【Chelsea×Everton】速攻、炸裂!チェルシーが苦手エヴァートンを5発で粉砕!

プレミアリーグ4連勝、得点11失点ゼロ。3バックにスイッチしてから圧倒的な強さを見せているチェルシーに、6位のエヴァートンが挑みます。コンテ監督が信頼する11人は、ほぼ固まっています。GKクルトワ、後ろの3枚にケーヒル、ダヴィド・ルイス、アスピリクエタ。両サイドにマルコス・アロンソとヴィクター・モーゼスが入り、中央にカンテとマティッチ。アザールとペドロがウイングから中を窺い、最前線にはプレミアリーグ得点王レースでトップに立つジエゴ・コスタです。クーマン監督の下、昨季とは打って変わって好スタートを切ったエヴァートンは、ルカク、ボラシェを中心にカウンター狙いに徹してくると思われます。ジャギエルカ、アシュリー・ウィリアムズ、フネス・モリと、こちらも3バック。昨季のエヴァートンはチェルシーに2勝1分と負け知らずでしたが、コンテ監督の新しいチームは単純なサイドアタックでは崩せないでしょう。

キックオフからしばらくは、シュートのない展開。両者とも前線で激しいプレスをかけ、ビルドアップから縦に出るボールを狙っています。マルコス・アロンソが出したグラウンダーがGKの懐におさまると、10分を過ぎてもチェルシーに効果的なアタックはありません。さすがはクーマン監督、ジョン・ストーンズが抜けた最終ラインに代役としてアシュリー・ウイリアムズを加えただけで、強固な守備陣を構築…と感心していたのは15分までです。エヴァートンのポゼッションが増え始めると、ボールを奪った瞬間に前の3人が一斉にスプリントを始めるチェルシーの鋭いカウンターが炸裂します。

先制は、19分。ジエゴ・コスタからのパスがサイドに流れたにも関わらず、拾ったアザールは強引に中に持ち込み、コールマンとアシュリー・ウィリアムズを一気にかわして右隅にシュート。おそらく10番の足元が見えづらかったステケレンブルクの反応はわずかに遅れ、ボールはサイドネットに突き刺さります。これで勢いがついたホームチームは、1分もしないうちに追加点を奪います。カウンターから中央を上がったのはアザール。右から上がったペドロにパスが通ると、迷わず横に通したラストパスは、マルコス・アロンソの走り込みにぴったりでした。強烈な一撃がステケレンブルクの股間を抜け、あっという間の2-0。エヴァートンにとって、プレミアリーグ4試合連続クリーンシートのチームを相手に背負った2点のビハインドは致命的です。

チェルシーの3-4-3の生命線は、攻守が変わるたびに上下動を繰り返す左右のウイングバックにあるといっても過言ではないでしょう。33分には、いかにもこのチームらしいビッグチャンスがありました。ペドロのパスを左で受けたのはマルコス・アロンソ。逆サイドに浮いたクロスに飛び込み、ショートバウンドを捉えて強烈なボレーを放ったのはヴィクター・モーゼスでした。ボールはポストに当たって大きく跳ね、3点めとはいかなかったものの、サイドを完全に崩されているエヴァートンが手を打たなければ、勝負を決するゴールはすぐにでも決まりそうです。35分、クーマン監督が動きました。オビエドを下げてミララス。フネス・モリをサイドに移し、4バックでチェルシーの厚いサイド攻撃を食い止める意図でしょう。

しかし、クーマン監督の采配は、今のチェルシーには通用しませんでした。40分、中央にいたヴィクター・モーゼスが右にいたアザールを走らせると、触れば決められたクロスをジエゴ・コスタが空振り。ピンチを脱したエヴァートン守備陣は、直後のCKで息の根を止められてしまいました。ニアのマティッチがヘッドで逸らしたボールを、右足のボレーで叩き込んだのはジエゴ・コスタ。好調のエースは、プレミアリーグ11試合で早くも9ゴールです。47分には、ペドロが素晴らしいターンで2人を抜き去り、縦パスをドリブルで持ち込んだジエゴ・コスタがGKに迫りましたが、背後からプレッシャーを受けながら放ったフィニッシュは右に外れます。圧倒的な力の差を感じさせる3-0。後半の興味は、「チェルシーが何対ゼロで勝つか」に絞られました。

後半も、止まらないチェルシー。マイボールになった瞬間、前の3人とサイドの2人が一気にスプリントするシュートカウンターで、エヴァートン守備陣は何度も崩されかけています。56分、ついに4点めが入りました。ペドロとのワンツーで右から抜けたアザールが、アシュリー・ウィリアムズを切り返しであっさりかわして左足を振り抜きます。ニアぎりぎりに飛び込む一撃に、ステケレンブルクは動けず。スタンフォード・ブリッジには、強いチームをリスペクトする拍手が鳴り響きます。ボラシェをアーロン・レノンという交代策は、試合の流れを変えるには至らないでしょう。

63分、マルコス・アロンソが中に浮かしたボールを叩いたジエゴ・コスタのバイシクルは、ステケレンブルクがビッグセーブ。直後の波状攻撃は実らず、エヴァートンが逆襲に転じようとしますが、右からクロスを上げたばかりだったカンテが、いつの間にか定位置に戻ってカウンターをつぶしています。65分、5点めはハーフライン付近にいたジエゴ・コスタのドリブルから。3対2となり、左のアザールがフリーで打ったシュートはステケレンブルクが弾きますが、フォローしたペドロが左足で無人のゴールに押し込みました

71分、ペドロがお役御免でオスカル登場。アウェイサポーターの多くがスタンフォード・ブリッジを後にしています。79分にオスカルの縦パスで裏に抜け出したジエゴ・コスタは、アシュリー・ウィリアムズがストップ。直後のCKをファーサイドから叩いたダヴィド・ルイスのボレーはステケレンブルクが上に弾き出します。アザールに代わったバチュアイは、今のチームでレギュラーポジションを獲るのは難しいでしょう。1年めは、プレミアリーグの水に慣れるための時間となりそうです。ケーヒルをテリーに代え、最後まで主導権を握り続けたチェルシーが圧勝。プレミアリーグ6位のチーム相手に、シュート数21対1は圧巻です。

誰がいい、悪いを語るような試合ではありません。チェルシーの破壊力に言葉を失う90分でした。彼らが最も素晴らしいのは、的確なストップ・アンド・ゴーだと思います。アザールとジエゴ・コスタは歩いている姿も目立つのですが、ギアが入ったときとの緩急が激しく、エヴァートン守備陣は何度も置いていかれました。いや、強い。隙がない。ペドロとヴィクター・モーゼスは今までとは別人です。当面、このチームは負けないでしょう。こんなに強いチームがチャンピオンズリーグを戦っていないのが、プレミアリーグの怖ろしいところです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

更新ご苦労様です。
強い!!の一言です。これがシーズン当初苦しんでいたチームとはとても思えません。強いチェルシーが戻ってきましたね。しかしCL出場していないチームなんですよね、、、プレミアは恐ろしいと思うと共にコンテ凄すぎます、、、。
  • Macki
  • 2016/11/06(Sun)08:50:22
  • 編集

無題

凄まじい試合でとにかく見ていて楽しいです。昨シーズンは頭から調整不足、結果でないしターンオーバーもない疲れでどんどん深みに嵌った印象でしたが、今季はCLがない分ハツラツとしてますね。このままフル稼働のシーズン後半で、MFと特に両サイドの怪我とか疲れが気にかかりますが、来季CLに向けて、既存メンバーの新展開も含めた新戦力、バックアッパーの登場に期待したいです。

無題

今年のプレミアは熾烈すぎて優勝争い読めないですね(笑)チェルシー、シティが本命の対抗馬がガナーズと言ったところですかね。
  • ガナユ
  • 2016/11/06(Sun)13:03:18
  • 編集

無題

ただただチェルシーの繰り出す攻撃に魅了され、「これからこのチームと戦うのか」と恐れさせられた90分でした。
当初は結果が出ない時期もありましたが、やはりこの知将、只者ではありませんね。

このイタリア人監督がプレミアに3バックブームを起こしてくれたら、なんて期待もしています。
  • ホタ
  • 2016/11/06(Sun)13:13:13
  • 編集

無題

結果をみてビックリしました。今年はこの勢いで勝ち点をガンガン積み上げてしまいそうな。
しかし、過去の歴から対策されたらなにも出来なくなってしまうのがコンテなので、チェルシーは今季が勝負だと自分は思っています。
今年のチェルシーは去年のレスターみたいですね。
  • おはむ
  • 2016/11/06(Sun)15:06:39
  • 編集

無題

モウリーニョと同じで走らない選手は使わない監督との前評判でしたがアザールにはある程度余裕を与えてるのが意外でした。
中盤の4人の労働力があってこの実現できるプランだと思いますが、柔軟性もあるいい監督ですね
  • fro
  • 2016/11/06(Sun)19:01:40
  • 編集

無題

コンテは攻撃のキーマンにはある程度余裕を与えているように思えますよ
ユーベ時代のキーマンはピルロ
  • 京都グーナー
  • 2016/11/06(Sun)19:17:35
  • 編集

無題

更新お疲れ様です。
アザールアザールアザールでした。
入りがお互い鋭かっただけに苦戦するかなと思いましたがやってくれましたね。シティ戦が楽しみです
  • 雨好
  • 2016/11/06(Sun)23:52:27
  • 編集

コメントありがとうございます。

Mackiさん>
連携に関しては、相当確認しているのでしょうね。スプリントに迷いがないのが印象的です。カンテとダヴィド・ルイス以外は「将来性重視」にみえる補強だったのに、この強さは怖ろしいです。

noriさん>
そうですね。懸念があるとすれば、「今の11人がうまくはまりすぎているので、負傷者が出た時にクオリティを維持できるか」ですね。最初からいなかったズマをカウントしないとすると、今のレギュラー選手はほとんど無傷でここまできているので。

ガナユさん>
リヴァプールも怖いと思います。

ホタさん>
攻守ともクオリティが高いのが素晴らしいですよね。多くのチームが、多少なりともどちらかに目をつぶっているなかで。

おはむさん>
セリエA3連覇が、「対策されると何もできなかった」のなら、最初が相当強かったのでしょうね…。ユーヴェでの3年めは勝ち点102で、フォーメーションの自在性を上げてるので、コンテ監督はチームを進化・成長させられる方だと思ってます。

froさん 京都グーナーさん>
余裕を与えているというのもあると思いますが、「左右中央、自在にスイッチしろ」「ナナメに走れ」は狙ってやっているのではないかと思います。前線に速くシンプルにつなぐために、4-2-4や3-4-3と前に枚数を置く監督で、手数をかけないぶん自由度は高そうです。

雨好さん>
完全復活ですね。マン・シティ戦、楽しみです。
  • makoto
  • 2016/11/07(Mon)09:12:50
  • 編集

無題

近年のセリエAでかつ、あの戦力を率いてたらそれ相当な結果は残して当たり前だと思います。
しかし、CLで対策取られた試合 中堅相手にも結果でてませんでしたよね。
戦力だけで見たら レアル バルサ バイエルンと同格だったはずですが、、、
ただ、いい監督なのは間違いないので、対策取られた後 どう修正するのかにも注目したいと思います。
  • おはむ
  • 2016/11/08(Tue)03:20:09
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ