【Hull City×Chelsea】ウィリアンの一発で展開は一変、終わってみればチェルシー完勝!

 プレミアリーグでは3試合勝利から見放されているチェルシーは、昇格チームから勝ち店3を奪い、いい雰囲気でインターナショナルマッチウィークに入りたいものです。プレミアリーグ7節、キングストン・コミュニケーションズスタジアムのハル・シティVSチェルシー。アウェイチームのスタ―ティングメンバーを見たときは、右にアスピリクエタ、左にマルコス・アロンソの両SBとダヴィド・ルイス&ケーヒルのCBコンビ、中盤の底にカンテ、アザール、マティッチ、ウィリアン、ヴィクター・モーゼスが4枚横に並んで、トップにプレミアリーグ6戦5発のジエゴ・コスタだと思っていました。

ところが試合が始まってみると、アスピリクエタはCBで、カンテとマティッチはカンテのほうが前にいるように見えます。3-1-3-3ということでしょうか!?3バックの前にマティッチ、中盤はマルコス・アロンソ、ウィリアン、カンテ、トップにジエゴ・コスタが入り、その脇にアザールとヴィクター・モーゼス…。少し様子をみてみましょう。立ち上がりから攻めているのはハル・シティ。3分にはスノドグラスのFKがジエゴ・コスタの頭に当たって右隅を襲い、クルトワがぎりぎりでセーブしてCKに逃れます。

リヴァモアから前線に出た素晴らしいロングフィードは、クルトワがムボカニに先着。サイドから再三クロスを入れてくるハル・シティに対して、チェルシーの最終ラインは落ち着きません。10分を過ぎると、アザールとヴィクター・モーゼスがドリブルで仕掛けるシーンが増え、徐々にチェルシーがイニシアティブを握り始めます。16分にはカンテのパスを受けたウィリアンがシュート性のグラウンダーを中に通しますが、エースは足を出せません。19分、ハル・シティが反撃。右のメイラーからのクロスがファーにいたライアン・メイソンに届きますが、2発のシュートはカンテに止められ、ゴールを陥れることはできません。

サイドを制圧しているチェルシーは、中央が堅いハル・シティの守備に手を焼き、攻めている時間の割にはフィニッシュがありません。33分、スノドグラスのFKはジエゴ・コスタがクリア。プレミアリーグに昇格したばかりのクラブとはいえ、精度が高いスノドグラスのプレースキックには要注意です。35分、右から思い切りよくミドルを狙ったのはヘンリクセン。47分にも敵陣でのインターセプトからライアン・メイソンが強烈なミドルを放ってクルトワが必死のセーブで逃げるなど、ハル・シティが健闘しています。マルコス・アロンソとダヴィド・ルイスという後ろの選手のヘディング以外にこれといったシュートがなかったチェルシーにとっては、不本意な45分でした。

マルコス・アロンソ、アザール、カンテ。遠めからではあるものの、後半のチェルシーはシュートへの意識を高めています。敵陣でボールを奪い、ウィリアンが何度も右からクロスを上げるものの、ハル・シティは中の人数が多く、高低いずれも通りません。58分、チェルシーがカウンターから決定機を迎えます。カンテのスルーパスを受けたジエゴ・コスタがGKマーシャルを抜き去り無人のゴールへシュート。必死で戻ったリヴァモアにかすかに当たったボールはポストを直撃し、跳ね返りをダイレクトで打ったカンテのシュートはクロスバーを越えていきます。前線への攻め上がりが多くパスワークが冴えていたカンテは、ここぞというシーンでシュートを外してしまいました。このまま0-0で進むかと思われた61分、昨季プレミアリーグで孤軍奮闘した男が、得意の位置から見事なシュートを叩き込みました。

 ジエゴ・コスタからパスをもらってDFをかわし、ボックスの外、左45度から右隅を狙ったのはウィリアン。外から巻いてくる弾道に、マーシャルは一歩も動けませんでした。これで楽になったアウェイチームは、64分にも左サイドからジエゴ・コスタが斬り込んで右足でシュート。67分にはマティッチがバックヘッドを狙うなど、チェルシーは枠内にシュートを打てるようになりました。68分、マティッチのシュートのこぼれ球に反応したジエゴ・コスタの右足シュートは、ウィリアンに似た角度。1点めよりも直線的なコースを辿ったボールは、呆然と見送るマーシャルの背後で右のサイドネットに突き刺さりました。エースの今季プレミアリーグ6ゴールめは、勝利を決める一撃でしょう。

81分にアザールをオスカル。84分にモーゼスをペドロ。遅い選手交代は、相変わらずのコンテ・タイムです。87分、オスカルが中に持ち込んだシュートはマーシャルが左に飛んでセーブ。終了1分前にマルコス・アロンソがゴールラインまでえぐると、グラウンダーに合わせたペドロのボレーは惜しくも左に外れます。ウィリアンと代わった21歳のチャロバーは、プレミアリーグ初出場。最後まで攻め続けたチェルシーが、クリーンシートの勝利でアーセナル戦のショックを払拭しました。

先制点のウィリアンと1ゴール1アシストのジエゴ・コスタに目がいく試合でしたが、チェルシーに勝利を呼び込んだのはクルトワのビッグセーブだったと思います。開始間もなくのスノドグラスのFKは、左に重心を移した後にボールがジエゴ・コスタの頭に当たって右にスライドしており、瞬発力が高いGKでなければ入っていたシーン。前半終了間際のライアン・メイソンの強烈な一撃も落ち着いて弾き出しており、新しいフォーメーションで戦うCBとアンカーは、不安や疑問を抱かずに後半に臨むことができました。この試合だけでは3バックの是非については何ともいえませんが、クリーンシートで勝てたのはチーム全体の自信につながるのではないかと思います。レスター、マンチェスター・ユナイテッド、サウサンプトンとやっかいな相手が続くプレミアリーグで、コンテ監督がどんな采配を見せるのかに俄然注目したくなる一戦でした。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

更新お疲れ様です
前半は気が遠くなりましたが、後半はそこそこ安心して見てられました …が、正直このゲームに関しては自分たちが良かったというより相手が予想以上に不味かったのが実際のところでしたね それでもクリーンシートも含めて『勝利』の結果が欲しかったので精神的な部分も含めて大きな結果と思いたいです
一試合だけでは3バックの良し悪しも分かりませんが、アロンソが動けているのを見れたのは嬉しかったですし、劇的な改善より少しずつでも強いチェルシーに戻っていってくれることを願うばかりです
  • M
  • 2016/10/02(Sun)23:14:14
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ