【Saints×Chelsea】天晴れコンテの3-4-3!10月は4戦4勝、失点ゼロで首位を追撃!

4戦4勝、得点11失点ゼロ。プレミアリーグでは、非の打ちどころなし。EFLカップのウェストハム戦を勝っていれば、パーフェクトな1ヵ月でした。アントニオ・コンテ監督が導入した3バックの新システムが冴えわたり、プレミアリーグ初年度のマネージャーは、早くも10月の月間最優秀監督に選ばれるでしょう。プレミアリーグ10節、セント・メアリーズで対峙したサウサンプトンとチェルシーの一戦は、調子を上げてきたホームチームがコンテ監督の新布陣をどう困らせるかに注目していたのですが、セインツは開始6分で厳しい状況に追い込まれました。中央に出たアザールが右サイドのヴィクター・モーゼスに預けると、斜めに走ってもらったリターンでボックスの右に出て、スティーブン・デイヴィスと1対1になります。2014-15シーズンのプレミアリーグMVPは、マークについたMFを子ども扱い。切り返しであっさりかわすと、名手フレイザー・フォースターの股間を抜いて先制しました。

ケーヒル、ダヴィド・ルイス、アスピリクエタの3バックは、時折ポカがあるダヴィド・ルイスが1枚余るところが秀逸。パリから戻ったブラジル人CBは、アグレッシブなフィードなど長所を活かしてプレイしています。マルコス・アロンソとヴィクター・モーゼスのウイングバックは、「よくぞうまくはめた」とため息が出るくらいの適任です。アザールとペドロは、すぐ後ろにカバーしてくれる仲間を得たことで、守備の負担から解放されました。カンテが中盤の底を幅広くカバーすることによって、マティッチが攻撃に関与する時間が増えたのも得点力が上がった理由のひとつです。プレミアリーグ得点王レーストップのジエゴ・コスタは元より絶好調。サイドに脅威があればウイングとその後ろを下げて5-4-1にスイッチし、カウンター狙いに徹することもできる布陣は、まさに適材適所。中に入ってシュートを狙うアザールとペドロは、プレイしやすそうです。

開始当初はタディッチとチャーリー・オースティンがチェルシー守備陣を翻弄していたものの、0-1とされてからのセインツは、セットプレー以外でチャンスを創れなくなりました。早めにリードを奪ったからか、チェルシーは最終ラインに5人が並ぶ時間が増え、前線からのプレスではなく自陣でボールを奪って速攻を仕掛けようとしています。さすがはイタリア人監督のチーム。昨季のプレミアリーグを制したレスターを思い出させる隙がない守備網は、セインツの攻撃陣を悩ませています。29分、追いつくには絶好のチャンスだったやや右からのFKは、タディッチの左足をクルトワがセーブ。チームとともに調子を上げてきた守護神も、チェルシーのストロングポイントです。

33分、アザールがモーゼスに展開したカウンターはシュートをDFに当て、38分にダヴィド・ルイスの縦パスからアザールが放ったシュートはフォースターがキャッチ。チェルシーは、敵陣に味方が多いときは獲られた瞬間に奪いにいき、引いている際は必要以上に追いかけずに後ろのスペースをつぶしています。統制が取れたクレバーなチェルシーの守備を、セインツは崩せるのか。0-1で折り返した55分、チェルシーに決定的な2点めが入ります。アザールやマルコス・アロンソの速攻を水際で止めていたセインツ守備陣は、ジエゴ・コスタにミドルを放つ暇を与えてしまいました。マークについていたクコ・マルティナが足元にいかなかったのは、これだけ精度が高いシュートを打たれると思っていなかったからでしょう。右隅に決まった瞬間、右SBが思わずお手上げのポーズをとったのが、相手のプレイとそのクオリティを想像していなかった証拠です。

62分にアザールが仕掛けたカウンターは、ヴィクター・モーゼスのシュートをフォースターがファンブルし、ジエゴ・コスタとペドロがこぼれ球を狙うもセインツDFが必死にコースを塞いでシュートを打たせません。レドモンドにいつものキレがなく、クラーシに代わったブファルは展開を変えられず。速攻がうまいとはいえないセインツは、得意の外からのクロスをチャーリー・オースティンに集めますが、マークを外しきれない10番のシュートはことごとくバーを越えていきます。チェルシーは、セットプレーにおける自分たちの守備に穴がないことを確認しながら、試合を終わらせようとしています。セインツのアタッカーが、ダヴィド・ルイスと両脇のCBの間にうまく入れれば何かが起こりそうですが、85分のチャーリー・オースティンは裏に入ってネットを揺らしたものの、黄色い旗が上がっています。チェルシー、隙なし。0-2で難敵とのアウェイゲームを完勝したチームは、勝ち点22としてプレミアリーグ首位との1差をキープしました。

ポゼッション45%、パス本数324本は相手よりも80も少ないながら、シュート数では13対9と逆転。アウェイでの勝ち方の見本を示されているような一戦でした。MVPを選ぶとすれば、ゴールこそなかったものの右サイドから再三強烈なシュートを放っていたヴィクター・モーゼスです。87分の交代まで上下動を厭わなかったウイングバックの存在が、サイドからのクロスを狙うセインツを封じ、カンテや3バックを楽にしていました。

0-0で終わったマンチェスター・ユナイテッドと、0-2で勝ったチェルシーのいちばん大きな差は、余裕があるかどうかだと思います。シュートがすべてフルスイングだったズラタンが下を向いてばかりいたのに対して、アザールとジエゴ・コスタには相手の位置とコースを見る余裕があり、八分の力で的確なシュートを放っていました。チェルシーをつぶすなら、前線の選手に密着して余裕を取り上げつつ、ケーヒルかアスピリクエタを外に引っ張り出してマークがずれる状態を創らなくてはいけません。それができるのはどこか。プレミアリーグ13節で当たるトッテナム、翌週のマンチェスター・シティがどんな戦い方で堅守を崩すのかに注目してまいります。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

更新お疲れ様です。

前半は先制してからもボールを保持される時間が多く、ゴール前で再三セットプレーのチャンスを与えるなど気が抜けない展開が続きましたが後半コスタがしっかりとどめを刺してくれました。前線の3枚は相変わらず凄いですが、今回のヒーローは両WBでした。週替わりでヒーローが出てくるのはとてもいい兆候なので、難敵は続きますがこの調子で行って欲しいですね。
  • 雨好
  • 2016/10/31(Mon)10:48:09
  • 編集

無題

モーゼスがレギュラーになるとは…
わからないものですね〜(^^;
  • por
  • 2016/10/31(Mon)11:01:48
  • 編集

無題

着々とコンテらしさが出てますね
今のチェルシーから勝ちどころか点を取るのも難しいでしょう
上位陣の勝ち点が近くてワクワクしますね
  • シティふぁん
  • 2016/10/31(Mon)12:31:16
  • 編集

無題

いやーモーゼス、アロンソあっぱれです笑
管理人さんのおっしゃる通りまさに適任ですね。
トッテナムやシティら強豪相手にどこまでできるかこれから楽しみです。まずは次節難しい相手ですがエヴァートンにしっかりクリーンシートで勝ち切ってほしいです
  • トマト
  • 2016/10/31(Mon)13:26:37
  • 編集

無題

モーゼスもよかったですが個人的にはその後ろのアスピリクエタが素晴らしくて、彼あってのモーゼスの活躍かなと思います。
とにかくチェックが早く、どちらかというと外に引っ張り出されてるというよりもどんどん外に出てカバーしているのでモーゼスが1対1で守備してるシーンてあまり無かったと思います。しかもチェックがしつこく相手に余裕を与えませんし、カンテのカバーもペドロの戻りもあるので右に関してはそこまで心配ないかなと。

逆に左はあまりケーヒルが出てこずアロンソの1対1の場面が目立ってましたし、出てきてもチェックがあまり激しくないので狙うとしたらこちらじゃないかなと思います。
  • パチ
  • 2016/10/31(Mon)14:00:18
  • 編集

無題

初コメントです。
いつも興味深く読ませていただいています。 3バックの精度と人材を蓄えて、来季のCLに挑んでもらいたいです。若手の台頭を期待しながらも、ウィリアンはともかく、オスカル、ファブレガス、ミケルあたりの居場所はどうなるのか、ちょっと寂しくもありますね。

無題

ホームのセインツに何もさせないのは見事でしたね。
このまま3バックチェルシーがどこまで行くのか見物です。
今季は欧州ないので日程楽ですからね。
特にキーになっているのが右WBのモーゼスだと思います。
攻守に躍動していますからね。
リバプール、アーセナルに連敗してからここまで立て直すコンテの
手腕は見事というしかないですね。
  • チェルサポ 一男太郎
  • 2016/10/31(Mon)17:30:28
  • 編集

コメントありがとうございます。

雨好sann>
うまくはまってますね。ダヴィド・ルイスの3バックセンターも適役です。

porさん>
ほんとですよね。どこかに出されるとばかり思ってました。

シティふぁんさん>
あの3-4-3は、サイドで裏を取らないと崩せないのですが、5-4-1にされたらやっかいですね。

トマトさん>
エヴァートンは、上位陣のなかでは今のチェルシーに最も相性が悪いのではないかと思ってますが、どうでしょうか。

パチさん>
そうかもしれませんね。マルコス・アロンソ自身がしっかり守るので、数的優位に立てるようにしたいところですが。

noriさん>
オスカルはまだしも、他の2人はこのシステムのなかにうまくはまりそうにないですね。カンテが欠場した際には、マティッチを下がり目にしてセスクと並べるという手もありますが、マティッチ+ミケルのほうが優先順位が高そうです。

チェルサポ 一男太郎さん>
チェルシーとレッズが欧州を戦わないのはやっかいです。CL出ているチームで、彼らより明確に強いチームはないにもかかわらず。
  • makoto
  • 2016/11/02(Wed)10:48:10
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ