【WBA×MAN.UTD】危なかったマン・ユナイテッド…マルシアルの奮闘で何とか逃げ切り!

プレミアリーグ17節が終了した時点で、首位マンチェスター・シティとの勝ち点差は11。厳しいギャップではありますが、ひとつひとつ詰めていくよりほかはありません。マンチェスター・ユナイテッドの今日の相手は19位のWBA。プレミアリーグ最少の2勝しか挙げていないチームではありますが、前節のリヴァプール戦をスコアレスドローに持ち込んでおり、油断は禁物です。敵地ザ・ホーソンズに乗り込んだマンチェスター・ユナイテッドの布陣は、現状のベストといっていいでしょう。GKデ・ヘア、最終ラインはバレンシア、フィル・ジョーンズ、スモーリング、アシュリー・ヤング。マティッチとエレーラの2センターに、マタ、ラシュフォード、リンガードが2列め。ボーンマス戦で決勝ゴールをゲットしたルカクは、マティッチやバレンシアと一緒に全試合先発出場を続けています。キックオフから4分半、最初のシュートは左から斬り込んだラシュフォード。20歳のオリヴァー・バークを先発に抜擢したパーデュー監督は、カウンターに活路を見出そうとしています。

14分、アシュリー・ヤングのゴールに向かうクロスは、ルカクの前に入ったギブスがクリア。時折、低調な前半を過ごすことがあるマン・ユナイテッドは、今日もラストパスを味方に届けられず苦しんでいます。マタのパスは周囲とずれることが多く、エレーラのロングフィードは不正確。25分を過ぎても、両者ともチャンスと呼べるシーンはありません。ところが27分、ボーンマス戦のデジャブのようなゴールで、マンチェスター・ユナイテッドが先制します。マタが左に出したパスをラシュフォードが右足に持ち替え、中央にクロスを上げると、ルカクが完璧なヘッドを右隅に突き刺しました。決めた瞬間、棒立ちになるのが最近の9番のパフォーマンス。フィニッシュが決まらず苦しんだ時期もありましたが、ルカクは今季プレミアリーグ10ゴールめです。

0-1となり、反撃に出るWBA。31分、オリヴァー・バークの速いドリブルはボックスの手前でスモーリングにカットされ、33分にニョムがニアに入れたグラウンダーは、サロモン・ロンドンが打ち切れません。すると35分、マティッチを起点に中央から仕掛けたマンチェスター・ユナイテッドが追加点を奪います。ルカクの落としを受けたマタが右のリンガードに流すと、思い切りよく放ったシュートはヘガシーに当たってGKフォスターの逆を突きました。43分、ボックスの手前でボールをキープしたリヴァモアは、フィル・ジョーンズのスリップを見て右足を振り抜きますが、デ・ヘアが落ち着いてキャッチ。さほどチャンスがなかった前半を0-2なら文句なしです。

2試合欠場していたギャレス・バリーが、ヤコブに代わって登場しました。後半最初のシュートは、左からクロスに放ったギブスのミドル。サロモン・ロンドンとバークが前線に張る4-4-2へのシフトで、マンチェスター・ユナイテッドはカウンターを仕掛けやすくなるかもしれません。54分、ギブスのパスを受けたギャレス・バリーがダイレクトショットを放つもデ・ヘアの正面。バークの素晴らしいクロスに飛び込んだサロモン・ロンドンは、スモーリングのプレッシャーを受けてシュートに持ち込めません。

57分、バレンシアの左足のクロスをリンガードがファーに流すと、ラシュフォードのボレーは惜しくもポストの外。59分にリンガードがドリブルで仕掛けたカウンターは、ルカクのリターンをもらった14番がフリーのシュートをフォスターの正面に打ってしまいました。64分、怖れていたことが起こりました。臀部の痛みを訴えたバレンシアがリタイア。モウリーニョ監督はロホを投入し、アシュリー・ヤングを右にまわします。パーデュー監督はバークを諦め、ジェイ・ロドリゲスで勝負です。スローに落とそうとするアウェイチームに対して、プレスを強めるホームチーム。残り時間は20分を切りました。

パーデュー監督の最後のカードは、72分にクリホヴィアクをブラント。74分にブラントのパスで前が空いたサロモン・ロンドンは、ボックスの入り口で左足を振り抜くもデ・ヘアに止められます。77分、CKのこぼれ球がギャレス・バリーの足元に落ちてしまいました。ベテランMFが冷静に押し込んで1-2。モウリーニョ監督は、ラシュフォードをマルシアルにチェンジします。完全なるWBAペース。85分にブラントのクロスを叩いたジェイ・ロドリゲスのヘッドにデ・ヘアは動けず。決定的でしたが、枠を外れたのは幸運でした。92分にマタのロングフィードでフリーになったルカクは、クロスに打った右足のシュートがポストの外。最後はマルシアルが時間をうまく遣い、マンチェスター・ユナイテッドが1-2で逃げ切りました。

いやー、危なかった!パーデュー監督の的確な選手交代で、あわやドローというところまで追い込まれました。引いてカウンター狙いではなく、カウンターを狙えず引いているだけの時間を見守っているのは心臓に悪いです。こういうときにポグバがいれば、懐の深いボールキープから速攻に転じられるのにとあらためて思いました。とはいえ、ルカク、リンガード、グッジョブ!結果的には何とか勝ちました。明らかに一段も二段も上のマン・シティをひっくり返せるとは思いませんが、ハードなプレミアリーグを一度もつまずかずに優勝できるはずはないと信じて、しっかり追いかけていただければと思います。前半戦最後のゲームは、岡崎慎司が好調のレスター。この試合で、ようやく6番が帰ってきます。楽しみです。


おもしろいと思っていただけた方は、お時間あれば、下のブログランキングバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。所要時間は5秒です。何とぞよろしくお願いいたします!

<スポンサーリンク>


本ブログも参加中のサッカーブログランキングで、最新のサッカー情報をチェックできます。
よろしければ下のバナーのクリックをお願いします!励みになります!
サッカー ブログランキングへ
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

エレーラはどうしてしまったのでしょうか・・・今季はどうしても雑なパスミスが目立って仕方ありません。
常にマティッチがひとりで後ろでボール奪取から前線への持ち出し、パス供給全てを担っているだけにそろそろ心配になってしまいます。
出場時間が短めなだけにあまり言い過ぎはよくないかもしれませんが、今季のパフォーマンスだけならマクトミネイのほうがよさそうに感じてしまいます。
見る側として、ポグバとマティッチがすばらしいだけに理想が高くなってしまったのでしょうか。
  • yuto
  • 2017/12/18(Mon)17:57:51
  • 編集

コメントありがとうございます。

yutoさん>
マティッチ加入の影響かもしれませんが、モチベーションが下がっている印象を受けます。昨季のプレイを思い出してほしいです。
  • makoto
  • 2017/12/23(Sat)12:54:53
  • 編集

あなたは?番め



人気ブログランキング参加中です。
こちらから応援クリックお願いします!
やる気がぐんぐん上がります!
にほんブログ村 サッカーブログへ にほんブログ村
サッカー ブログランキングへ
スポーツ人気ブログランキング スポーツ人気ブログランキング

いいね!、ブックマーク、シェアはこちらから!

本ブログのFBページに「いいね!」して更新情報や限定お得情報を入手! ⇒Facobookページへ

スポンサーリンク

CHECK IT!

ファーガソンの薫陶 勝利をもぎ取るための名将の心がまえ

新品価格
¥1,365から
(2013/3/9 17:28時点)

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]

新品価格
¥1,707から
(2013/3/9 17:28時点)


アレックス・ファーガソン 伝説を創った指導力

新品価格
¥1,575から
(2013/6/29 22:49時点)

カテゴリー

現地サッカー観戦お役立ち情報

激安ホテル&航空券はこちらでGET!

お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』

155,000軒から選べるHotels.com

最低価格保証!世界最大級ホテル検索サイト「エクスペディア」

業界最速で最安値検索!海外格安航空券の検索ならskyticket.jp
直前予約OK!海外格安航空券のエアータウン

ブログ内検索


Google検索

プレミアリーグ関連グッズをGET!

ユニフォームや応援グッズを扱う
サッカー専門ショップをご紹介!

人気クラブのユニフォームならユニオンスポーツ

⇒在庫10,000点以上!レアもの充実のメガストア
 「フットボールMAX」

アーカイブ

プロフィール

HN:
makoto
性別:
男性
職業:
ものづくり
趣味:
サッカー観戦
自己紹介:
プレミアリーグがとりわけ好きなのは間違いありませんが、チャンピオンシップ、セリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグはもちろん、Jリーグ、なでしこリーグ、高校サッカーまで何でも観ます。今季のプレミアリーグで、特に活躍を期待している選手は、ダヴィド・デ・ヘア、マーカス・ラシュフォード、メスト・エジル、モー・サラー、エリクセン、ムヒタリアン、岡崎慎司、吉田麻也です。

にほんブログ村新着記事

こちらのランキングもチェック!

忍者アナライズ