【Arsenal×Aston Villa】ジルー、エジル…カウンターが決まりまくったアーセナル、5発圧勝!

プレミアリーグ24試合で、わずか11点。ヴァイマン、アグボンラホル、ベンテケ、デルフがいながら、なぜゴールが奪えないのか。ここ2戦をクリーンシートで勝っているアーセナルと敵地で当たる貧攻アストン・ヴィラにとっては、失点しないことが最重要テーマでしたが、彼らがイーブンのまま試合を進められたのは、たったの12分でした。

開始早々からウォルコットがピッチ中央を独走するなど、アレクシス・サンチェスの不在を感じさせないアーセナルの攻撃。7分には左から持ち込んだモンレアルの落としをラムジーがミドルシュート。トップ下のカソルラ、左に入ったエジルが元気で、モンレアルも絡んだ左サイドの崩しは脅威です。12分の先制点は、見事なカウンターでした。自陣で奪ったボールがセンターサークル付近に上がると、エジルが左足アウトのダイレクトで縦に流し、ジルーがひとり旅。ゴール前でもたつきながらも、飛び出してきたGKグザンの逆を突くシュートが右隅に決まり、アウェイチームにとっては最悪の展開です。

反撃を試みるも、縦へのボールが味方につながらないアストン・ヴィラ。つなぐ攻撃より速攻のウエイトが高いガナーズは、25分にカソルラが中央をドリブルで破り、左足シュートが左ポストを叩きます。30分には、カソルラとのコンビで左を攻略したエジルのシュートがゴールに刺さりますが、判定はオフサイド。アストン・ヴィラの最終ラインは裏を狙ってくるパスへの対応が悪く、いつ2点めを奪われてもおかしくありません。34分、右にいたエジルのパスを受けたラムジーが強烈なシュートを放つも、GKグザンがセーブ。ここまで、まったくといっていいほどシュートが打てなかったアストン・ヴィラ唯一のチャンスは、41分に右からのクロスをヴァイマンがヘッドで合わせたシーン。叩きつけられたボールはGKオスピナが倒れ込みながら弾き、同点ゴールはなりません。前半は1-0、完全なるアーセナルペースです。

最近、ポゼッションを相手に譲るゲームが多いアーセナルは、後半に入ると前半以上にアストン・ヴィラにボールを持たせてカウンター狙い。この作戦が実ったのは56分。先制点とは出し手と受け手が逆になった、素晴らしいゴールシーンでした。ベジェリンが自陣で奪ったボールがジルーにつながると、逆サイドを走るエジルに完璧なスルーパスがつながり、GKグザンと1対1。エジルのシュートは、狙い通りの右ポストすれすれに決まり、ヴィラにとっては致命的な2点差です。62分、アーセナルの3点めは、またもカウンター。左からのウォルコットのパスを中央で受けたカソルラがドリブルで持ち込み、左に流れたジルーに出したと思われる優しいラストパスをさらって中央に斬り込んだのはウォルコット。フリーで放った右足の一撃は、グザンの左手の先。3-0となると、ロシツキとアクポムが登場。ジルーとウォルコットはお役御免です。

快足アクポムは、74分にいい仕事をします。スピードを活かして左から縦に抜けた19歳FWのドリブルは、GKグザンにキャッチされるかと思いきや、先に触ったのはアクポム。足を引っかけたグザンはPKを宣告され、カソルラの正面へのシュートはグザンが触りながらも枠の中へ。4-0となっても攻撃を止めない、遊び心たっぷりのアーセナル。右からベジェリンが再三突破し、カソルラとエジル、ロシツキはウォーミングアップのようにパスを回します。とどめは91分、カソルラが流したボールを左ポストに当てて決めた、ベジェリンのプレミアリーグ初ゴール。カウンターが決まりまくったアーセナル、5-0圧勝です。

ボールポゼッションは50%を切ったアーセナル。マンチェスター・シティ戦同様に速攻主体で勝利を飾ったヴェンゲル監督は、プレミアリーグで3戦連続のクリーンシート。この間、得点10と破壊力抜群です。いっそ、このままカウンターのチームにモデルチェンジするのも悪くないのではないでしょうか。チャンピオンズリーグで、スペインの2強やバイエルンに勝つとしたら、今日のような形でしょう。ジルー、カソルラ、エジルがよかったのは言うまでもありませんが、中盤の底で黙々と相手の攻撃の芽を摘むコクランの奮闘を忘れてはいけません。




おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

更新お疲れ様です。

今期の試合のなかで一番ストレスフリーな楽しい試合でした。仰る通りこのままカウンターパスサッカーを続ければCLは本気でいいとこ行く可能性もあるかも…なんて感じました。
ただラムジーのプレーぶりが少し心配です。
  • せお
  • 2015/02/02(Mon)01:12:17
  • 編集

無題

怪我人の復調、5発、クリーンシート、イエローなし、そして怪我人無し。
100点満点でしょう。

アーセナルはいよいよ完成しつつありますね。泣き所のCBはガブリエウ獲得。
守備的MFはコクラン覚醒。ヴェンゲルは99%契約延長と発言。

こうなってはいよいよラストピースはラムジーの復活ですね。
ラムジーが昨年のように、圧倒的な運動量と決定力、絶妙な飛び出しを取り戻せばビッグイアーも取れるチームになると思いました。
  • ガナ吉
  • 2015/02/02(Mon)01:52:19
  • 編集

無題

一週間生きていく活力をもらいました!
ダイレクトパスを綺麗に繋いでいったら、ポゼッションは落ちるものなんですね。見てて気持ちいいです。

完成するの遅過ぎ!けど、ここから2位とかFA杯取るとか、CL4位入るとかして欲しいです!
いやー楽しみなシーズンになってきた
  • グナ
  • 2015/02/02(Mon)09:10:44
  • 編集

無題

更新お疲れ様です。

おっしゃるとおり、アーセナルが狙うべきスタイルは、カウンターでしょうね。
そもそもそれに適した選手がそろっているわけですし、何より、その方が相対的に
弱い守備面をカバーする、という点においても有効です。
ここ数試合で、監督も今の戦い方に手ごたえを感じていると思いますし、この
スタイルで、さらに精度を上げていく方向性でチームを成長させていってほしいです。
  • サッカー小僧!
  • 2015/02/02(Mon)11:00:33
  • 編集

コメントありがとうございます。

せおさん>
無理なスライディングなどもあり、ラムジーは落ち着きを書いてましたね。なかなかいいときの自分に戻らないので、焦っているのかもしれません。

ガナ吉さん>
今日のような戦い方を徹底できれば、CLもいいところまでいけそうですよね。

グナさん>
ボールがよく動いていて気持ちよかったですね。2位は背中が見えている状態ですし、FAカップは大チャンスじゃないでしょうか。

サッカー小僧!さん>
そうなんです。相方がグーナーなので、アーセナルの話をよくするのですが、新戦力もアレクシス・サンチェスやウェルベックなど、カウンター向きの選手が多いんですよね。楽しみですね!
  • makoto
  • 2015/02/02(Mon)12:23:35
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ