【Chelsea×Swansea】クルトワ退場が響いたチェルシー、スウォンジーに押されてドロー発進!

モウリーニョ監督、ベストメンバーじゃないですか!負傷欠場という噂もあったジエゴ・コスタがスタメンにちゃっかり座っており、中盤も後ろも昨季と同じメンバーでのプレミアリーグ開幕です。問題は、コンディション。プレシーズンマッチ、アーセナルとのコミュニティシールドとも運動量が不足しており、攻撃にやや迫力を欠いておりましたが、チェルシーはスウォンジーの守備陣を崩しきることができるでしょうか。

開始早々から、横浜ゴムのユニフォームがGKファビアンスキのゴール前に殺到。スタンフォードブリッジは、素晴らしい雰囲気です。しかし最初の決定機はスウォンジー。6分のCKでニアに走ったバフェティンビ・ゴミスのヘディングシュートは、惜しくも右ポストの脇を外れていきます。14分にもバフェティンビ・ゴミスはシェルヴィの縦パスからゴール前に抜け出し、切り返しでフリーになるチャンスを迎えますが、戻ったテリーが体を張ってブロック。こぼれ球はケーヒルが落ち着いてクリアし、アウェイチームの先制はなりません。動きはいいのにフィニッシュが甘いゴミスといい、パスワークはいいのにイエローをもらってしまうシェルヴィといい、久しぶりにスウォンジーを観たな、という手ごたえを感じます。20分を過ぎてもチェルシーにこれといったチャンスはなく、白いユニフォームの善戦が続きます。

しかし23分、チェルシーがワンチャンスを活かします。左の角度のないところから直接狙ったオスカルのFKは、前に走り込んできたイヴァノヴィッチが気になったのか、ファビアンスキが逆にステップしてしまい、そのままゴールイン!これでプレミアリーグ王者が波に乗るかと思いきや、29分にスワンズが追いつきます。右からのクロスにゴミスがドンピシャのヘッド。これをクルトワがビッグセーブでしのぐと、すぐ前にいたアイエゥの2発めはテリーとケーヒルが必死のブロック。2度防いだにも関わらず、もう1回、こぼれ球がアイエゥの足元に転がってはプレミアリーグ屈指のGKも最強CBコンビもなす術はありません。新戦力の左足の一撃が右隅に決まり、試合は振り出しに戻ります。

どちらが勝ち越すか…と身を乗り出してからわずか30秒。30分のチェルシーの2点めは、ウィリアンのクロスがSBフェルナンデスに当たってGKの頭を超えるという幸運なゴールでした。2-1となるとモンテーロが左サイドから仕掛け始め、スワンズは必死に反撃を試みます。しかし前半は、このまま2-1。41分にキ・ソンヨンをケガで失ったスウォンジーは、厳しい戦いを強いられそうです。

ところが、後半開始からしばらくはスウォンジーの攻勢。CKからバフェティンビ・ゴミス、フェルナンデスが次々とシュートを放つものの、チェルシー守備陣がコースを消し、ボールはクルトワに届きません。すると51分に事件が起こります。シェルヴィのロングパスに完全に抜け出したバフェティンビ・ゴミスの脛をクルトワが蹴ってしまい、レッドカード&PK!前半にはキ・ソンヨンの決定的なミドルを止めるなど、さすがのセービングを披露していたGKの退場は、チェルシーにとっては同点ゴール以上に激痛でしょう。オスカルに代わって入ったベコヴィッチはゴミスのPKを止められず、2-2。10人になってしまったプレミアリーグ王者は、初戦からいきなり大ピンチです。

スウォンジーは、モンテーロが元気なうちに3点めを獲りにいきたいところでした。71分に絶好調だった左MFは足をつってルートリッジと代わってしまい、ゲームは同点のまま進みます。モウリーニョ監督は、76分に調子が悪かったセスクをズマ。ガリー・モンク監督は残り10分でゴミスに代えて、プラガから獲得したエデルを起用。さらに84分、チェルシーの指揮官がついにファルカオ投入。数的に優位なチームも本拠地で戦うチームも勝ち点3を諦めていません。しかし、両チーム期待のストライカーは、何もできないままタイムアップの笛を聞くこととなりました。

チェルシーにとっては「やむなしの勝ち点1」、スウォンジーからすれば「もったいない勝ち点1」だったのではないでしょうか。昨季プレミアリーグでは前半戦の強さを象徴したジエゴ・コスタとセスクが本調子とはほど遠く、今季初戦はブレーキとなってしまった感があります。クルトワの退場以降はアザールの一発に賭けるしかなく、セットプレーと幸運なゴール以外の枠内シュートが1本では、勝利は難しかったと思います。一方、シュートを18本放ったスワンズは、2-2とした後のチャンスを活かせなかったのが悔やまれます。シェルヴィが素晴らしいパスを出し続けていたものの、フィニッシュに精度を欠き、モンテーロが下がってからはこちらもゴールの予感はありませんでした。

ドロースタートとなってしまったモウリーニョ監督の次戦は、マンチェスター・シティ。このゲームは、先発ファルカオとしたほうがゴールの可能性を上げられるのではないかと思います。いきなりの大一番のスタメンは、どんな顔ぶれになるのでしょうか。アウェイとはいえ、ディフェンディングチャンピオンがプレミアリーグ開幕からの2試合を勝利なしで終えるわけにはいきません。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

痛い。。

仕事で疲れてマンUしか開幕戦は見れなかったんですがチェルシーさえ買ってれば60万の勝利のマルチを組んでいました。。。
昨季も開幕戦マンUに賭けてスウォンジーにやられたのを思い出しました。
チェルシー開幕二試合勝ちなしありそうで怖いんで次節は賭けはスルーですね。笑
切り替えてアーセナルニューカッスルストーク応援したいと思います。


  • nao
  • 2015/08/09(Sun)05:02:42
  • 編集

コメントありがとうございます。

naoさん>
アーセナルVSウェストハムはぜひ観たいのですが、ニューカッスルVSセインツもおもしろそうです。時間とデバイスの使い方に頭を悩ませます。
  • makoto
  • 2015/08/09(Sun)19:37:27
  • 編集

無題

クルトワ退場のシーンは、ウィリアンがライン下げてしまってましたね(^_^;)
コスタもドリブルで相手を抜くどころか、ロストしてアピールが多いかな、、
自分も次節ファルカオ有りだと思います!
イバノビッチもモンテーロにコテンパンにやられてましたし、負けなかったのは良かったですが、
やっぱり運良く決まったゴールがあっただけに勝てなかったのが残念ですね。

ベゴビッチは良かったとはいえ、次節のアウェーのシティ戦クルトワが出れないのは少々辛いです。
  • モウ
  • 2015/08/11(Tue)17:34:30
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ