【Tottenham×Stoke】ボージャンのスピードにやられたトッテナム、重かった2点のビハインド!

開幕当初は問題山積だった守備が落ち着き、調子上向きだったエヴァートンと、ミッドウィークのゲームを大幅なメンバー入れ替えで勝ち切り、この日も7人をチェンジして臨んだトッテナム。木曜日にヨーロッパリーグを戦った後のプレミアリーグとはいえ、勝ち点3は獲れるだろうとみていたのですが、エヴァートンは毎回苦戦するサンダーランドに1-1のドロー。本拠地ホワイト・ハート・レーンで戦ったトッテナムは、ストークにまさかの敗戦を喫しました。

開始早々にシャドリが右から持ち込み、クロスにハリー・ケインが合わせたダイビングヘッドが決まっていれば、試合はホームチームのものだったと思います。ハリー・ケインのヘッドはまともに当たり過ぎ、GKが取りやすいコースに飛んでしまいました。この一撃は、ゴールの中に体を入れながらもベコヴィッチが手を伸ばしてキャッチ。最初の岐路を無失点で切り抜けたストークは、6分にスーパーゴールで先制します。ハーフライン付近の左サイドでパスを受けたのは、今季バルサから獲得したボージャン・クルキッチ。ここまでベンチを温める時間が長く、プレミアリーグにフィットしていないようにみえた27番は、ドリブルでひとり抜き去るとそこからギアチェンジ。素晴らしい加速に、トッテナムの中盤は4人が追いつけず、ペナルティエリア手前まで持ち込んで放ったシュートがロリスの右手の先を抜けていきます。

ビハインドを背負ったトッテナムは、13分のエリクセンのFK、21分にライアン・メイソンが思い切りよく狙ったミドルなど、惜しいシュートはあったものの、アウェイでリードしたことで引いて守るストーク守備陣を崩せません。すると33分、ストークが追加点。ボージャンよりこちらのゴールのほうが、トッテナムの選手たちにはショックだったでしょう。余裕がなかったのは、DF2人が負傷交代するという緊急事態に陥っていたアウェイチームのほうで、スパーズの面々は、自分たちは絶対に追いつけると確信してプレイしていたはずです。「一瞬の隙を突かれた」という言葉がぴったりの一発は、ダニー・ローズの何でもないロングフィードから始まりました。ふわりと浮いたボールをショークロスがヘディングではね返すと、これがストークの最前線に届いて一気に2人がフリーです。右サイドのマメ・ディウフがインサイドで軽く出したセンタリングに、中央のウォルターズはノーマーク。左足で丁寧に合わせたボレーは完璧。GKロリスは、右隅に飛んでいくボールをただ見送るしかありませんでした。

後半頭からラメラとデンベレを投入し、エリクセンとタウンゼントを下げたポチェッティーノ監督でしたが、前半よりはゴール前で競り合うシーンが増えたものの、どうしてもフィニッシュが決まりません。58分、左からのクロスをハリー・ケインが頭でスライドさせるも、ボールはポストの右。75分、ラメラの直接FKは見事でしたが、左手側にカーブをかけて狙ってくるとコースを読んだベコヴィッチのビッグセーブに阻まれます。トッテナムがやっと1点を返したのは、残り15分を切ってから。77分、ダニーローズの長いクロスをファーサイドで受けて、目の覚めるような強烈なボレーを叩き込んだのは、チームの得点王ナセル・シャドリでした。1-2としたものの、トッテナムの攻撃はここまで。メイソンの中央からのミドルシュートが外れた後、85分にはノートンがレッドカードを受けてしまい、アデバヨルのヘッド以外にこれといった攻め手がないままストークに逃げ切りを許しました。

うーん、2失点はいずれも、DFのポジションが中途半端でしたね。ボージャンの一撃は、CBが足元にいけないまま、ダニー・ローズのチェックの直前にシュートを打たれてしまい、2点めはダニー・ローズがマメ・ディウフに簡単に裏を取られたことからマークがずれてしまいました。相手ボールになったときの対応をいま一度確認・徹底しないと、トッテナムはこれからもショートカウンターを喰らい続けるのではないかと思います。昨季、プレミアリーグの上位対決で、最終ラインの裏を狙われ続けたアーセナルを思い出させる失点パターン。1点しか返せなかった攻撃陣も、どんな攻め方を徹底していくのかが不明確。ポチェッティーノ監督には多くの課題が突きつけられています。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

更新お疲れ様です。
ナショナルウィーク前の敗戦はやはり堪えますね。内容については言わずもがなです。
シティにロイス行って、ナバスかミルナー来ないかなとか考えてみたりしています。
持ちすぎな守備もできる右MFがいればなぁ…
  • にわかスパーズファン
  • 2014/11/11(Tue)13:32:19
  • 編集

無題

今のストークはビッグクラブから放出された才能ある若手(元若手)がたくさんいるので見てて楽しいです
アルナウトビッチ、ボージャン、ディウフ、アサイディ、アダム、アイルランド、モーゼス

もう一度ストークでその才能を発揮して欧州トップの舞台に返り咲いてほしいですね


次はパトとかキャロルあたり取ってくれないかなぁと思ってます笑
  • こーこ
  • 2014/11/11(Tue)14:22:14
  • 編集

コメントありがとうございます。

にわかスパーズファンさん>
守備に落ち着きがなかったですね。2点めが痛かったと思います。ミルナーが来たら盛り上がりますが、今の彼は、マン・シティは手放さないでしょうね…。

こーこさん>
エンゾンジとクラウチもやっかいです。ボージャンがプレミアリーグになれたら、ストークはさらに手ごわくなりそうです。彼らを苦手としているガナーズのサポーターも、対岸の火事とはいかないでしょう。
  • makoto
  • 2014/11/11(Tue)15:52:52
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ