【Swansea×MAN.CITY】苦しんだマン・シティ、アグエロの決勝PKでプレミアリーグ6連勝!

水曜日のEFLカップでは、1-2でマンチェスター・シティが競り勝ちましたが、スウォンジーはプレミアリーグで雪辱を果たすことができるでしょうか。リバティスタジアムで対峙した両チームは、3日前とは別なチームです。アレイシ・ガルシア、タセンデ、コンパニ、レロイ・サネらを起用していたペップ・グアルディオラ監督は、ギュンドアン、スターリング、ダヴィド・シルヴァと出場停止明けのアグエロを戻したベストに近い布陣。シグルズソンとジョレンテに加えて、プレミアリーグ3ゴールと好調のフェルまで外していたグイドリン監督は、彼らを先発に据えています。ノリートこそいないものの、ダヴィド・シルヴァとデブライネが揃ったマンチェスター・シティは脅威です。立ち上がりはスウォンジーの速攻に押され気味だったマン・シティ。ようやくエンジンがかかり始めた8分、フェルナンジーニョの見事な高速サイドチェンジから先制ゴールを奪います。

左サイドからのロングフィードを労せずトラップしたのはサニャ。中を確認したSBは、誰も動いていないと見るやニアのアグエロの足元にグラウンダーを通します。直近3年のプレミアリーグで67ゴールを決めているエースは、ジョルディ・アマトをトラップ一発で抜き去り、目の前にはGKファビアンスキだけ。強烈なシュートがGKの左足の脇を破り、0-1。フェルナンジーニョの視野の広さとプレイ選択のセンスが生んだ、電光石火の一撃でした。

ペップが相手となると、リードされただけでひるんでしまうチームが多いようですが、この日のスワンズはすぐさま反撃に出ました。12分、右からのパスをボックス手前で受けたシグルズソンが左のジャック・コークに展開すると、縦に走ったカイル・ノートンが落としを受けてシュート性のグラウンダー。つま先で軽く触ったジョレンテのシュートは決まりかと思われたのですが、ブラボが素晴らしい反応でセーブし、スコアは動きません。しかしその直後、ホームチームが同点に追いつきます。ジョレンテのクロスがクリアされると、拾ったのはシグルズソン。クロスを上げたばかりで前線に残っていたストライカーを使うべく出した浮き球のパスに、サニャがスリップしてしまいます。ジョレンテ、完璧なボレーでプレミアリーグ初ゴール!ホームチームがひっくり返す展開となれば、勝負はますますおもしろくなります。

3人の王様とスナイパーひとり、めまぐるしくポジションを変える11人。ダヴィド・シルヴァ、デブライネ、フェルナンジーニョが交互にプレーメイクし、オタメンディは敵陣に入り込んで楔のパスをフィード。中盤の真ん中を締めるギュンドアンは、最前線に攻め上がってデブライネのパスを決めようとしています。16分にはワンツーでボックスの手前まで上がったオタメンディがファールされ、デブライネのFKは大きくクロスバーを越えていきます。23分のスワンズの逆襲は、縦パスを受けたシグルズソンが右から最前線に走り込んだルートリッジにラストパス。トラップが丁寧であれば、ホームチームが勝ち越していたかもしれませんが、シュートを打てずにチャンスは潰えます。アグエロが右から上げた速いクロスに、足を上げたスターリングは触れず。34分、スターリングのヒールパスを左で受けたギュンドアンが中に流すと、フリーでもらったデブライネは珍しく左に外してしまいます

36分のシグルズソンの直接FKは、沈むボールをブラボが慎重にキャッチ。41分、ノートンのクロスをヘッドで狙ったジョレンテは、コースをコントロールできません。ギュンドアンの強引なミドルが右に切れていった後の45分、中央からのFKをデブライネがゴール左に出すと、オタメンディがヘッドで折り返すもコラロフよりファン・デル・ホールンが一歩先です。前半は1-1。ポゼッションでは4:6でしたが、両者ともシュートが7本だった最初の45分は互角といっていいでしょう。EFLカップ同様イーブンでハーフタイムを迎えたスウォンジーは、ここまでよくやっています。彼らが勝つために必要なのは、プレミアリーグ首位チームより先に次のゴールを奪うことです。

チャンスが多かったのは、ホームチームのほうでした。46分にルートリッジが入れたクロスがジョレンテに届いていれば、あるいは53分に右からルートリッジが浮かしたボールをファーにいたシグルズソンがボレーで沈めていれば…。チェルシー相手にエジルが決めたのと、ほぼ同じ位置からのシュートを、スワンズのMFは打ち上げてしまいました。56分、マン・シティの久々のチャンスは、ダヴィド・シルヴァのグラウンダーをアグエロが合わせるもアマトが必死のスライディング。全体が間延びし、自陣で奪ったボールをカウンターに持っていけないペップのチームは、今まで戦ったプレミアリーグのなかで最も窮地に追い込まれていたのだと思います。59分のショートカウンターは、右に出たアグエロからの折り返しをデブライネがそのまま叩いたほうが、スターリングに流すよりも可能性は高かったでしょう。

64分、決勝点は、ホームチームにとって実にもったいない形で決まりました。デブライネにひじ打ちを食らわせたと見做され、ファン・デル・ホールンにイエローカード、そしてPK。GKが動いたのを見たアグエロが、ど真ん中に緩いキックを浮かせた瞬間に勝負はほぼ決着しました。74分、アグエロのラストパスに左足を振り抜いたダヴィド・シルヴァの一撃は、DFに当たったボールをファビアンスキがぎりぎりで上に弾き出すナイスセーブ。ギュンドアンをフェルナンドに代えたチームに、同点に追いつかれる気配はありません。77分、ついに3点めが入りました。マンチェスター・シティ得意のカウンター。デブライネが縦に出したボールにスターリングが走り、ゴール前でカイル・ノートンを抜き去ると、ファビアンスキの脇を抜く文句なしのシュート。79分にフェルナンジーニョが最前線に飛び出したシーンは、ファビアンスキをかわしきれずにCKです。スコアは、このまま動けませんでした。サニャをサバレタ、足を痛めたデブライネをヘスス・ナバスに代えたマン・シティが、苦しみながらもプレミアリーグ開幕6連勝、公式戦10連勝を飾りました。

グイドリン監督の解任がささやかれるスワンズは、2試合連続でマンチェスター・シティを苦しめました。彼らにラストパスの正確さがあれば、勝ち点3に手が届いたかもしれません。こういう試合を勝利にもっていくのが、ペップのチームの強さです。今日は、デブライネにいつもの思い切りのよさと正確さがやや乏しく、PKがなかったとすれば、ダヴィド・シルヴァかフェルナンジーニョが勝利につながるプレイを見せていたのではないかと思います。意外性のあるプレイでゲームの流れを変えられる選手が何人もいるのが、彼らの強みです。連勝を止めるのはどこか…?次節、ホワイト・ハート・レーンのトッテナム戦が、危険なゲームのひとつであることは間違いないでしょう。激戦を期待します!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

デブライネ、ギュンドアン、シルバが揃うと何か凄いことが起こると思ってましたが
中央が窮屈になりすぎてしまいサイドアタッカーの必要性がよくわかりました
シルバが帰ってきたらデブライネが4週間離脱だとか・・・
スウォンジーはかなり良いチームでした
今日勝っていてもおかしくないですし
もっと上の順位にいても不思議ではありません
  • シティふぁん
  • 2016/09/26(Mon)06:42:59
  • 編集

無題

強いですね、シティは。。シティが良いのかペップがよいのか。
もちろん両方だとは思うのですが。

我が軍アーセナルも良くなってるとは思うのですが、そろそろシティにも一回くらい
つまづいてもらわないと。
せっかくの激戦区のプレミアリーグですので、頭ひとつ抜けられると面白くなくなっちゃうので。
どうかシティ様におかれましても、もう少しだけ手を抜いて、みんなでカオスを楽しみませんか?とご提案します。
デブライネが離脱と聞いたので、今がチャンスかと思いますww
  • ひろと
  • 2016/09/26(Mon)13:38:34
  • 編集

コメントありがとうございます。

シティふぁんさん>
スワンズ、しぶといですね。ボルハ・バストンがフィットしたら、さらにおもしろくなりそうです。マン・シティは、ノリートの存在は大きいですね。

ひろとさん>
まだ発展途上のチームなので、デブライネがいなくなると結構厳しいのではないでしょうか。アーセナル、リヴァプール、トッテナムは充分勝負できそうですね。
  • makoto
  • 2016/09/29(Thu)15:10:37
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ