【MAN.UTD×Everton】お疲れ気味のマン・ユナイテッドは、終わってみれば4発圧勝!

火曜日のチャンピオンズリーグで、バーゼルに3-0と順調なスタートを切ったマンチェスター・ユナイテッドに対して、木曜日のELでアタランタに3-0といいところなく敗れたエヴァートン。プレミアリーグ開幕節のストーク戦を1-0で制したものの、マン・シティ、チェルシー、トッテナムと上位対決が続いたクーマン監督のチームは、マンチェスター・ユナイテッドに3点差以上で負ければ降格ゾーンに突入します。CLの初戦でポグバがハムストリングを痛め、モウリーニョ監督はフェライニとマティッチでセンターを固めています。最終ラインはバレンシア、バイリー、フィル・ジョーンズ、アシュリー・ヤング。ラシュフォード、マタ、ムヒタリアンを2列めに配し、プレミアリーグ4ゴールと好調な滑り出しを見せたルカクが真ん中です。ルーニー、ルカク、シュナイデルラン、マイケル・キーン、フェライニと古巣対決の選手が多いゲームは、どちらが勝利を収めるでしょうか。

開始4分、いきなりスーパーゴール!アシュリー・ヤングが落としたボールをマティッチが逆サイドに展開すると、バウンドしたボールを迷いなく叩いたのは主将バレンシアでした。ジャストミートした強烈な一撃に、若き守護神ピックフォードは全く触れず。勢いに乗ったホームチームが、完全にゲームを支配しています。しかし10分を過ぎると、落ち着きを得たエヴァートンが反撃。FKを与えると、プレミアリーグ屈指のキッカー・シグルズソンがきわどいボールを入れてきます。20分、ルカクに縦パスが通り、左からカウンターがスタート。外に持ってしまったストライカーは、精度の低いクロスを入れただけに終わりました。22分にはエヴァートンがお返しとばかりに速攻を仕掛け、クコ・マルティナのグラウンダーをニアに入ったルーニーがダイレクトで合わせますが、左に転がったボールはポストの外に切れていきます。

26分、マイケル・キーンのミスパスを拾ったマタが前にいたルカクに渡すと、GKピックフォードと向き合ったストライカーが左に蹴ったボールはまさかの枠外。古巣へのプレゼント交換の結末は、何事もなかったようなゴールキックでした。右のクコ・マルティナがチャンスを増やし始めているエヴァートンに対して、マンチェスター・ユナイテッドは足元へのパスが多く、攻めのスピードが上がりません。34分、左からボックスに侵入したラシュフォードは2度のシュートをDFに封じられ、1分後のカウンターも出足がよかったピックフォードがカットします。

36分に中央からドリブルで持ち込んだムヒタリアンは、ラストパスをミス。ラシュフォードのスルーパスで抜け出しかけたルカクも、必死のジャギエルカとピックフォードに寄せられてシュートを打てません.。渋い表情のジョゼ・モウリーニョ。前半はマンチェスター・ユナイテッドの1点リードで終わりますが、両者にミスが目立つゲームは、ビッグロンドンダービーの直後だけにことさらスローに感じられます。

後半開始直後、エヴァートンにビッグチャンス。トム・デイヴィスとのコンビで右から上がったルーニーが、バイリーを強引にかわして左足でシュート。デ・ヘアのビッグセーブに阻まれ同点にできなかったものの、今季プレミアリーグで2ゴールのエースは危険な存在です。51分、ムヒタリアンからパスを受けたラシュフォードは、ボックスに入った直後にシュート性のボールを入れますが、ルカクが反応できません。2分後のマタのクロスも、一瞬空いたルカクがワントラップで打とうとしたところをジャギエルカがカット。モウリーニョ監督は、61分にラシュフォードを諦めリンガードを投入します。直後、フィル・ジョーンズのクリアが流れたところに突進したシグルズソンが右足を伸ばして放ったボレーは、デ・ヘアがまたもセーブ。65分のマタのFKはポストを直撃し、マンチェスター・ユナイテッドの追加点はなりません。

66分、クーマン監督はトム・デイヴィスを下げ、サンドロ・ラミレスで同点を狙います。開始直後が嘘のように間延びした中盤。マン・シティやトッテナムが、ここまでスペースを空けることはないでしょう。70分、アシュリー・ヤングの左からのクロスはリンガードが打ち上げてしまいます。プレミアリーグ開幕から3試合は鋭いカウンターを決めていたホームチームは、運動量が落ちてしまい、カットした後に速い攻めに転じることができません。77分、マタがエレーラに代わり、グイェはカルヴァート・ルーウィンにチェンジ。ゴール前に抜け出しかけたリンガードは、後ろからのプレッシャーを受けてピックフォードの正面に打ってしまいます。クーマン監督の最後のカードは、ルーニーをミララス。残り時間は10分を切りました。

マンチェスター・ユナイテッドが勝負を決めたのは、83分。アシュリー・ウイリアムズが自陣でフェライニにパスをカットされ、最も怖いルカクにボールが渡ります。DFを引きつけたルカクは、左から走り込んだムヒタリアンに文句なしのラストパス。ピックフォードの飛び出しをかわしたムヒタリアンは、今季プレミアリーグ初ゴールです。89分、右からのFKをルカクが壁に当てると、左に流れたボールを叩いたマティッチの一撃をリンガードが頭で流し、落ち際をボレーで叩いたのは結局ルカクです。さらに91分、戦意喪失のエヴァートンは、マルシアルのドリブルを止めに行ったシュナイデルランがハンドを取られてPK。マルシアルがピックフォードの逆に転がして4-0とし、0-6圧勝のマンチェスター・シティと得失点差で並んでプレミアリーグ首位をキープしました。

結果オーライとはまさにこのこと。お疲れ気味だったマン・ユナイテッドは、4ゴールやクリーンシートという記録にふさわしいサッカーはしていませんでした。バレンシアのゴールでプレッシャーから解放され、エヴァートンの自陣でのミスに乗じて圧勝となった一戦。公式戦19ゴールのうち80分以降に10ゴールの「終盤のマイスター」は、ひとたび相手が崩れると個人技でゴールラッシュできるのが強みです。一方、最終ラインが集中力を欠き、4試合連続でノーゴールの敗戦となったエヴァートンは、思いのほか重症のようです。序盤からビッグクラブと4連戦というドローの不運はありながらも、点取り屋タイプを獲得できていればここまでやられることはなかったのではないかと思います。クラブにEL出場権をもたらしたクーマン監督が、短期的な戦績であっさり解任になるとは思えませんが、次のボーンマス戦に勝てなければ現地紙は指揮官の去就を話題にするかもしれません。プレミアリーグはまだ5節が終わったばかりですが、オランダ人監督にとっては次戦は正念場です。(アントニオ・バレンシア 写真著作者/Ardfern)


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

勝負強いですね ユナイテッドは
エバートンは重症ですね、次節のボーンマス戦 勝ち点3を取れるか非常に怪しいです。
その理由に、今節まで勝ち点0だったボーンマスは今節の後半途中から昨シーズンのサッカーを思い出したかのように非常に良い動きをしていました。
選手の質ではエバートン、チームのクオリティならボーンマスです。
今週のELから、選手の質ではエバートン、チームのクオリティならアトランタ・・・
  • おはむ
  • 2017/09/18(Mon)03:12:47
  • 編集

無題

トフィーズの試合は今季はじめて見ましたがパスミスが非常に多いですね。
前半は自陣でボールを奪われショートカウンターをされるというシーンが非常に多く、下手したら前半だけで3ー0でもおかしくはなかったと思います。
クーマンのクビは危ういと思いますが、これだけ選手が代われば誰がやっても苦戦はするよなと同情してしまいます。
  • プレミアリーグ大好き!
  • 2017/09/18(Mon)08:22:10
  • 編集

コメントありがとうございます。

おはむさん>
エヴァートンはしんどかったですね。クラーセン、グイェ、トム・デイヴィスの3センターでサイドを使って攻めるフォーメーションがいちばんしっくりくるのではないかと思います。

プレミアリーグ大好き!さん>
誰がやっても時間がかかると思います。マンチェスター・ユナイテッドの息切れが早かったので、途中までは勝負になってましたがマージーサイドダービーだったら相当やられていたでしょうね。
  • makoto
  • 2017/09/18(Mon)08:55:46
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ