【Burnley×Liverpool】3トップは機能せず。個人技だけのリヴァプール、大苦戦の勝ち点3!

エヴァートンがストークに負けて順位をひっくり返された以外は、すべて上位が勝った無風のプレミアリーグ18節。そのなかで、いちばん苦戦したのがリヴァプールでした。スターリングの両脇にコウチーニョ、ララナを置いた3トップと、サコ、シュクルテル、コロ・トゥレの3バックは最近のロジャース監督のお気に入りですが、前半はこのフォーメーションがまったく機能せず。リヴァプールはビルドアップから既に窮屈。バーンリーからボールを奪っても、無理な態勢のスターリングを縦に走らせるようなパスしか出せず、マルコヴィッチやヘンダーソンが絡んだサイド攻撃も、ジェラードやルーカスの押し上げもありません。頼みのスターリングは、この日はコウチーニョやララナを活かせず、空いている選手が近くにいるのに無謀なドリブルでボールを奪われるシーンが目立ちました。

13分のコウチーニョの惜しいミドルシュートの直後、ホームのバーンリーが決定的なシーンを創ります。きっかけは、何でもないスローインをシュクルテルがトラップミスしたこと。こぼれてきたボールに反応したイングスにサコが付ききれず、ゴール左隅を狙ったシュートがポストを直撃します。16分、リヴァプールにアクシデント発生。最近のプレミアリーグでゴールマウスをまかされていたブラッドリー・ジョーンズが故障したのか、急きょミニョレが登場。元エースGKは、20分にキックをイングスにぶつけるという危ないプレイを披露し、ターフ・ムーアに集まったアウェイサポーターを騒然とさせます。

21分、コウチーニョのボールロストから、バーンリーは4対3の大チャンス。右MFマーニーへのパスがサイドに流れなければ、レッズは決定的なシュートを浴びていたでしょう。マーニーのクロスをヘッドで合わせたバーンズのシュートはクロスバーの上。明らかに3バックが混乱していたリヴァプールは、逆サイドにいたフリーの選手にボールが出なくて助かりました。23分、自陣ゴールライン際でマルコヴィッチがボイドにボールを奪われ、落としを受けたマーニーがクロス。この時間帯は完全にバーンリーペースです。リヴァプールの数少ないチャンスはカウンター。29分、ジェラードの見事なスルーパスを左サイドで受けたララナはフリー。しかし遠めから狙った左足は、GKヒートンの守備範囲です。

35分、バーンリー最大の決定機。右CKのこぼれを逆サイドで拾ったアーフィールドのシュートは、ミニョレが触れないであろう左ポストぎりぎりを襲いますが、これに触って先制点を防いだのはルーカス・レイヴァ。トータル16本を数えたバーンリーのシュートのうち、枠内は結局これ1本でした。前半を0-0でしのいだリヴァプールは、先にゴールさえ奪えればOK。ハーフタイムにコロ・トゥレまでいなくなり、切れるカードは1枚という厳しい状況ながら後半の攻撃に望みをつなぎます。

後半に入っても思うように攻められなかったリヴァプールに歓喜が訪れたのは、62分。値千金の先制点は、GKをかわして左足で流し込んだスターリングよりも、後ろからのボールをダイレクトでDFラインの裏に落としたコウチーニョがリスペクトされるべき速攻でした。1点を失ったバーンリーは、3バックで手薄になりがちなリヴァプールのサイドを狙って反撃。68分、左からトリピアが上げたハイクロスを、ファーサイドのマイケル・キーンがヘッドで叩きつけますが、これはわずかにポストの外。リヴァプールの攻撃は、コウチーニョやスターリングがドリブルから放つミドルシュートぐらいで、連携から崩すシーンはほとんどありません。74分、クロスのこぼれ球を拾ったジェラードが、ノールックで右にいたリッキー・ランバートにスルーパス。途中出場のストライカーがこれを見事に決めたものの、ジャッジはオフサイド。なかなかチャンスを創れなかったリヴァプールは、最後まで1点を守りきり、年末年始の緒戦を勝ち点3で切り抜けました。

圧倒的に押し込んだアーセナル戦と同じメンバーだったのに、別のチームのようだったレッズ攻撃陣。SBの選手は両サイドで使える3バックは今後の熟成次第だとしても、トップの後ろがぽっかり空きがちで、快足スターリングの孤軍奮闘となりやすい3トップは微妙ですね。バロテッリないしはランバートをスターリングの横に並べ、トップ下にヘンダーソンかコウチーニョが入る3-4-1-2をオプションで持っていたほうが、後ろと前をつなげやすく、スターリングの負担を減らせるのではないかと思いました。

リヴァプールのピンチは、敵陣に入ったばかりのエリアでボールを獲られ、センターサークル付近にいるMFにつながれるパターンが多く、これもまたトップとセントラルMFの間にスペースができやすいフラットな3-4-3ならでは。中央で自由にドリブルされるのは非常に危険です。何とか勝ち点3で終われたこの苦戦の反省を、次につなげられるのでしょうか。中盤であれだけボールを失っていると、キ・ソンヨン、ダイアー、シェルヴィ、シグルズソンと真ん中が強力なスウォンジーには、確実にやられると思われます。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

更新ご苦労様です。
このゲーム最大の収穫は勝点3を取れた事ですね。あのゲーム内容でよく勝てたと思います。バーンリーの拙攻に助けられました。ガナ戦のような前に行く推進力は見られず、3トップもさる事ながら、最近存在感を出しているマルコヴィッチも機能してませんでしたね。3バックはもうやめた方がいいと思うのです、、、。今回のようなゲームだとスワンズには確実に叩かれます。
  • Macki
  • 2014/12/28(Sun)07:38:21
  • 編集

コメントありがとうございます。

Mackiさん>
3バック前提に選手を集めていないので、今後のテーマは「現有戦力の力をどうやって最大限に引き出せるか」ですね。
  • makoto
  • 2014/12/30(Tue)11:03:39
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ