【Stoke×MAN.UTD】土壇場の同点劇!ウェイン・ルーニーがクラブ史上最多の250ゴールを達成!

プレミアリーグ22節、ブリタニアで開催される一戦は、ストークVSマンチェスター・ユナイテッド。公式戦16試合、プレミアリーグは12試合連続で負けなしのマンチェスター・ユナイテッドは、中盤を落ち着かせてくれるキャリックがベンチスタート。GKデ・ヘア、DFバレンシア、フィル・ジョーンズ、スモーリング、ブリント。中盤にはエレーラ、フェライニ、ポグバが入り、ムヒタリアン、マタ、イブラヒモヴィッチの3トップです。両者ともアグレッシブな立ち上がり。容赦ないブーイングと怒号が飛び交うブリタニアの雰囲気に呑まれないよう、アウェイチームはポゼッションを大事にして戦いたいところです。10分を過ぎても中盤でのせめぎ合いが続き、両者ともシュートレンジに入れません。ムヒタリアンは得意のドリブルをカットされ、シャキリが持つとマン・ユナイテッドの守備陣に囲まれます。

19分、先制したのはワンチャンスをものにしたストークでした。ロングボールをクラウチがジョー・アレンに落とし、パスを受けた左のアルナウトヴィッチがピーテルスを走らせます。ゴールライン際からのピーテルスのグラウンダーは、マタの足に当たってコースが変わり、デ・ヘアはクリアしきれませんでした。1-0となった直後、右からのクロスがズラタンに通りますが、トラップをさらわれてフィニッシュに持ち込めません。

年明けからのプレミアリーグを2-0、3-1で快勝しているストークは、ボールに対する寄せが速く、ポグバもマタも自由にプレイさせてもらえません。27分、右サイドでクリアを拾ったマタが右足で中に入れると、フェライニの渾身のヘッドはリー・グラントがキャッチ。32分にはポグバが左にいたズラタンに絶妙の浮き球を通し、ボックスに入った9番が逆サイドにラストパスを通しますが、無人のゴールに流し込むだけだったマタが左足のシュートを打ち上げてしまいます。35分、ストークの選手を4人引きつけたムヒタリアンが出したスルーパスで、ズラタンがフリー。いつもなら打つはずのエースは、マタへのパスを選んでマルティンス・インディに止められてしまいます。何かがおかしいマン・ユナイテッド。37分、右から転がしてもらった優しいボールを叩いたムヒタリアンも、空高く上がったボールに呆然としています。

41分、バレンシアのクロスに合わせたフェライニのボレーはリー・グラントがセーブ。このCKを右足でミートしたポグバの強烈なボレーは、またもリー・グラントが冷静にパンチで逃れます。前半は1-0。徐々にペースをつかみ、決定的なシュートを打ち続けたマン・ユナイテッドに対して、ストークは可能性がないシャキリのミドルのみです。後半の早い時間にアウェイチームが追いつけば、ストークは耐えきれないのではないでしょうか。

キックオフからマンチェスター・ユナイテッドのペース。52分、反撃に出たホームチームは、クラウチのミドルがポストの左を抜けていきます。55分、中央を攻め上がったシャキリが左サイドのアルナウチヴィッチを使ったチャンスは、ゴール前の渋滞に阻まれ、フィニッシュに持ち込めず。モウリーニョ監督は、56分にフェライニに代えてラシュフォードを投入します。左サイドに入った19歳が縦に突破するシーンは増えたものの、ラストパスが通らずアウェイチームはシュートを打てません。64分のストークの速攻は、シャキリのシュートをデ・ヘアが冷静にキャッチします。

67分、マタに代わってウェイン・ルーニー登場。グレン・ジョンソンがボックスのシャキリに縦パスを通した決定機は、スモーリングがコースに入って追加点を許しません。モウリーニョ監督の最後のカードは、ムヒタリアンをリンガード。シャキリをヌゴイにチェンジしたヒューズ監督は、引いてカウンター狙いに徹するのでしょうか。76分に右サイドでウィーランのパスをカットしたルーニーは、正確なクロスを中央にフィード。ズラタンの後ろでトラップしたラシュフォードがインフロントにかけた一撃は、惜しくもクロスバーを越えていきます。

87分、ズラタンの縦パスを受けて、ボックス手前から放ったリンガードのシュートはクロスバー!時計は90分をまわり、マン・ユナイテッドは敗色濃厚です。焦りからか無謀なパスが増え、チャンスが創れないアウェイチームは、左サイドでラシュフォードが引っかけられ、FKをもらいます。93分40秒、キッカーはウェイン・ルーニー。角度のないところから右足で巻いたキックは、右のポストぎりぎりに突き刺さるパーフェクトな一撃!サー・ボビー・チャールトンを抜くクラブ史上最多の250ゴールめは、チームを敗戦から救う貴重な1点でした。1-1、ドロー。マンチェスター・ユナイテッドは勝ち点3を逃したものの、プレミアリーグの無敗記録を13に伸ばしました。

最後のルーニーのゴールは感動的でしたが、全体としては「決められるところで決めないと、こうなる」の典型的な試合でした。ズラタン、マタ、ムヒタリアンのいずれかが決めていれば、後半突き放す展開もあったのだと思います。そしてもうひとつ、気になったのは「キャリックベンチ、フェライニ先発」。中盤の底に16番がいるかいないかで、守備の安定感と前線が勝負できる回数が格段に違います。コンディションに問題があったのかもしれませんが、キャリックにいけるところまでいっていただき、フェライニはオプションとしたほうがよかったと思います。ラシュフォードの仕掛けで得たFKをルーニーが決めたのを見れば、今日の采配が悪いとまではいえないのですが…。勝ち点を落とすわけにはいかなかったマンチェスター・ユナイテッドとしては、痛いドロー。明日チェルシーがハル・シティに勝てば、勝ち点差は14に開きます。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

リバプールにキャリック対策をされたので新しい形を作りたかったんでしょうが、キャリックを使う前に幾度となく試したメンバーで行き着いたのが結局キャリックを底での起用なわけです。新しい形を見つけるには外から選手をとってくるしか方法はないですし、それが無理なら今季は乗り切るしかないです。
  • MUFC
  • 2017/01/22(Sun)02:48:57
  • 編集

無題

ルーニーの同点弾は本当に素晴らしかったです。レジェンドを超えるのにふさわしい素晴らしいFKでした。
決して交代のカードにミスがあったとも思いませんし、チャンスはたくさんあっただけに悔しいドローですね。
キャリック依存がさらに蔓延してしまいそうです。
私としてはアンカーにブリントを試してほしいと思うところですがファンハール監督もCBに起用を続けましたし、モウリーニョ監督も中盤底の適正は感じられないのでしょうか。
  • yuto
  • 2017/01/22(Sun)11:03:50
  • 編集

コメントありがとうございます。

MUFCさん>
中盤のバランスがおかしくなるシーンが目立ったのと、前線にボールが届くのが遅かったのが気になりました。難しいアウェイゲームだったので、ベストメンバーで戦ってほしかったです。

yutoさん>
250点めがあのシュートとは、まさにレジェンドですね。スタメンには疑問がありましたが、交代カードは妥当だったと思います。ブリントアンカーは、私も見てみたいです。CBやってたので、いいカバーをしてくれそうですよね。
  • makoto
  • 2017/01/22(Sun)17:43:48
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ