【Liverpool×Leicester】レスター対策は万全。シュート24本のリヴァプールが1-0ながら完勝!

プレミアリーグ首位のレスターは、戦線離脱中のドリンクウォーターの位置にキングを置いた以外は堂々のいつものメンバー。クロップ監督はオリギをワントップに置き、コウチーニョ、フィルミーノ、ララナが2列め。エムレ・ジャンとヘンダーソンに中央でコンビを組ませる攻撃的な布陣です。プレミアリーグ18節、アンフィールドで開催されたリヴァプールとレスターの一戦は、開始早々からホームチームが攻勢。3分にコウチーニョがカーブをかけたミドルは、わずかにポストの右に外れます。相変わらずマフレズがキレのいいプレイを見せているレスターは、できるだけ前でボールを奪って右に展開したいところ。デヤン・ロブレンとサコのCBコンビは、マフレズがボールをキープしたときは、岡崎慎司とヴァーディにスペースを与えるわけにはいきません。

11分、オリギのシュートをモーガンが止めてCKとなり、コウチーニョとサコが次々とシュートを放ったシーンからは、リヴァプールのこの試合に賭ける思いが伝わってきます。レスターも負けずに攻撃に転じ、15分にはDFを背負った岡崎慎司が反転してシュートを狙います。直後、オリギが右から抜けると、折り返しを直接狙ったコウチーニョのシュートはバーの上。相手のパスを読み、ダイレクトで前線に送ったヘンダーソンの素晴らしいボールに走ったララナも、シュートは惜しくもサイドネットです。

これぞプレミアリーグ!とテンションが上がるエキサイティングな攻め合い。23分にはアンカーの位置から上がったエムレ・ジャンのコントロールショットをシュマイケルがセーブ。1分後、ヘンダーソンの縦パスを左で受けたオリギが持ち込み、ニアに強烈なシュートを放ちます。ここまでのオリギはレッズ入団以降、最もアグレッシブなのではないでしょうか。再三右サイドを崩しているホームチームに、先制点の匂いが漂っています。

36分、これは見たくない光景です。ハムストリングでしょうか、オリギ無念のリタイア。代わって入ったのはベンテケです。42分、やはりマフレズは危険です。カンテのパスを受けて2人をかわして放った左足の一撃は、ミニョレがビッグセーブ。前半は0-0でしたが、このままスコアレスドローで終わることはないでしょう。

後半も、両者のテンションは落ちません。ヘンダーソンとエムレ・ジャンはよく前線に顔を出しており、ナサニエル・クラインが上がる右サイドの崩しは迫力があります。53分、ヘンダーソンがまたもインターセプトから縦にいいボールを通しますが、消極的なベンテケが打てず、パスも遅れてチャンスをつぶしてしまいます。60分、右サイドにまわったヘンダーソンの判断が秀逸。クロスに合わせたベンテケのヘッドは枠を外れるものの、63分にここまで中途半端なプレイが目立ったストライカーが、ついにゴールを陥れます。左サイドできれいなパス交換を見せ、中のマークを引きつけたのはフィルミーノとエムレ・ジャン。フィルミーノの優しいグラウンダーに中のベンテケはフリーで、完璧な右足のボレーがゴール右隅に刺さります。

70分、ラニエリ監督が勝負に出ます。岡崎慎司とヴァーディの2トップをそっくり下げ、ウジョアとネイサン・ダイアー。これは、好調のマフレズをゴールに近い位置で機能させる目論見でしょう。74分、フクスのアーリークロスに合わせたダイアーのボレーはミニョレがナイスセーブ。コウチーニョやフィルミーノがミドルを狙い、カウンターからヘンダーソンが前線に抜け出すシーンもあったリヴァプールは、最後まで攻撃の手を緩めませんでした。

88分、ロングスローからキングにボレーを打たれたピンチは、エムレ・ジャンが足を出してブロック。クロップ監督は、ルーカスとジョー・アレンを次々と入れてゲームを畳みます。95分、CKでシュマイケルが上がったところからレッズのカウンターが始まり、GK不在のゴールに流すだけだったベンテケが信じられないシュートミスで2点めを逃すシーンがありましたが、直後にタイムアップの笛。今季プレミアリーグでクリーンシートの敗戦が一度もなかったレスターは、集中力を切らさなかったリヴァプールの守備に屈しました。

後半のメンバーを見て、興奮しました。昨日UPした本ブログ記事「止まらないレスター…アウェイ無敗の首位チームにリヴァプールが勝つ方法!」と、メンバーがまったく同じだったからです。フォーメーションこそ違えど、クロップ監督がめざした「最終ラインを上げすぎない」「縦のボールを効果的に使って攻める」「奪われた直後にプレッシャーをかけてカウンターを遅らせる」レスター対策は、私がイメージしていたものと近く、納得感がありました。MVPを選ぶなら、ヘンダーソンとエムレ・ジャンです。攻め上がるか引くかの判断が適切で、彼らがサイドに出てきて数的優位を創ったことが、シュート24本というアグレッシブな攻撃を実現した要因だと思います。あらためて、レスターの手強さと、クロップサッカーのおもしろさが感じられたナイスゲーム。悪いときにあっさり負けず、勝ち点を拾えるようになれれば、これだけのサッカーができるリヴァプールは上位に顔を出せるはずです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

更新ご苦労様です。
シュート本数24に対して枠内4本で1得点やベンテケのありえない最後のシュートミス等もありましたが、勝ててよかったです。ワトフォード戦の教訓がしっかり活かせていたと思います。球際のチェイシングや連動性のある動きなど観ていて面白かったです。ヘンダーソンとジャンのコンビは良かったですね。ジャンはボールを前に持っていき繋ぐことも出来、守備意識も高いので共に運動量の落ちないヘンダーソンとのコンビは当たりですね。
CBコンビはサコが危なっかしい所がありましたが、ロブレンがセインツ時代を取り戻したような動きは観ていて安心できました。ただ、オリギの負傷交代は管理人さん同様見たくない光景でした。結果交代で入ったベンテケのゴールで勝利したわけですが、これ以上の負傷は増やしたくありません。非常に素晴らしい動きをしていただけに軽傷であることを希望します。
首位を撃破したわけですが、毎度いいゲームをしたあとはコロッと負けるかドローというのが今のレッズ。次節はサンダーランド戦ですが今日のようなゲームを継続して勝利して2015年を締めくくって欲しいですね。
  • Macki
  • 2015/12/27(Sun)07:17:55
  • 編集

無題

ナイスゲームでしたね。本格的なレスター対策がリヴァプールによって披露されました。
強烈なゲーゲンプレッシングの前に、カウンターができず、レスターは厳しかったですね。ラニエリも今後の課題として認識したと思います。
ただ、リヴァプールのフィニッシュの精度は高くなかったので、ベンテケの1点が無ければスタミナ切れになっていたかもしれませんね。
レスターを応援していたので、少し残念でしたが、両チームにナイスファイトと言いたいです。
  • 爪楊枝
  • 2015/12/27(Sun)10:36:33
  • 編集

無題

更新ご苦労様です。

これぞプレミアリーグ、これぞボクシングデーという素晴らしい試合でしたね!
おっしゃるとおり、完璧なレスター対策でしたが、昨日の記事のようにもう少しロングボールを多用するかと思いきや、ゲーゲンプレスを主体としてレスターに走り負けないかなりガチンコの戦法だったのではないでしょうか?
昨日の試合はワトフォード戦までのような低調な試合をしたとしても、目指すサッカーは変えないというクロップ監督と選手達の強い意思が感じられる最高の試合だったと思います。
結果だけでなく、このような姿勢でチームが成熟すれば、今後さらに期待がもてます。
オリギ先発でしたが、納得でした。
ベンテケはオリギに比べると動きが少ないので、得点シーンのような連携を周りの選手と深めることができればと思いますが、おそらくクロップサッカーの理解度が現時点ではオリギ、フィルミーノのほうが高いのではないでしょうか。
オリギ、フィルミーノがトップの時と、ベンテケやスタリッジがトップの時での異なる戦法が成熟すれば前線はおもしろいと思いますが、オリギの怪我が悔やまれますね。
中盤はヘンダーソンとジャンのコンビに、ミルナーが戻ってくれば今季はいけるのではないでしょうか。
なんにせよ、これぞクロップ!これがレッズ!と感じられる素晴らしい試合でした!
  • nyonsuke
  • 2015/12/27(Sun)12:31:50
  • 編集

無題

サッカー不在の時ってDF1人いましたけどあれオフサイドでは無いんですかね?違いましたっけ?
  • ガナユ
  • 2015/12/27(Sun)21:50:10
  • 編集

無題

ヘンダーソン、パス成功率70パーセント弱と高いとはいえないですが、チャンスメイク5回かつファイナルサードへのパスが4割と攻めの意識の高いパス捌きをし、チーム最多の11インターセプトと3タックル成功と守備でも高い貢献をしてました。

慢性的な故障を抱えているなか、圧巻のパフォーマンスは素晴らしい!
ジェラードのような流れを一気に変えるミドルはそう多くないですが、影でチームを支えるポジショニングやフリーランなど、あまり目立たないところで、偉大なレジェンドに負けない貢献をしていると感じました。
  • NA28
  • 2015/12/28(Mon)00:53:37
  • 編集

無題

あれはオフサイドでしたね
それでもあれ外すのはちょっと…
  • 2015/12/28(Mon)01:30:58
  • 編集

コメントありがとうございます。

Mackiさん>
ロブレン、よかったですね。今のレッズは、サンダーランドにはさすがにやられないのではないかと思います。

爪楊枝さん>
あそこでベンテケが決めてくれてよかったです。彼の自信、試合展開などいろいろ怪しくなりそうでした。

nyonsukeさん>
おっしゃるとおり、基本は高い位置からのプレスでしたが、ベンテケが走ったときにヘンダーソンが長いボールを通すなど、臨機応変にやってましたね。

ガナユさん あ さん>
実はそうでしたね…。

NA28さん>
パスセンスが抜群でした。ケガが完治してくれるといいんですけどね。
  • makoto
  • 2015/12/29(Tue)12:16:19
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ