ひとつひとつのパスの精度に難があり、フィニッシュにつなげられません。これまでのゲームでは消えている時間が多かったバロテッリは、運動量は確実に増えていますが、ここぞというタイミングでパスがもらえません。そんななかで、33分にララナが左から攻め上がり、ワンツーで抜けて右足アウトでクロスを上げたシーンは、ファーサイドにひとり飛び込んでいれば…というおもしろい攻撃でした。ハル・シティも38分、右サイドをベナルファが突破し、足を滑らせながらも中に折り返してリヴァモアがシュート。42分にも、右からのクロスのクリアをペナルティエリア外で受けたハドルストーンが左足できわどいミドル。前半は0-0で終了。アウェイのハル・シティの動きのよさが目立ちます。

後半に入ると、リヴァプールがいきなり攻勢。46分、左に流れてきたスターリングが縦パスを受けて左足でシュートを放つものの、DFが足元に入ってブロック。50分を過ぎると、ハル・シティのプレスが厳しくなり、前半同様になかなか前線にパスがつなげられなくなります。58分にはアベル・エルナンデスの強烈なミドルをミニョレがキャッチ。59分、逆襲に転じたリヴァプールは、右からのパスを受けたジェラードが右ポスト際に惜しいシュートを放ちます。ロジャース監督は、ジョー・アレンをコウチーニョ、ララナをリッキー・リー・ランバートに代えて4-4-2にシフト。プレミアリーグでノーゴールの2トップは、果たして機能するのでしょうか。

63分、CKをニアのエムレ・カンが頭で反らすと、中央に飛び込んだバロテッリはボールに触れず。直後にもランバートから右のエムレ・カンにパスが出ると、右からの低いクロスにバロテッリがダイビングヘッドを狙いますが、これも一歩及びません。主導権は完全にレッズ。67分にはジェラードのグラウンダーをバロテッリがダイレクトでミドル。68分、右からゴール前に侵入したスターリングが強烈なシュート。ハル・シティの寄せが早く、どのシュートもブロックされますが、2トップへのシステム変更は確実にホームチームを活性化しました。リヴァプール最後のカードは75分、エムレ・カンをヘンダーソン。彼らに足りないのは、ゴールだけです。

85分、右サイドのジェラードのFKはGKに弾かれるも、ファーにいたコウチーニョがヘッド、しかし枠の外。87分、クロスをリッキー・リー・ランバートが落としたところに走り込んだバロテッリがゴール前に持ち込むものの、DFと競り合って転倒。追加タイムのコウチーニョのミドルもGKヤクポヴィッチに弾かれ、94分のジェラードとコウチーニョの左サイドからの突破も、ラストパスをバロテッリが合わせきれずノーゴール。ここで無情な笛が吹かれ、リヴァプールの勝ち点3はなりませんでした。

リヴァプールの決定力不足を嘆くより、ハル・シティの集中力が切れない守備をリスペクトしたくなる一戦でした。バロテッリには「終了直前のビッグチャンスをものにしてほしかった」と思いましたが、彼を含めてレッズの選手は、総じて気持ちの入ったプレイをしていたのではないでしょうか。惜しむらくは、前半空回りしていた時間です。もっと早く、ラスト30分のようなサッカーができていれば…。ホームで下位相手にドローという結果は非常に残念ですが、マンチェスター・シティが敗れたので、3位との勝ち点差3は変わりません。ここは気持ちを切り替えて、「プレミアリーグのニューカッスル戦、チェルシー戦と、レアル・マドリードへのリベンジに集中」ですね。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

フットボールにはどうしてもゴールを割れない試合もありますが、後半ロスタイム近くまで決定機を作れないとなるとどうしようもありません。しかし、そろそろ10試合になるというのにイマイチですね。前線から中盤の選手は細かい動き直しが少ないので簡単に相手にプレス捕まり、スペースを空けて、そこに入ってくる動きも少ない。基本的なことですが、パスを出した後プレーを止めてしまったり、3人目の動き出しのなさを改善しなければ、どこにも勝てなくなってしまう気がします。今はまだバロテッリがスケープゴートにされていますが、そのうちチーム全体が批判されていくでしょう。スアレスが抜けた影響よりも「チーム」としてエラーが起きているこの状況のほうが根が深そうな問題です。
  • リバサポ
  • 2014/10/26(Sun)15:47:48
  • 編集

無題

ユナイテッドもこれからの4試合でチェルシー、シティ、ガナと戦うので、勝ち点取りこぼしてくれるのは助かりますが……ガナも調子悪いですし、シティもちょいちょい取りこぼして盤石かと思われた2位から転落。混戦を抜け出すのはどこなのでしょうか……。
頼む、ユナイテッドであってくれ!
  • 2014/10/26(Sun)18:56:09
  • 編集

コメントありがとうございます。

リバサポさん>
そうなんですよね。昨季のような流動性がありません。おっしゃるとおり、スアレス移籍の影響だけではないと思います。

あ さん>
アーセナル、リヴァプールもこのままでは終わらないと思いますが、現状では、マンチェスター・ユナイテッドがいちばん上向きではありますね。
  • makoto
  • 2014/10/28(Tue)05:53:01
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ