【Everton×Arsenal】アレクシス&エジルが初ゴール!アーセナルが不振のエヴァートンに5発大勝!

木曜日のELを若手主体で勝ったクラブと、主力を起用してホームで敗れたクラブの対戦。プレミアリーグ9節のエヴァートンVSアーセナルは、アウェイチームのほうが心身ともにコンディションがよさそうです。チェフ、メルテザッカー、コシールニー、モンレアル、ベジェリン、コラシナツ、ラムジー、ジャカ、エジル、アレクシス・サンチェス、ラカゼット。ベオグラード遠征に顔を出していたのは、オスピナの負傷で出ざるをえなかったチェフだけです。片やクーマン監督は、ELのリヨン戦にいなかったレイトン・ベインズ、ジョンジョ・ケニー、グイェ、ルーニーを起用。3点差以上で敗れればプレミアリーグ18位と降格ゾーンに突入するゲームは、最低でもドローに持ち込みたいところです。キックオフからわずか3分、アレクシス・サンチェスの縦パスをエジルがダイレクトでラインの裏に流し、左から抜けたラムジーが右隅にシュート。決定的なチャンスでしたが、8番が枠に収められずガナーズの先制はなりません。

7分、エジルが右サイドで組み立て、逆サイドのアレクシス・サンチェスに渡ると、中央に入ったエジルにパスが通ってダイレクトのラストパスがラカゼットへ。角度のないところからの左足シュートは、ピックフォードが外に掻き出します。さらに10分、ラムジーが仕掛けたカウンター。右のエジルのリターンを受けたベジェリンが、ラムジーを縦に走らせると、後ろに出た速いグラウンダーを振り向きざまに打ったラカゼットの一撃は、守護神が体を張ってセーブします。ガナーズペースだった12分、ゴールを奪ったのはエヴァートンでした。敵陣深くでジャカからボールを奪ったグイェがルーニーに預けると、彼らしいコントロールショットがチェフの指先を抜けていきます。古巣に復帰したルーニーは、今季プレミアリーグで4ゴールめです。

1-0となった14分、チェフがキックをカルヴァート・ルーウィンにカットされる珍しいミス。こぼれ球を味方がクリアし、事なきをえますが、ガナーズは落ち着かなければなりません。16分のアレクシス・サンチェスのFKをピックフォードが弾くと、フォローしたラムジーのシュートもGKがブロック。直後、右から単独で持ち込んだラカゼットのシュートはDFに当たってCKです。エヴァートンの前からのプレスがきつく、アウェイチームは効果的な楔を入れられません。30分、アレクシスがエジルをポストに使って中に進出すると、右のベジェリンに展開しますがクロスはGKがキャッチ。マイナスに出していれば、フィニッシュに持ち込めたのではないでしょうか。31分のFKからコラシナツとベジェリンが連打するも、DFとGKに阻まれてスコアを動かせません。

前半のうちに追いつきたいアーセナルは、38分から怒涛の波状攻撃を開始。ダイレクトパスを駆使した攻撃にトフィーズ守備陣は振り回され、フィニッシュさえ枠にいけば決まりそうです。攻め続けて1分経った頃、ボックス角からのアレクシス・サンチェスのシュートがブロックされると、後ろからダイレクトで叩いたジャカのミドルはピックフォードのブラインド。かろうじて弾いたボールがモンレアルの前に出て、強烈な一撃にGKは触るのが精一杯でした。44分、左からのパスをラインの裏に流したのはエジル。抜け出したアレクシス・サンチェスはピックフォードにぶつけてしまい、今季プレミアリーグ初ゴールはお預けです。前半を観る限り、勝利に近いのはエジルが調子を上げているアウェイチームでしょう。

クーマン監督は、ハーフタイムにアシュリー・ウィリアムズを下げてトム・デイヴィスを投入。後半も優勢だったアーセナルが勝ち越したのは、53分でした。左から上がったアレクシス・サンチェスが右足でふわりと浮かす得意のラストパスを送ると、GKの前に飛び出したエジルが珍しいヘディングシュートを突き刺しました。7番より先に今季プレミアリーグ初ゴールを決めたドイツ代表MFは、完全復活といっていいでしょう。63分のエジルのCKがファーに流れると、トラップしたアレクシスがまわりこんで打とうとしますが、うまくコントロールできずにクリアされます。69分、中盤の要グイェがジャカを引っかけ、2枚めのイエローで退場!クーマン監督のチームは、今日もホームで敗れるのでしょうか。

71分、ヴラシッチのパスミスをベジェリンがカットしてカウンターが始動。アレクシス・サンチェスが右のエジルにパスを通したとき、マイケル・キーンだけが残っており、オフサイドを取れないままに3対1となっています。エジルはニアのラカゼットに確実にグラウンダーを通し、エースが難なくプレミアリーグ5ゴールめを決めました。クーマン監督は、ルーニーとカルヴァート・ルーウィンを下げてルックマンとニアッセを投入。ヴェンゲル監督はラカゼットを休ませ、久々のプレミアリーグとなるウィルシャーを送り出します。1ゴール1アシストのエジルは、82分にお役御免でコクランに後を譲りました。

ベジェリンのアーリークロスはダイビングヘッドでニアを狙ったアレクシスが枠に飛ばせず、ジャカのミドルがバーを叩くと、ピックフォードと競ったラムジーも決められません。しかし90分、DFの間に入ったラムジーに、ウィルシャーからきれいなラストパスが通ります。GKの動きを見たラムジーが冷静にニアに流し込み、1-4。この後、ニアッセがチェフのトラップに絡んで2点めを決めるも、95分に左サイドからドリブルで右にまわり込んだアレクシス・サンチェスが、クロスに狙ったシュートをサイドネットに叩き込む待望の今季初ゴールをゲットします。アーセナルが10人のエヴァートンを2-5で粉砕。チェルシーに次ぐ5位にポジションを上げました。

エジル、アレクシス・サンチェス、ラカゼットの調子がよければ、アーセナルは相当強いチームだとあらためて実感しました。この試合はとりわけエジルの出来がよく、危険なエリアに再三パスが出るのを見て、相手の守備を崩してゴールを決めることができないエヴァートンは自陣にこもらなければ勝ち点1は難しいだろうと思っておりました。前の3人の素晴らしさに加えて、ラムジーの積極性とモンレアルの献身的なプレイ、そしてウィルシャーのパスセンスもリスペクトしたい一戦でした。この勢いをカラバオカップ、プレミアリーグのスワンズ戦、ヨーロッパリーグに持ち込んで3連勝し、いい状態でマンチェスター・シティ戦に臨んでいただければと思います。

ついに降格ゾーンに転落したエヴァートンは、攻守ともに立て直しに時間がかかりそうです。どこが悪いと明快にいえない暗いトンネルを、早期に脱出できる出口を見出せるでしょうか。次節のレスター戦で惨敗すれば、クーマン監督とクラブの蜜月は終わりを告げることになるかもしれません。エジルとラカゼットで決めたイージーなゴールシーンを観ながら、アーセナルの素晴らしさに対する高揚感と現在のトフィーズに対す不安がない交ぜとなり、何ともいえない複雑な気分になりました。好きな監督なので、何とか踏みとどまってほしいのですが…。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

【Tottenham×Liverpool】どうしたデヤン・ロブレン…トッテナムがリヴァプールに4-1圧勝!

プレミアリーグではアウェイゲームに4戦全勝で3位につけているトッテナムと、直近の公式戦9試合でわずか2勝と停滞しているリヴァプールの一戦。ハリー・ケイン、デル・アリ、エリクセンのスパーズに対して、レッズはサラー、フィルミーノ、コウチーニョと両者とも前線に楽しみな顔ぶれが揃いました。ポチェッティーノ監督は、アルデルヴァイレルト、ダヴィンソン・サンチェス、フェルトンゲンの3バックをチョイス。アンカーにハリー・ウィンクス、右にトリッピアー、左にセルジュ・オーリエを配し、ハリー・ケインとソン・フンミンを並べる3-5-2です。レッズの最終ラインはジョー・ゴメス、マティプ、デヤン・ロブレン、アルベルト・モレノ。ヘンダーソンの脇にはミルナーとエムレ・ジャンを置いています。

4分、あっさり先制したのはトッテナム。トリッピアーの浮き球でハリー・ケインがラインの裏に出ると、デヤン・ロブレンはオフサイドとセルフジャッジしたのか、追うのをやめてしまいます。中に斬り込んだハリー・ケインは飛び出したミニョレをかわし、無人のゴールに左足で流し込みました。さらに12分、スパーズの2点めもデヤン・ロブレンのイージーなミスからです。クロスをキャッチしたロリスが、ハーフライン付近にいたハリー・ケインにスローイング。これをインターセプトしようとしたロブレンが見事にかぶってしまい、昨季プレミアリーグ得点王は右サイドを独走します。グラウンダーがソン・フンミンの足元に届き、落ち着いて合わせた左足ボレーがミニョレの脇を抜けて2-0。ソン・フンミンは16分にもエリクセンの素晴らしいキラーパスでゴール前に走り込み、右足で強いシュートを放ちますが、これは惜しくもクロスバーにヒットして3点めはなりません。

スパーズの速攻がおもしろいように決まる展開。レッズは自分たちのサッカーを思い出さなければなりません。24分、今度はレッズがカウンターから1点を返しました。ハーフライン付近でハリー・ケインから奪ったのはコウチーニョです。ヘンダーソンがすかさずサラーに長いスルーパスを通すと、11番はセルジュ・オーリエとフェルトンゲンをスプリントで抜き去り、ロリスの目の前に出てインサイドでフィニッシュ。ボールはファーポストの内側に当たり、ゴールの中に転がりました。29分、またもデヤン・ロブレンが裏のスペースを狙われます。デル・アリのスルーパスでソン・フンミンがミニョレと1対1。GKがこれを止め、レッズは何とか1点ビハインドをキープします。

31分、クロップ監督はさすがに穴を看過できず、デヤン・ロブレンをチェンバレンにスイッチ。マティプとジョー・ゴメスがCBで、ミルナーが右SBにまわるのでしょうか。サラーがオーリエをぶっちぎり、右から速いグラウンダーを入れたチャンスはロリスがキャッチ。39分にミルナーが上げたロングクロスは、トリッピアーに寄せられたフィルミーノがヘデイングをコントロールできません。43分のCKは、ボックスの外からヘンダーソンがボレーで狙うもフェルトンゲンがヘッドでクリア。47分、エリクセンのFKをマティプがクリアすると、落下点に入ったデル・アリがボレーで叩き込み、トッテナムは再び2点差に戻しました。30分過ぎからは優位に立っていたリヴァプールは、激痛の失点を喫して3-1で折り返すことになりました。

後半もオープンな展開となりそうです。レッズがボールを支配し、スパーズは速攻狙い。55分、右サイドのエリクセンのFKからホームチームが決定的な4点めを奪います。ファーに上がったボールに飛び出したミニョレのパンチは中途半端。フェルトンゲンのシュートは枠の中にいたフィルミーノが体に当てますが、ハリー・ケインにリバウンドを拾われては万事休す。今季もプレミアリーグ8戦6発と好調のストライカーは、体を倒して放ったボレーをゴール右に叩き込みました。

65分のスパーズのカウンターは、エリクセンが右に流れて創ったスペースにハリー・ケインがドリブルで入り込み、ハットトリックかと思わせるシュートを放つもDFにヒット。67分にコウチーニョが左足で打った素晴らしいミドルシュートは、プレミアリーグ屈指の守護神ロリスが左手で弾き出すビッグセーブで2点めを許しません。ポチェッティーノ監督は69分にソン・フンミンをシソコに代え、ハリー・ケインとエリクセンに前線でチェイスさせています。72分、サラーとのパス交換で右から上がったミルナーのシュートは、またもロリスがセーブ。77分、クロップ監督はフィルミーノを諦めてスタリッジを起用します。

78分、敵陣のゴールライン際で相手ボールを奪ったチェンバレンがニアのサラーに打たせると、ロリスが足でブロック。エリック・ダイアーと代わったエリクセンには、ウェンブリーのスタンドから盛大な拍手が鳴り響いています。エムレ・ジャンをグルイッチは、この試合を何とかしようという交代ではないでしょう。88分、左の腿の裏を押さえたハリー・ケインはジョレンテにポジションを託します。最後まで集中を切らさなかったトッテナムがリヴァプールに4-1で圧勝し、2位マンチェスター・ユナイテッドと勝ち点で並びました。

素晴らしいCBが3人いたのに、さらにヴィマーを放出してダヴィンソン・サンチェスを加えたチームと、前線は強くしながらも弱点だった後ろに手を入れなかったチームの差でしょうか。最初のミスで心が折れてしまったのか、デヤン・ロブレンの出来があまりにも悪く、レッズはたった12分で堅守のチームに対しては致命的ともいえるギャップを抱えることになりました。ジョレンテの高さとポストプレーより、ソン・フンミンのスピードを取ったポチェッティーノ采配は的確。レッズの攻撃陣で健闘したのはサラーだけで、フィルミーノはシュートを打てず、コウチーニョの好プレーも単発に終わりました。トッテナムは、おそらく今季も優勝争い。首位のマン・シティに12勝ち点差をつけられたリヴァプールは、プレミアリーグ4位以内とCLでの上位進出をめざして戦うことになりそうです。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

【MAN.CITY×Burnley】Wプレーメイカーが圧巻のキラーパス連発!マン・シティは公式戦11連勝!

チャンピオンズリーグのナポリ戦を2-1で競り勝ったマンチェスター・シティ。左サイドを崩したダヴィド・シルヴァの折り返しをカイル・ウォーカーがプッシュしてDFに当てると、スターリングがリバウンドを左足で流し込んで先制。ガブリエウ・ジェズスの2点めは、デブライネのグラウンダーのコースはあそこしかなかったと断言できる超絶アシストでした。13分までに2点リードしたプレミアリーグ首位クラブが、クロスバーに当てたデブライネのミドル(多いです、この人)や、ゴールライン上でクリバリにカットされたガブリエウ・ジェズスのシュートなどの決定機を活かしていれば、大量得点コースだったと思います。公式戦12試合39ゴール、プレミアリーグ8試合29ゴールと猛攻を続けるタレント集団を、8位につけている好調バーンリーは止められるでしょうか。ガブリエウ・ジェズスはベンチスタートで最前線にアグエロ、右サイドにはベルナルド・シウヴァ、左SBにデルフが起用されている以外はいつものメンバーです。

ペップがデルフに求めているのは、サネのサポートに加えて中に絞って中盤の組み立てに加勢することでしょう。ビルドアップ時のポジショニングは、セントラルMFのようです。解説で知ったのですが、バーンリーは欧州5大リーグのなかで打たれたシュート数が最多でポゼッション33.9%は最低、パス本数はワースト2とのこと。それだけ攻められながらも、プレミアリーグ8試合6失点という堅守は脅威的です。デブライネやデルフのミドルは枠に飛ばなかったものの、一方的に攻めていたマンチェスター・シティは、15分にロングフィード一発からピンチを招きます。前線に飛び出したクリス・ウッドがひとりかわしてボックスに侵入。エデルソンの速い飛び出しがなければ、プレミアリーグ首位チームはリードを許していたでしょう。ああ、昨季チャンピオンシップ得点王のクリス・ウッドはGKとの接触で足を痛めてしまいました。代役はバーンズ。守護神ヒートンを失っていたバーンリーは、最前線の大黒柱も不在で戦わなければなりません。

23分、ようやくマン・シティに決定機。ダヴィド・シルヴァの縦パスでサネがゴールラインまでえぐり、折り返したボールをベルナルド・シウヴァが左足で合わせますがGKポープがセーブ。28分には、ダヴィド・シルヴァが素晴らしいロングスルーパスを前線に出たデブライネに通し、GKと1対1になった17番が右隅にプッシュすると飛び出したポープがブロックします。このリバウンドを拾ったベルナルド・シウヴァがGKをかわそうとした瞬間、ポープのグローブが足にかかって転倒。PKはアグエロが冷静に決めて、マン・シティが先制です。終盤までイーブンでいきたかったバーンリーは、攻めなければならなくなりました。

38分、カットされたボールをすぐに奪い返したマン・シティは、右にまわり込んだアグエロがクロスに打つもポストの外。42分にエデルソンのパスを戻そうとして相手にプレゼントしたデブライネは、アーフィールドのシュートを足に当てて責任を取ります。1分後、デブライネの縦パスをボックス右で受けたアグエロのシュートは、ポープが足でブロック。45分にはハイボールに対応したタルコフスキーがヘッドを逸らしてしまい、左からアグエロが強烈なシュートを放ちますが、またしてもポープが足に当てます。こぼれ球に先着したベルナルド・シウヴァが左足で狙うと、今度はタルコフスキーが顔面ブロックでミスを帳消しにしました。ハーフタイムで1-0なら、バーンリーにも希望は残されています。

後半も当たり前のようにマン・シティペース。しかし51分、ポープが自陣から蹴ったFKをバーンズがヘッドでラインの裏に送ると、デルフがクリアを自分の手に当てますが、レフェリーは吹いてくれません。抗議したジャック・コークにイエローカード。理不尽に見えるこんな光景も、フットボールの一部です。56分のダヴィド・シルヴァのミドルは左にアウト。リードした試合の弛緩した空気は、アンフィールドとは確実に違うエティハドならではの味わいです。ワンチャンスを活かしたいバーンリーは、守備における集中力の高さだけを証明し続けています。

サイドからボックス脇に通すマン・シティ名物の斜めのパスは、バーンリー守備陣がよく対応しています。プレミアリーグに慣れたベルナルド・シウヴァは、スターリングやガブリエウ・ジェズスの不在を感じさせません。サネのグラウンダーのこぼれ球をダヴィド・シルヴァが左足でプッシュした後、73分のCKでバーンリーの希望は潰えました。左からのボールをベン・ミーにのしかかりながらヘッドで叩いたのはオタメンディ。ベン・ミーが背後のCBの存在を感じていれば、これほど強いシュートを打たせずに済んだかもしれません。

とどめは2分後、カウンターからのデブライネのスルーパス。一発でフリーになったサネが左足のシュートを右隅に突き刺し、バーンリーの選手たちのモチベーションを奪いました。アグエロ、フェルナンジーニョ、デブライネの順に下がり、ガブリエウ・ジェズス、ヤヤ・トゥレ、ギュンドアン。カラバオカップ4回戦のウルブス戦で起用するであろうメンバーの足慣らしを済ませたペップは、今季プレミアリーグで6度めのクリーンシート勝利の瞬間を笑顔で迎えました。

ナポリ戦でPKを止めたエデルソンは今日も出足のよさを見せてくれました。カイル・ウォーカーは自分の持ち場を破られることなく、いつも通りの多彩なプレイで右サイドを攻略。ダヴィド・シルヴァとデブライネは深い位置からでもキラーパスを通し、ベルナルド・シウヴァはボックスの中に入るシーンが格段に増えました。ポープとDF陣が奮闘していたバーンリーでなければ、5発は叩き込んでいたでしょう。プレミアリーグ2節のエヴァートン戦以外は全勝、クラブレコードの公式戦11連勝を決めたマンチェスター・シティに死角は見当たりません。


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

【Huddersfield×MAN.UTD】ミスで自滅したマンチェスター・ユナイテッドが、プレミアリーグ初黒星!

チャンピオンズリーグは3連勝、プレミアリーグは6勝2分と開幕から負けていないマンチェスター・ユナイテッドの最大の敵は、疲労なのではないかと思います。ジョン・スミススタジアムでのハダースフィールド戦は、落としてはいけない一戦。ポグバ、フェライニ、キャリックを欠き、休めなくなったマティッチのコンディションが心配です。モウリーニョ監督は、デ・ヘアの前にバレンシア、スモーリング、フィル・ジョーンズ、アシュリー・ヤングを並べてきました。マティッチとエレーラがセントラル、2列めにはリンガード、マタ、マルシアル。トップはもちろんプレミアリーグ8戦7発のルカクです。キックオフから主導権を握ったアウェイチームは、6分にマティッチの縦パスを受けたルカクが左足でシュート。強さは充分でしたが、コースはGKレッスルの正面でした。

13分、ハダースフィールドの速攻は、トム・インスのクロスに合わせたカチュンガのヘッドをデ・ヘアがキャッチ。18分にアシュリー・ヤングが左サイドを突破しますが、クリアをダイレクトで打ったエレーラはうまくミートできません。左からのクロスに倒れ込みながら合わせたルカクも、コントロールできず。23分、フィル・ジョーンズがまたも負傷してしまったようです。代わって入ったリンデロフは、プレミアリーグは2試合めとなります。28分、マタのコントロールミスからハダースフィールドがショートカウンター。一気に3対2に持ち込んだホームチームは、トム・インスがフェイントでDFを揺さぶって打ったシュートをデ・ヘアに止められるも、アーロン・ムーイがリバウンドを右隅に蹴り込んで先制します。プレミアリーグではストーク戦でしか失点がなかったマンチェスター・ユナイテッドは、33分に痛いミスで追加点を奪われてしまいます。

レッスルのゴールキックは何でもないボールでしたが、目測を誤ったリンデロフがヘディングを空振り。これをさらったドゥボワトルがデ・ヘアまで抜き去り、スモーリングの必死のスライディングは間に合いません。左サイドを執拗に攻めるマンチェスター・ユナイテッドは、ラストパスが中に合わず攻めあぐんでいます。カチュンガは負傷したのか、39分にファン・ラ・パラにチェンジ。前半終了間際に何度もCKを得たアウェイチームは、エレーラの落としに左足を振り抜いたマタのボレーがポストすれすれを抜けていきます。前半は2-0。今季はここまでリードされた時間が3分しかなかったモウリーニョ監督は、ハーフタイムにマタとマルシアルを諦め、ムヒタリアンとラシュフォードを投入しました。

ルカクとラシュフォードの2トップ、その後ろにムヒタリアンの4-3-1-2でしょうか。53分のアシュリー・ヤングの左足ミドルは、左ポストの外。60分に左サイドからラシュフォードがFKを蹴ると、ニアに飛び込んだエレーラのボレーは大きく左に外れます。リンガードが仕掛けたカウンターは、右が空いていたのに厳しすぎるパスを左に出して終了。76分にアシュリー・ヤングのクロスをエレーラがヘッドで合わせると、レッスルが左に反応してセーブします。78分、ルカクの素晴らしいクロスがラシュフォードの頭にピタリと合い、マンチェスター・ユナイテッドがようやく1点を返しました。

ここからは、マンチェスター・ユナイテッドサポーターにとっては悲しい時間でした。2時間前にチェルシーが見せたような狙いのあるアタックはなく、とにかくパスやドリブルのミスが目立ちます。先行して相手を呼び込み、カウンターで追加点を奪って勝ってきたリアクションサッカーのチームは引かれると手立てがなく、遠めからのクロスと放り込みをはね返されるばかり。とりわけムヒタリアンの調子の悪さには愕然としました。焦りや疲労による集中力の欠如、準備はしていなかったであろうスクランブルに対する戸惑いが、ミスの山となって時間を浪費させたのだと思われます。94分、ゴール左でフリーになったスモーリングの決定的なシュートは、ヨルゲンセンの捨て身のスライディングに阻まれました。2-1、プレミアリーグ昇格クラブが2位を振り切り、貴重な勝ち点3をゲットしました。

ムヒタリアンを休ませたくてスタメンから外したのなら、出すのは終盤に差し掛かってからにすべきだったのではないでしょうか。前半のマルシアルが苛立っていたのは確かですが、2トップにしてサイドから崩すならリンガードよりも彼を残したほうが期待できたでしょう。前半の出来に納得いかなかった指揮官の激情が、ただでさえ攻めあぐんでいたチームを混乱させたように見えました。今までなかった守備の致命的なミスと、意図がわからなかった後半のアバウトな攻撃がとにかく残念です。前線を厚くしてボックス脇を突く攻撃を徹底すれば、勝てたとまではいいませんが、勝ち点1は得ることができたのではないかと思います。(アーロン・ムーイ 写真著作者/Кирилл Венедиктов)


<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで、サッカーなら何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手はウェイン・ルーニー、ダヴィド・デ・ヘア、大前元紀、香川真司、吉田麻也、本田圭祐、楢本光、岩渕真奈、田中陽子です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ