【Burnley×Arsenal】1点を守り切ったアーセナル、プレミアリーグ8連勝で首位にプレッシャー!

ダニー・イングスとサム・ヴォークス。昨季のチャンピオンシップで41ゴールを荒稼ぎしたコンビは、アーセナルの最終ラインを崩してプレミアリーグ残留に近づくことができるでしょうか。3月に入ってからマンチェスター・シティ相手にジャイアントキリングを達成し、トッテナムを完封してドローに持ち込んだバーンリーにアーセナルは注意が必要です。エジル、カソルラ、アレクシス・サンチェス、ラムジー、コクラン、ジルー。ベストメンバーが揃ったガナーズが簡単に敗れることはないでしょう。立ち上がりから攻めているのは、やはりアウェイチーム。しかし4分、メルテザッカーをあっさりかわしたサム・ヴォークスがオスピナとの1対1に持ち込みます。GKのぎりぎりのセーブで先制はなりませんでしたが、前線の2人にアーセナルの最終ラインは最後まで苦労させられそうです。

6分にダイレクトパスを4本つないだアーセナルは、アレクシス・サンチェスのフィニッシュがクロスバーの上。すると11分、コクランのインターセプトからさっそくガナーズが先制です。アレクシス・サンチェス、エジル、もう一度アレクシスと3本のシュートをGKとDFにぶつけた後、最後に仕留めたのはアーロン・ラムジー。ゴール右上に突き刺さった気持ちいいシュートに、バーンリーの守備陣は何もできませんでした。

0-1となり、アーセナルに勢いがつくと思いきや、ここからバーンリーが執拗なフォアチェックを仕掛けて再三チャンスをつかみます。21分、トリピアのFKはオスピナが横っ飛びでセーブ。25分にお返しとばかりに放ったカソルラのFKは、カーブがかかり過ぎてポストの脇を抜けていきます。ダニー・イングスが狙うエリアは、メルテザッカーとベジェリンが構えるアーセナルの右サイド。中盤でボールが奪えないアーセナルは、ラストパスを最終ラインで食い止める危険な状況が目立ちます。ビルドアップからサイドの選手にはつながるものの、その次で止められるガナーズと、縦にチャレンジするボールが不正確なバーンリー。ラスト15分はシュートが1本もなく、勝負は後半に持ち越されます。

先にシュートを放ったのは49分のバーンリー、MFバーンズ。後半に入ってもアーセナルの停滞ムードは変わりません。58分、久しぶりのシュートはアレクシス・サンチェスのミドル。60分を過ぎてもバーンリーのプレスに疲れは見られず、ジルーは完全に消えています。63分、ようやく攻めに出たガナーズ。エジルの絶妙な浮き球パスに、右から上がったラムジーはダイレクトで打てなかったのか。68分にベジェリンがベン・ミーに完全に抜かれたシーンは、中のボイドのシュートミスに助けられました。73分、混戦から放ったダニー・イングスのバイシクルはオスピナがキャッチ。残り15分となっても両者交代がない緊張感の高いゲームは、ここにきてバーンリーの足が止まり、アーセナルペースに傾いています。

最少得点差で後ろをいじりにくいヴェンゲル監督、最初のカードは80分にジルーをウェルベック。85分、アレクシス・サンチェスがヘッドでエジルにつないだカウンターは、エジルからのラストパスのタイミングが微妙に合わず、ウェルベックのシュートは決まりません。0-1のスコアは、最後まで動きませんでした。アレクシス・サンチェスをチャンバースに代えて時間を遣ったヴェンゲル監督は、タイムアップの笛にも表情を変えず。確実に勝ち点3を手に入れたアーセナルは、プレミアリーグ8連勝です。

ベジェリンとメルテザッカーの守備にはハラハラさせられましたが、こういう試合を勝ち切れるのが今のガナーズの強さでしょう。来週末はレディングとのFAカップ準決勝を勝って、いい状態でチェルシーとの天王山に歩を進めたいものです。明日のマンチェスターダービーでマンチェスター・ユナイテッドが勝てば、好調アーセナルの3位以上は決まりではないでしょうか。元旦には13勝ち点差あったマン・シティをまさか抜くとは…アーセナル、驚異の追い込みです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

とりあえず勝ってよかった
それにしてもダイチ監督は良い監督だ
モウリーニョよりも守備戦術がモダンで要はシメオネスタイル
横をコンパクトにしてボールサイドにスライド(この時に逆サイドはがら空きでOK)
そしてプレスに行った選手のカバーは絶対に怠らない
バーンリーは来期も是非プレミアで観たい
そう思いましたよ
  • 実はグーナー
  • 2015/04/12(Sun)04:31:41
  • 編集

無題

この試合アーセナルで一番光っていたのはインターセプト数なんと11回の
コクランではなかったでしょうか。

逆にプレミア150試合目を自らの得点でチームを勝利に導いたラムジーは
サイドをやらせると本当に駄目ですね。
攻撃にも守備にも手詰まり感しか感じませんでしたので、後半の早い時間に
ウェルベックに替えていればもっと楽に試合を終わらせたのでは。

この時期残留争いのチームがタフな試合をすることは覚悟の上でしたが
バーンリーの粘り強い組織的な守備は賞賛に値するものだと思いました。
  • ゆうま
  • 2015/04/12(Sun)10:01:26
  • 編集

コメントありがとうございます。

実はグーナーさん>
最終ラインの守り方と前からのプレスはいいバーンリーの問題は、ボールを奪った後。カンビアッソがこちらのチームにいたら、WBAと同じぐらいのポジションにいられたかもしれませんね。

ゆうまさん>
ラムジーはあの一発だけで、守備は危なっかしかったですね。おっしゃるとおり、ウェルベックを入れるなどして、もっと意図的にショートカウンター狙いに徹していれば、1ゴールでは終わらなかったように思いました。
  • makoto
  • 2015/04/12(Sun)15:07:01
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ