【MAN.CITY×Swansea】92分、ガブリエウ・ジェズス!マン・シティは19歳の2発で3位浮上!

プレミアリーグ5位と17位、会場はエティハド。マンチェスター・シティとスウォンジーの一戦は、普通に予想すればホームチームの完勝です。しかし、リヴァプールとサウサンプトンに連勝したウェールズのクラブを侮ってはいけません。開幕10連勝とロケットスタートを切ったペップのチームが、6節とリーグカップで連戦していずれもハーフタイムで同点と苦戦した相手であり、ホームとアウェイの戦績が変わらないチームでもあります。直近のプレミアリーグで11試合連続出場のジョレンテは、この間7ゴールと完全にフィット。プレーメイカーのシグルズソンも2試合連続ゴールと好調です。冬に獲得したDFオルソン、MFトム・キャロルはさっそく機能しており、1年ぶりのプレミアリーグ復帰となるジョルダン・アイェウも要注意でしょう。

ペップは、どんなメンバーでポール・クレメント新監督のチームを迎え撃つのでしょうか。GKカバジェロ、DFはジョン・ストーンズ、クリシー、コラロフの3枚。中盤センターにはフェルナンジーニョ、ヤヤ・トゥレ、ダヴィド・シルヴァ、デブライネ、前線はガブリエウ・ジェズス、レロイ・サネ、スターリングの若いトリオです。開始2分、ノートンのボールを奪ったレロイ・サネが左から入れたクロスを、ガブリエウ・ジェズスが左足ボレー。7分にフェルナンジーニョが裏に入れた浮き球は、抜け出しかけたガブリエウ・ジェズスをモーソンが必死に足を伸ばしてカット。いずれも決まらなかったものの、期待の19歳には今日もゴールの予感が漂っています。

11分、左サイドを執拗に攻めていたマン・シティが攻略に成功します。ボックスに入ってフェデリコ・フェルナンデスをかわしたダヴィド・シルヴァが、ノートンの股間を通すラストパス。スターリングはオルソンにカットされますが、浮いたボールに飛び込みジャンピングボレーで押し込んだのは、やはりガブリエウ・ジェズス!プレミアリーグデビューから3試合めで、早くも2発。この後もマンチェスター・シティがペースを握り、スウォンジーはハーフラインすらなかなか越えられません。

ダヴィド・シルヴァが倒されて得た22分のFKは、ヤヤ・トゥレがゴール左上に曲げるも、GKファビアンスキがセーブ。27分、フェルナンジーニョの縦パスでフリーになったスターリングの高速グラウンダーは、ニアに入ったガブリエウ・ジェズスがコースを変えようとしますが、うまく当たりません。31分、デブライネがダヴィド・シルヴァに預けたショートコーナーは、リターンをもらったデブライネの左足がニアにアウト。34分のクリシーのクロスは、クリアを拾ったデブライネの一撃がDFに当たります。驚異的なワンサイドゲーム。44分にコラロフのロングフィードで右から飛び出したスターリングは、ダイレクトで折り返した直後、転倒をシミュレーションとされてしまいます。前半は1-0。ボックスに入らせてもらえなかったスワンズは、何とシュートゼロです。

チャントが聞こえてこないまったり感は、「エティハドあるある」。プレミアリーグらしくないスタンドがどよめいたのは、48分にポストを叩いたシグルズソンのFKでした。受けにまわり、速攻狙いにスイッチしたマン・シティはラストパスを通せず。ジョレンテを楔に使い、サイドからこじ開けようとするスウォンジーは、コラロフやフェルナンジーニョの落ち着いた対応にチャンスの芽を潰されます。62分、シグルズソンのCKに合わせたモーソンのヘッドは左にアウト。クレメント監督は、ラウトリッジをナルシンに代えて攻撃の活性化を図ります。69分のCKは、ニアのコラロフのシュートが枠にいきません。残り時間は20分。マンチェスター・シティは、追加点を奪って勝利を揺るぎないものにしたいところです。

72分、コラロフの縦パスをガブリエウ・ジェズスがヒールで流すと、前線に飛び出したダヴィド・シルヴァのシュートはDFがカット。ペップは78分にデブライネを下げ、サバレタを投入。サイドから仕掛けてくるオルソンに対して、ヤヤ・トゥレが右SBの位置に入って対応していたチームは、4枚にして試合を畳もうとしています。ところが81分、ほとんどチャンスがなかったスウォンジーが同点に追いつきます。縦パスをクリシーと競ったナルシンが、中のシグルズソンに優しいボールを流すと、ジョン・ストーンズの股間を抜けてきたシュートにカバジェロは触れませんでした。シグルズソンは、プレミアリーグ3戦連発。このままでいいクレメント監督は、ジョレンテをボルハ・バストン。このままで終われないペップはスターリングをアグエロ。レロイ・サネが左サイドを完全に崩した折り返しは、ダヴィド・シルヴァのトラップをシグルズソンが体に当ててクリア。90分を過ぎ、ドローの色が濃厚となってきました。しかし…。

結果論でいえば、ポール・クレメント監督は、ボルハ・バストンではなくアマトを入れて後ろを固めるべきでした。92分のノートンは、右サイドのダヴィド・シルヴァに厳しくいかず、絶妙のラストパスをラインの裏に落とされてしまいます。ヘッドで叩いたのはガブリエウ・ジェズス!足元へのボールはファビアンスキが反応しますが、キャッチできず左にこぼし、ガブリエウ・ジェズスがインサイドで流し込みます。危なかったマン・シティ、歓喜のエティハド。勝ち点1を目前にしていたスワンズは、油断できないチームという記憶だけを残して、手ぶらでエティハドを去ることになりました。

力の差は歴然としていたのですが、後半になってテンションが緩み、最少得点差でOKとしていた強者が一瞬の隙を突かれた一戦。ペップ・グアルディオラは、センスあふれる19歳に救われました。ホームチームの戦い方は悪くなかったのですが、高速クロスをニアで合わせる形とミドルしかなかったフィニッシュの形が単調だったとはいえるでしょう。スターリングとサネは、もっと中に斬り込んで積極的に狙うべきでした。とはいえ、中盤の守備とサイド攻撃は、さすがペップのチームと思わせる安定感がありました。今日は「終わりよければすべてよし」でいいのではないでしょうか。何はともあれ、ガブリエウ・ジェズスに拍手です!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

前半はかなりイケイケでしたが体力の問題か後半さっぱりでしたね
交代をもう少し早くても良いと思いますが誰を投入すべきか悩みどころではあります
ジェズスがまたしてもゴールを決めました
ゴール以外も献身的でチームにいい影響を与えてるように思えます
久しぶりCL権内になりとても嬉しいですね
  • シティふぁん
  • 2017/02/06(Mon)01:13:00
  • 編集

ジーザス

今日Etihad Stadium行って来ました。フォーメーションですが、ペップはweak point の1つであるサイドバックにフェルナンジーニョ(右)をコンバートしてました。Defensive MF はヤヤトゥーレ一枚ということで、前半は圧倒的に攻めれたので問題なかったですが、後半守りが多くなってくるとさすがに苦しくなり、疲れの見えたデブライネを下げて、ザバレタを右SB、フェルナンジーニョをヤヤの横に配置しました。それでもやはりジョンストーンズを中心に後ろのボール回しは心許なく、まだまだという感じです。Jesusの勝ち越しゴールには感動しました‼️持ってますね。しかし地元の人がジェズスのことをジーザスと呼んでたのは少し違和感が残りました。。
  • Citizens
  • 2017/02/06(Mon)05:25:48
  • 編集

コメントありがとうございます。

シティふぁんさん>
後半もボールは支配おり、余裕があるようには見えていたので、1-0で勝つものとばかり思ってました。ガブリエウ・ジェズス、ポジティブでいいですね。この勝ち点3は大きいと思います。

Citizensさん>
なるほど。フェルナンジーニョは自在に動いていたので、どういうフォーメーションなんだろうと思いながら見てました。左SBにコラロフが入った時も中に絞る動きが多く、ペップのサッカーはしばしば最終ラインの枚数がわからなくなりますね。サバレタが入る前は、ヤヤが右サイドのカバーに入るシーンが目立っており、流動性が高いなと思いました。

そんなお返事をする前に、エティハドいったんですね!ジェズスの2発を生で観たんですね!うらやましい!!が先だということに気がつきました。英語だと確かにジーザスですね。ファン・ペルシはヴァンパーシ、デウロフェウはデュルフォー、など…。
  • makoto
  • 2017/02/06(Mon)09:29:07
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ