【Aston villa×Tottenham】完勝のアストン・ヴィラ戦にみる、トッテナムが強い理由

あらあら、と思わず声に出してしまいました。ヨーロッパリーグのドルトムント戦は出場停止だったデル・アリはともかく、お休みしていたエリック・ダイアーは当たり前のように復帰し、ハリー・ケインとデンベレもスタメン。ポチェッティーノ監督がヨーロッパリーグを軽視したとまではいいませんが、「プレミアリーグでは絶対負けない」という選手起用なのは確かです。そしてまた、スタメンに戻ったエースとデル・アリがしっかり仕事をして勝ってしまうところが見事です。

ハリー・ケインはフェイスガードに慣れたのでしょうか。相手がプレミアリーグ最下位のアストン・ヴィラで守備が緩かったとはいえ、3分にカウンターを仕掛けたラメラが美しいラストパスをハリー・ケインに通し、エースがレスコットを簡単に振り切るのをみて、今日は勝つだろうと思いました。このシュートはクロスバーに阻まれたものの、結局、デル・アリとハリー・ケインのホットラインで2発完勝。ハリー・ケインは今季プレミアリーグで19ゴールとなり、レスターのジェイミー・ヴァーディに並びました。

トッテナムの攻撃は、余計な手数をかけず、シンプルです。7分のラメラのシュートは、アルデルヴァイレルトとデンベレがビルドアップ、右にいたカイル・ウォーカーを走らせると、グラウンダーがデル・アリにつながり落としをフィニッシュ。その1分後のデル・アリの強烈な一撃は、これもアルデルヴァイレルトから始まり、楔を受けたエリクセンがダイレクトでラメラ、ラメラもダイレクトでデル・アリ。前に出たラメラをポストに使ってミドルを放ったデル・アリに迷いはありませんでした。細かくポジションを変えなければこれだけスムーズな連携はなく、一瞬でも空く選手を作らなければシュートで終われません。2つのチャンスは、このチームが毎試合117キロを走破していることも、シュートが多いこともうなずけるシーンでした。

前に味方がおらず、コースが空いたと見て取るや、思い切りよくロングシュートを打ってくるのもこのチームの特徴です。18分のエリクセンの右足は、右のポストのすぐ脇を滑っていくきわどい弾道。エジルなら絶対に打たないエリア。マタもサイドの選手の上がりを待つでしょう。24分には、敵陣で相手のクリアミスをラメラが競り、こぼれたボールをエリクセンがハリー・ケインにつなぎ、左から上がったダニー・ローズに展開。折り返しのグラウンダーをハリー・ケインがボレーし、GKグザンがかろうじて足でセーブという決定機を創ります。28分、ハリー・ケインが20メートル以上あるところから迷わずミドル。ストライカーがオールラウンダーで、プレイの好き嫌いがないのも、トッテナムの攻撃を多彩なものにしています。

30分にラメラがポストにぶつけた絶好機も、最後方のアルデルヴァイレルトから右のカイル・ウォーカーにロングフィードが通り、右SBが縦にドリブルしてグラウンダーとパス2本です。プレミアリーグ最下位のヴィラの攻撃が迫力を欠き、スパーズファンは安心して観ていられるゲームだったものの、先制までは45分が必要でした。このゴールは、デル・アリのセンスのよさがもたらしたゴールです。中央でつぶされたとき、すかさず立ち上がって周囲を見た20番は、左で手を上げて呼んでいるエースと目が合いすかさずロングパス。ハットンの対応は完全に遅れ、右隅を狙ったハリー・ケインのシュートコースは完璧でした。前半は0-1ながら、枠内シュートは1-6。プレミアリーグ優勝を狙うクラブは、後半早々に追加点を決めてホームチームを引き離します。

2つめのゴールは、カウンターからでした。48分、自陣左サイドでパスをカットしたデル・アリがエリクセンに落とすと、ハリー・ケインを経由したボールが中央のラメラへ。左のデル・アリに展開した後、ペナルティエリア手前まで運んだ20番は、ラメラの裏から入ってきたハリー・ケインを見ていました。走り負けたアリ・シソコは何もできず、ボレーが左隅に吸い込まれ、0-2。今のヴィラに、この差は絶望的です。

59分のカイル・ウォーカーのミドルは、ダニー・ローズからのサイドチェンジ一発。直後のラメラの左足シュートは、デンベレの縦パス1本。トッテナムの攻撃はやはり最短距離、最大効率です。75分にエリック・ダイアー、デンベレ、エリクセンとつないだ中央突破は、ハリー・ケインの落としからうまく抜けたラメラが気のないシュートを打ったのを叱らないといけません。0-0なら、もっと力のこもったシュートを放っていたのではないでしょうか。最終盤に、ようやくヴィラが反撃。84分にアイェウが左からゴールライン際を突破してシュートをポストに当てると、中のゲステデの左足もクロスバー。87分のCKをゲステデにヘッドで流されたシーンも危険だったものの、スコアは動きません。0-2のクリーンシートは、ドルトムント戦で完敗したショックを感じさせないスパーズらしい勝利でした。

ポジションの細かいチューニングを厭わない走るサッカー。縦への志向が強く、ダイレクトパスを駆使したシンプルな攻撃。複数の選手が一斉にダッシュを始める、意志疎通の取れたカウンター。エリック・ダイアーがバイタルエリアをつぶし、アルデルヴァイレルトが危険なスペースをカバーする安定的な守備。トッテナムが強い理由がわかる90分でした。アルデルヴァイレルトは、攻撃面の貢献度も高いですね。デンベレやデル・アリが走り回るこのチームが、プレミアリーグNo.1の運動量を失わない限り、最後まで優勝争いに残るでしょう。レスターも強いですが、こちらも強いです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

更新おつかれさまです。
管理者様がそこまで褒めていただけるなんて嬉しい限りです。なんですが、後半ラスト10分のバタバタは昨シーズンや今シーズン前半のようで、ヒヤヒヤしました。ここらへんが今シーズン加入の若いビマーとスパーズ4年目でトビーとアヤックスでもコンビを組んでいたヤンの違いなのかなと思いました。ビマー1人の責任ではありませんが、疲れなのか若さなのかガナーズ戦もそうでしたが、少し気持ちに隙が生まれる瞬間がありました。コスタやアグエロなら決めるでしょうし、サンチェスには決められてます。すみません、少し辛口になってしまいました。
シーズン開幕前はなんとか4位以内に入れるかもしれない。開幕当初はケインはジンクスか?今年もEL圏内かな。と思っていたのにまさかの優勝争い、相手が大躍進レスターと宿敵ガナーズとなれば要求が高くなってしまってるようです。笑
それはそうとスパーズの今シーズンの特徴として両センターバックの縦への意識が高いことが挙げられます。楔のパスはもちろん、トビーは美しいロングパスも持っています。実はこの特徴の裏にはロリスがパス回しに多く参加している事があります。成功率、本数共にリーグ1位だった気がします。チラッと記事を見てソースどこだか忘れちゃってますが。名GKが集まるプレミアリーグで現代GKに1番近いのは実はロリスなのかもしれませんよ。

長文失礼しました。
  • にわかスパーズファン
  • 2016/03/15(Tue)10:47:34
  • 編集

無題

アルデルヴァイレルトが加入して、最終ラインからビルドアップできている事は今季のスパーズ躍進の隠れた要因ですね。

フェルトンゲンの復帰も近付いているようで、ボールを使った練習を再開していますし、ユナイテッド戦に間に合ってマルシャルやラシュフォードを沈黙させて欲しいです(笑)
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2016/03/15(Tue)15:32:32
  • 編集

コメントありがとうございます。

にわかスパーズファンさん>
ロリスの記事、「スカイスポーツ」ですね。私は、こちらに記事を書きましたので覚えてます。
http://sportie.com/2016/02/premie-league-gk

プレミアリーグ大好き!さん>
最初の1行は大賛成ですが、その後の2行はやめてください(笑)
  • makoto
  • 2016/03/15(Tue)21:30:55
  • 編集

無題

ソースありがとうございます。
まさか管理者様も記事を書かれていたとは。勉強不足申し訳ございません。
  • にわかスパーズファン
  • 2016/03/16(Wed)01:09:52
  • 編集

コメントありがとうございます。

にわかスパーズファンさん>
いえいえ。おもしろいデータですよね。
  • makoto
  • 2016/03/16(Wed)07:45:25
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ