いじり過ぎリヴァプール、幸運のマン・シティ…明暗分かれたCL出場権争いは、ついに決着!?

リヴァプール痛恨、マンチェスター・シティ幸運…。最近の水色の停滞を踏まえれば、「プレミアリーグ4位争い」という表現が適切でしょう。3月以降3勝5敗と完全に調子を崩したマンチェスター・シティは、ホームに残留争い真っただ中のアストン・ヴィラを迎えて、この日も冴えない戦い方に終始。アウェイのザ・ホーソンズでWBAを押し込んだリヴァプールは、フィニッシュ以外は勝者の振る舞いでした。しかし、勝ち点3を奪ったのはマンチェスター・シティのほうで、リヴァプールはゴールが奪えず。両者の勝ち点差は6となり、得失点差を考えればペジェグリーニ監督は残り4試合を2勝2敗でOKです。リヴァプールのチャンピオンズリーグ出場権は絶望的。今後は、トッテナム、サウサンプトンとヨーロッパリーグのチケットを賭けた戦いにシフトしなければなりません。

ジェラードスタメン、ジョー・アレンがベンチという布陣は正しかったのか。今までうまくいっていたフォーメーションをいじる必要があったのか。前半のリヴァプールには勝利の予感はありませんでした。リスクをとって勝ちにいくのではなく、とにかく負けないことを最優先したようなWBAのゴール前の守備を崩せず、20分のコウチーニョの右足、27分に放ったジェラードのFK、35分のバロテッリのミドルはすべて同じような弾道を辿り、わずかにクロスバーの上。最前線に慣れたスターリングはチームが無敗を続けていた頃と比べて窮屈そうで、レッズの攻撃には持ち味の縦へのスピードが感じられません。前半は両者枠内シュートゼロ。後半に持ち越された勝負が盛り上がったのは、開始10分の攻防でした。

リヴァプールが勝ち点3にいちばん近づいたのは、スターリングの左からの突破がきっかけとなった55分の波状攻撃。グラウンダーを受けて巧みに振り向いたバロテッリ、リバウンドをペナルティエリアの入り口から狙ったコウチーニョ、GKマイヒルが弾いたボールを左足で打ったヘンダーソンは、いずれも決められませんでした。ピンチをしのいだWBAは、直後にブラントが左サイドからロングクロス。グレン・ジョンソンのブロックをかいくぐって足を出したガードナーの一撃がポストすれすれを襲います。62分、バロテッリとのワンツーで左からペナルティエリアに入ったジョーダン・アイブの左足シュートはバーを直撃。周りが見えているときのバロテッリは、確かな技術をシンプルに使って危険なシーンを創出します。64分にWBAが見せたアタックは、今度は右のベラヒーノから。シュクルテルがクロスの対応を誤り、モリソンのヘッドがGKミニョレの指先をかすめてゴールに向かいますが、ぎりぎりでデヤン・ロブレンがクリアし、レッズは難を逃れます。

75分のバロテッリの交代は、適切だったのでしょうか。ボリーニを投入するなら、ジェラードを下げてエムレ・ジャンに中盤をまかせるか、グレン・ジョンソンに代えて後ろを軽くするなどの形がよかったのではないかと思いました。80分、コウチーニョのミドルが他のシュート同様にクロスバーの上に消えると、背番号10は焦って出した強引なパスをカットされる姿ばかりが目立つようになります。88分にはシュクルテルがマクマナマンに簡単に抜かれてミニョレが足でセーブするという敗戦寸前のピンチもあったものの、結局0-0。74%と圧倒的なポゼッションを記録し、相手の倍以上の22本を打ち込みながら、フィニッシュが決まらず。FAカップのアストン・ヴィラ戦を引きずったようなゲームで、レッズは勝ち点を失ってしまいました。

一方のマンチェスター・シティVSアストン・ヴィラは、ホームチームが降格候補の攻撃に手を焼き、ゴールシーンを隠して見せたらほとんどの人がヴィラの勝利と思ったであろう負け試合の流れ。しかし、アストン・ヴィラは昨季プレミアリーグ王者相手に余計なゴールを献上し、自滅してしまいました。前半3分、GKグザンが信じられないキックミスをしてしまい、拾ったアグエロにプレゼントゴールを許したのがアストン・ヴィラのケチのつき始め。66分の2点めはコラロフのFKにバクナが壁に穴を空けてしまい、最後の3点めはCKから。ミスとセットプレーだけで3点を失い、2ゴールを奪ったゲームを勝ち点3にできませんでした。

マンチェスター・シティの守備は組織も連動性も弱く、中に入ったボールに持ち場を離れた選手が過剰に集まってしまう無法状態。ロングボールの競り合いをほとんど制していたベンテケのヘッドの落としが味方につながっていれば、アストン・ヴィラがもう2~3点奪っていてもおかしくない試合でした。26分、フラールのミドルのこぼれ球がベンテケの前に流れ、1対1をジョー・ハートがビッグセーブで抑えたシーンは、中央の狭いエリアにマン・シティ守備陣が7人いて、左右にヴィラの選手が3~4人、フリーの状態となっていました。2-0となった直後、クレヴァリーが決めたミドルもマン・シティの選手は中央に集まっていただけで、足元に入る動きもコースを切るポジショニングもなし。85分にカルロス・サンチェスが同点にしたシーンも、GKジョー・ハートが味方と競らなければ、イージーなボレーを打たれることもなかったでしょう。

87分、映像では最終ラインと並んでいたベンテケがオフサイドを取られなければ、決勝PKとジョー・ハート退場のダブルとなっていた可能性が高く、ここが勝負の分かれ目となりました。その1分後、同点ゴールの主役・サンチェスが、今度はボールウォッチャーとなってしまい、フェルナンジーニョの決勝ゴールにエティハドが湧きます。もったいない、アストン・ヴィラ!運動量が少なく、攻守ともにいいところがなかったマンチェスター・シティにとっては、大きな大きな勝ち点3でした。

かなり重症にみえるマン・シティですが、トッテナム、スウォンジー、QPR、セインツに1勝1分け2敗以下という落ち方はさすがにないでしょう。いいチーム、いいサッカーが必ず勝つわけではないのがサッカーのおもしろさでもあるとはいえ、レッズとマン・シティの結果は逆のほうが納得感がありました。それにしてもロジャース監督、ジェラードは…。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

更新ご苦労様です。
レッズはFA Cupの失望から立ち直ってWBA戦の快勝を期待してましたが、このゲームも失望しました。ジェラードの起用はどうだったんでしょうか、、、このゲームも采配に疑問が残ります。良かったのはロブレンとコウチーニョでしょうか。
ゲームを観ていて思いましたが、今のレッズはヨーロッパで戦えるレベルにないですね。若いチームですから期待してますが、次節のハル戦もドローで終わるようであれば、いろいろ考えてしまいます、、、。
  • Macki
  • 2015/04/26(Sun)14:00:21
  • 編集

コメントありがとうございます。

コウチーニョは、最後は焦りがにじみ出てましたが、気持ちが伝わってくるプレイでしたね。ジェラードが入ると、どうもうまくいきませんね。負けなかった頃のメンバーで戦うのがいいのではないかと思いました。
  • makoto
  • 2015/04/27(Mon)10:29:28
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ