シンガポールでプレミアリーグ観戦記 (1)エヴァートンVSストーク、アーセナルVSシンガポール

グーナーである本ブログ特派員が世界を駆け巡る「プレミアリーグ現地観戦記」、今回はシンガポールで開催されている「バークレイズアジアトロフィー」のご紹介です。プレミアリーグから3チームが参加している本大会。2015年7月15日に行われたエヴァートンVSストーク、アーセナルVSシンガポールセレクトイレブンのマッチレポートです。さっそくどうぞ!

プレミアリーグのシーズンオフには、多くのクラブが世界のさまざまな地域に出かけて、プロモーション活動を兼ねたイベントゲームを行っています。最近の行き先では、国を挙げてサッカー振興に取り組んでいる(らしい)アメリカ合衆国がメジャーになりつつありますが、アジアにも毎年どこかしらのクラブが訪れ、「アジアツアー」などの名称で試合を開催しています。日本にいると、イギリスまでプレミアリーグの試合を観に行くのは時間的にも経済的にもなかなかハードですが、アジアなら現地観戦もかなり身近に。もちろん日本に来てくれれば理想的なのですが、新規市場開拓の意味も大きいオフシーズンのツアーでは、すでに一定の市場が成立している日本は後回しになりがちなのが現実。逆にアジア方面への旅行を兼ねて行ってみるというのも楽しいものです。

 各チームが個別にアジアで開催する試合もありますが、今回ご紹介する「バークレイズアジアトロフィー」は、プレミアリーグの3チームと地元の1チームが参加するトーナメント形式。以前は「FAプレミアリーグアジアカップ」と呼ばれていた大会で、2003年から2年おきにアジア各地で開催されています。参加クラブはまちまちですが、複数のチームの試合を観たい場合には魅力的。2015年は7月15日(水)、18日(土)にシンガポールのSingapore Sports Hub(旧National Stadium)で開催されています。今回、この大会にアーセナルが参戦するということで観戦に行ってまいりました。

  15日と18日に2試合ずつ行われる今大会。15日の試合は、エヴァートン対ストーク(18時キックオフ)と、アーセナル対シンガポールセレクトイレブン(20時30分キックオフ)という組み合わせ。18日には勝者同士、敗者同士が対戦をして順位を決めるという形式になっています。というわけで、15日はエヴァートン対ストークから観戦です。

エヴァートンのスタメンは、ハワード、ヒバート、ギャロウェイ、ジャギエルカ、ブラウニング、バリー、マッカーシー、ピーナール、バークリー、ミララス、ルカクと、19歳のギャロウェイ君と21歳のブラウニング君以外は割と本気なスタメンといった印象。イベント試合ではどうしても主力選手が温存されがちですが、これはエヴァートンに詳しくない者にとっても見応えのあるスタメンといえるでしょう。

対するストークは、ハウゴーア、バーズリー、キャメロン、ムニエサ、ティシェイラ、シドウェル、シェントン、オデムウィンギ、アイルランド、アルナウトビッチ、ホセル。今季獲得した新戦力のGKハウゴーアとFWのホセルを使ってきたほか、筆者が名前を知らない若手もちらほら。シェントン君は17歳で、昨年、お母さんを亡くした直後のマンチェスターシティ戦で起用され、ランパードにユニフォームをもらったとしてちょっと話題になっていた選手のようです。こうした起用は、チームに詳しくないと楽しみにくいところもあるのですが、ファンにとっては逆に、シーズン中に見る機会の少ない選手の品定めをする楽しみがあるともいえます。

こんな布陣のせいもあってか、どちらかというとエヴァートンが有利に試合を進めるものの、なかなか点の入らない展開。前半終了間際にルカクのシュートがゴールを割ったのもオフサイド判定。あんまりゴールが待ち遠しかったのか、スタジアムのビジョンにはでかでかと「GOAL!!!」の映像が流れ、線審がビジョンを見上げるシーン(写真)もありました。

かといって、退屈な試合かというとそういうわけでもなく、後半開始と同時に投入されたエヴァートンのネイスミスがいきなりシュート、キーパーがかろうじて指先ではじくエキサイティングなシーンも。このあともエヴァートンはオズマン、クレヴァリー、デウロフェウといった主力&新規獲得選手を次々と投入して、サポーターは大喜びです。

とくにデウロフェウがピッチインした際の歓声はひときわ。プレミアリーグ2013-14シーズンにローンで在籍した際の彼の輝きを、ファンはよく覚えているのでしょう。ストークの方も、後半から入ったアダムがゲームを組み立てる形で、意外と(失礼)パスをつないでゴールに迫るシーンもありました。61分には新加入のファン・ヒンケルとクラウチも投入し、最終的には双方かなり見応えのあるメンバーに。しかし結局はスコアレスドローからのPK戦で、ファン・ヒンケルのキックをハワードが止めてエヴァートンが勝ち抜けとなりました。

この試合で輝いて見えたのは、とにかくデウロフェウ。2013-14シーズンのエミレーツでのアーセナル対エヴァートンで、後半投入されてあっという間に得点し、試合を引き分けに持ち込んだこの若造君のことを筆者はたいそう危険視しているのですが、案の定この試合でも、一人ドリブルでエリア内に切り込んだり、ゴール前で図太くロビングのシュートを試みたりとものすごいポテンシャルを見せつけていました。プレミアリーグが開幕したら、彼には大いに注目したいところです。

なおこのデウロフェウ、第1試合が終わって第2試合の選手がウォームアップのためにピッチに入る際、アーセナルのベジェリン、トラルとかなり長いこと話し込んでいました。スペイン×若手(そして×バルサ?)のコネクションですね。

さて、第2試合には筆者の本命、アーセナルが登場。入場時にエミレーツと同じ“London Calling”を流すなどスタジアムも気が利いています。選手たちが着用するのは、前日、華々しいイベントで発表されたばかりのゴールドカラーのアウェイシャツ。ピッチの上で見ると思ったより渋めなトーンで、なかなかクールなデザインです。スタメンは、マルティネス、ドビュシー、メルテザッカー、ガブリエル、モンレアル、コクラン、フラミニ、ウィルシャー、チェンバレン、Iwobi、アクポム。ディフェンスラインとフラミニを除くとかなり若い布陣でスタートしました。

Iwobi君の読み方は、イオビ?アイオビ?詳しい人の話によると、とにかく得点力のあるウインガーといったタイプで、下のカテゴリーでは大活躍していたとか。慌てて調べてみたら、あのJ.J.オコチャの甥だそう!なかなかのイケメンでもあり、これは観るのが楽しみな選手が出てきました。(プレミアリーグメインということで、シンガポールイレブンのスタメンは省略させていただきます)

この日非常に張り切っていたように見えたのはチェンバレン。一人で長い距離をドリブルで持ち上がったり、遠めから鋭いシュートを打ってみたり。まあもともとスピードもスタミナもあり能力の高い選手なので、意外というわけでもないのですが、昨シーズンの出場機会が少なかっただけに、うまく波に乗ってほしいものです。そして、ウィルシャーも何だか堂々とゲームを仕切っている感じで、どうやら周りが若いとイキイキする(イングランド代表で若手メインだと突然輝き出すという噂)というのは本当なのかも?

トップチームにいながら実は21歳(チェンバレン)と23歳(ウィルシャー)という若いお兄さんたちに支えられバリバリ点を取って見せたのは19歳のアクポム君。2年前の日本ツアーでも出場していただけに、まだ19か!と驚くのですが、最終的にPK含めてハットトリックの活躍に、スタンドからは“He scores when he wants♪ Chuba Acpom, He scores when he wants♪”という、以前はファン・ペルシーなどに歌われていたチャントを歌う人まで現れました。

とくに素晴らしかったのは、試合後半、途中交代でゼラレム(18歳)、クローリー(17歳)、トラル(20歳)の3人が入った後。ゼラレムが右サイドで粘り強くキープしたボールを、ひと足先にトップで活躍中のベジェリン(20歳)が受けて見事な切り返しからゴール前に上げ、アクポムが見事なヘッドで決めたという1点。平均年齢19歳の、まさに未来しか感じない素晴らしいゴールでした。

そんなこんなで後半は、前の方で「うえーい!」ムードの少年たちを、後ろで兄さんたちが大人っぽくまとめる展開。ときどきシンガポールイレブンのサイドチェンジを伴う長いボールにやられ気味なのは若干気になりましたが、まあその辺は「アーセナルあるある」だし。実力的に余裕を持って臨める相手だったとはいえ、今後に期待の持てる試合だったのではないかと思います。

ちなみに試合が終わりに近づいたころ、大型ビジョンにベンチのチェフがアップで映されて、スタンドからも催促するような歓声が上がりましたが、この試合では彼の出番はなし。18日にはきっと登場してくれることを、筆者も楽しみにしています。

以上でございます。プレシーズンマッチが始まると、もうすぐプレミアリーグも開幕だなという気分になります。この現地レポートは、アーセナルVSエヴァートンの決勝戦、公開練習レポートなどなど、まだまだ続きます。次回配信は週明けの予定です。ご期待ください。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

ベジェリンとデウロフェウは、確かどちらもバルサのカンテラーノだったとだったと思います!

続報楽しみにしときます!
  • ちくちく
  • 2015/07/18(Sat)19:51:38
  • 編集

コメントありがとうございます。

ちくちくさん>
ありがとうございます。現地レポ―トの次回は明日か火曜日朝UPです。
  • makoto
  • 2015/07/19(Sun)17:46:40
  • 編集

コメントありがとうございます。

ちくちくさん>
ありがとうございます。現地レポ―トの次回は明日か火曜日朝UPです。
  • makoto
  • 2015/07/19(Sun)22:11:05
  • 編集

無題

羨ましい
観に行きたいなー
  • 実はグーナー
  • 2015/07/20(Mon)16:51:55
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ