【MAN.UTD×Chelsea】ポストとバーに阻まれたマン・ユナイテッドは、今日も沈黙…!

プレミアリーグ3連敗。あの残念なヴォルフスブルク戦も入れれば公式戦4連敗で、これは54年ぶりの屈辱だそうです。マンチェスター・ユナイテッドは、トンネルの出口が見えません。今日の相手は、同じく暗闇を歩いているチェルシー。この試合が、6位と15位の戦いになるとは思いませんでした。プレミアリーグ19節、オールド・トラフォードの戦いは、開始2分にクロスバーを叩いたマタの強烈なシュートが、戦いの始まりを告げるゴングでした。

4分、チェルシーのCK。タイミングは完璧だったテリーのヘディングシュートをデ・ヘアがビッグセーブ。マンチェスター・ユナイテッドのスタメンにはダルミアン、シュナイデルラン、シュヴァインシュタイガーが復帰しており、チェルシーのセントラルにはミケルとマティッチが並んでいます。ボールを支配するのはホームチーム。開始当初は高い位置からプレスをかけていたチェルシーのラインは、徐々に下がり始めています。16分、ルーニー、エレーラとつながったボールを左サイドで受け、中に入り込んで放ったマルシアルのシュートはポスト直撃!いつもよりアグレッシブなマン・ユナイテッドは、ここぞというフィニッシュが決まりません。ジエゴ・コスタを欠いたチェルシーのカウンターには迫力がなく、ただ引いて守っているだけの時間が続きます。

29分、ルーニーの強烈なミドルはクルトワがセーブ。このCKをカットしたチェルシーのカウンターは、ラストパスを受けたペドロがアシュリー・ヤングのスライディングに止められます。前半の半ばからのマンチェスター・ユナイテッドは、よく見る安全運転モード。チェルシーのチャンスは、ウィリアンのセットプレーしかありませんでした。前半は0-0。ホームチームは、きわどいシュートをバーとポストに阻まれてしまったのが悔やまれます。

47分、アザールのパスを中央で受けたペドロがフリー。左足の決定的なシュートはデ・ヘアが右に飛んで弾き、フォローしたアスピリクエタの一撃も左手を残したビッグセーブでストップします。マンチェスター・ユナイテッドは、縦にパスが出せずシュートが打てない「いつものサッカー」に戻りつつありましたが、56分にダルミアンとの絡みでマルシアルが左から突破したシーンは決定的でした。中に転がしたボールに先着したのはエレーラ。これは決まった…と身を乗り出した瞬間、クルトワが素晴らしい反応で体に当て、スコアは変わりません。62分、ペドロのドリブルから始まったカウンターは、マティッチがデ・ヘアと向き合う絶好のチャンスとなりますが、シュートを左に浮かしてしまい、こちらも決められません。

69分、ヒディンク監督はラミレスをウィリアン。ファン・ハール監督のほうは、ダルミアンをボースウィック・ジャクソンです。プレミアリーグ3試合めのフレッシュな選手が託されたのは、攻めか守りか。75分、マタに代わったメンフィス・デパイは、おとといのバックパスのミスを貴重なゴールで挽回したいところです。ホームで同点の残り10分にブリントをフィル・ジョーンズは、負傷でもなければありえない交代。86分にボースウィック・ジャクソンが入れた素晴らしいクロスは、プレミアリーグでわずか2ゴールの主将ルーニーが浮かしてしまいました。ホームチームは、最後に猛攻を仕掛けることすらできず、結局0-0でフィニッシュ。このドローは、「負けに等しい」という表現がぴったりです。攻撃に迫力を欠き、サイドの守備が緩かったチェルシーに対して、マンチェスター・ユナイテッドはゴールを奪うことができませんでした。

後ろの選手を2枚も代えて、アンドレアス・ペレイラとフェライニをベンチに残したファン・ハール監督の采配が、「負けないため」でないことを願うばかりです。ヒディンク監督としては、半ば覚悟していた結果だと思われますが、ファン・ハール監督は「勝たなければならない」の前に、「勝ちにいかなければならない試合」だったはずです。収穫があるとすれば、ダルミアンとシュナイデルランは重要な選手であり、マタは中にいてくれたほうが光ると再確認できたことぐらい。スタンドで観戦したサポーターは、クルトワとデ・ヘアのビッグセーブにお金を払ったのだと自分にいい聞かせるしかないでしょう。両者が同等の痛みを分け合った結果、マンチェスター・ユナイテッドとプレミアリーグ4位のトッテナムとの勝ち点差は5に開き、チェルシーは未だ14位です。(ファン・マタ 写真著作者/Станислав Ведмидь)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

罪悪な事態を避けたような感じでした
いつのまにかビック4でまだいるのはアーセナルだけとなりました
もうCL権は厳しいのかも知れません
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2015/12/29(Tue)07:58:24
  • 編集

無題

安心して下さい


また勝ててませんよ‼︎
  • とにかく明るいモイモイ
  • 2015/12/29(Tue)08:54:47
  • 編集

無題

クルトゥワのセーブだけが見どころのアウェイチームでした…チェルシーとしてはアウェイで負けなかったことを良しとする寂しい状態です笑
せっかくならもう少し若手も見たいですね〜
  • M
  • 2015/12/29(Tue)17:00:35
  • 編集

無題

更新お疲れ様です。
なんだろう。ユナイテッドが足踏みしてくれればありがたいんですが、足踏みの仕方がマジで重症といいますか、見ていて目を覆いたくなります。なんでマタ下げたんだ!なんで80分でジョーンズなんだ!もう本当に意味が分かりません。
ユナイテッドが走るなんて言ってた何カ月か前の自分に呆れている今の私であります。

面白そうだからなんとなく見ていたエバートンストークの方が何倍も面白かったです。
  • にわかスパーズファン
  • 2015/12/30(Wed)00:10:14
  • 編集

コメントありがとうございます。

プレミアリーグ大好き! さん>
まだ5差ですので、早期に立て直せば戻れますね。問題は、「いつを目処にどうやって」です。

Mさん>
ロフタス=チークとトラオレは、もっと観たいですね。

にわかスパーズファンさん>
おっしゃるとおり、采配は狙いがわからず、中堅クラブ同士の試合みたいでした。ストークは、シャキリがすごかったですね。
  • makoto
  • 2015/12/31(Thu)13:25:24
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ