【Chelsea×WBA】実は危なかったチェルシー…チームを救ったジルーの奮闘とアザールの2発!

「絶対に負けられない一戦」…消費しつくされた感があるこの表現も、今のチェルシーにはしっくりきます。ボーンマス、ワトフォードとプレミアリーグ中位のチーム相手に、守備が崩壊して2連敗。最下位のWBAにホームで敗れれば大事件で、この後マンチェスター勢との連戦が控えているチームは、一気にCL出場権争いから消え去る可能性すらあります。モラタが帰ってきたものの、コンテ監督のチョイスはオリヴィエ・ジルー。アザールとペドロが左右に入り、ヴィクター・モーゼスとザッパコスタがWB、セントラルMFはカンテとセスク。クルトワの前にはアスピリクエタ、クリステンセン、リュディガーの3枚を並べています。

開始3分、プレミアリーグ20位に激痛のアクシデント。リヴァプールからレンタルしたダニエル・スタリッジが負傷リタイアとなり、パーデュー監督はジェイ・ロドリゲスの起用を余儀なくされます。アグレッシブに攻めているのはWBA。6分、マット・フィリップスが右からダイレクトで蹴った高速クロスをニアで叩いたサロモン・ロンドンのヘッドは、強さは申し分なかったものの、右に逸れてしまいました。11分、ヴィクター・モーゼスのヘディングでのバックパスは、中央に走っていたジェイ・ロドリゲスの足元へ。冷静に左右のコーナーを狙えれば間違いなく先制でしたが、慌てたイングランド人アタッカーが左に外してしまい、昨季プレミアリーグ王者は命拾いします。

チェルシーの最初のチャンスは17分。アスピリクエタが右から上げたアーリークロスがゴール前を横切ると、マルコス・アロンソの代役として左に入っていたザッパコスタが追いつき、GKフォスターと1対1。WBのボレーのコースが甘く、体を張ったGKが外に弾き出します。20分、右サイドに出たアザールが左足で絶妙なグラウンダーを入れると、フリーで合わせたジルーのボレーはフォスターの守備範囲。攻撃陣のコンビネーションが冴え始めていたチェルシーは、25分に先制します。ボックス手前右にいたアザールがジルーをポストに使うと、ガナーズから来たストライカーの落としは完璧でした。右足で捉えたダイレクトショットがゴール左隅に突き刺さり、全く読めなかったフォスターは立ち尽くすことしかできませんでした。

WBAの反撃は29分。右からのFKのキッカーはブラント。左足で巻いたボールがゴール前に落下すると、ドーソンのヘッドはニアを締めたクルトワがセーブします。35分のチェルシーのCKは、競り合ったボールが浮いたところをスコーピオン大好きオリヴィエ・ジルーが左足で狙いますが、うまく当たらずポストの左に外れます。ペドロのパスの精度が低く、前線が薄かったチェルシーにとって、ジルーの奮闘は命綱でした。ヘガジーとの接触で頭に包帯を巻いたストライカーがいなければ、ずるずる下がって失点を喰らう最近の敗戦をトレースしていたかもしれません。前半は1-0。パーデュー監督は、ハーフタイムにブラントを下げてオリバー・バークを投入します。

後半に入り、右サイドを執拗に攻めるWBA。51分にオリバー・バークのきわどいグラウンダーがサロモン・ロンドンに向かいますが、アスピリクエタがスライディングでクリア。57分、ロングフィードを戻りながら処理しようとしたクリステンセンがうまくクリアできず、サロモン・ロンドンに奪われますが、クルトワが体に当てるビッグセーブで同点を許しません。直後のCKは、ジョニー・エヴァンスのヘディングがクロスバーすれすれを越えていきます。63分、チェルシーが勝負を決めるゴールを奪います。右から中に斬り込んだヴィクター・モーゼスがセスクに預けると、プレミアリーグ屈指のアシストキングの浮き球が絶妙なエリアに落ちました。ラインの裏に躍り出たヴィクター・モーゼスは、左足で流し込むだけ。ヴィクター・モーゼスは69分にも中央にドリブルで持ち込み、今度は自ら左足を振り抜きますが、GKフォスターに足でブロックされました。

3点めは71分、ジルーに代わってプレミアリーグ復帰を果たしていたモラタのパスを受けたアザールは、右から中に持ち込んだ際に一瞬空いたニアのコースを見逃しませんでした。完璧なシュートにフォスターは一歩も動けず。クリステンセンをケーヒル、ペドロをウィリアンに代えたコンテ監督は、4点めを狙いながら時間を遣ったチームに満足しているのではないでしょうか。前半のジェイ・ロドリゲス、後半のサロモン・ロンドンと、2度のターニングポイントを活かせなかったWBAは、中盤から正確なパスを供給していたセスクとスーパー・アザールの軍門に下りました。

相変わらずボックス内に侵入する選手が足りないシーンが多く、相手のミスに助けられた感はありましたが、暗いムードを払拭したかったチェルシーは、この日はとにかく3ポイントでしょう。次戦、オールド・トラフォードでモウリーニョ監督のチームを撃破すれば、勝ち点で肩を並べることができます。苦しい戦いが続きますが、2位フィニッシュという悪くない着地でシーズンを終われる可能性は充分に残されています。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

【Newcastle×MAN.UTD】決定機を活かせなかったマン・ユナイテッドは、16位相手にまさかの敗戦!

首位の動向よりも、トッテナム、リヴァプール、チェルシーの追撃が気になるレッド・デヴィルズは、セント・ジェームズ・パークに乗り込みベニテス監督のチームと戦います。プレミアリーグ27節、ニューカッスルVSマンチェスター・ユナイテッド。モウリーニョ監督は、最も攻撃的な11人をチョイスしています。GKデ・ヘア、最終ラインはバレンシア、フィル・ジョーンズ、スモーリング、アシュリー・ヤング。マティッチの脇にポグバとリンガードが入り、アレクシス・サンチェス、ルカク、マルシアルの3トップです。

キックオフからしばらくはロングフィードの応酬が続き、ニューカッスルがチャンスをつかんだのは5分。ドワイト・ゲイルのFKが壁に当たると、リバウンドを叩いたのはシェルヴィ。決まったと思われた強烈な一撃は、デ・ヘアが右に飛ぶビッグセーブで大きく弾き出しました。7分にもアヨゼ・ペレスが混戦を制して左にきわどいシュートを放つなど、ホームチームのアグレッシブな姿勢が目を引きます。

ドワイト・ゲイル、マット・リッチー、イェドリンらが仕掛けた11分からの波状攻撃は迫力がありました。マンチェスター・ユナイテッドがようやく彼ららしいアタックを見せたのは14分。左サイドのアレクシス・サンチェスからパスを受けたマルシアルがボックスに侵入し、グラウンダーを入れると中が薄く味方に通らず。ルカクのロングフィードがアレクシス・サンチェスに通った17分のカウンターは、ゴールラインまで持ち込んだ7番の折り返しをルカクが狙うも、うまくミートできません。

20分過ぎからポグバの攻め上がりが増えてきたものの、マン・ユナイテッドはラストパスの精度が低く、なかなかシュートが打てません。26分、右からのクロスをアレクシスが頭で叩くと、GKドゥブラフカがキャッチ。30分のケネディの強烈なミドルは、デ・ヘアが正面で押さえます。ルカク、アレクシスとつながった32分の速攻は、左に回り込んだリンガードのシュートをドゥブラフカがセーブ。プレミアリーグデビュー戦となるGKは、ワールドクラス揃いの強豪相手に落ち着いてプレイしています。

35分、マティッチの見事なスルーパスでマルシアルと1対1になったドゥブラフカはぎりぎりまで動かず、ニアへのシュートを左足を出してブロックしました。ポグバがアレクシスに長いボールを通したカウンターは、ヘッドの落としを受けたルカクがフィニッシュをDFに当ててしまいます。前半は0-0。ディアメ、シェルヴィを軸とするニューカッスルの中盤の集中力が高く、どちらが勝つかわからない好ゲームです。セカンドハーフはマンチェスター・ユナイテッドペース。アレクシス・サンチェスが前を向く機会が増え、アシュリー・ヤングが左から仕掛けるシーンが目立ちます。

53分、バレンシアのクロスの折り返しをルカクがヘッドで押し込むと、レフェリーはファールのジェスチャー。アレクシス・サンチェスがボックス左で2人をかわして放ったシュートは、ルジュンに当たり、ハンドのアピールは認められません。57分、敵陣で奪ったボールがルカクに渡ると、ラインの裏に出たラストパスに7番が反応。イェドリンとドゥブラフカが交錯し、無人となったゴールにアレクシスが…とその瞬間、ルジュンが間に合ってスライディングでブロックし、先制を許しません。

65分、先に決めたのはニューカッスルでした。左からのFKをシェルヴィが逆サイドに蹴ると、ヘッドの折り返しをドワイト・ゲイルが中央に落とし、走り込んだマット・リッチーはノーマーク。左足の冷静な一撃は、意外なことに今季プレミアリーグ初ゴールです。モウリーニョ監督は、リンガードとポグバを下げてマタとキャリックを投入。逆転勝利が1回しかないアウェイチームは、早く追いつかなければなりません。68分に左からドリブルで上がったアシュリー・ヤングのシュートはドゥブラフカがセーブ。77分、モウリーニョ監督最後のカードは、マティッチに代わりマクトミネイです。直後のCKは、こぼれ球を叩いたマルシアルの至近距離からのシュート2発をドワイト・ゲイルとルジュンがブロック。79分と遅かったベニテス監督の最初のカードは、ドワイト・ゲイルに代えてホセルです。84分には疲れがみえるケネディが下がり、クリスティアン・アツがボールキープとカウンターを託されます。

パワープレーはニューカッスル守備陣にことごとく跳ね返され、マクトミネイがドリブルで突破したラストチャンスも、左からのグラウンダーに合わせたキャリックのボレーをドゥブラフカがセーブ。マンチェスター・ユナイテッドはゴールを決められず、プレミアリーグ16位に痛恨の敗戦を喫しました。決定機をものにできないまま、セットプレー1発でやられるという強者が足をすくわれる典型的な展開。まずは、ドゥブラフカとルジュンをリスペクトしなければなりません。スパルタ・プラハから来たばかりのGKはビッグセーブを連発し、危険なエリアを察知するのが早かったフランス人CBは、決定的なシュートをことごとくストップしました。

ラシュフォードが不在で、攻めのオプションがマタしかなかったこの試合は、ポグバとリンガードをもっと引っ張ってもよかったのではないかと思いました。ミドルレンジからのシュートを意図的に増やすか、クロスをルカクに集めるか、意志統一された戦術がひとつでもあれば、選手を代えずとも違う結果で終われた可能性は高まったでしょう。プレミアリーグ開幕からの8試合で21ゴールを決めたマンチェスター・ユナイテッドは、直近の8試合は10ゴール。ドリブラーとフィジカルモンスターの個人力担保で、ひとたび劣勢になると軌道修正できないのが気になります。プレミアリーグ後半戦ではTOP6で最少ゴール、8試合中4試合が1ゴール以下…レッズやスパーズに迫られているモウリーニョ監督のチームは、ここが正念場です。(マルティン・ドゥブラフカ 写真著作者/Amarhgil)


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

【Saints×Liverpool】圧巻フィルミーノ&サラー!試合運びが巧みなリヴァプールが0-2完勝!

ファン・ダイク、マネ、チェンバレンにとっては古巣対決となります。プレミアリーグ27節、サウサンプトンVSリヴァプール。クロップ監督は、ベストといっていいメンバーを送り込んできました。ロリス・カリウスの前にアーノルド、マティプ、ファン・ダイク、ロバートソン。チェンバレン、エムレ・ジャン、ワイナルドゥムの3センターに、フィルミーノ、サラー、マネ。鬼門の1月を5勝1敗で走り抜けたチームは、スパーズ戦は不運なジャッジもあって引き分けたものの、いい状態でCLが始まる季節を迎えています。5分、いきなりレッズのカウンターが炸裂。チェンバレンの縦パスをウェズリー・フートが処理できず、サラーが左足アウトで巧みに中央に流すと、フリーで走り込んだフィルミーノがGKの動きをみて冷静に左隅に突き刺しました。

8分、マネが左に流したパスをチェンバレンが右足で狙うと、DFにかすったボールをGKマッカーシーがキャッチ。1点を追うセインツは、徹底してサイドを崩しにかかりますが、レッズの守備陣はクロスのコースを切ってフィニッシュを許しません。18分、左のロメウがファーに上げたクロスをロバートソンがかぶり、トラップしたホイビュルクが右足で狙いますが、飛び出したロリス・カリウスが体に当てるビッグセーブ。攻められ続けているレッズの守備陣はスローに落とし、流れを変えようとしています。26分、ロバートソンのインターセプトからマネがミドルシュートを放つと、うまくミートせず右にアウト。昨季プレミアリーグで13ゴールのセネガル代表FWにとっては、今季の6ゴールは不本意でしょう。

28分、ウォード=プラウズがアーリークロスを上げると、アーノルドに競り勝ったカリージョのヘッドはロリス・カリウスが正面でキャッチ。1分後、タディッチが左から入れたロングクロスは、ファーで待っていたウォード=プラウズにぴったりでしたが、強烈なヘディングはレッズの守護神が上に弾き出してCKに逃れます。32分、フィルミーノ、ワイナルドゥム、マネとつながったチャンスは、フートに寄せられたマネのシュートが左に逸れていきます。40分、バートランドのクロスに合わせたウオード=プラウズのヘッドは弱く、ロリス・カリウスがキャッチ。今季プレミアリーグでスパーズの次にクロスが多いセインツは、ゴール前で競り勝つシーンが多いものの、GKを慌てさせるには至りません。

43分、レッズの2点めは、マティプが中央のサラーに通した斜めのパスから一気に決まりました。サラーのパスを受けたフィルミーノが、完璧なヒールのリターン!エースが難なくマッカーシーの脇を抜き、今季プレミアリーグ22ゴールめをゲットしました。前半は0-2。クロード・ピュエルの守備的なスタイルを嫌ってペジェグリーノ監督を招聘したチームは、フィニッシュが決まらずあえいでいます。

静かに立ち上がったセカンドハーフ。50分、ロバートソンが左から上がってクロスを入れると、 マネのバイシクルはレミナがブロック。こぼれ球を直接打ったサラーの一撃は、クロスバーの上に消えていきます。ペジェグリーノ監督は、58分にレミナを下げてブファル。58分にウォード=プラウズがニアに入れたFKは、フートのボレーが枠にいきません。60分、クロップ監督はチェンバレンに代えてミルナー。左サイドを執拗に攻めるレッズに、セインツは得意のサイドアタックを封じられています。ブファルのドリブルは、アーノルドとマティプでチェック。70分に敵陣でインターセプトしたマネがホイビュルグを抜くと、中央でパスをもらったフィルミーノのシュートはマッカーシーが足でブロック。フォローしたサラーのシュートはニアポストの外に切れていきます。

71分、ウォード=プラウズが下がってシェーン・ロングが登場。74分のマネとロバートソンの連打は、DFの壁に阻まれます。76分、右サイドにいたフィルミーノが斜めに出した決定的なパスは、ワイナルドゥムのスルーを呼んでいなかったマネがシュートを左に外してしまいました。79分、フィルミーノがお役御免。代わって入ったのは、元セインツのアダム・ララナです。ペジェグリーノ監督は、ロメウを諦めスティーヴン・デイヴィスを投入。85分にサラーとのワンツーでゴール前に飛び出したララナは、左足のシュートがうまく当たらずポストすれすれを抜けていきます。

後半のレッズはサイドの守備が改善され、安心して観ていられました。ロリス・カリウスのセービングはパーフェクト。ブーイングを受け続けていたファン・ダイクは、クロスのコースをカットするポジショニングが秀逸でした。レッズ、納得の勝ち点3。プレミアリーグ36発のフィルミーノ&サラーは相変わらずの絶好調。ミッドウィークのCLラウンド16ファーストレグ、敵地エスタディオ・ド・ドラゴンに乗り込むポルト戦が楽しみです。今日は決められなかったものの、動きは悪くなかったサディオ・マネの大爆発に期待したいと思います。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

【MAN.CITY×Leicester】アグエロ4発、デブライネ3アシスト!エース躍動のマン・シティが圧勝!

岡崎慎司は不在、マフレズはベンチスタート。ドラゴヴィッチ、マグワイア、フクスの3バックは、プレミアリーグ首位を人数で抑えようという窮余の策に見えます。ダヴィド・シルヴァとサネが不在ながら、アグエロ、デブライネ、フェルナンジーニョとキーマンが揃ったマンチェスター・シティは開始早々から激しいプレスでレスターを抑え込んでいます。3分、右サイドでベルナルド・シウヴァの落としを受けたデブライネが、ダイレクトでファーにクロスを入れると、スターリングがプッシュしてあっさり先制。プレミアリーグアシスト王は、これが今季12本めのアシストです。

最終ラインはカイル・ウォーカー、ラポルテ、オタメンディ、ジンチェンコ。夏の補強、冬の補強、以前からの主力、今季の抜擢とペップのチームづくりのうまさを反映した4バックです。1-0とした後、ゲームを落ち着かせたマン・シティに対して、レスターが攻める時間が増えています。17分、ギュンドアンの縦パスに快足スターリングが追いつき、ゴールライン際から速いグラウンダーを入れますが、ゴール前が薄く味方に通らず。24分、レスターがワンチャンスを活かして同点に追いつきます。左サイドでボールを奪ったオタメンディが、ヴァーディがいる中央にパスを出してしまいました。必死にカバーしようとしたジンチェンコのスライディングは触るのが精一杯で、インターセプトしたヴァーディはドリブルで突進。マークについたラポルテはコースを切ろうと出した足の下を抜かれてしまい、左隅に向かうボールにエデルソンは反応できませんでした。

28分、フクスを抜いたベルナルド・シウヴァがゴールラインまでえぐってファーに浮かすと、GKシュマイケルが大きくパンチ。直後、ドリブルでボックスに侵入したカイル・ウォーカーの速いクロスも守護神が弾き出し、これを拾ったスターリングの落としをフェルナンジーニョがダイレクトで叩くと、ディフレクションに動じなかったシュマイケルががっちりキャッチします。33分、左から上がったデブライネが切り返しでDFをかわし、角度の厳しいところから放った強烈な一撃はシュマイケルがセーブ。41分にはデブライネの縦パスでスターリングがボックスに侵入し、シュマイケルまでかわして無人のゴールに流し込もうとしますが、ドラゴヴィッチが必死のスライディングでブロックします。前半は1-1、勝負は次の45分に持ち越されました。

前半の途中からオルブライトンをSBに下げ、4バックにスイッチしていたピュエル監督は、本職のダニー・シンプソンを投入して守備を安定させようとしています。しかし48分、スターリングとのワンツーで左から上がったデブライネが、絶妙なタイミングでグラウンダーをフィード。ノーマークのアグエロがGKに当てながらも押し込み、マン・シティが再度リードします。54分、デブライネのラストパスを右から持ち込んだアグエロが右足を振り抜くと、シュマイケルは強烈なボールを弾ききれず、3-1。レスターに希望が感じられたのはここまででした。58分にデブライネがニアに蹴ったCKは、オタメンディのヘッドが左にアウト。61分、ピュエル監督はディアバテとチルウェルを諦め、マフレズとイヘアナチョに勝負を託します。

ペップは65分にジンチェンコをダニーロ。マン・シティが勝利を決める4点めをゲットしたのは、78分でした。バックパスを受けたシュマイケルが、アグエロにインターセプトされる痛恨のキックミス。余裕のループシュートが枠に吸い込まれ、ハットトリックを決めたアグエロは今季プレミアリーグ20発めです。80分、フェルナンジーニョに代わりフォーデン。最後のゴールがまた、素晴らしい1発でした。フォーデンのパスをボックス手前やや左で受けたアグエロが、無回転シュートをクロスバーの下に叩きつけて1試合4ゴールを達成。マンチェスター・シティが地力の差を見せつけ、5-1で圧勝しました。

アグエロの4発もさることながら、デブライネの未来予測力の素晴らしさに胸が震える一戦でした。スターリングの先制ゴールとアグエロの勝ち越しゴールは、あのタイミング、あのコースしかなかったピンポイントの必殺パス。レスター守備陣は中央に入ってくる選手にはしっかり対応していたのですが、サイドからの魔法のようなボールを防ぐ術はありませんでした。ラポルテは、プレミアリーグのスピードに慣れるのに時間がかかりそうですが、多少のミスが許される独走の首位だけに、順調に経験を積めるのではないかと思います。エースとプレーメイカーが大暴れのマン・シティは、残り11試合で7勝すれば、ライバルの戦績に関係なくプレミアリーグ優勝が決まります。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ