17位でも1億ポンドをゲット!プレミアリーグ2017-18テレビ放映権料ランキング!

プレミアリーグ公式サイトが、2017-18シーズンのテレビ放映権料の分配額を公表しました。総額1位はマンチェスター・ユナイテッドで、1億4977万ポンド(約224億7000万円)、2位は僅差でプレミアリーグ王者のマンチェスター・シティ、3位がリヴァプールという並びとなりました。「優勝クラブが総額1位じゃないのはなぜ?」と、疑問に思った方もいらっしゃるでしょう。まずは、簡単に原稿の分配ルールを紹介します。

テレビ放映権料の基本的な考え方は、「50%は均等分配、25%は放映回数を基に分配、25%は順位で傾斜分配」。プレミアリーグ公式が公表している項目は、5つに分かれています。ベースの均等分配、海外放映権料、コマーシャル、放映回数分配(ファシリティ・フィー)、順位分配(メリット・ペイメント)。今季でいえば、ベースは約3500万ポンド、海外が約4000万ポンド、コマーシャルが約500万ポンドで一律に分配されることになっており、最下位でも8042万ポンド(約120億6000万円)は保証されています。

傾斜分配となるのは、英国内のライブ放映回数が反映されるファシリティ・フィーと、プレミアリーグの順位で分配額を決めるメリット・ペイメントです。ライブ放映回数1回あたりで116~117万ポンドのプラスとなり、順位傾斜のほうは1位違えば約190万ポンドの差となります。2017-18シーズンの「放映権料マンチェスター・ダービー」について、赤いクラブが上位にいる理由をひとことでいえば、「UK LIVE28回のマンチェスター・ユナイテッドが、26回のマン・シティを上回った」ということです。人気が高いリヴァプールとアーセナルも放映回数が28回で、プレミアリーグで4位のレッズは25回放映の3位トッテナムを上回り、アーセナルは26回のチェルシーを逆転しています。


【プレミアリーグ2017-18シーズン テレビ放映権料ランキング】
1位/マンチェスター・ユナイテッド 1億4977万ポンド
2位/マンチェスター・シティ    1億4944万ポンド
3位/リヴァプール         1億4590万ポンド
4位/トッテナム          1億4445万ポンド
5位/アーセナル          1億4204万ポンド
6位/チェルシー          1億4171万ポンド
7位/エヴァートン         1億2801万ポンド
8位/ニューカッスル        1億2301万ポンド
9位/バーンリー          1億1977万ポンド
10位/レスター           1億1817万ポンド
11位/ウェストハム         1億1609万ポンド
12位/クリスタル・パレス      1億1431万ポンド
13位/ボーンマス          1億1125万ポンド
14位/ブライトン          1億0771万ポンド
15位/サウサンプトン        1億0724万ポンド
16位/ワトフォード         1億0625万ポンド
17位/ハダースフィールド      1億0239万ポンド
18位/ストーク             9886万ポンド
19位/スウォンジー           9853万ポンド
20位/WBA               9467万ポンド


最終順位よりも放映権料ランキングが上位なのは、エヴァートン、ニューカッスル、ウェストハム、ブライトン、サウサンプトン。17位のハダースフィールドまでが1億ポンド(約150億円)を超えており、降格クラブは9000万ポンド台となっています。最下位WBAでも、9467万ポンド(約142億円)を受け取れるのが、今のプレミアリーグ。ランキング12位のクリスタル・パレスは、移籍金5600万ポンドといわれるオーバメヤンクラスの選手を放映権料だけで2人ゲットできる計算となります。

夏になれば、「えっ?そんな大物が下位クラブに!?」と驚かされる移籍ニュースが、現地メディアを賑わすでしょう。バトランドやシャキリを擁するストークや、ジョニー・エヴァンス、ギブス、クリホヴィアクといったビッグクラブ経験者がいるWBAが降格してしまうリーグに、若手とサブ中心のメンバーで勝てる試合はひとつもありません。FAカップが終わる頃から移籍ゴシップが増え始め、ワールドカップが始まる前にも、いくつかのビッグニュースが世界を駆け巡るのではないでしょうか。「プレミアリーグのクラブは、上位に限らずお金持ってます」というお話でした。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

【MAN.UTD×Watford】ありがとうキャリック!ラストマッチで魅せた絶品ロングフィード!

今日は、彼を見つめていようと心に決めていました。マイケル・キャリック、ラストゲーム。プレミアリーグ2017-18シーズン最終節の舞台は、戦い慣れたオールド・トラフォード。ワトフォード戦のスタメンには、コーチとしてクラブに残るセントラルMFだけでなく、この日が最後の赤いユニフォームになりそうな選手たちの名前があります。ダレイ・ブリント、マッテオ・ダルミアンは移籍するでしょう。マタ、ロホ、ベンチのルーク・ショーの未来も不透明です。プレミアリーグで2位に甘んじたモウリーニョ監督は、シーズン終了後に思い切ったチーム改革を進めるのではないでしょうか。

開始18秒、最終ラインの手前までボールをもらいにいったキャリックが、前線のラシュフォードに素晴らしいロングフィードを出しました。カバセレと競り合って転倒したストライカーは、笑顔でOKサインを送っています。5分にマクトミネイが自陣でインターセプトを喰らいますが、CBが冷静に対応して事なきをえます。8分に右サイドを突破したデウロフェウのグラウンダーは、出る瞬間にコースに入ったキャリックがカット。12分のCKがファーに流れた後、ラシュフォードが思い切りよく放ったミドルシュートは、クロスバーを越えていきます。

21分、足を痛めたカバセレがマリアッパに代わりますが、ワトフォードは攻勢をキープ。キャリックは、味方の背後をカバーする仕事に追われています。32分にCKのこぼれ球をダイレクトで叩いたロホのボレーは、左にアウト。34分の先制ゴールは、もらいやすい位置でCBからのボールを受けたキャリックが、振り向きざまに最終ラインの裏に通したロングフィードからでした。GKゴメスと向き合ったマタが引きつけて横に流すと、フリーのラシュフォードは無人のゴールに転がすだけでした。

40分の速攻で、アレクシス・サンチェスを走らせたパスも的確。今季プレミアリーグで24分しかプレイしていない選手とは思えない判断スピードです。44分、ヤンマートのクロスをフリーで叩きつけたリシャルリソンのヘッドは、ロメロが左手に当てるビッグセーブ!デ・ヘアの控えにまわっているGKは、来季もいてほしいプレーヤーです。前半は1-0。後半開始直後のチャンスでバイタルエリアに上がったキャリックは、右足ミドルを相手にぶつけてしまいました。60分、アシュリー・ヤングに代わってルーク・ショー。ラシュフォードが左サイドで粘った久しぶりのチャンスは、ゴールライン際でキャスカートをかわしたアレクシスのファーへのクロスが、惜しくも味方に合いません。

スプリントするシーンはほとんどないキャリックにボールが集まるのは、もらえる位置を見つけるのが速いからです。適切なパスコースを瞬時に見極めるセントラルMFがいれば、動き出しが早いアレクシス・サンチェスはもっと活きるでしょう。77分にブリントが下がってエレーラ。2分後、最前線に入ったアレクシスにピンポイントで合わせた16番のロングボールは、鳥肌が立つ美しさでした。落としをもらったラシュフォードがこねてしまい、チャンスは潰えましたが、攻めに迫力を欠くしょっぱい試合において数少ない見せ場でした。

85分、ポグバの背番号が掲示され、キャリックのプレミアリーグが終わりました。オールド・トラフォードはスタンディングオベーション。来季のコーチは、ともに戦っていくモウリーニョ監督と抱擁をかわしています。レジェンドが起点となって決めた1点を、マンチェスター・ユナイテッドは守り切りました。試合後、マイクを渡されたキャリック。「昨年の顕彰試合でしゃべり過ぎたので、手短にするよ」。サポーターへの感謝、サー・アレックス・ファーガソンへの思い、そして自身の今後について、冷静に言葉を選びながら語ってくれました。


「選手、スタッフ、マネージャーを代表して、お礼をいいたいと思います。今季も応援していただき、ありがとうございました。アップダウンはあったけれど、2位でシーズンを終えることができました。ホームでもアウェイでも、信じられないぐらいチームをサポートしていただきました」「大切な思い出ばかりで、特にここでの出来事は、生涯忘れないと思います。フットボールをするうえで最高の場でした。世界で最も偉大なクラブでした。12年間サポートしていただき、本当にありがとうございました」
「サー・アレックス自身もご家族も、クラブにとっても大変な日々でした。きっと、どこかでこの映像を見てくれているか、あるいは僕が話したことを耳にするでしょう。サー・アレックスは、みなさんからのサポートに感謝しているはずです。1日でも早く、回復してほしいと願っています」
「今週から、私の役割は変わります。機会を与えてくれたジョゼに感謝しています。彼と働くのが今から楽しみです。いろいろなことを学びたいと思っています」
「今季はウェンブリーが最後です。われわれは、FAカップを持ち帰るために全力を尽くします。ありがとうございました」


最後にあなたらしいプレイを観ることができたことを、心から喜ばしく思っています。数々のいい思い出と興奮を、ありがとう。これからも、よろしくお願いします。ただしくれぐれも、無理をなさらず


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

【Huddersfield×Arsenal】楽しかった23年、「Merci Arsene」。

公式戦1235試合、828試合を戦ったプレミアリーグは、476勝199分153敗。アーセン・ヴェンゲルのアーセナルというひとつの時代が、終焉を迎えました。ハダースフィールド・タウンの本拠地ジョン・スミス・スタジアムは、キックオフ前からいい雰囲気でした。開始直後に、ハデルジョナイのクロスをムニエがヘディングで合わせると、オスピナがビッグセーブ。空を見上げると、「Merci Arsene」のバナーをはためかせたプロペラ機が飛んでいます。オスピナ、ベジェリン、ホールディング、ムスタフィ、コラシナツ、ラムジー、ジャカ、イオビ、ムヒタリアン、ラカゼット、オーバメヤン。最後の11人には、エジル、チェフ、ウィルシャー、コシールニーがおらず、3バックだった今季プレミアリーグ開幕戦とは別なチームです。

11分、最終ラインの裏に出たプリチャードが縦パスに反応し、ボックス右から折り返すと、フリーで走り込んだトム・インスの決定的なボレーは大きく浮いてしまいます。17分、ダイレクトパスがテンポよくつながるガナーズらしいアタックを見せますが、ラムジーがコントロールミス。ドリブルで2人をかわしたコラシナツが倒されて得たFKは、ミキが壁にぶつけてしまいました。

22分、赤と青のサポーターが一斉に立ち上がり、盛大な拍手。スタンドには「Merci Arsene」という赤い文字が掲示され、22年間の素晴らしい業績を称えます。ガナーズの指揮官は立ち上がって両手を挙げ、イングランド人たちの大きな愛情に応えました。試合は淡々と進み、CKのこぼれ球を枠に押し込めなかったコラシナツは、悔しそうな表情を浮かべています。30分、左からのボールを胸でトラップしたミキが右足を振り抜くと、惜しくもポストの左にアウト。押されていたガナーズが先制したのは、37分でした。

ラカゼット、ミキ、ラカゼット、ラムジー、最後はオーバメヤン。美しいパスワークで左から崩したアタックは、まさにガナーズ。1月に入団したオーバメヤンは、たった13試合でプレミアリーグ10ゴールの大台に乗せてしまいました。前半は0-1。2018年のプレミアリーグでアウェイ未勝利&7連敗中のガナーズが、1点リードで後半に向かいます。

開始早々から、アグレッシブに攻めるホームチーム。左右からのクロスはことごとくガナーズ守備陣に跳ね返されますが、ひるむことなく徹底的にサイドアタックです。イオビ、ラムジー、コラシナツと縦につないだ58分の左サイド攻略は見事でしたが、グラウンダーが中に合わず。60分にムーイのパスを受けたトム・インスが、左に流れて鋭いシュートを放ちますが、オスピナが素晴らしいセービングを見せてCKに逃れました。アーセン・ヴェンゲルの時代を締めくくる最後のゴールは、最後に獲得したストライカーの一撃となるのでしょうか。オーバメヤンとコラシナツが下がり、ウェルベックとモンレアルがピッチへ。ハダースフィールドが一方的に攻める展開が続き、残り時間は20分を切りました。

ヴェンゲル監督最後のカードは、72分にイオビをメートランド=ナイルズ。75分にボックス左に侵入したラムジーは、シュートを打ち切れず。ブリティッシュ・コアといわれる選手のなかで、主軸となったのは彼だけだったな…とあらためて思いました。79分、速攻を仕掛けたミキがラカゼットに完璧なラストパスを通すも、ループシュートはレッスルがあっさりキャッチ。81分、ハーフラインを過ぎたあたりからウェルベックが単独で持ち込み、GKと1対1になりますが、レッスルがコースを切って追加点を許しません。

87分、左からのクロスをハデルジョナイが落とすと、後ろからのボールをミートしたムーイのボレーは、クロスバーにヒット。追加タイムは、3分しかありません。93分の左からのFKに合わせたデポワトルのヘッドは、オスピナがビッグセーブ!アーセン・ヴェンゲルの22年にわたるプロジェクトの終わりを告げる笛の音は、この後すぐにピッチに響き渡りました。

楽しかった。1995年、応援していた名古屋グランパスに彼が来てからの23年は、ただただ楽しく過ぎた時間でした。今はぼんやりとしか感じられない喪失感は、アーセナルのいないEL決勝を目にする頃から、くっきりとした輪郭を描き始めるのでしょう。「Merci Arsene」。あなたが築き上げたコンセプチュアルなチームを、忘れることはありません。バルサとのCLで勝っていれば、レスターに競り勝って優勝していれば、リヴァプールとのバトルを制してプレミアリーグ4位を死守していれば…無数の「たら・れば」が頭のなかを支配し、現実をうまく受け取ることができません。2017-18シーズンが終わりました。アーセン・ヴェンゲルが舞台を去っても、いつものようにプレミアリーグは続きます。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

【Liverpool×Brighton】圧勝レッズがプレミアリーグ4位キープ!CL決勝に向けて視界良好!

引き分け以上ならプレミアリーグ4位以上が決まるリヴァプールですが…クロップ監督、もしかしてマネがインサイドMFですか!? フィルミーノ、サラー、ソランケが前線、ヘンダーソンとワイナルドゥムはマネとともに3センター、アーノルド、デヤン・ロブレン、ファン・ダイク、ロバートソンが最終ラインとみるのが自然でしょう。アンフィールドのプレミアリーグ最終節、ブライトンとの一戦は、開始早々からレッズが猛攻を仕掛けます。6分、サラーが粘って左に落としたボールを、フィルミーノが左足で狙いますが、DFにヒット。ヘンダーソンのミドルは枠を捉えられず、7分にダフィーのバックパスミスを引っかけたソランケは、飛び出したマシュー・ライアンをかわすことができません。

ソランケの後ろにフィルミーノが構える4-2-3-1のような布陣ながら、サラーが中に絞るシーンが目立ち、前線は流動的です。圧倒的なレッズペース。18分に左からボックスに侵入したサラーが、ダフィーのチェックで転倒するもレフェリーは取らず。19分には、ソランケのスルーパスでマネがGKと1対1になりますが、工夫のないシュートはマシュー・ライアンにブロックされます。26分、中央からアーノルドが攻め上がり、ソランケに縦パスを通すと、若きストライカーは中に空いたスペースに柔らかいラストパスを転がしました。左足一閃、モー・サラー!エースの4試合ぶりの1発は、今季プレミアリーグ32ゴールめです。

30分、縦パスでマネとサラーが一気に抜け出したGKと2対1の絶好機は、プレミアリーグ最多ゴールがかかったサラーに獲らせようとしたのか、マネが打たずに右に流します。これは決まりかと思いきや、ボールが弱すぎてマシュー・ライアンがカット。リバウンドを叩いたサラーは、ダフィーの体を張ったクリアを見て、悔しそうに天を仰ぎます。34分、マネのスルーパスで前線に出たワイナルドゥムのシュートは、クロスのコースをケアしていたブライトンの守護神がキャッチ。1分後、右からのクロスを中央で受けたソランケが、ヒールでボックス左に送ると、フィルミーノがフリーで打ったシュートはバーの上に浮いてしまいました。

推しまくったレッズが2点めを決めたのは、40分のCKからでした。クリアを拾ったサラーがロバートソンに預けると、ハイクロスに走り込んだデヤン・ロブレンが完璧なヘッドを右隅に突き刺しました。前半は2-0、シュート数16対1のワンサイドゲームです。セント・ジェームズ・パークでは、ニューカッスルがチェルシーに1-0でリード。クロップ監督のチームが、チャンピオンズリーグ出場権獲得に近づいています。

49分のフィルミーノの強烈なミドルは、マシュー・ライアンが右に弾き出します。CKのクリアをワイナルドゥムがカットしてミドルを放つと、味方に当たったボールがファン・ダイクに届き、シュートはGKの正面。53分に2人かわしたサラーが中央に持ち込み、右にラストパスを流すと、ソランケの思い切りのいいシュートはバーを叩いてゴールイン。U-20ワールドカップ韓国2017のMVPは、これがプレミアリーグ初ゴールです。58分のカウンターは、サラーの素晴らしいラストパスでフィルミーノがGKと1対1。左足の一撃は、忙しいマシュー・ライアンが手に当てて4点めを逃れます。

63分にラインの裏に抜けたサラーは、フィニッシュの寸前にスリップ。74分にはマネが下がり、アダム・ララナが久々のプレミアリーグです。84分、サラーとフィルミーノに代えて、ウッドバーンとダニー・イングスがピッチへ。その1分後、クロスのクリアがロバートソンの足元に入り、左足のシュートが決まって4-0となりました。ハル・シティから来た左SBは、今季プレミアリーグ初ゴールです。圧勝のレッズは勝ち点を75に伸ばし、チャンピオンズリーグ2018-19シーズンのチケットを獲得。プレミアリーグMVPを獲得したモー・サラーは、32ゴールでシーズンを終え、ハリー・ケインを抑えて得点王に輝きました。

レッズサポーターのみなさん、おめでとうございます!26日のCLファイナルに向けて、いい形でプレミアリーグを終わらせることができました。最後に、ようやくソランケが真価を発揮。ララナとともに、オプションとして使う目処が立ったのではないでしょうか。ようやく、ここまで来ました。クロップ監督の素晴らしいチームが、ウクライナで彼ららしいフットボールを披露してくれるのを楽しみにしています。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

グーバーウォーク

謎の生物”グーバー”たちが、ブログの中身に合わせて変化!
グーバーを押すと、「ブログの成分分析」もできちゃいます!

blogramで人気ブログを分析

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今年、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ