【Crystal Palace×Leicester】勝負強いレスター。マフレズの一撃で3試合連続の1-0勝利!

GKシュマイケル、最終ラインにシンプソン、フクス、モーガン、フート。カンテ、ドリンクウォーター、オルブライトン、マフレズの中盤に、岡崎慎司とヴァーディの2トップ。負傷者が少ないレスターは、いつものメンバーです。パーデュー監督のクリスタル・パレスは、FAカップで準決勝に進出する一方で、プレミアリーグでは12試合勝利なし、ホーム5連敗中と絶不調。セルハースト・パークのアウェイゲームで、ラニエリ監督は着実に勝ち点を積み上げ、優勝に近づきたいところです。とはいえクリスタル・パレスの優勝候補いじめには定評があり、2年前にはリヴァプール相手に、ラスト15分から0-3をドローに持ち込む離れ業を演じており、多少のリードでは気を抜くことはできません。静かな立ち上がりながら、スタンドからはホームチームを鼓舞するチャントが鳴り響いています。

7分、レスターに最初のチャンス。岡崎慎司が左から突破して上げた浮き球は、中のマフレズが捉えきれずにクリアされてしまいます。18分にドリンクウォーターが左足で出した素晴らしいスルーパス一発で、マフレズがGKヘネシーと1対1になった絶好機は、脇を狙ったシュートをヘネシーが腕に当て、0-0は変わりません。キャバイェ、ボラシェ、ザハ、アデバヨルとタレントが揃うホームチームは、シュートレンジでいい形が創れずに攻めあぐんでいます。相変わらずカウンターにキレがあるレスターのほうに、ゴールの匂いを感じます。

ラニエリ監督のチームを見ていると、毎試合変わらない安定感に舌を巻きます。いつも同じメンバー、同じサッカーで、プレミアリーグのライバルたちには研究されているはずなのに…。モーガンとフートはサイドからのクロスを先に触らせません。岡崎慎司とカンテは足が止まりません。相変わらずマフレズのドリブルは脅威です。そんな徹底度の高い首位チームが珍しく乱れたのは、28分にボラシェに左サイドを崩されたシーン。フクスがレドリーのマークで中に絞らされ、ファーでザハがフリーになる千載一遇のチャンスは、11番がボレーをミートできず助かりました。

すると34分、先制はやはりレスター。岡崎慎司に上がったハイクロスのクリアをダイレクトで左に出したドリンクウォーターが秀逸でした。1本縦に持って、すかさずグラウンダーをDFの股間に通したジェイミー・ヴァーディと、中に走り込んで軽々とボレーを決めたマフレズは、なぜ止まらないのでしょうか。マフレズのゴールは、今季プレミアリーグで4番めに多い16発めです。

1点ビハインドとなったクリスタル・パレスは、すかさず反撃に出ます。36分、左から持ち込んだボラシェの左足シュートは、モーガンに当たってコースが変わり、シュマイケルが何とかクリア。その3分後、追加点を狙って中に斬り込んだオルブライトンの一撃は、ヘネシーが素晴らしい反応でセーブします。前半は0-1。劣勢のパーデュー監督は、スアレとアデバヨルを下げて、バカリ・サコとマーティン・ケリーを投入しました。

後半最初のシュートは47分、オルブライトンの縦パスを受け、振り向きざまに狙った岡崎慎司。好調の日本代表FWは、48分にマフレズに打たせたヒールパスも見事でした。56分、ロングスローに走り込んでヘッドで合わせたのも岡崎でしたが、ふわりとしたボールを落とせず、今季プレミアリーグ6ゴールめは決まりませんでした。レスターは、試合を重ねるごとに遅攻もうまくなっています。なかなかシュートを打たせてもらえないながらも着実に時間は減り、ボラシェの突破以外に手がないクリスタル・パレスは厳しい状況に追い込まれています。

71分、ホームチームがようやくチャンスを創りました。左からサコが入れたアーリークロスは危険なボールでしたが、中の選手たちが触れず逆サイドに抜けてしまいます。右にまわったサコが放った左足のミドルは、難しいバウンドになったもののシュマイケルが確実にキャッチ。75分、ラニエリ監督は疲れがみえた岡崎をウジョアにチェンジします。83分にはサコが再度、強烈な左足ミドルを枠に蹴り込むも、シュマイケルが無理せずパンチで逃れました。マフレズをシュラップ、ヴァーディをアマーティは、守り勝つ意図でしょう。92分、右からのCKをスコット・ダンがヘッドで折り返し、デラニーが左足で打ったボレーは決定的でしたが、フートのチェックを気にしたためにうまく落とせず、クロスバーに阻まれてしまいました。しぶといレスター、3戦連続1-0でプレミアリーグ3連勝!残り7試合を5勝2分で優勝が決まります。

日替わりヒーローのレスターのなかで、最も素晴らしかったのはドリンクウォーターではないでしょうか。決定機を創った前半の2つのパス、セカンドハーフの中盤のコントロール。新しもの好きのホジソン監督が、イングランド代表に初選出したのもうなずけます。一方、ボラシェ頼みだったクリスタル・パレスの攻撃は連携が弱く、敗戦もやむなしでしたが、これからレスターと戦うチームに貴重な攻略のヒントを残してくれたのではないでしょうか。バカリ・サコの2つのミドルです。サイドの選手が中に持ち込み、シンプソンやフクスをかわしたら即シュートという攻撃を仕掛けているうちに、堅守のモーガンとフートが引っ張られ、裏が空く状況を創れるのではないかと思いました。次はセインツでしたっけ。マネ、タディッチ、バートランドらがレスターをどう崩すのかに注目します。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

更新お疲れ様です(^◇^)

またまた手に汗握る熱戦でしたね。試合を決めたのはマレズでしたが、カンテは相変わらず効いてましたしシュマイケルもグッドセーブがありましたし最後にはバーも味方してくれました。

パレスのサイドからの攻撃は怖かったですね。ポラシやサコはスピードありましたし、パレスはセットプレーが得意なのもあって終盤のコーナーキックの連続はヒヤヒヤものでしたよ。

次戦はインターナショナルウィークを挟んでサウサンプトン戦ですが、管理人さんがおっしゃるようにマネやタディッチは怖いですね。願わくば代表初招集のカンテやバーディなどが代表での経験をいい風にチームに還元してくれることを期待しつつ、次戦も楽しみたいです(^_^)。
  • ロビー サベージ
  • 2016/03/20(Sun)16:12:42
  • 編集

コメントありがとうございます。

ロビー サベージさん>
最後は危なかったですね。運も含めて、レスターに勢いがあるなと思います。次戦はマネに要注意です。レッズ戦、凄かったので。
  • makoto
  • 2016/03/21(Mon)21:46:46
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ