【Leicester×Chelsea】布陣変更は質を下げただけ…レスターはエース不在のチェルシーに必然の完敗!

どうした、ジエゴ・コスタ!プレミアリーグ21節、キングパワー・スタジアムでレスターと戦うコンテ監督は、フィジカルコーチと口論したエースを遠征メンバーから外し、エデン・アザールを最前線に据えました。左右にペドロとウィリアン、中盤にはヴィクター・モーゼス、マルコス・アロンソ、カンテ、マティッチ。最終ラインのダヴィド・ルイス、ケーヒル、アスピリクエタとGKクルトワもいつものメンバーです。対する昨季プレミアリーグ王者は、カンテを今日の相手に持っていかれたとはいえ、15位に沈むようなスカッドではないでしょう。コンテ監督の3-4-3に対抗して、フート、ウェズ・モーガン、フクスの3バック。若いチルウェルとオルブライトンがサイドに入り、ドリンクウォーター、ナンパリス・メンディ、プレミアリーグ初登場のエンディディといった中盤です。アフリカに旅立ったマフレズの穴は、2トップの一角に入ったアーメド・ムサに埋めてもらわなければなりません。ヴァーディとのコンビは、スピードではチェルシーの前線を上回ります。

開始2分、右サイドのインターセプトからカウンターに出たのはレスター。ヴァーディが左のムサに渡すと、角度のないところからの左足シュートは、クルトワが体を張ってセーブ。こぼれ球を再度キープしたムサは、次のシュートを打ち切れませんでした。悪くないスタートだったレスターは、マルコス・アロンソに上がられた6分、あっさり先制点を奪われてしまいます。カンテからパスを受けたアスピリクエタのクロスをペドロとモーガンが競ると、こぼれ球はアザールへ。自分で打つかと思いきや、10番は左で空いていたマルコス・アロンソに優しく落とし、右足のコントロールショットがシュマイケルの左手の先を抜きました。

反撃を試みるレスターは、16分にドリンクウォーターがアーリークロス。ヴァーディには合わなかったものの、ハイクロスからの失点が多いチェルシーには効果的なボールです。その1分後には、右サイドからオルブライトンが突破を図り、素晴らしいクロスが中央へ。競り勝ったチルウェルのヘッドは当たりが薄く、左サイドに流れてしまいます。18分に右からボックスに入ったヴィクター・モーゼスは、抜け出す態勢で転倒したものの、接触はなかったとして笛を吹いてもらえません。この後は、ホームチームの攻撃をチェルシー守備陣が冷静にはね返す時間が続きます。

左で奪い、右に展開するカウンターを連発するレスター。エンディディからパスを受けたチルウェルがヴァーディを縦に走らせ、落としをもらったエンディディがミドルレンジから打った28分のアタックは、迫力がありました。36分には、アウトにかけたオルブライトンの縦パスでヴァーディが右サイドに流れ、きわどいクロスが中央に届きますが、ムサの前に出たクルトワが弾いて決定機は潰えます。43分、チェルシーに久しぶりのチャンス。ダヴィド・ルイスが直接FKを中央のアザールに出すと、ダイレクトのラストパスがペドロにつながりますが、フィニッシュがうまく当たりませんでした。ラニエリ監督は、攻めていた前半のうちに追いつきたかったでしょう。0-1で折り返したセカンドハーフは、ゲームのイニシアティブをとったチェルシーが開始6分で追加点を決めました。

フクスがウィリアンをつかんでしまった右サイドからのFK。ボックスの外にいたマルコス・アロンソがこぼれてきたボールを叩くと、ウェズ・モーガンに当たってコースが変わり、ゴール左隅に飛び込んでしまいました。0-2となってもチェルシーのペースは変わらず。アザールに突破されそうになったモーガンは、シュマイケルの飛び出しで事なきをえます。60分、岡崎慎司を呼んだラニエリ監督は、フートを下げるというギャンブルに出ます。レスターの布陣は、フクスCB、チルウェルSBの4バック。64分、ヴィクター・モーゼスが高く上げたクロスに合わせたマルコス・アロンソの左足ボレーは、わずかに右に切れてハットトリックはなりません。

71分、試合を決めたのはペドロでした。敵陣でのインターセプトから右のヴィクター・モーゼスにボールが出ると、カットされたボールを拾ったカンテがすかさずペドロへ。右に出したダイレクトパスでウィリアンがフリーになると、シュートは飛び出したシュマイケルがセーブしますが、ゴール前に浮いたボールをペドロがヘッドで左隅に落とします。コンテ監督が79分にアザールをセスクに代えたのは、守るためではなく主力を休ませるためでしょう。バチュアイとロフタス=チークにプレミアリーグの場数を踏ませたチェルシーは、危なげなくタイムアップを迎えました。

特段よかったわけではなかったチェルシーの勝因は、「相手の3バックのクオリティが低く、横からのボールとダイレクトパスに弱かったから」だと思います。レスターの守備陣は、CBが1枚サイドに引っ張られただけでマークがずれ、しばしばファーサイドを空けてしまいました。マルコス・アロンソが2発決めたのは極めてシンプルな理由で、アスピリクエタやカンテが上がってくると、オルブライトンまで中のマークに駆り出され、いちばん外が留守になるのです。エンディディがラインに加わってカバーするなどの約束ごとまで徹底させる時間がなかったのでしょう。しかし…。

レギュラーを固定し、カウンター主体の4-4-2でプレミアリーグを制覇したラニエリ監督の最大の武器は「徹底度」だったのだと思います。カンテを失ったのは激痛でしたが、それだけならTOP10は充分狙えるはずです。予想外に低迷したのは、今季に入ってうまくいかなくなった指揮官が「ティンカーマン」に戻ってしまったからではないでしょうか。あの手この手を試すうちに、レスターは自分たちの強みを忘れてしまったようにみえます。

「レギュラー固定によって徹底度を上げた3-4-3」にひねられたゲームを観て、あらためて思いました。ナンパリス・メンディが復帰し、エンディディまで加わったチームを、いつまでも「カンテがいなくなったから弱体化した」などといっていてはいけない。復活できないとすれば、「カンテがいなくても勝てる戦術を指揮官が構築できていないから」だ、と。(マルコス・アロンソ 写真著作者/Carlos Foraster)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

レスターはフィルター役を2人配した19節のウェストハム戦の様な4-2-3-1が現状ベストだと思います。マフレズが今季少し凡庸になっているのはボールロストを拾われると危険なシーンに繋がるケースが増えて、昨季の様な大胆な仕掛けができていないからだと思います。なので、3列目に人数を割いてケアすることでトップ下に置いたマフレズによりアグレッシブになってもらうと、アザールの様に輝きを取り戻すかもしれません。

それにしてもこの3バック対決を含め、土曜日にプレーした16チーム中7チームが4バックではないフォーメーションでプレーしたそうです。僕はコンテという黒船襲来でプレミアに3バックブームが起きるのを密かに期待していたので個人的に面白い限りです。リーグに戦術的な変化が起きているのは間違いないく、次は欧州の舞台でプレミア勢にブレイクスルーが起きる事を密かに期待しておきます笑
  • ホタ
  • 2017/01/15(Sun)13:02:41
  • 編集

無題

更新お疲れ様です。

年末年始のゴタゴタでしたが、レスター戦はなんとか見る事が出来ましたがレスターは前回の対戦よりある程度対応して来ましたね。ヴァーディにも何本かいいロングボールが入りそうになりましたが、前線3人が撹乱してくれている中、アロンソが決めてくれましたね。
チェルシーの先行逃げ切り的な所がありますし、早い時間帯で前線ではないアロンソやモーゼスが決める事で前線のマークが多少分散するのもいい傾向でした。あとは、コスタ頼むよ。今は勘弁してと言った所でしょうか。しかし、トッテナム戦見れなかったのが痛恨です…。
  • 雨好
  • 2017/01/17(Tue)07:20:22
  • 編集

コメントありがとうございます。

ホタさん>
伝統や過去履歴を重んじるイングランドで、3バックがここまで広がるとは思ってませんでした。コンテは革命ですね。レスターについては、私は原点回帰するのがいいのではないかなと思ってます。メンディが戻り、エンディディが加わったのでやれるのではないかと。最大のネックは、SBのパフォーマンスが昨季レベルになく、横から危険なボールを入れられすぎることだとみています。

雨好さん>
サイドやセントラルの選手がちょっとポジションを間違えただけで、マルコス・アロンソとヴィクター・モーゼスが余るんですよね…。ギアが入って攻撃陣がゴール前に殺到したときの、チェルシーの機能美には惚れ惚れします。
  • makoto
  • 2017/01/18(Wed)01:00:43
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ