【Arsenal×Leicester】残り4分、またもモンレアル!アーセナルが1-0勝利で4位争いに生き残り!

ガブリエウ、コシールニー、モンレアル。ひとつたりとも落とせないアーセナルは、プレミアリーグ28節の延期試合となるレスター戦でも3バックを継続するようです。両サイドにベジェリンとギブス、中央にはジャカとコクラン。メスト・エジルとアレクシス・サンチェスの前にウォルコットという布陣です。ヴァーディとウジョアの2トップと、マフレズとオルブライトンというサイドアタッカーに対して1枚余らせ、守備を安定させる狙いでしょう。主将のウェズ・モーガンを負傷で欠き、岡崎慎司をベンチスタートとしたレスターのシェイクスピア監督は、チャンピオンズリーグでアトレティコ・マドリードをゴール前に釘付けにした選手たちで、アウェイ勝利をめざします。

予想通りアーセナルがポゼッションを主張し、昨季プレミアリーグ王者はお家芸のカウンター狙いに徹しています。7分、アレクシス・サンチェスが軽率なプレイでオルブライトンにボールを奪われ、ニアに入ったグラウンダーをヴァーディがボレー。得意の左足の一撃はうまく当たらずポストの左に外れますが、直近のプレミアリーグ7試合で6ゴール2アシストと復活したエースを擁するチームに、自陣でのボールロストは避けなければなりません。

左サイドを執拗に攻めるアーセナルは、16分にコクランが左隅を狙ったミドルシュート。シュマイケルに弾かれ、先制はならなかったものの、引いた相手には効果的なアタックです。自陣にこもった相手に対して、攻めの糸口を模索するガナーズ。22分、レスターの武器のひとつとなっているフクスのロングスローが中央に入ると、ヘッドで競り合ったボールがマフレズの足元にこぼれます。決まったかと思われた渾身のボレーは、チェフが左手でビッグセーブ!ガナーズ守備陣には、マークの確認とはっきりしたクリアが必要です。

27分、ジャカのパスを受けたベジェリンがボックスの入り口で粘ると、こぼれ球に反応したウォルコットが巧みにフクスを抜き去り、アウトにかけたシュート。ホームチームの初めての決定機は、ニアを締めていたシュマイケルに阻まれます。39分、エンディディは左サイドに流れたマフレズをよく見ていました。浮き球を受けたサイドアタッカーは、ガブリエウを軽くかわすと左足を振り抜きます。ニアを襲った一撃は、ボール2つ分外にずれてしまいました。46分、左にいたエジルの縦パスを中に持ち込んだアレクシス・サンチェスは、強烈なシュートをクロスバーにぶち当てます。相手ボールになると8人がボックスに引くレスターに対して、アーセナルは崩し方を見出せません。必要なのは緩急とスペースを創る動き、あるいは終了直前に7番が放ったような遠めからのシュートでしょう。

後半に入っても、互いにチャレンジするパスがつながらない展開。ウォルコットとウジョアが機能しない時間が続きます。両指揮官は、ストライカーのチョイスを間違えたのではないでしょうか。引いた相手にはジルー、3バックの前が空く相手には岡崎慎司の方が効果的でしょう。54分、フクスのロングスローを叩いたエンディディのヘッドはチェフがキャッチ。1分後、ジャカからもらって中に入ったベジェリンのラストパスは、アレクシスに届く寸前にフートにカットされてしまいます。59分、ベジェリンが中央に戻した緩いボールをジャカがダイレクトでシュート。DFのつま先でコースが変わった難しいボールを、シュマイケルは確実に弾き出しました。

65分のCKからの二次攻撃は、ベジェリンのクロスにフリーで合わせたコシールニーのヘディングがシュマイケルの正面。次のCKはコシールニーが打ち切れず、左にまわったボールをアレクシス・サンチェスが狙うと、これもGKが余裕をもってキャッチします。ヴェンゲル監督は、ギブスを下げてウェルベックを投入。最終ラインを4枚して前に厚みを持たせます。これでダメなら、次はジルーでしょう。岡崎慎司がウジョアに代わって登場したのは69分。ヴァーディが仕掛けたカウンターは、ベジェリンがぴったり着いてタッチミスに追い込みます。75分、コクランとウォルコットが下がり、ラムジーとジルー。岡崎慎司とのコンビで右から放ったヴァーディのシュートは、力なくチェフの懐に収まります。

78分、3枚使ったアーセナルにアクシデントか!?ヘディングでクリアした後、倒れ込んだコシールニーの脇を岡崎慎司がすり抜け、右足でシュートを放つもガブリエウが足元に入ってブロック。CBは大事に至らなかったようです。刻一刻と時間が過ぎ、アーセナルに焦りが見え始めた86分、FAカップで同点ゴールを決めたSBが、またも大きな仕事を成し遂げました。アレクシスが左から入れたボールがこぼれ、ジャカが脇にいたモンレアルに落とすと、思い切りよく放ったボレーがフートに当たって右のサイドネットへ。必死に反撃に出るレスターに対して、ガナーズ守備陣は中央を固めています。94分、フクスのロングスローに対してラインに張り付き、カード覚悟で妨害したのはアレクシス・サンチェス。FKに変わったレスター最後のアタックは、岡崎慎司のボレーがゴールライン手前で止められます。1-0、アーセナルが土壇場で執念を見せて、プレミアリーグ4位争いに生き残りました。

アーセナルが苦しんだ原因は、ラストパスの不正確さと、ウェルベックやジルーをどう活かすかが曖昧だったことでしょう。レスターの選手たちは集中して守れており、ドロー決着濃厚の展開でしたが、密集の手前でシュートを選んだモンレアルの勇気がチームを救いました。何よりも勝ち点3が大事だった今日は、通らなかったラストパスを省みずとも、落ち着いた対応でクリーンシートを達成した守備陣をほめてもいいでしょう。チェフのビッグセーブは大きなターニングポイントでした。「チャンピオンズリーグに出場できなければ、失望は大きい」と危機感を募らせていた守護神の素晴らしい反応とSBの一撃で、アーセナルは4位争いに残りました。グーナーのみなさんにとっては、明日のマンチェスターダービーは、直接叩けるマンチェスター・ユナイテッドが勝ったほうがベターということでよろしいでしょうか。チェルシーとトッテナムは当確ですが、残り2つの椅子を巡るバトルは最後までもつれそうです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

即の記事掲載、ありがとうございます!

おっしゃる通り、引いてカウンター狙いのレスター相手にウォルコットはCFとして機能していませんでしたね。チェフのビックセーブとモンレアルのシュートに救われました。

チェンバレンがスターターから外れると仕掛け屋がサンチェスしかいなくなり、強引な突破やシュートが減りますね。引き分け覚悟の後半にモンレアルの枠が見えたらシュートと打つという気概が、ラッキーゴールを産んだと思ってます。崩す形にばかりこだわったチームをベテランが救ってくれました!

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ