【Sunderland×Liverpool】ベンテケの2試合連続ゴールで辛勝…リヴァプールは7位浮上!

サンダーランドVSリヴァプールは、プレミアリーグ前半戦最後のゲーム。シュクルテルが負傷したCBにはデヤン・ロブレン。トップにベンテケ、2列めにフィルミーノ、コウチーニョ、ララナ。セントラルMFは、レスター戦で素晴らしいプレイを見せたヘンダーソンとエムレ・ジャンのコンビ。スタリッジの不在は寂しいですが、リヴァプールのスタメンは、ほぼベストといっていい布陣です。サンダーランドの本拠地スタジアム・オブ・ライトで行われた一戦は、デフォーの飛び込み、ナサニエル・クラインの強烈なロングシュートと両者積極的な立ち上がり。15分には、右サイドでパスを受けたデフォーが、中央に回り込んで左足のシュート。これはGKミニョレが上に弾き出しますが、今季プレミアリーグで4ゴールを挙げているサンダーランドのエースを自由にしてはいけません。

連携で崩せず、遠めからのシュートしかないレッズは、コウチーニョの直接FKが落ち切らず、26分のフィルミーノの素晴らしいミドルはポストを直撃。今日のリヴァプールの攻撃は個人技担保で、いいときに見せるダイレクトパスを使ったコンビネーションは見せてもらえません。

33分、左サイドを上がったファン・アーンホルトのパスを中央で受けたボリーニを、デヤン・ロブレンは離しすぎていました。ワントラップから振り向きざまに右隅を狙った一撃はポストの外に抜け、リヴァプールは命拾いします。36分、エムレ・ジャンがナサニエル・クラインを走らせたパスは秀逸でした。右サイドからのクロスをヘッドで叩いたのはフィルミーノ。GKマンノーネが素早く反応して右に弾くと、ヘンダーソンのクロス、エムレ・ジャンのドリブル突破と続く波状攻撃もゴールならず。サンダーランドの最終ラインが絶える展開が続きます。

43分、コウチーニョのCKに、フリーになったヘンダーソンが強烈なボレーを放ちますが、DFのブロックに遭いゴールを陥れることはできません。前半は0-0。アーセナル、ワトフォード、チェルシー、マンチェスター・シティと厳しい相手が続き、プレミアリーグ4連敗中のサンダーランドは、ここまでは健闘といっていいのではないでしょうか。

最初の45分は今ひとつだったリヴァプールは、46分にララナが素晴らしいプレイを披露し、先制に成功します。右サイドからナサニエル・クラインが中に入れたグラウンダーを背番号20が巧みにコースを変え、裏に抜けたベンテケがフリー。マンノーネの左にコースを見つけたベルギー代表のストライカーが余裕をもって流し込み、サイドネットを陥れます。54分、ファン・アーンホルトの粘りから、パスをもらったボリーニの前が一瞬空きますが、元レッズのFWにコースはなく、右足シュートはミニョレの正面。61分、古傷が気になるのか、ヘンダーソンが下がりルーカスがピッチへ。その2分後、サンダーランドはアダム・ジョンソンをイェレマイン・レンスにスイッチ。前半にロドウェルを負傷で失い、71分にはコアテスがプレイ続行不可能となったアラダイス監督は、3枚めのカードでイェドリンを投入せざるをえず、トイヴォネンという攻撃のオプションは使えずじまいです。

コウチーニョとベンテケのワンツー、エムレ・ジャンの右からのドリブル突破と、チャンスがなかったわけではないものの、リヴァプールがめざすサッカーをできていないのは明らか。ピッチサイドのクロップ監督も、思うようなプレイができないコウチーニョやフィルミーノも浮かない顔を見せています。83分にコウチーニョと代わったジョーダン・アイブが、終了間際にフィルミーノのラストパスを狙いますが、これは大きくバーの上にアウト。フリーでもらった絶好機だっただけに、決めておきたいシーンでした。前節のレスター戦同様、追加タイムにベンテケが独走してイージーなシュートを外すというおまけがあり、最後まで勝ち点がどうなるかわからない展開ではあったものの、サンダーランドはマンノーネまで上がったCKを活かせずタイムアップ。リヴァプールの0-1は、辛勝という表現がぴったりでした。

内容はともかく、勝ち点3をゲットしたことで、リヴァプールはプレミアリーグ7位に浮上。マンチェスター・ユナイテッドと勝ち点で並びました。クロップ監督就任後のプレミアリーグ11試合で5勝3分3敗は、数字としては物足りなさを感じますが、新監督招聘は今シーズンだけでなく未来まで買ったと考えれば、悪くはない結果でしょう。好不調の波が激しく、ニューカッスル戦やワトフォード戦のように空回りしたまま追加点を奪われて負けてしまうゲームを、戦術の切り替えなどで勝ち点を奪えるようにできれば、後半戦はさらに上がってこられるでしょう。プレミアリーグ4位と5差、トップと9差は、ひとたび勢いがつけば充分まくれる距離です。ミルナー、スタリッジ、フラナガンが戻ってくる2016年のリヴァプールに、あらためて期待したいと思います。(アダム・ララナ 写真著作者/PANNATHORN SUKMANONT)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

更新ご苦労様です。
思うようにいかにゲームでしたが、この連勝は嬉しいです。ベンテケは前節と同様のデジャヴがあり苦笑しましたが彼のゴールで勝てました。課題もありますが、勝ちと負けでは大きく違うので、2015年良い締めくくりができたのではと思います。
今年も面白い
ブログありがとうございました。リーグ戦はいよいよ後半ですね。2016年もブログ楽しみに拝読させていただきます!
  • Macki
  • 2015/12/31(Thu)08:10:50
  • 編集

コメントありがとうございます。

Mackiさん>
気持ちの問題なのでしょうか。考える時間があると外しますね(笑)。こちらこそ、ありがとうございます。来年もよろしくお願いいたします。
  • makoto
  • 2015/12/31(Thu)13:49:41
  • 編集

無題

更新ご苦労様です。

やはりベンテケがトップだと試合運びがやりにくそうなのが気になりますね。
ベンテケのコンディションなのか、クロップサッカーにフィットしにくいのか…。
しかし、いま9番はベンテケしかいないですし、得点は決めているのでがんばってほしいです。
途中交代のヘンドも気になり怪我人も多いですが、おっしゃるとおり今シーズンは未来へ向けた第一歩だと考えて、成長していくチームに期待したいです。
2015年、楽しい記事をありがとうございました。
2016年も拝読させていただきます。
  • nyonsuke
  • 2016/01/01(Fri)03:51:43
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ