【MAN.CITY×New Castle】たった20分で世界は激変!アグエロの5発でマン・シティ圧勝!

よくも悪くもマンチェスター・シティ。 心臓が凍るようなオフサイドの取り損ねもあり、ミトロヴィッチに先制されて0-1にされた前半は、取りこぼしを心配しなければならない展開でしたが、前半のうちに追いついたことでムードは変わり、その後は「さすがのマン・シティ」でした。プレミアリーグ7節めまででわずか1ゴール、DFとの駆け引きや裏に飛び出す動きはいいのになぜかシュートをGKに当て続けたセルヒオ・アグエロが脅威の5ゴール!20分で5発は、プレミアリーグ最速のレコードだそうです。今季未勝利で、ライバルのサンダーランドと順位表のいちばん下でワンツーとなり、「タインウェアブービー」状態だったニューカッスルは、6-1という厳しいスコアで最下位に転落し、熱きアウェイサポーターの足取りを重くしただけに留まりました。

8分にデブライネのFKをクルルが弾き、ダヴィド・シルヴァとフェルナンドがゴール前に殺到したときは、ホームチームの快勝を予感しました。しかし17分、ニューカッスルがあっさり先制します。きっかけは、サバレタを完全に抜き去ったムバブのアーリークロスでした。ミトロヴィッチのマークについていたマンガラが先に触ったものの、こぼれ球をワイナルドゥムに拾われ、2度めのクロスが上がったときにはマンガラはストライカーから目を離していました。ミトロヴィッチのヘッドは完璧、0-1となった27分、ここが勝負の分かれ目でした。

シソコのクロスに不用意にラインを上げたマン・シティ守備陣。オフサイドは取れず、一瞬にしてアヨゼ・ペレス、ミトロヴィッチ、ワイナルドゥムが全員フリーという大ピンチです。ミトロヴィッチが左に流していれば、ワイナルドゥムが無人のゴールに流し込んで2点差でしたが、ストライカーだけにここは自らシュート。これ以上ない絶好機は、チャンピオンズリーグで大当たりだったGKジョー・ハートがブロックし、1点差は動きません。やられたらやり返すとばかりに、マンチェスター・シティが追いついたのは42分。右でボールを受けたダヴィド・シルヴァの絶妙なクロスがファーサイドに届くと、今度はマンガラ、フェルナンジーニョ、アグエロが全員フリーです。フェルナンジーニョがヘディングで中に入れたボールを、アグエロが頭を突き出してコースを変え、1-1。いよいよここから、プレミアリーグ得点王の素晴らしいゴールショーが始まります。

49分、ニューカッスルの自陣でのミスパスを見逃さなかったデブライネが仕掛けたショートカウンター。ラストパスを軽く切り返したアグエロの左足シュートは、DFに当たってクルルの左手の先を抜けていきます。するとその1分後、仕掛け人はまたもデブライネ。ブンデスリーガ新記録の21本を決めたアシスト王の称号はダテではありません。スルーパスでDF3人を無力化し、最前線で受けたアグエロがチップキック。同点ゴールから10分も経たずにエースがハットトリック達成です。

マクラーレン監督は、やられていた左サイドに蓋をしようとムバブをラッセルズに代えますが、54分、この采配をあざ笑うかのように4点めが決まります。お膳立ては、ハーフタイムにスターリングに代わったヘスス・ナバス。主役は、先ほどまで演出家だったデブライネです。ふわりと浮いた絶妙なクロスに背番号17がボレーで合わせると、ボールは弧を描いて左のサイドネットに着弾。ニューカッスルは、完全に切れてしまいました。

60分、マンチェスター・シティには、もうひとり素晴らしい司令塔がいます。ダヴィド・シルヴァのラストパスでDFと向き合ったアグエロは、軽く切り返しを入れると右隅に完璧な5点め。その2分後、今度は司令塔2人の競演です。中央からダヴィド・シルヴァが左のデブライネにパスを通すと、デブライネのグラウンダーをプッシュしたのは5度めのアグエロ!ペジェグリーニ監督は、これ以上のゴールは次のゲームに取っておいてくれといわんばかりにアグエロとダヴィド・シルヴァを次々とチェンジし、ケガから復帰したボニーとイヘアナチョを慣らし運転させます。ボニーが入った後、最前線へのボールが少なくなったのが気になりました。シュートチャンスは、88分のデブライネのグラウンダーと、直後に狙ったミドルぐらい。6-1で勝利間違いなしのゲームならなおさら、身体能力が高いコートジボアール代表FWは、スウォンジー時代のようにもっと暴れられるはずです。

最終的にはホームチームの圧勝でしたが、30分までの試合運びは修正が必要でしょう。プレミアリーグでは勝てるかもしれませんが、抜け目のないクラブが揃う欧州で0-2とされたら、後ろに蓋をされてカウンター狙いといういやらしい戦術に屈する可能性大です。…すみません、新記録が出た日は、細かいことは置いといて「アグエロ、天晴れ!」でいいですね。エースが素晴らしかったのは間違いないのですが、私は、MVPにデブライネも加えたいと思います。チェルシーは、なぜこの選手を手離したのでしょうか。ヴォルフスブルクでの王様体験を経て、ベルギー代表MFは完全に化けました。マンチェスター・シティは暫定トップの勝ち点18。この日敗れた昨季プレミアリーグ王者との差を10に広げました。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

前半はいい出来ではなかったためか
ハーフタイムにスターリングを変える采配には驚きました
いつもほぼ決まった時間に交代しますが今日は決断が早かったですね
守備が不安ですがまたすぐにクリーンシートを達成できるでしょう

  • シティさぽ
  • 2015/10/04(Sun)12:31:38
  • 編集

無題

ボニーは何時になったら得点を決めてくれるのでしょう
控えとして今は頼りなさすぎます
イヘアナチョもどちらかというと二列目の選手ですし
覚醒を待ち望んでいるのですが、その前に売られてしまうかも…
  • シティズン
  • 2015/10/04(Sun)17:26:16
  • 編集

無題

ボニーがブレイクしたのはたしか、フィテッセでハーフナーの後ろでプレーしていたときですよね(それ以前からブレイクしてたぞ!知ったかするな!ということでしたらごめんなさい)
そのときのプレーは観たことないですが、フォーメーションから察するに、彼はワントップより少し後ろで前を向いてプレーする方が活きるかなと思っています。これが正しければ、二列目が豊富でポゼッション志向のシティではなかなか活躍するのは大変そうだなーと感じてしまいます。
  • queen
  • 2015/10/04(Sun)20:52:03
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ