【Liverpool×Chelsea】ゴールへのシナリオがなかったリヴァプール、必然の完敗!

今季のこの対戦は、春から楽しみにしていました。はじめてのプレミアリーグ制覇を目前にしていたリヴァプールが、ジェラード痛恨のスリップもあり、チェルシーに敗れて大きなチャンスを逃してから、です。もっとも、そのときに想像していたのは、SASに新メンバーを加えてパワーアップしたリヴァプールの姿。しかし今は、スアレスはバルサへ去り、負傷でリタイアしたスタリッジもいません。リヴァプールのワントップは、マリオ・バロテッリ。スターリング、コウチーニョ、ヘンダーソンが揃い、エムレ・カン、ジェラードが中盤を締めるレッズは、ジエゴ・コスタとラミレスが戻ってベストメンバーのチェルシー相手にどんなサッカーを見せてくれるのでしょうか。

試合開始から押し気味だったリヴァプールは、8分に望外の先制点をゲットしました。左サイドからのビルドアップで中盤にボールがまわると、ペナルティエリアの外でエムレ・カンがフリーです。ゴールまではまだ25メートルほどの距離があり、当たりにいけば裏にスペースができてしまう微妙なポジションに、テリーが選んだのはステイでした。DFがこないのを見てとったエムレ・カンが思い切りよくミドルシュートを放つと、ケーヒルに当たってコースが変わり、GKクルトワの逆をついてゴール!これでレッズに勢いがつくかと思えば、チェルシーがすかさず反撃に移ります。

ホームチームのリードは、たった5分しかもちませんでした。13分、セスクのCK。ファーサイドでジエゴ・コスタが頭でつないだボールを、ゴール正面からテリーがヘディングシュート。GKミニョレが弾き、マティッチにあたったボールをフォローしたケーヒルのボレーはミニョレがキャッチしますが、ゴールラインテクノロジーが示した守護神の手の位置はゴールの中でした。1-1、試合は振り出しに戻り、ここからは両者の攻め合いです。20分、ジェラードのグラウンダーのCKを、ヘンダーソンがダイレクトシュート。DFに当たったボールを狙ったスターリングの左足ボレーは、ケーヒルが肩でブロック。26分にはコウチーニョが中央から単独で持ち込んできわどいミドル。どちらかといえば、忙しいのは再三ダイビングでセーブしているクルトワのほうです。このまま優位に立つかと思われたレッズでしたが、30分を過ぎるとイージーなミスが目立つようになり、チェルシーの怒涛の攻撃に右往左往するハメに陥ります。

33分、バロテッリのミスパスを拾ったチェルシーは、右サイドから上がったラミレスがオスカルにつなぐと、ジエゴ・コスタを経由したボールが左に走り込んだフリーのアザールにつながり、シュート。2分後には、オスカルの見事なスルーパスからラミレスがノーマークで右サイドを突破。中に入れたボールをアザールが右足インサイドで狙います。いずれのチャンスも1点ものでしたが、アザールをブロックしてリヴァプールを支えたのはベテランのグレン・ジョンソン。シュクルテルともども、右サイドのDF陣の的確なポジショニングと体を張った守備がなければ、レッズは前半を1-1で終えることはできなかったでしょう。

後半、ロジャース監督はどう巻き返すのか。トップのバロテッリの後ろがぽっかり空いているので、前線にぶつけたパスの落としどころがなく、コウチーニョらがこのスペースに上がってくるまでに時間がかかります。リヴァプールには、セカンドストライカーか明確なトップ下がいないと、速攻から崩すのは難しそうです。

残り45分、スタートからしばらくは、オープンな展開。左からスターリングが斬り込んで放ったシュートはクルトワがセーブし、アザールが切り返しから狙った右足はジェラードがスライディングでクリアします。53分にラミレスを下げ、ウィリアンを投入したモウリーニョ監督は、間違いなく勝ちにきています。66分、勝ち越し点を奪ったのはチェルシー。ウィリアンの長いパスを受けた左SBアスピリクエタがコウチーニョをかわし、ゴールライン際から右足アウトでクロスを入れるとミニョレが必死にセーブ。しかし、このボールが流れた先にいたのは、残念なことにジエゴ・コスタでした。スペイン代表のストライカーは、ニアのここしかないというコースに冷静にシュート。今季プレミアリーグで10ゴールめの貴重な一発が決まり、アウェイチームがリードです。

後半は、エムレ・カンやヘンダーソンが深い位置までチェルシーのビルドアップをチェイスしていたレッズは、ゴール前に人数は入るものの、崩しの意図が明確でないため、ミドルシュート以外に手立てがありません。ロジャース監督の巻き返し策は、バロテッリ、コウチーニョ、エムレ・カンを下げて、ボリーニ、ジョー・アレン、リッキー・リー・ランバートでしたが、これが今までどおりの空回り。ボリーニは、73分のヘンダーソンのボレーをお膳立てするクロスを上げただけにとどまり、ランバートも90分にスターリングにクロスを合わせにいったプレイのみ。リヴァプールは、FWに勝負させるラストパスを出すシーンすらなく、1-2のままでタイムアップを迎えました。

バロテッリが1本しかまともなシュートを打てず、ゴールへのシナリオが見えなかったリヴァプールと、すべてのチャンスでファーサイドの選手がフィニッシュまで持ち込んだチェルシー。プレミアリーグ首位チームのうまい試合運びになす術がなかったリヴァプールの完敗は、必然の結果だったと思います。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

開始直後はリバプールがすごく良かったけど、時間が経つにつれチェルシーに勢いが出てきましたね。後半は、リバプールがあたふたしてたような印象を受けました。
ミニョレとDFとの必要以上のパス回しや、ゴールキックをショートパスするのは、ロジャースの戦術なんでしょうかね?
とくにゴールキックをショートパスするせいで、チェルシーの選手が激しくプレスしてきて、あたふたする原因になっているように感じました。

  • ぷれみあすき
  • 2014/11/09(Sun)01:59:37
  • 編集

無題

>前線にぶつけたパスの落としどころがなく、コウリーニョらが

コウチーニョですよー><


ユナイテッド戦観終わったんですが、、、ひどい内容でしたね。勝てて良かったです(本来はここに書くことではない気がしますがw)。
  • a
  • 2014/11/09(Sun)02:03:57
  • 編集

無題

高い位置からプレスをかけられるチェルシーとそうでないリバプール。もう、この時点でチームの仕上がり方が全然違うのがわかりました。なんせ、DFラインがミスをしていけないところでミスしてしまうのでテンポや流れが悪くなってしまうのが、痛かったです。少しかなしかったのはジェラードがあまり前を向いてプレーしていないこと。昨年のクウォーターバックのようなわ
  • リバサポ
  • 2014/11/09(Sun)11:15:15
  • 編集

無題

高い位置からプレスをかけられるチェルシーとそうでないリバプール。もう、この時点でチームの完成度が違います。妥当な結果であると思います。DFラインがミスをしていないところでミスをしてしまうのでテンポや流れが悪くなってしまうのがどうにも歯がゆいです。少しかなしかったのはジェラードがあまり前を向きたがらないこと。昨年のクウォーターバックのようにプレーできないのならば、ルーカスでもいいのでは?と思ってしまいます。レアル戦で主力を休ませていて、この結果は、まずいですね。ロジャース解任もそろそろ巷で噂になるかもしれませんね。
  • リバサポ
  • 2014/11/09(Sun)11:21:22
  • 編集

無題

更新ご苦労様です。公式戦3連敗ですね。開始20分迄は良かったですが、以降は何時もの風景だと思いました。良いメンバーを見つける方が難しい中で、GJはアザールをよく抑えていた方だと思いますが、軽いプレーはいつも通り出てましたね(苦笑)
とにかくFWがシュートを打てなければ試合にはなりません、、、。今迄我慢して見て来ましたがそろそろロジャースも厳しくなって来たと思います。いい加減フォーメーション変更を考えないとCL圏内はおろか、TOP10すら危うい状況になって来たと思います。開幕前の期待は何処かに吹き飛んでしまいました(泣)
  • Macki
  • 2014/11/09(Sun)12:05:32
  • 編集

駄文失礼します。

今季のチェルシーは相手の単独突破に弱い気がします(ー ー;)
コウチーニョのドリブルからのシュートとかは怖かったですね〜

あとケイヒルの身体をはったブロックは有難いのですが、最後の方のやつは手を後ろに隠してるとはいえ、ハンドをとられてもおかしくなかったですね〜
それに触らなければクルトワならセーブ出来そうなのも、逆に出来なくなってしまったりとかあるので、ミドルに対しては無理してはいかなくてもいいのかなとも(^_^;)
まあ結果論でしかないですし、難しいところですが…

ララーナはなんで使われないのでしょうかね?
  • モウ
  • 2014/11/09(Sun)16:21:38
  • 編集

コメントありがとうございます。

ぷれみあすきさん>
後ろから確実につないで、という意図だと思いますが、中盤の選手に出たところをチェルシーのプレスに狙われてましたね。

aさん>
誤字ご指摘、ありがとうございます。そうですね。リヴァプールのことはいえない内容でした。

リバサポさん>
昨季、足を滑らせて先制点を奪われた後のジェラードは、強引過ぎるきらいはあれど、前へ前へと必死でした。今は迷い、怖れがあるように感じますね。

Mackiさん>
そうですね。ロジャース監督は頑なにバロテッリを中央にひとり、張らせていますが、このところの結果をみれば、機能しない(あるいは熟成まで相当時間がかかる)のは明らかだと思います。スタリッジが戻ってくれば、多少は変えるのでしょうか?

モウさん>
ケーヒルのプレイは確かに危なっかしかったですね。絶対止めてやるという気合いは感じますが。マティッチがいないエリアでのミドルシュート対応に、チェルシーのちょっとした弱点を感じます。ララナ、なぜでしょうね?
  • makoto
  • 2014/11/09(Sun)18:36:55
  • 編集

相互リンクをお願いします

「偏愛的プレミアリーグ見聞録」サイト運営者様

「誰も教えてくれないサッカー観戦を100倍楽しむ方法!」というサイトの運営しております、
新井と申します。
突然のメールで失礼いたします。
本日は、貴サイトと相互リンクをさせて頂ければと思い、
ご連絡をさせていただきました。

お願いに先立ちまして、
すでに私のサイトからリンクを掲載させて頂いております。
下記URLの37番目になります。
(相互リンクのサイトページを整理した場合、掲載順位が変動する場合もあります。)
http://soccerwatching.com/link/link1/
「偏愛的プレミアリーグ見聞録」というサイト名で掲載しております。

相互リンクして頂けるのであれば
以下の当サイト情報をご参考にリンクをお願いいたします。

―――――――――――――――
サイト名:誰も教えてくれないサッカー観戦を100倍楽しむ方法!
サイトURL:http://soccerwatching.com/
サイト説明:お好きな紹介文を掲載してください。宜しくお願いいたします。
―――――――――――――――
(加筆修正して頂いて構いません。)

誠に恐れいりますが、相互リンクして頂けましたら
一言、ご一報頂けますと助かります。

サイトデザインは未熟ですが記事の内容はしっかりと書きました。
何卒、ご検討のほど宜しくお願いいたします。

━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━
サイト管理人:新井
サイト:http://soccerwatching.com/
メール:red.red794@gmail.com

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ