【Arsenal×Newcastle】エジル、スーパーボレー…追加点を奪えなかったアーセナルは16位に1-0辛勝!

9勝3分5敗、プレミアリーグ7位。ヴェンゲル監督のチームが、17節までに5つも負けるとは思いませんでした。2012-13シーズンからの4季はいずれも年間7敗。5位に沈んだ2017-18シーズンも、前半戦で3敗しかしていません。昨季プレミアリーグの終盤戦から導入した3-4-2-1はここまで20失点で、前年よりプラス1。ゴール数は8つも少なくなっており、新システムが成功しているとはいえません。ちなみに昨季は17節までに12ゴールをゲットしていたアレクシス・サンチェスは、今季は4ゴール。チームのゴール数の減少とエースの停滞はぴったり符合します。

エミレーツで戦う本日の相手はニューカッスル。夏の補強に失敗し、16位にあえぐチームに負けるわけにはいきません。GKチェフ、最終ラインはベジェリン、コシールニー、モンレアル、メートランド=ナイルズの4枚。ジャカの前にアレクシス・サンチェス、エジル、イオビ、ウィルシャーと10人までがハマーズ戦と同じで、唯一の違いはトップに入ったラカゼットです。開始3分、最初のシュートはラカゼットのミドル。スピードは文句なしでしたが、GKエリオットの正面にいってしまいました。5分に後方からのFKに合わせたラッセルズのヘディングシュートは、チェフが落ち着いて外に弾き出しました。

7分、ベジェリンが中に入れたボールをアレクシス・サンチェスがヒールで左に流すと、ラカゼットのダイレクトショットはイェドリンがブロック。ルジュンのクリアを拾ったベジェリンが中央から左足を振り抜くと、アウェイチームのDFが3人でコースに飛び込みCKに逃れます。12分にベジェリン、エジル、ラカゼット、アレクシスと横につながった小気味いいアタックは、7番のフィニッシュが浮いてしまいました。1分後、ドリブルで2人を抜き去ったメートランド=ナイルズが右に流れながら放ったシュートは、20センチ内側に入れば先制点でした。

20分のガナーズの速攻は、アレクシス・サンチェスがゴール前に上げたボールにラカゼットが競り勝てず。23分、ホームチームの先制ゴールはエクセレントのひとことでした。右サイドに流れたイオビのグラウンダーをファーサイドのアレクシスがダイレクトで叩くと、イェドリンに当たったボールが高く浮き上がります。アレクシスとルジュンの空中戦はCBの勝ち。しかし短いクリアの落下点にはメスト・エジルがいました。下がりながら放った左足のボレーは、美しい弧を描いてゴール右へ。予測していなかったエリオットは、ただ見送るしかありませんでした。

攻めなければならないニューカッスルですが、相変わらずポゼッションはアーセナルです。31分のジャカのミドルシュートはポストの右。35分にボックスの入り口で転倒したラカゼットに笛は鳴りません。2分後のラカゼットとエジルのワンツーは見事でしたが、最初のタッチが外に流れたエジルに角度はなくなり、強引なシュートはカットされてしまいます。1-0で折り返したアーセナルは、後半も主導権を掌握しています。48分にジャック・ウィルシャーのパスを受けたアレクシスが、得意の切り返しからシュート態勢に入ると、クリスティアン・アツのクリアがポストすれすれを抜けていきます。

53分、ガナーズの中央からのアタックは、イオビが強引に突破を図ってこぼれたボールをエリオットがキャッチできず、詰めたイオビが触って決まるかと思われましたが、GKが間に合って手で掻き出しました。ベニテス監督は、アツを諦めマット・リッチーを投入。今季プレミアリーグで初めてベンチスタートとなったアタッカーが、入ってすぐに放ったミドルは上にアウト。左サイドからまわり込んで打ったマーフィーの強烈なシュートは、チェフが左に倒れてセーブします。モンレアルの勇敢な競り合いでイオビにボールが渡り、ラカゼットにスルーパスが通ったのは59分。ループシュートというチョイスは悪くなかったのですが、コントロールが効かず、弾道を確認したストライカーは悔しそうな表情を浮かべています。

ベニテス監督は、67分にマーフィーを下げてドワイト・ゲイルを投入。72分、アグレッシブにゴールを狙いにいっていたMFが痛んでしまったようです。イオビはウェルベックに後を譲り、ラカゼットもジルーにチェンジ。75分にアレクシス・サンチェスが左からクロスを入れると、ジルーが頭で落としたボールを叩いたウィルシャーはノーマークでしたが、DFの壁に阻まれてしまいました。82分、メリーノが下がりディアメ。直後のマット・リッチーのクロスはアヨゼ・ぺレスにぴったりでしたが、ヘディングシュートは右に逸れてしまいます。ニューカッスルのチャンスはこれが最後でした。コクランを入れて守備を固めたアーセナルが、1点を守り切って勝ち点3をゲットしました。

「危なげない勝利」といういい方もできますが、直近のプレミアリーグ4試合でわずか3ゴールはやはり気になります。22本の大半はミドルレンジから。オンターゲットは工夫がないシュートが多く、エジルの1発以外はメートランド=ナイルズのミドルぐらいしかきわどいフィニッシュはありませんでした。来週末は、リヴァプールとのシックスポインター。ミッドウィークのカラバオカップでウェストハム相手に完勝し、メンタルのコンディションが上がった状態で決戦を迎えたいものです。アグレッシブにゴールを狙っていたイオビと、的確なパスで周囲を動かしていたエジル以外のアタッカーたちの覚醒に期待したいと思います。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

【MAN.CITY×Tottenham】圧巻デブライネ!スパーズを4-1で屠ったマン・シティはついに16連勝!

リヴァプールは5-0惨敗、チェルシーはデブライネの1発に沈み、アーセナルは3-1完敗、マンチェスター・ユナイテッドはオールド・トラフォードで1-2の屈辱。2節のエヴァートン戦で引き分けて以来、史上最強のプレミアリーグ15連勝と快進撃を続けるマンチェスター・シティは、スパーズも屠って上位対決全勝で2017年を終えるのでしょうか。エデルソンの前にカイル・ウォーカー、マンガラ、オタメンディ、デルフ。フェルナンジーニョ、デブライネ、ギュンドアンの3センターにスターリング、サネ、アグエロという布陣は、ダヴィド・シルヴァの欠場と最終ラインの負傷者続出が気になります。

一方、プレミアリーグ4位から巻き返しを期すポチェッティーノ監督は、アルデルヴァイレルトを欠く以外はベストメンバー。ロリス、トリッピアー、エリック・ダイアー、フェルトンゲン、ダニー・ローズ、デンベレ、ハリー・ウィンクス、デル・アリ、エリクセン、ソン・フンミン、ハリー・ケイン。プレミアリーグ16試合12ゴールのエースは、首位チームのレコードを止める立役者になれるでしょうか。キックオフから互いに激しくプレスをかけ合い、ワンタッチ以内でプレイしないと潰される展開。マン・シティの中盤はしきりにラインの裏を狙うボールをフィードし、スパーズの最終ラインが丁寧にカットし続けています。9分にサネが左から突破を図り、ボックスに入って速いグラウンダーを入れるとフェルトンゲンがクリア。1分後、デブライネのFKにニアで合わせたアグエロのヘッドは。枠に収めることができません。

14分、先制はやはりマンチェスター・シティ。左からのCKに走り込んだギュンドアンはノーマークで、ヘディングシュートにロリスは一歩も動けませんでした。22分にマン・シティのプレスをかいくぐったスパーズは、ハリー・ウィンクスからフリーのダニー・ローズにボールが渡るチャンスを迎えますが、左SBのキックミスでソン・フンミンにつながらず。直後、左からフリーでボックスに入ったアグエロのシュートはロリスがセーブし、フォローしたスターリングの左足シュートはバーを越えていきます。29分、デブライネのロングフィードでフリーになったサネが折り返すと、アグエロのボレーはダニー・ローズが体を張ってカットしました。

圧倒的なマン・シティペース。32分にデブライネがドリブルで中央に入り込むと、マークがずれたスパース守備陣がサネを空けてしまいますが、最初のタッチが大きくロリスがかろうじてセーブしました。35分に左45度からハリー・ケインが右足で巻いた一撃は、ファーポストすれすれを抜けていきます。44分にデル・アリとソン・フンミンが右から仕掛けた速攻は、ラストパスがハリー・ケインに合わず、落としを受けたダニー・ローズのクロスはエデルソンがキャッチ。カウンターからボックス右でボールをキープしたアグエロは、得意のドリブルシュートを決めにいったところをダニー・ローズに止められました。前半は1-0。セカンドハーフに入ると、徐々にスパーズが押し返し始めます

50分のエリクセンのFKは味方に合わず。スターリングの脛を削ってしまったハリー・ケインはイエローで助かりました。55分にハリー・ケインが右足を振り抜いた渾身のミドルは、右に飛んだエデルソンがCKに逃れます。57分、ぺップはアグエロをガブリエウ・ジェズスにチェンジ。入ってすぐにデブライネのアーリークロスに反応した若きストライカーは、トラップが決まりませんでした。64分にトリッピアーの戻しをもらったソン・フンミンは、左足でカーブをかけたシュートをバーの上に外してしまいました。67分、左からドリブルで仕掛けたサネが、軽く切り返して右足でシュート。ロリスが弾いたボールをプッシュしたスターリングは、枠を越えたボールを見て顔をしかめています。

勝負を決めたのは、やはりこの男でした。70分に左からドリブルで仕掛けたデブライネが、左足で強烈なシュート。ロリスは手に当てたものの弾かれ、殊勲のプレーメイカーは指で「21」を示して不在の相棒にメッセージを送っています。75分、デブライネが再び左から抜けようとすると、フェルトンゲンの足がかかりPK。3点めを奪うチャンスでガブリエウ・ジェズスは左のポストに当ててしまい、リバウンドに先着したスターリングのボレーも上に外れます。81分、ダメ押しの起点もデブライネ。素晴らしいボディバランスでチェックを外してギュンドアンに預けると、ドイツ代表MFの美しいスルーパスでサネがフリーとなり、ファーに流したボールをスターリングが無人のゴールにプッシュしました。

83分、ペップが送り込んだ17歳のフィル・フォーデンは、これがプレミアリーグデビューです。2分後にサネがお役御免となり、ベルナルド・シウヴァ。89分の4点めは、集中力が切れたエリック・ダイアーのトラップミスからでした。スターリングと1対1になったロリスは股間を抜かれ、7番が今季プレミアリーグ11発めをゴールのど真ん中に転がしました。追加タイムにエリクセンが決めたミドルは、右のサイドネットに刺さる完璧な一撃でしたが、大勢に影響はありません。4-1、マンチェスター・シティがトッテナムに圧勝し、プレミアリーグの連勝記録を16に伸ばしました。

レアル・マドリードに勝ったチームが最後の砦となることを期待したのですが、マンチェスター・シティの厳しいプレスで余裕を失ったトッテナムは、敵陣で奪って速攻という得意の形に持ち込めずラフプレーが目立ちました。サネがトリッピアーのサイドを崩せると見るや、執拗に左サイドを突いたマンチェスター・シティの作戦勝ち。プレミアリーグ優勝どころか、欧州戴冠まで夢見てしまうレベルの強さです。さすがペップ、さすがデブライネ。就任2年めのモウリーニョ監督が築いた堅守速攻が優勝に届くと信じた2017-18シーズンでしたが、はるか上をいく別次元のチームによって「2年めは必ずリーグ制覇」だったポルトガル人監督の記録は途絶えることになりそうです。来週末、エティハドに乗り込むボーンマスが討ち死にとなれば、ペップのチームは19戦18勝というとてつもない数字で前半戦を終えることになります。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

【Liverpool×WBA】ソランケ、残念!WBAの堅守を崩せなかったリヴァプールは2戦連続ドロー!

プレミアリーグで7戦連続無敗のリヴァプールですが、一方的に攻め立てながらデヤン・ロブレンがPKを取られてドロー決着となったマージーサイドダービーは痛恨でした。アンフィールドで開催される17節は、11月末にアラン・パーデュー体制となったWBAとの対戦です。新監督就任後のプレミアリーグで2試合1分1敗、未だゴールなしと微妙なスタートとなりましたが、止まらなかった失点が減ったのは残留に向けて好材料です。クロップ監督は、GKにロリス・カリウスを指名しました。4バックはアーノルド、クラヴァン、デヤン・ロブレン、ロバートソン。コウチーニョ、エムレ・ジャン、ワイナルドゥムが中盤に入り、フィルミーノ、マネ、サラーの3トップでしょうか。プレミアリーグ開幕から3戦連続ゴールといいスタートを切ったマネが、その後の7試合で1ゴールしか決めていないのが気になります。最近は中盤の選手よりも深い位置にいる姿も目立ち、シュートを打てるポジションに入る頻度が確実に減っています。

慎重というべきか、スローと気を揉むべきか。WBAの前線からのプレスをリヴァプールの中盤が嫌がり、サラーが中に入ってくるシーン以外はもっぱらサイドでの攻防です。8分にマネが右から上がった速攻は、アウェイチームの帰陣が早くゴールに迫れず。最初のチャンスは17分、マネのヒールパスを右サイドで受けたサラーのスルーパスが見事でした。左から上がってGKフォスターの目前に出たフィルミーノは、ファーポストの内側に決めようとしたシュートを外してしまいます。19分、アーノルドのクロスのクリアをダイレクトで叩いたのはロバートソン。リヴァモアにブロックされてCKとなりますが、今季プレミアリーグで5試合めの左SBは、徐々にフィットしてきているようです。

30分、ロリス・カリウスのエムレ・ジャンへのスローは強引だったかもしれません。ボックス手前でヘガシーとマクリーンにさらわれ、中央でパスを受けたロブソン=カヌのコントロールショットがクロスバーの上部にヒットします。38分、右サイドをスプリントしたアーノルドのアーリークロスは、球足が速くサラーが出した足の先を横切っていきます。40分のカウンターは、サラーが左のコウチーニョに預けると、最前線に走ったマネの足元にピタリと落ちるロングフィードが通りますが、セネガル代表FWの中途半端なプレイでチャンスを逸してしまいます。3分後、左サイドからヘガシーとロブソン=カヌを一気に抜き去ったフィルミーノのシュートと、フォローしたサラーの左足はいずれもDFにカットされて枠に届かず。リヴァプールは0-0でハーフタイムを迎えました。

50分、クリホヴィアクのFKがゴールに向かって鋭く曲がり、ロリス・カリウスが慌てて下がってパンチ。直後のCKは、ヤコブのヘッドをGKがセーブ。51分のシュートコーナーはヘガシーのヘディングが浮いてしまいました。マネ、ワイナルドゥム、フィルミーノ、マネとつながった56分の流れるような速攻は、19番のボレーが右にアウト。アーノルドのアーリークロスに合わせたサラーのヘッドは左に外れます。クロップ監督は、76分にマネとワイナルドゥムを下げ、チェンバレンとソランケを入れる2枚代えを敢行。プレミアリーグでゴールを決めたことがないソランケは、レッズ移籍後11回めのリーグ戦で結果を出したいところです。

ロブソン=カヌをジェイ・ロドリゲスに代えたパーデュー監督は、79分にクリホヴィアクをブルントにチェンジ。クロップ監督はアーノルドをジョー・ゴメスにスイッチしました。82分、コウチーニョがジョー・ゴメスにサイドチェンジのボールを送ると、アーリークロスをヘガシーが処理しきれず、ソランケが体でゴールに押し込みました。大歓声のアンフィールドは、ほどなくレフェリーがハンドを取ったことを知らされます。さらに1分後、コウチーニョのロングフィードをニョムがかぶり、GKと1対1になったチェンバレンのシュートはフォスターがブロック。このボールを拾ったソランケは、フリーのシュートをゴール前にいたヘガシーにクリアされてしまいます。レッズはゴールを決められないまま、0-0でタイムアップ。プレミアリーグ16戦13発のサラーも、この日は不発でした。

ポゼッションは70%に達していたのに、シュートは8本のみ。WBAの守備がよかったのは確かですが、レッズはファイナルサードにおける積極性を欠いているように感じました。完璧に決めようという意識が強すぎたのか、力みがあったかフィニッシュはことごとく微妙にずれてしまい、6試合中5試合で3ゴール以上だった15節までとは別なチームのようです。チャンピオンズリーグでグループステージ突破を決め、テンションが緩んでしまったのでしょうか。セヴィージャ戦とスパルタク・モスクワ戦で3発決めたマネが、強引な突破から狙うシーンが減ったのが気になり続けています。年末年始にアーセナル戦とマンチェスター・シティ戦が控えているリヴァプールが、次のボーンマス戦で以前の攻撃力を取り戻せるかに注目したいと思います。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

【Swansea×MAN.CITY】圧巻シルヴァ&デブライネ!マン・シティはプレミアリーグ新記録の15連勝!

マンチェスターダービーに快勝して、同一シーズン内のプレミアリーグ14連勝という新記録を達成したマンチェスター・シティ。リバティ・スタジアムで行われるスウォンジー戦に勝てば、2002年のアーセナルが2シーズンにまたがって作ったレコードを超える15連勝となります。ダニーロ、マンガラ、オタメンディ、デルフの4バックは、3人までがサブのメンバーですが、フェルナンジーニョ、ダヴィド・シルヴァ、デブライネ、スターリング、アグエロ、ベルナルド・シウヴァという攻撃陣をプレミアリーグ19位に低迷するスワンズが止められるとは思えません。開始早々から、マンガラが敵陣に侵入して攻撃に厚みを加えています。5分には、アグエロが単独で右から突破を図りニアへシュート。今季プレミアリーグのアウェイゲームを8勝無敗のチームは、すぐにでも先制点をゲットしそうです。

7分のCKは、ダヴィド・シルヴァが蹴る瞬間にフェルナンジーニョがすっと後ろに下がるトリックプレー。強烈なボレーは入るかと思われましたが、GKファビアンスキが素晴らしい反応を見せて右に弾き出しました。10分にカウンターを仕掛け、2対2の形に持ち込んだスワンズは、ジョルダン・アイェウがマークを外して右足を振り抜きますが、エデルソンが負けじと右に飛んでセーブします。18分、デブライネのFKをニアでトラップしたオタメンディは、次のタッチをミスして悔しがっています。今季プレミアリーグ4ゴールのCBは、後方のメンバーのなかでは唯一アンタッチャブルな選手です。

アグエロ、オタメンディときわどいシュートが続いた後、マンチェスター・シティは27分に先制しました。オタメンディの縦パスを受けたデブライネがアグエロへのパスをミスすると、スウォンジーも奪ったボールをベルナルド・シウヴァにプレゼントしてしまい、左足で巻いたクロスがゴールに向かいます。落下点にいたのはダヴィド・シルヴァ。先制点を決めるのに強さは不要とわかっていたプレーメイカーは、左足アウトに軽く当てただけのシュートをゴールに流し込みました。ファビアンスキは茫然。気落ちしたスワンズの守備陣は、29分にアグエロを4人で囲みながらも強烈なシュートを許してしまいます。ここはファビアンスキが何とか触って0-1をキープしますが、34分にはデブライネに決定的な2点めを入れられてしまいました。

左サイドからのFKは、密集の手前でバウンドする嫌なボール。ボニー・ウィルフリードとオタメンディが競る姿が目に入ったファビアンスキは、抜けてきた速い弾道を追いかけることができませんでした。39分にベルナルド・シウヴァが長いドリブルから中央に侵入したチャンスは、スターリングに出さずに自分で打ったほうがよかったでしょう。0-2で前半を終えたプレミアリーグ首位チームは、次の45分の始まりにも美しい速攻を披露してくれました。デブライネが右から入れた速いパスをダヴィド・シルヴァがスルーすると、アグエロの落としがシルヴァの足元に通ってGKと1対1。左足のシュートが枠にいけばファインゴールでしたが、ファーポストの外に抜けたボールを見た21番は頭を抱えています。

シュートミスをしたダヴィド・シルヴァが次のゴールを決めるまでに、5分しかかかりませんでした。52分、デルフの縦パスをスターリングにダイレクトではたいて中に入ったダヴィド・シルヴァは、リターンをもらってファビアンスキの前へ。出るべきタイミングで動かなかったGKは、スペイン人MFがクロスに浮かしたシュートを見送るしかありませんでした。57分に右サイドからダヴィド・シルヴァが蹴ったFKは、ファーでノーマークだったマンガラが決めるかと思いきや空振り。フェルナンジーニョを休ませ、ヤヤ・トゥレを入れたペップは、もはや勝利を確信しているでそう。61分に右から持ち込み、クロスに打ったアグエロの一撃はポストすれすれを外れていきます。

64分、ここまで実力を発揮する機会がほとんどなかったエデルソンが、信じられないビッグセーブを見せてくれました。ロケ・メサのシュートがファン・デル・ホールンに当たって左にコースを変えた瞬間、逆に反応していたエデルソンはすかさず右に動き直して両手で弾き出しました。前への飛び出しと足技に長け、セービングも安定しているブラジル人守護神を見ていると、ペップがジョー・ハートを戦力外とした理由がわかります。73分にデルフがジンチェンコに代わり、5分後にはデブライネをギュンドアン。右からのドリブルシュートを3回外していたアグエロは、85分の4回めをファーポストの根元に叩き込みました。4試合連続で2-1勝利と得点力が落ちていたマン・シティは、7-2で大勝したストーク戦以来、2ヵ月ぶりに4ゴール以上の勝利を挙げました。

スタメンの選手たちのゴール数を全部足しても、オタメンディひとりと同じ4ゴールしかないスウォンジーが勝てるとは思えませんでした。マンチェスター・シティのアタックは相変わらず獰猛で、オタメンディから一気にチャンスになる縦パスが出まくり、デブライネとダヴィド・シルヴァが蹴るFKはきわどいボールばかり。アグエロとスターリングに一発で当たりにいくと簡単にかわされ、フィットするのに時間がかかっていたベルナルド・シウヴァの正確なフィードも脅威でした。過去最高のペースで勝利を重ねる彼らを止めるチ―ムは、いつ現れるのでしょうか。週末のトッテナムか、1月14日にアンフィールドでリベンジを狙うリヴァプールか。いずれもおもしろい試合にはなりそうですが、ペップのチームが負ける姿は想像できません。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ