【Everton×Chelsea】途中出場のネイスミスがハットトリック!チェルシーは必然の連敗!

モウリーニョ監督が、メンバーをいじってきました。ヒザの負傷・手術による長期離脱が報道されたクルトワをベゴヴィッチは既定路線ですが、CBはコンディション優先なのか、テリーとズマ。ガリー・ケーヒルの名前はベンチにあります。セントラルMFにミケルを起用したのは、守備的に戦いつつセスクのパスセンスを前で使いたいという意図でしょうか。動きがいいペドロはともかく、プレミアリーグ開幕から「らしい」ところを見せていないアザール、ジエゴ・コスタのパフォーマンスが戻らなければ、最近5戦で2勝3敗と負け越しているグディソン・パークのエヴァートン戦を勝ちきるのは難しいでしょう。前節のプレミアリーグでスタメンだったクレヴァリーをケガで失ったロベルト・マルティネス監督は、中盤にベシッチを起用しました。ベンチにはアーロン・レノン、ミララス、ネイスミス、デウロフェウという豪華なアタッカーが控えています。先制してもされても、チェルシーにとっては息の抜けないゲームとなるでしょう。

開始からしばらくは、イヴァノヴィッチの攻め上がりからチェルシーの時間です。エヴァートンは、レギュラーを狙うチャンスだったベシッチが足を痛めて9分に無念のリタイア。ネイスミスに後を譲ります。17分、そのネイスミスがさっそく大きな仕事をやってのけます。中央で受けたスコットランド代表FWが左のガロウェイにシンプルにはたくと、ガロウェイのクロスは走り込んだネイスミスの頭にぴったり。3人いたチェルシーのDFは誰もネイスミスをケアできませんでした。先制したホームチームは勢いに乗り、19分には右SBコールマンのクロスに中央に流れたコネがヘディングシュート。これはベゴヴィッチがビッグセーブでしのいだものの、チェルシー守備陣はまたも捕まえきれていませんでした。22分、ルカク、ロス・バークリーとつながったボールがネイスミスにつながると、左足のミドルがベゴヴィッチの左を破って2点め。昨季プレミアリーグ王者に、堅守だった数ヵ月前の面影はありません。

26分、チェルシーの左サイドが初めて空き、アスピリクエタが持ち込んでシュートを放つもののジョン・ストーンズが的確にブロック。エヴァートンの守備は、21歳のイングランド代表CBの読みが効いており、サポーターが歌うとおり70億円積んだチェルシーでもお金で買えない選手であることを証明しています。セスクのパスが味方の足元にしかいかないところに、2点のビハインドを背負ったチェルシーの不調が窺えます。打開策が見えなかったアウェイチームでしたが、しかし36分にひと筋の光が差しました。マティッチの強烈なロングシュートに名手ハワードも届かず、2-1。この一撃は、アザールが消えている攻撃陣が活性化するきっかけになるでしょうか。37分に左からの浮き球を叩いたテリーのヘッドはゴールの上。チェルシーは、苦手のグディソンパークで1点を追いかける展開のままハーフタイムを迎えます。

後半、ポゼッションはチェルシーですが、チャンスの数はイーブン。58分にルカクが縦に抜け出したシーンは、正直なシュートをベゴヴィッチに止められたものの、エヴァートンのカウンターは悪くありません。開始10分でブラジルから来たケネディを投入したモウリーニョ監督は、意図通りの結果が得られません。ジエゴ・コスタにいいときのスピードがないためシュートに至らず、ラストパスはストーンズとジャギエルカに簡単にクリアされます。70分、チェルシーはペドロをファルカオ。ロベルト・マルティネス監督は、コネに代えてアーロン・レノン、足に違和感を訴えたコールマンを新戦力のフネス・モリ。膠着したゲームのスコアは、残り10分になっても動きません。

勝負が決まったのは83分でした。フネス・モリの投入で右サイドに出たストーンズが組み立て、中のロス・バークリーにつなぐと、背番号20が最終ラインの裏に走ったネイスミスにスルーパス。飛び出してコースを切りにいったベゴヴィッチの股を抜いた一撃は、ここしかないというタイミングとコースでした。3-1、エヴァートン。ルカクはそれなりに抑えたものの、2列めの侵入に対応できなかったチェルシーは、昨季プレミアリーグ38試合と同じ3敗めをたった5試合で記録することになりました。

ズマを起因とする最終ラインの穴、セスク、アザール、ジエゴ・コスタのコンディションの悪さ、攻撃の戦術の不足。不振要因が複数にまたがっているように感じられるチェルシーの復活までには、もうしばらく時間がかかることと思われます。1点めはズマのポジショニングミス、ネイスミスのミドルに両手を後ろに畳んで背を向けた2点めのイヴァノヴィッチの守備に、何としても止めるという気概は感じられませんでした。次節のプレミアリーグは本拠地スタンフォード・ブリッジではあるものの、コミュニティシールドで敗れたアーセナルとの対決です。今のこのチームに、ジルーやアレクシス・サンチェスを完封できる雰囲気は感じられません。昨季王者のモウリーニョ監督に、3年めの試練が続きます。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

更新お疲れ様です
エバートンは早くて面白いサッカーでしたね
チェルシーは点取られたこともあって
攻め急いでいるように見えました
チェルシーが既にこんなに負けるなんて想像できません
それにしてもネイスミスはお見事でした
  • シティさぽ
  • 2015/09/12(Sat)23:00:21
  • 編集

無題

厳しくなるのは解ってましたがここまでやられるとは・・・・。確かにズマのポジショニングの悪さは相変わらずですし、イバノビッチは失点場面以外も寄せが甘い場面が目立ちます。ここまで来たらもっと色々試しても良いと思います。このまま同じスタメンを使い続けても良くはなら無いでしょう。ミッドウィークにはオスカルとラミレスも戻って来そうなのでCLで何かしらのきっかけを掴んで貰いたいです。一昨年のユナイテッドサポの方々もこんな気持ちだったのでしょうか?中々出口が見え無いと憂鬱です。

コメントありがとうございます。

シティさぽさん>
チェルシーは、全体的に動きが悪いのが気になりました。ネイスミス、しぶいです。

ペドロさん>
CL勝利を良薬にできるといいですね。アスピリクエタとババの両サイド、ロイク・レミー先発などはやってみたほうがいいのではないかと思いました。一昨年のマンチェスター・ユナイテッドサポーターは、今のチェルシーファンのみなさんよりもっと憂鬱だったかもしれません。モイーズ監督になってからの間延びした中盤に、改善の予感はまったくなかったので。
  • makoto
  • 2015/09/13(Sun)05:15:22
  • 編集

無題

ネイスミスには昨シーズンにも決められてましたし、ベシッチに替わって入ってきたときは嫌な予感しかしませんでした。
記事にも書いてくださってますが、DFラインの気概が殆ど感じられないので修正していけるのか本当に不安です。
ブラナの失点関与率は異常です。コスタもまだまだ調子は上がりそうにないですし、ババやレミーにチャンスを与えるほうが良くなる気がするのですが、にわかの私よりモウリーニョはいろいろ考えてくれているはずだと信じてみることにします。

次節はチェフと再会ですね。全く勝利のイメージができませんが(笑)

CLも始まりますし、不安要素が多すぎます。
4位以内が厳しくなっていると感じると無性に辛いです。
  • chelさぽ
  • 2015/09/13(Sun)06:17:49
  • 編集

無題

モウリーニョは本当にメンバーを変えませんね
いつまでジエゴ・コスタとアザールを使ってるんだという
レミーは早く出た方が幸せでしょうね
  • シティズン
  • 2015/09/13(Sun)08:04:27
  • 編集

コメントありがとうございます。

chelさぽさん>
気持ちの問題が大きそうですね。自信たっぷりのジョー・ハートやCBの必死の戻りなどマンチェスター・シティの守備を見ていると、「あと1歩が出ない」「ボールにつられてしまう」といったチェルシーの覇気のなさ、余裕のなさがよけいに気になります。

シティズンさん>
アーセナルやマン・シティに比べて、フォーメーションの工夫も含めて明らかにオプションが少ないですよね。トップはロイク・レミーを出すぐらいしかなく、アザールは代えづらいのだと思います。
  • makoto
  • 2015/09/14(Mon)19:40:18
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ