【MAN.CITY×Watford】終盤、あわや同点…連敗を止める2-0勝利もペップは不満!?

プレミアリーグ6連勝、公式戦10連勝。ロケットスタートを決めたペップがつまずいたのは、チャンピオンズリーググループステージ2節のセルティック戦でした。集中力を欠いた守備で3-3のドローに終わったマン・シティは、直後のプレミアリーグでトッテナムに2-0完敗。連勝が止まった後の16試合を5勝6分5敗と苦しんでいます。10連勝中は得点30、失点はわずか6。その後の16試合は得点22と1試合あたりのゴール数は半分以下となり、失点も22と急増しました。序盤戦はジョン・ストーンズとオタメンディを中心とした4バックを基本として、現在よりもレギュラーは固定傾向。厳しいプレスからのショートカウンターでゴールを奪った後、自陣に引いてカウンター狙いという勝ちパターンがあったのですが、さまざまなフォーメーションと配置を試すようになってから、攻守ともに綻びが目立ち始めています。

ペップにしてみれば、状況に応じて戦い方を変えられるチームを完成させるためには、いずれ通らなければならない道なのでしょう。「勝ち続けながら変わる」ことの難しさに直面したチームは、プレミアリーグ4位にまで順位を下げています。ミッドウィークの相手は、7位につけているワトフォード。イガロ、ディーニー、カプェ、ロベルト・ペレイラが繰り出す速攻が要注意のチームですが、負ければチェルシーの背中が見えなくなるゲームを落とすわけにはいきません。アグエロとフェルナンジーニョを出場停止で欠くチームは、ノリートをトップに置き、左右にスターリングとデブライネ、中盤にはヤヤ・トゥレ、ギュンドアン、ダヴィド・シルヴァという攻撃的な布陣です。立ち上がりからアグレッシブに攻めるホームチームは、7分にデブライネの巧みなスルーで右のスターリングがフリーとなり、リターンをもらったデブライネがニアに強烈なボレー。GKゴメスにセーブされますが、いきなり2発喰らったレスター戦とは打って変わって上々の出足です。

ワトフォードは、主将のディーニーがベンチスタート。今季は2ゴールと芳しくないイガロは、単独突破を簡単に止められます。マン・シティは、アンカーに入ったヤヤ・トゥレが攻守のバランスをうまく取っており、サバレタとスターリングが右、ダヴィド・シルヴァは左が主戦場。さまざまなスペースに顔を出すのはノリートとデブライネだけです。こういうと、ペップのサッカーらしい流動性を欠いたように感じられるかもしれませんが、役割と動き方がわかりやすいからか、選手たちの動きはスムーズです。22分、デブライネがアウトにかけた縦パスでノリートが飛び出し、ゴメスと1対1となりますが、あまりにも角度がなさすぎてGKが足でクリア。0-0ながら、ポゼッションは圧倒的にマン・シティです。

足を痛めたロベルト・ペレイラが30分にスニガに代わり、ホームチームの脅威がひとつ減りました。クロスに緩急をつけるなど、工夫はあったもののフィニッシュに持ち込めていなかったマン・シティは、33分に今季プレミアリーグアシスト王の素晴らしいクロスで先制しました。ドリブルでボックス左を突破したデブライネがファーに浮かしたボールは、フリーのサバレタの足元にぴったり。攻撃的な右SBが難なくニアに押し込み、ワトフォードは攻めなければならなくなりました。36分、今度はギュンドアンが足を痛め、前半が終わる前にピッチを去ることを余儀なくされます。フェルナンドが登場して間もなく、前半が終了。デブライネとヤヤ・トゥレのミドルは決まらず、最少得点差ではあるものの、空席が目立つエティハドのサポーターにとっては納得の45分だったのではないでしょうか。ワトフォードのポゼッションは34%、シュートはわずか2本です。

49分、右からニアに高速グラウンダー。直後にスターリングをゴールラインまで走らせる鋭い縦パス。デブライネは別世界です。最初のアイドルがミシェル・プラティニとブライアン・ロブソンだった私は、両者のテイストを纏うプレミアリーグ屈指のプレーメイカーを観るためだけに、エティハドのチケット代を払ってもいいとさえ思います。57分、ブリトスをスピードでちぎったスターリングが中に持ち込み左足でシュート。強すぎた一撃はクロスバーの上を叩き、勝負を決められませんでした。

スターリングの速さばかりが目立つゲーム。ささやくようなチャントしか聞こえてこない静かなエティハド。マンチェスター・シティには、危険なシーンも盛り上がるシーンもありません。60分にヤンマートをアイザック・サクセス、72分にはディーニーを投入したマッツァーリ監督は、何とかして勝ち点1を持ち帰りたいでしょう。76分、左からのFKをブリトスがヘッドで競ると、ルーズボールを右足で叩いたカプェの一ボレーは決定的でしたが、ブラボが冷静にセーブして1-0は変わりません。82分にスターリングを弾き飛ばして突進したアムラバトのアーリークロスは、昨季までのイガロなら枠におさめていたでしょう。ボレーはバーを越え、2度の決定機を逃したワトフォードは、86分に2点めを奪われてしまいます。

ハーフライン付近でボールを奪取したマンチェスター・シティが一気に4対2の形に持ち込むと、スターリングにパスを出したダヴィド・シルヴァが、リターンをもらって文句なしのボレー。チェルシー戦、レスター戦とプレミアリーグでは連敗中だったホームチームが、10月末のWBA戦以来のクリーンシートで勝ち点3をゲットしました。最後のシュートカウンターは狙い通りで、2-0は一見文句なしのスコアですが、ペップ・グアルディオラはゲーム内容には納得していないでしょう。前半はよかったものの、後半途中から全体が間延びし始め、終盤は相手のミスに助けられました。ボールを奪われた後に即座に奪いにいくシーンが少なかったのも、ペップのチームらしくありません。変幻自在のドイツ王者を率いていた指揮官は、試合の展開に応じて戦い方を変えられるチームを創るべく、次戦もスタメンをいじってくるのではないでしょうか。たとえ、相手がアーゼナルだったとしても。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ