【Tottenham×Chelsea】両者堅守のロンドンダービーは、スリリングな0-0決着!

チェルシーはズマとケーヒルのCBコンビにアスピリクエタ、イヴァノヴィッチ。トッテナムはカイル・ウォーカーとダニー・ローズ、アルデルヴァイレルトにフェルトンゲンのプレミアリーグ仕様。両者の最終ラインに注目していたのですが、おお、チェルシーはジエゴ・コスタがベンチでアザールがトップに入るようです。デル・アリこそイエローカード累積でいないものの、ソン・フンミン、ライアン・メイソン、エリック・ダイアー、エリクセン、デンベレといつものメンバーのホームチームに対して、モウリーニョ監督の冒険は吉と出るのか、凶なのか。プレミアリーグ14節、ホワイト・ハート・レーンで開催される注目のロンドンダービーは、開始早々からトッテナムが激しくサイド攻撃を仕掛けるスリリングな立ち上がりです。

今日のチェルシーは、これまで以上に厳しくプレスをかけており、昨季プレミアリーグでライバルを震え上がらせたショートカウンターを狙いの柱に据えているようです。トッテナムはアルデルヴァイレルトがビルドアップからのロングフィード、セットプレーと攻撃に貢献しており、サイドから入るボールは危険です。17分、スパーズは直線的な攻撃で一気にゴール前へ。エリクセンがアウトで出したパスをハリー・ケインがダイレクトでシュートすると、正面ながら強烈なボールをベゴヴィッチが必死に弾きます。直後、ペドロがゴール前に飛び込んだシーンはシュートに至らず。ミドルを積極的に狙うホームチームに対して、チェルシーの最初のシュートは19分になってからでした。オスカルのクロスに合わせたアザールのヘッドは、頭上を越えるボールをロリスが見送ります。

このところのプレミアリーグで量産モードに入ったハリー・ケインは「決める人」というイメージが強い選手ですが、周囲を使う能力も素晴らしいFWです。27分にファーサイドのソン・フンミンにピタリと合わせたクロスは完璧でした。ヘディングシュートはベゴヴィッチが反応してゴールはならなかったものの、トッテナムの右サイドからの崩しは要注意です。31分、エリクセンのパスで前にスペースが空いたデンベレが左足ミドル。忙しいベゴヴィッチがここも体を伸ばしてセーブし、押しているスパーズはスコアを動かすことができません。ハリー・ケインのミドル、ウィリアンのFKからイヴェノヴィッチとスリリングなプレイはあったものの、前半は0-0で終了。昨季プレミアリーグ王者は、決して消極的ではありませんが枠内シュートゼロで終わりました。

55分、ライアン・メイソンが足を痛め、ラメラに後を譲ります。主導権を握るのは、相変わらずトッテナム。アザールとポジションを変え、「偽トップ」となったペドロは60分にウィリアンのパスを受けられず、バルサ時代にラインの裏を取る動きが得意だったことはチームメイトに理解されていないようです。62分にワンツーからゴール前に抜けたソン・フンミンは、左足のシュートがミートしません。67分、これは盛り上がりました。イヴァノヴィッチのロングクロスを左から入って捉えたアザールのボレーは強烈。アウェイチームが先制かと腰を浮かした瞬間、ロリスがビッグセーブで左に弾き出します。残り時間は20分。木曜日にアゼルバイジャンで欧州を戦ったトッテナムは、ポゼッション率も運動量も落としていません。

77分、ペドロに出たパスの処理にアルデルヴァイレルトがもたつき、アザールにボールが渡るピンチがありましたが、守備陣のサポートが速くすぐにクリア。ポチェッティーノ監督はヌジエでゴールを狙い、モウリーニョ監督の交代はケネディとロフタス=チークとリスクは取らず、ゴールがないままタイムアップを迎えました。スコアレスドローながら、両チームとも守備が素晴らしく、おもしろいゲームだったと思います。ホームチームのほうがチャンスが多かったものの、アザールの一撃は1点もので、スパーズサポーターも「勝ちゲームだった」とはいい難いでしょう。

アザールやペドロがトップに張る布陣は、熟成させていけばおもしろくなるのではないでしょうか。スタメンを外されただけで不満な態度を示したジエゴ・コスタが、昨季プレミアリーグで見せたレベルに戻らないようであれば、ロイク・レミー、アザール、ぺドロと冬の新戦力獲得でまわしていくのもいいと思います。勝てなかったスパーズは、ヨーロッパリーグから中2日のこの試合を無失点で戦い抜けたのは収穫です。「今日は相手の守備がよかった」のひとことで忘れて、次戦以降に集中すればいいでしょう。トッテナムはプレミアリーグ5位で足踏み。アーセナルが付き合ってくれたおかげで、チェルシーと4位との勝ち点差は12のままです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

好調トッテナム相手に失点許さずのドローは上出来だと感じます。トップに入ったアザールは2列目の時より守備にハードワークが見受けられましたので、よく頑張ったと思います。惜しいシーンがありましたが、あれはロリスを讃えるべきですね。

スパーズは主さんの言う通り良いチームですね。中盤から前線の守備意識の高さと、細かいパスも繋げ決定的な仕事のできるFWのいる質の高さがあるようです。CLでも戦える事は間違いなさそうです。

コスタの不満な態度は内心喜んでしまった自分もいました。今回のような全員がハードワークしてる試合を見て何も感じなかったのでしょうか。次の試合も使われずそのまま行くかもしれませんね。私としては喜ばしいことですが。
  • chelさぽ
  • 2015/11/30(Mon)20:15:33
  • 編集

無題

中2日の試合としては十分合格点だと思いました
無失点と無敗記録を喜ぶことにしましょうか(笑)

アリの不在が若干痛く感じられもしましたね
現状、メイソンとアリではアリの方が要所でいいプレーが出来る気がします
  • スパーズ推し
  • 2015/12/01(Tue)07:21:41
  • 編集

コメントありがとうございます。

chelさぽさん>
アザールとロリスの攻防は素晴らしかったですね!チェルシーは守備の際の集中力が高く、確実によくなっていると思います。ジエゴ・コスタは、今回の件で奮起してくれればいいのですが。

スパーズ推しさん>
デル・アリの運動量があれば、もう一段攻めに厚みがでたのではないかと思いました。とはいえ、いい試合でしたね。

  • makoto
  • 2015/12/01(Tue)10:57:54
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ