【Chelsea×Saints】アザール、セスク、ジエゴ・コスタ!シンプルな攻撃が冴えたチェルシーが4発快勝!

プレミアリーグ34節延期試合、チェルシーは本拠地スタンフォード・ブリッジにサウサンプトンを迎えます。トッテナムに4差に迫られたコンテ監督のチームが、ここでさらに差を詰められるといよいよ優勝の行方がわからなくなります。ペドロこそベンチスタートながら、スタメンはほぼベストといっていいでしょう。GKクルトワ、DFアスピリクエタ、ダヴィド・ルイス、ケーヒル。カンテとマティッチがセントラルに入り、ヴィクター・モーゼスとマルコス・アロンソがWB。アザールとセスクが左右のウイング、トップはジエゴ・コスタという布陣でしょうか。開始早々の3分にガッビアディーニがこぼれ球に迫りますが、クルトワが飛び出してセーブ。反撃に出たチェルシーは、5分にあっさり先制します。セスクの縦パスで右に流れたジエゴ・コスタが吉田麻也を引っ張り出し、味方の上がりを待ってニアに折り返すと、ロメウを振り切ったアザールがダイレクトでシュート。クロスに飛んだボールは、狙い通りに左のポストの根元に当たってサイドネットを揺らしました。

堅守のプレミアリーグ首位チームに先制されたセインツは、この後もチェルシーの速攻に脅かされます。12分、セスクが敵陣でインターセプトに成功すると、アザールを楔に使って右のヴィクター・モーゼスに展開。ジエゴ・コスタがボックス右でボールをもらうところまでは1点めと近い形でしたが、エースはシュートを選択し、スティーブンスに阻まれてしまいます。セインツはハーフライン手前で網を張るチェルシーの中盤に悩まされ、サイドを崩す形に持ち込めません。18分、またもハーフラインでセスクがインターセプトし、すかさず前線のジエゴ・コスタに送ると、ダイレクトのスルーパスをアザールもノートラップでシュート。ツータッチでフィニッシュに持っていくあたりが、いかにもコンテスタイルです。

縦パスをサイドに展開し、相手の陣形が整わないうちに中へ。チェルシーの速い攻撃に、吉田麻也とスティーブンスはゴール前でカットするのが精一杯です。ところが23分、左サイドで直接FKをもらったセインツが、ワンチャンスを活かします。ウォード=プラウズが中に入れたボールのクリアをスティーブン・デイヴィスがミドルシュート。これがCKとなり、左からのキックがケーヒルに当たって逆サイドに流れると、ガッビアディーニのシュートをクルトワが弾き、こぼれ球をロメウが押し込んで同点です。これで落ち着いたセインツは、セドリク・ソアレスとバートランドの両SBが積極的に仕掛けてくるようになりました。33分、ボックス左脇からのFKをウォード=プラウズが狙うと、クルトワが体を伸ばしてパンチ。その1分後、右サイドに出たカンテが単独突破で2人をかわし、吉田麻也まで抜いて中に入れるとスティーブンスが必死のクリア。マルコス・アロンソの速い折り返しもはね返され、チェルシーのチャンスは潰えました。

41分、カンテがブファルを倒したFKをウォード=プラウズが巻いて狙うと、壁がブロック。ニアの競り合いから中央に流れてきたCKに吉田麻也のダイビングヘッドは届かず、ブファルのシュートは角度が厳しくポストの外に抜けていきます。一気に前線に出たボールをボックス左でキープしたのはアザール。切り返しから打つと思いきや、中のジエゴ・コスタに流すもタイミングが合わず、セインツは命拾いします。しかし46分、チェルシーは右のCKから勝ち越しゴールを奪います。逆サイドに流れたボールをカンテがファーに入れると、マルコス・アロンソが頭で折り返したボールをケーヒルがヘディングシュート。足元に叩きつけられた一撃をGKフォースターは触れず、プレミアリーグ首位チームは最高の形でハーフタイムを迎えました。

静かに立ち上がったセカンドハーフ。徐々にペースをつかんだチェルシーは、53分に3点めを奪います。セスクがアザールを使ったショートコーナー。リターンをもらったセスクがゴール前に浮かすと、ジエゴ・コスタが今季プレミアリーグ18発めをヘディングで突き刺しました。57分、タディッチが右から放ったミドルはクルトワがセーブ。吉田麻也とガッビアディーニがCKからゴールに迫るもチェルシー守備陣が落ち着いてクリアします。62分に左からアザールが上がり、ニアに流したボールをマルコス・アロンソがダイレクトで叩きますが、フォースターが正面でキャッチ。ピュエル監督は68分に足を痛めたブファルを下げ、レドモンドを投入します。

68分、左からのCK。逆サイドのゴールライン際でトラップしたガッビアディーニは、さすがにシュートという選択は強引でした。カンテがボックス手前まで攻め上がり、マティッチが左から突破を図るぐらいにチェルシーには余裕があります。セインツのクロスのタイミングとコースはクルトワに読まれており、中央の選手は競り合うこともできません。78分にセスクが下がってペドロ登場。80分のチェルシーのカウンターは、中央からドリブルで上がったアザールのラストパスでカンテがフォースターと1対1になるも、チップキックは右手で弾かれてしまいます。ウォード=プラウズがシェーン・ロングに代わると、ガッビアディーニはジェイ・ロドリゲスとバトンタッチ。ヴィクター・モーゼスとチェンジしたテリーは、今季6試合めのプレミアリーグです。

チェルシーが決定的な4点めを決めたのは、89分。左サイドでボールをキープしたジエゴ・コスタが、アザールとワンツー、ペドロとワンツーでゴール前に抜け出し、右足でゴール左に叩き込みました。94分にセドリク・ソアレスのクロスをバートランドにヘッドで決められたのは、勝利が決した試合での「チェルシーあるある」。4-2でセインツを下したチームは、自分たちに加えてアーセナル、リヴァプールを次々と倒したクリスタル・パレスがロンドンダービーでスパーズを叩いてくれるのを待つことになります。

ジエゴ・コスタ、アザール、セスクが躍動したゲームというのが素直な表現ですが、カンテのバックアップが光った一戦でもありました。中盤でのボールの散らし、サイドからの突破、勝ち越しゴールを生んだクロス、カウンターでのスプリントと、守備ばかりでなく攻撃での貢献度も絶大。多くの選手が今季プレミアリーグのMVPに指名し、PFA最優秀選手に輝いたのもうなずけます。セスクとアザールは相変わらず連携がよく、体調を崩してマンチェスター・ユナイテッド戦をスキップしたマルコス・アロンソも完全復調。次のエヴァートン戦を勝ち切れば、難しい相手は残っていません。さすがコンテ監督、やはり強いです。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

「守るMVP」はテリー以来の快挙!PFA最優秀選手はカンテ、最優秀若手選手は16ゴールのデル・アリ!

エデン・アザールが獲るのではないかという私の予想は外れました。イングランドサッカー選手協会(PFA)に所属する約4000人のプレーヤーが選んだ年間最優秀選手賞は、チェルシーのMFエンゴロ・カンテでした。プレミアリーグ18節のボーンマス戦を除く32試合に先発出場、ゴールは9節のマンチェスター・ユナイテッド戦で決めた1本のみ。過去5年の受賞者は、ロビン・ファン・ペルシ、ガレス・ベイル、ルイス・スアレス、エデン・アザール、リヤド・マフレズと前の選手ばかりで、守備力が評価された選手の受賞は2004-05シーズンのジョン・テリーまで遡ります。週末のプレミアリーグを共に戦う選手たちが、カバーリングや運動量というカンテの目に見えない貢献を評価したということを素晴らしいと思います。チェルシーの快進撃は、彼なくしては語れません。ご本人ならびにクラブ関係者、サポーターのみなさん、おめでとうございます!

インターセプト数はプレミアリーグ7位の72、ボールタッチ数2393は6位、パス本数1899は5位で、タックル数110はエヴァートンのイドリサ・グイェに次ぐ2位。これらの数字を見れば、カンテがいかにチェルシーの中盤の組み立てと守備に関わっていたかがわかります。「代えがきかない(元イングランド代表MFダニー・マーフィー)」、「MFはこうあるべきと定義した(フィリップ・ネビル)」と、彼のポジションの難しさを理解するプレミアリーグOBたちは手離しで称賛。中盤の底をカバーする姿や、相手のキーマンをサイドまで追いかけていってつぶす姿が印象に残りますが、速攻の起点となるパスや左右へのボールの散らしなど、攻撃的なセンスも備えたオールラウンダーです。投票数で2位だったアザール、3位のイブラヒモヴィッチも、相手がカンテなら納得でしょう。

「選手の投票で選ばれたということがとても嬉しい。誇りに感じる」と受賞の喜びを語ったセントラルMFは、「ここまでは素晴らしかった。最高の形で終えられた昨シーズンのように、今季も結果を出して締めくくりたい」と優勝を見据えて気を引き締めています。異なるクラブでプレミアリーグ連覇となれば、前年のマーク・シュウォーツァーに続く2人めの快挙です。レスターから来た26歳のMFが最後まで真価を発揮し、得意の速攻が輝きを失わなければ、コンテ監督の3-4-3が今季の頂点に立つことになります。

一方、23歳以下のヤングスターに贈られる年間最優秀若手選手賞は、チェルシーを4差で追うトッテナムから選出されました。プレミアリーグ32試合16ゴール7アシストという出色の数字を残したデル・アリは、昨季に続く受賞です。2年連続受賞を成し遂げたのは、マンチェスター・ユナイテッドのライアン・ギグスとウェイン・ルーニー、リヴァプールで活躍したロビー・ファウラーのみ。4人めとなったデル・アリも、プレミアリーグの顔として長く活躍してくれるでしょう。

今季のプレミアリーグで、20歳のアタッカーがゴールを決めた試合は11勝2分と負け知らず。チェルシーとマンチェスター・シティ相手に2ゴールずつ叩き込んでおり、チャンスを確実にものにする勝負強さも兼ね揃えています。「これからも戦い続けて、チームとして上をめざすよ」と語ったデル・アリの次なる目標は、欧州で確固たる実績を積むことでしょう。今季のチャンピオンズリーグは満足できる結果を残せませんでしたが、次のシーズンこそは決勝トーナメントに進出し、素晴らしいゴールとアシストを重ねていただければと期待しています。

一騎打ちとなったチェルシーとトッテナムは、残すところ6試合。カンテとデル・アリのどちらがタイトルに手が届くでしょうか。チェルシーは本日、スタンフォード・ブリッジでサウサンプトンと戦い、トッテナムは1日遅れで難敵クリスタル・パレスの本拠地セルハーストパークに乗り込みます。どちらも負けられない一戦。プレミアリーグ年間MVPと若手No.1のプレイに注目したいと思います。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

【Liverpool×Crystal Palace】歴史は繰り返す…ベンテケ2発で古巣にリベンジ!6戦連続でホームが敗戦!

2014年5月5日、プレミアリーグ2013-14シーズン第37節。前節のチェルシー戦を落とし、マンチェスター・シティに得失点差で上にいかれたリヴァプールは、セルハーストパークに乗り込んだクリスタル・パレス戦で、残り12分まで0-3でリード。スアレス・アンド・スタリッジ、通称SASがゴールを重ねた勝ち試合は、79分のデラニーのゴールからたった10分で暗転しました。ドワイト・ゲイルに2発叩き込まれて痛恨のドロー。最後の5戦を全勝したマン・シティに勝ち点2差で及ばず、悲願のプレミアリーグ初優勝はならず。以降、レッズはサウスロンドンのクラブを苦手としており、過去5戦はアンフィールドで2敗、敵地で3勝とすべてアウェイチームが勝つミステリアスなカードとなっています。3月に入ってからの7試合を5勝2分と負けなしで過ごし、完全に復調したレッズはアンフィールドの一戦で勝ち点3を奪えるでしょうか。GKミニョレ、DFナサニエル・クライン、マティプ、デヤン・ロブレン、ミルナー。アンカーにルーカス、インサイドMFはエムレ・ジャンとワイナルドゥム。コウチーニョ、フィルミーノ、オリギの3トップも予想通りです。

16位に沈むクリスタル・パレスも、最近の7試合を5勝1分1敗と絶好調。ロングボールをベンテケに集め、ザハとタウンゼントがサイドを崩す戦術でアーセナルに3-0と完勝したアラダイス監督は、リヴァプールにも同じアプローチを用いるのでしょうか。キックオフから10分経ってもアラダイス監督の出方がわからなかったのは、リヴァプールが圧倒的にボールを支配していたからです。ミルナーとナサニエル・クラインにボールを預けてサイドの隙を窺い、クロスがはね返されるとワイナルドゥムやエムレ・ジャンがしつこく追いかけて敵陣で奪取。アウェイチームは、時折ザハがドリブルで仕掛けるぐらいで、圧倒的なポゼッションを許しています。とはいえ、レッズもなかなかフィニッシュに持ち込めず。クリスタル・パレスの中央の守備は堅く、フィルミーノやコウチーニョは速い寄せに苦労しています。

21分、ドリブルで持ち込み、シュートコースをキープしたベンテケが右隅を狙うミドルシュート。ここまでシュートが打てなかったレッズは、その鬱憤を晴らすようなスーパーゴールで先制しました。24分にボックス手前やや左から蹴ったコウチーニョのFKは、壁を越えたあたりで急激に曲がり、左のサイドネットに突き刺さる驚愕の弾道。GKヘネシーはノーチャンスでした。ボールを奪われたレッズは、前線と中盤の選手たちが素早く寄せて、縦を狙うザハとタウンゼントは最終ラインがケア。ベンテケめがけて上げるハイクロスはCBとミニョレが落ち着いてさばいています。38分、ミルナーのパスで左サイドに出ていたワイナルドゥムがフリーになり、アウトにかけたグラウンダーをエムレ・ジャンがダイレクトで狙うも明らかなシュートミス。このままハーフタイムかと思いきや、クリスタル・パレスが43分にワンチャンスを活かします。

ウォードの縦へのフィードでデヤン・ロブレンを出し抜いたのは、ヨアン・キャバイェ。右サイドからのクロスは正確で、ナサニエル・クラインを振り切ったベンテケは左足で面を作って押し込むだけでした。古巣相手に今季プレミアリーグ13ゴールめを決めたストライカーは、この後もナサニエル・クラインをかわして右足でシュートを放ち、ミニョレのゴールを脅かします。前半は1-1。フィニッシュに持ち込めないレッズは、ミドルシュートやダイレクトパスで中が厚い相手を揺さぶらなければ、次のゴールは奪えないでしょう。

49分、右のフィルミーノがルーカスに下げ、前線のコウチーニョにパスが通ると、左足のミドルは浮いてしまいました。レッズの波状攻撃は続き、コウチーニョが3人をかわして切り返しから放った52分のシュートは、トムキンスが体を投げ出してカット。圧倒的なレッズペースではあるものの、クリスタル・パレスはこういう展開からチェルシーとアーセナルを倒しています。59分、ルーカスのスルーパスでフィルミーノが縦に抜け出しますが、飛び出したヘネシーが先に追いついてボールを懐に収めます。強者が攻めあぐみ、後ろが薄くなる展開はアラダイス監督の思う壺。前線にアクセントを加えたいクロップ監督ですが、ベンチに若手しかいないのが悩ましいところです。

71分、ベンテケが頭で落としたボールをパンチュンが左足で狙うとDFがカット。さらにこぼれ球にベンテケが左足を振り抜くと、前線に残っていたキャバイェの足元に届き、右足のシュートがバーのすぐ上を抜けていきます。74分、CKからの失点がプレミアリーグで最も多いレッズが、ついに勝ち越しゴールを献上してしまいました。タウンゼントのキックをフィルミーノがクリアしきれず、流れてきたボールを頭で押し込んだのはまたもベンテケ!直近4試合で3ゴールを決めていたエースは、古巣相手の大事な試合でリベンジを果たしました。アーノルド、アルベルト・モレノ、グルイッチを次々と投入したクロップ監督は、今や大黒柱となったママドゥ・サコを使えなかったチームを崩すことはできませんでした。ポゼッション72%で枠内シュート1本は、強者が敗れるときの典型的な数字です。

レッズのアタックで気になったのは、球離れの悪さとオリギの役割が中途半端だったことです。コウチーニョがドリブルで仕掛けるシーンが目立った赤いチームは連動性に欠け、クリスタル・パレスの守備陣の読みを外すことができませんでした。下位に取りこぼす強者と、アウェイを苦にしない弱者の対決は、6戦連続でアウェイチームの勝利です。歴史は繰り返す…3年前にクリスタル・パレスに優勝への道を閉ざされたリヴァプールは、激痛の敗戦によってプレミアリーグ4位以内から引きずりおろされるのでしょうか。2試合消化が少ないマンチェスター勢と3試合少ないアーセナルが、直接対決以外の延期試合を全勝すれば、リヴァプールは6位まで落ちる可能性があります。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

【Burnley×MAN.UTD】マルシアル&ルーニー!0-2完勝のマン・ユナイテッド、連続無敗記録は23!

プレミアリーグ34節、バーンリーの本拠地ターフ・ムーアで戦うアウェイゲーム。木曜日のヨーロッパリーグでロホとズラタンを失ったモウリーニョ監督は、欧州の激戦で120分走ったムヒタリアン、キャリック、ラシュフォード、ルーク・ショーを休ませました。最終ラインはダルミアン、バイリー、ブリント、アシュリー・ヤング。前線はルーニーをトップに据え、左右にリンガードとマルシアル。温存したエレーラがアンカーに入り、左右のインサイドMFにはフェライニとポグバです。ホームのプレミアリーグでは10勝2分4敗と滅法強いダイチェ監督のチームに対しては、前線のアシュリー・バーンズやアンドレ・グレイへのボールの供給源であるジョーイ・バートンとロビー・ブレイディを抑えなければなりません。直線的に攻めるバーンリーに対して、マン・ユナイテッドは慎重に対応。プレスを嫌って低い位置でビルドアップしており、5分を過ぎても前線に効果的なボールを出せません。

白いシャツのアウェイチームが最初にチャンスをつかんだのは、9分。左からマルシアルがドリブルで仕掛け、ゴールライン際から折り返すと、エレーラがつないだボールをルーニーが左足でシュート。DFに当たって勢いを失ったボールは、ヒートンが確実にキャッチします。12分、アシュリー・ヤングが高く上げたCKで完全に競り勝ったフェライニのヘッドは、ヒートンの正面。アンドレ・グレイやバーンズがサイドに流れて仕掛けてくるバーンリーのアタックには、バイリー、ブリント、フェライニが中央を締めてシュートを打たせません。

18分、リンガードが中央から上がったカウンターは、左でボールをもらったルーニーがクロスをミス。しかし21分の2度めのカウンターはきれいに決まり、マンチェスター・ユナイテッドが先制します。マルシアルがドリブルで真ん中を突破し、右のエレーラに預けてゴール前に走ると、好調のMFからの完璧なリターンでヒートンと1対1となり、左足のシュートを難なく流し込みました。苦しんでいたサイドアタッカーの今季プレミアリーグ4ゴールめでリードしたマンチェスター・ユナイテッドは、余裕をもってゲームを進めています。

28分、バーンリーに久しぶりのチャンス。右サイドから抜け出したSBロートンは、ニアに入れたボールのタイミングがわずかに早く、デ・ヘアに捕られてしまいます。ボックスの中でマルシアルからのパスをもらってシュート態勢に入ったルーニーは、後ろからバートンにチャージされてPKをアピールするも笛は鳴らず。36分にブレイディがゴール前に上げたFKは、走り込んだベン・ミーが一歩及びません。すると39分、追加点をお膳立てしたのは、懐の深いターンでブレイディとバートンを翻弄したポグバでした。スルーパスで抜け出したマルシアルがヒートンと1対1になると、角度のないところからのシュートはGKが体に当てますが、後ろにこぼれたボールをルーニーが左足でプッシュ!22節のストーク戦で左から決めたFK以来のゴールに、キャプテンは喜びを爆発させています。前半は0-2で終了。プレミアリーグで23戦連続無敗のチームは、この間2失点以上が1回もなく、バーンリーの逆転は望み薄です。

ダイチェ監督はハーフタイムにベン・ミーを下げ、タルコウスキーを投入。バーンリーが押しているというより、持たされているといったほうが妥当でしょう。53分、左から上がったポグバがボックス手前から放った強烈なミドルはヒートンがセーブ。バーンリーの指揮官はボイドをグズムンドソンに代えますが、単調なクロスはマンチェスター・ユナイテッドの最終ラインに落ち着いてクリアされ、決定的なシーンは訪れません。63分にリンガードが中央から仕掛け、左のルーニーに優しいラストパスを流しますが、ルーニーはスリップして絶好機を逃してしまいます。モウリーニョ監督の1枚めは、70分にリンガードをラシュフォード。指揮官がよく口にする「ゲームを殺す」とは、まさにこういう展開です。今日のバイリーとブリントは、ラストパスが入るポイントに先回りできており、安心して見ていられます。

80分にマルシアルと代わったムヒタリアンは、2分後にラシュフォードに素晴らしい縦パスをフィード。ラインの裏を取った19歳のストライカーは、ヒートンにコースを狭められてニアに外してしまいます。ポグバをキャリックに代えて時間を遣ったモウリーニョ監督は、不振だったマルシアルとルーニーが決めて勝つという結果に満足しているでしょう。マンチェスター・ユナイテッドが0-2で完勝し、プレミアリーグ連続無敗記録を23に伸ばしました。

モウリーニョ戦術が浸透している最終ラインとフェライニ、エレーラはポジショニングを間違えることがなく、当然のようにクリーンシートで試合を締めてくれました。ルーニーはいいときの動きにはまだ遠いものの、マルシアルには完全復活の予感が漂っています。11番がプレイする時間が増え、ポグバやムヒタリアン、ルーク・ショーとの連携がこなれてくれば、ズラタンを失ったことを忘れさせてくれる可能性は充分にあると思います。疲労が溜まった主力を休ませながら、チーム全体の力で奪った大きな勝ち点3。プレミアリーグ4位以内奪取に向けて、マンチェスター・ユナイテッドの視界は良好です。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ