【Watford×Arsenal】結局アレクシス・サンチェス&エジル!苦しみながらもガナーズ完勝

プレミアリーグ第9節、ワトフォードVSアーセナルは「練習場お隣さん対決」。アーセナルは、中盤にカソルラ、コクラン、ラムジー、エジル、アレクシス・サンチェスが並ぶベストメンバー。プレミアリーグ開幕戦と2戦めで、スタメンが全員違う国籍という「超インターナショナル集団」だったワトフォードは、今日も10ヵ国の選手を揃えて戦います。インターナショナルマッチウィークで深刻な負傷者を出さなかった好調アーセナルを、ワトフォードはどこまで苦しめることができるでしょうか。バイエルン戦を控えたアウェイチームは、早々に決着をつけて主力を休ませたいところです。

9分、アレクシス・サンチェスが得意の中に斬り込むシュートでGKゴメスを慌てさせると、ワトフォードもディーニーが強烈なミドルを放ち、チェフが右に弾いてしのぎます。ウォルコットがオフサイドを取られるシーンが多いものの、エジルやカソルラのスルーパスが一発決まればたちどころに先制でしょう。17分、アンヤとイグァロが右サイドを崩してシュートチャンスを迎えるものの、DF陣がコースをつぶしてゴールならず。2分後、ディーニーが左サイドでフリーになる絶好機も、コシールニーがグラウンダーのクロスをカットして事なきをえます。中盤の組み立てがスローなアーセナルは、強いときのテンションではありません。プレミアリーグらしいワトフォードのロングフィードに最終ラインを下げられ、間延びした陣形には効果的なコンビネーションが見られません。

29分、エジルとのパス交換から左サイドを上がったアレクシス・サンチェスは、ファーサイドのラムジーをよく見ていました。完璧なクロスでしたが、ラムジーはスライディングシュートを打ち上げてしまいます。30分、コシールニーのミスからイグァロが独走したシーンは、シュートが右に外れてセーフ。決定機が多いのはワトフォードです。アーセナルのサイド攻撃は中央を固められてフィニッシュに持ち込めず、左SBのナタン・アケまで中央に殺到するホームチームの猛攻のほうにゴールの予感が漂います。45分、エジルの見事なノールックパスで右サイドでフリーになったラムジーは、シュートをバーの上に外してしまいます。前半の0-0は、ワトフォードの時間でした。

弛緩した空気が漂う後半。最初のチャンスは53分、アレクシス・サンチェスの縦パスに左から抜け出してシュートを狙ったエジルでした。試合が動いたのは62分。カプェのミドルをブロックした後のカウンターから、アレクシス・サンチェス、エジルとつながったボールをカソルラが絶妙なスルーパス。GKの前に出たエジルはナタン・アケのスライディングに倒されるも、拾ったアレクシス・サンチェスが左ポストを叩くシュートを決めました。これで波に乗ったガナーズは、67分に追加点を奪います。アレクシス・サンチェスから始まった攻撃で、右サイドに出たエジルが右足の折り返し。冷静にボレーで決めたのは3分前にウォルコットとチェンジしたばかりのジルー、しかもこちらも右足でした。

73分、とどめはベジェリンのドリブルでした。24番が1人抜いてDFを引きつけると、マークがずれてラムジーがフリーになります。DFに当たったシュートがゴールに転がると、子どもができたばかりのラムジーは、シャツをまくってボールを腹に入れて喜びを表現します。時間はかかりましたが、ようやく強いガナーズが戻ってきました。マンチェスター・ユナイテッドに圧勝したチームが、ワトフォードに簡単にやられてもらっては困ります。80分、勝利を決めた2人のエースがお役御免。アルテタとチェンバレンに後を譲ったのは、アレクシス・サンチェスとエジルです。チャンピオンズリーグでバイエルンに勝てるかどうかは、この2人の出来にかかっているといっても過言ではないでしょう。終わってみれば0-3。昨季プレミアリーグのTOP6がひとつも負けなかった週末を、ガナーズが完勝で締めくくりました。

プレミアリーグ9試合で6ゴールと量産体制に入ったアレクシス・サンチェスもさることながら、今シーズンはエジルが素晴らしいですね。JSportsの解説はボールに絡む回数も運動量も少ないといっておりましたが、前半から決定的なパスを供給しており、2点に絡んだプレイはいずれも秀逸でした。ロングボールにラインを下げられてしまい、スピードに対応できないシーンが目立った守備は気になるものの、勢いに乗ったときの攻撃は手がつけられず、バイエルンも手を焼くのではないでしょうか。いよいよ火曜日、ドイツ王者を迎えるゲームがますます楽しみになってきました。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

いやー絶好調ですね
ガナーズ!!エジルはこの調子を維持して欲しい!!
個人的にはワトフォード予想より手強い印象を持ちました。
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2015/10/18(Sun)04:30:18
  • 編集

無題

エジルにしろ、サンチェスにしろ、最低限できる仕事のレベルが高いなと痛感しました。エジルは実力の70%ほどしか出せていなかったと思いますが、それでも2アシストですからね…素晴らしかった…

ほかに気になった点としては
・ジルーは復調傾向。使い分け求む。
・コクラン&ディフェンスラインは代表ウィークがないからか結構フレッシュ。
・センターバックはメルテザッカーではない。ガブリエル&コシェルニを軸に。
  • 新参
  • 2015/10/18(Sun)11:53:08
  • 編集

無題

いい試合でしたがロングボールへの対応がまずかったですね
まあバイエルン戦はもっと激しくプレスしてロングボールを出させないようにすると思いますが
  • 実はグーナー
  • 2015/10/18(Sun)17:01:55
  • 編集

無題

エジルのバイタルでのプレーの選択とその精度は本当に天才的ですね。あわよくば得点力も欲しいですが欲張り過ぎですかね(笑)
  • ガナユ
  • 2015/10/19(Mon)03:28:47
  • 編集

コメントありがとうございます。

プレミアリーグ大好き!さん>
ワトフォードは、いかにもイングランドないやらしいサッカーをしてきますね。先制してからの畳みかけが見事でした。

新参さん>
私も、「90分出場した試合は負けないガブリエウ」に一票です。

実はグーナーさん>
パスの出どころを抑えるか、引いて受けてカウンターに徹するか、悩ましいところです。

ガナユさん>
そうなんです。すごいです。周囲の理解がさらに進めばとんでもないチームになります。
  • makoto
  • 2015/10/19(Mon)13:26:13
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ