【Everton×MAN.UTD】痛かったキャリックの不在。工夫なきマン・ユナイテッド、必然の敗戦!

コールマン、レイトン・ベインズの両SBが強烈な攻め上がりを見せ、スピーディーにパスがまわる心地いいサッカーで、昨季プレミアリーグでは5位に食い込んだエヴァートン。ルカクが完全移籍でチームの一員となり、主力のほとんどが残留した今季はさらなるジャンプアップが期待されておりましたが、ヨーロッパリーグとプレミアリーグの兼ね合いに苦しみ中位に低迷。トップクラブから声がかかるのではないかと名将扱いされていたロベルト・マルティネスは、すっかり影が薄くなっていました。ところが、エヴァートンは最終盤にきて以前のサッカーを取り戻し、プレミアリーグ直近5試合を4勝1分けと完全復調。昨日のマンチェスター・ユナイテッドは、完全に叩きのめされました。それにしても、3-0はやられ過ぎです。ショッキングな敗戦でした。敗因は、「キャリックの不在と脆弱な最終ライン」ということになるでしょう。

開始5分のカウンターは、これぞエヴァートンという直線的で美しい攻撃でした。マタのクロスのクリアを拾ったマッカーシーは、ギアを一気にトップに上げてドリブルで持ち上がり、右に展開。折り返しのボールはDFに当たるものの、こぼれ球を持ち込んだマッカーシーは、ブリントとマクネアを簡単に抜き去り左のサイドネットに先制点を突き刺しました。体を当ててコースを切らなければならなかったブリントは、足を出すことすらせず、必要のないノーファールのゼスチャー。マクネアも形ばかり足を振るにとどまり、マンチェスター・ユナイテッドの守備陣は無力でした。エヴァートン1-0の7分、この試合最大のターニングポイントは、フェライニのシュートミスでしょう。敵陣でジョン・ストーンズからボールを奪った元エヴァートンMFの前にはGKハワードだけ。枠内に収めさえすれば絶対に入ったチャンスボールをフェライニは打ち上げ、貴重な同点機を逸します。

ここからのマンチェスター・ユナイテッドは、この日も欠場したキャリックの偉大さを証明し続けただけでした。今まで相手チームを苦しめてきたフェライニのヘッドにロングボールを合わせる攻撃は、前節のチェルシー戦同様に完全に読まれ、ジャギエルカとストーンズが対応。散らすボールしか出せないブリントは、ルーニーやサイドの選手を動かすことができず、ボールは持っているもののサイドからの単純なクロス以外にフィニッシュにつなげる手段がない時間が続きます。

それでも、19分にマタのFKに合わせたスモーリングのヘッドが決まっていれば、ペースを引き寄せることができたでしょう。このシュートがハワードの正面にいってしまうと、残念ながらセットプレーでも相手が1枚上であることを見せつけられます。35分、ニアに走り込んでCKの角度を変えたのはストーンズ。マーカーだったバレンシアは振り切られ、中途半端なポジションにいたフェライニも無力でした。2-0、完全に劣勢となったファン・ハール監督は、後半頭からフェライニを諦め、ファルカオ投入です。私は、これは機能しないだろうと思いました。DFラインの裏に入ってボールを呼び込もうとするファルカオこそ、キャリックのタイミングのいい縦パスが必要な選手です。

46分、ゴール前でこぼれ球を拾ったフリーのルーニーが振り向きざまのシュートを狙うと、GKハワードが足元に飛び込むビッグセーブでこれを阻止。後半もゴール前で決定機が創れない状況に、完全に追い込まれたファン・ハール監督は、63分にマタをディ・マリアに代えますが、こちらも機能しません。キャリックなきマンチェスター・ユナイテッドは、フェライニを抑えられたときのオプションが弱いのです。ルーク・ショーとアシュリー・ヤング、エレーラとバレンシアの連携で、サイドを完全に崩して精度の高いグラウンダーを入れるよりほかに手立てはなかったでしょう。いや、もうひとつだけ、ありました。もしかしたら、後半頭から入れるべきは、もうひとりの「ファ」、遠めからの強烈なシュートで世界を変えられるファン・ペルシだったかもしれません。

ベルギー人が機能しなかったマンチェスター・ユナイテッドは、74分、ベルギー人にとどめを刺されます。エヴァートン、カウンター。最前線のルカクの落としを受けたロス・バークリーは、ペナルティエリア左に浮き球をフィード。中にいたルカクがオフサイドだったために、マン・ユナイテッド守備陣は足を止めてしまいますが、左のミララスはオフサイドではありません。プロフェッショナルにあるまじきセルフジャッジでサイドアタッカーのひとり旅を許したマンチェスター・ユナイテッドは、3点めという熱すぎるお灸を据えられます。かくして3-0、しかもルーニーの負傷というおまけまでつけられて、マンチェスター・ユナイテッドは連敗。たった2週間でライバルのマン・シティに勝ち点5差をひっくり返され、プレミアリーグ4位に転落しました。

ダービーに完勝するなど、ずいぶんよくなっていたマンチェスター・ユナイテッドですが、今季の限界を象徴するような一戦でした。キャリックがいれば連勝、欠ければ連敗。わかりやすい。今のこのチームは、大事なポジションで主力がひとりでも欠ければクオリティが落ちてしまうのです。最終盤に痛いケガ人続出、そして痛い敗戦だったのは確かですが、残り4試合を落ち着いて戦えば、チャンピオンズリーグのグループリーグにストレートインできる3位は充分狙えます。まずは土曜日のWBA戦を勝ち切って、悪いムードを一掃すること。その翌日、トッテナムががんばってくれれば、いま一度マン・シティを引っくり返すことができます。キャリックの早い復帰とルーニーの軽傷を祈りつつ、プレミアリーグ3位フィニッシュを期待しましょう。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

今のマン・ユナイテッドはレジスタの役割をできるのがキャリックとルーニーしかいませんからね…。
ドルトムントからギュンドアンを獲ろうとしているのも、そこの脆弱さを自覚しているからかなぁと思っています。
技術・運動量・守備意識・視野の広さと四拍子揃ったギュンドアンは、世界屈指のレジスタです。腰の調子が問題なければ、的確な補強だと思いますね。
  • 爪楊枝
  • 2015/04/28(Tue)06:50:22
  • 編集

コメントありがとうございます。

爪楊枝さん>
私もそう思います。キャリックもいい歳ですので、ぜひ補強していただきたいものです。
  • makoto
  • 2015/04/28(Tue)19:25:36
  • 編集

無題

スコアも内容もひどかったですね。見るに堪えない試合でした。何よりも、選手の気持ちが伝わってこない! そこが一番残念でした。
  • a
  • 2015/04/28(Tue)23:05:50
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ